現代文 文学史。 人文科学系編入|大学編入コース|中央ゼミナール

日本の文学史おすすめ参考書!古文も現代文(近代)もまとめた本で大学受験対策

現代文 文学史

偏差値30からのカリキュラム 2014. 20 2016. 22 早慶専門塾 HIRO ACADEMIA 偏差値30から85を超えるための最強の背景知識・単語・漢字・文学史勉強法 おすすめ参考書20選 多くの受験生が勘違いしていることの一つに、現代文=センスで解くということです。 その原因の1つには個人それぞれがどのような勉強をしてきたのか?、また興味の対象、これまでの読書体験から来る初期の段階での知識の違いがあたります。 これまでどのように生きてきたかによって初期の興味の対象が異なり、知識がないのはしょうがないです。 ですが、残念ながらこれでは現代文を読んでいて論理をつかむまでもなく、理解ができずに終わってしまいます。 これでは偏差値は上がって行きませんね。 早稲田大学に合格したいのであれば、背景知識や漢字に関しては漏れなく付けておきましょう。 ですが、このコトバはチカラだ!では口語または日常で使用している言葉、また難しい言葉を噛み砕いて説明しているため偏差値30レベルの学生でも理解しやすくなっています。 時間がない場合はこれ一冊でも難関大学に合格するほどのポテンシャルを持っています。 時間のない学生はこの一冊を完璧にするとよいでしょう。 ですが、あえてこの本をつかうのは、頭の良い人がどのような思考をしていて現状の自分には何が足りないのかをイメージしてもらうためです。 受験ではある程度のレベルまでは機械的な暗記のみで乗り切ることが可能ですが・・・ 逆転合格を目指す学生は(非進学校・偏差値30程度)機械的な暗記だけで難関大学に合格することは難しいです。 この本では機械的な暗記をした後の頭の使い方をイメージすることができます。 受験までに時間のある方なら読んでおくとよいでしょう。 各章の上段での語義や背景知識を解説し、下段の「チェック問題」で即座に上段の学習内容をチェックすることができます。 また、章の合間に設けられた11の「実戦演習問題」では、より実践的な文章題で読解力を確認していきます。 入試現代文に必要な 背景知識 近代化批判、メディア、西洋と東洋、科学と宗教 、 テーマとなる背景に度々登場する重要ワード 抽象と具体、アイデンティティ を網羅的に説明してくれます。 テーマとセットというのがポイントで英単語のようにコンテクストなしで覚えても意味がないことをこの参考書で痛感させられます。 1つの単語について、対義語はなにか?、背景知識などかなり深くまで知ることができます。 ただその分網羅性にはかけるので、注意してください。 類義語や対義語など他の単語との関係も教えてくれています。 また実際の入試問題の例文も掲載されていて、どのように入試に出題されたのかがわかります。 一つひとつの単語の上には読みで出題されやすいのか、 書きで出題されやすいのかという漢字に対しての配慮もされているのはポイントが高い。 また入試に必須の背景知識への配慮もあります。 例文+練習問題が掲載されているので1つの単語に対して深く理解することができます。 難関大学まで時間がなくて一冊で済ませたい受験生は、この一冊を確実に覚えておきましょう。 各テーマごとに実際に入試に出題された問題とともに50題も出題されている。 基本的に両論併記な説明になっていてバランスがよいし、ところどころにイラストを挟んであるのはわかりやすい。 現代文単語においてコンテクスト 背景)の理解は必要不可欠。 この部分の理解ができるかどうかがその後の単語の理解度に影響を与えてくる。 この部分を読んでよくわからないのであれば、 など簡単めな単語帳に切り替えてみましょう。 某K塾のY先生が御用達の参考書としても有名です。 漢字 漢字は参考書毎の違いは下記にあげたものでは特段になく、自分がわかりやすい!と思うものを何度も繰り返して掲載されている漢字は全て確実に、見た瞬間に書けるようにしておきましょう。 漢字を覚えるときには、読み方、書き方だけでなく 意味を必ず覚えるようにしましょう。 これは四字熟語や慣用句であっても同じです。 全3章で2000語を収録しています。 さらに全8回のコアテストで確実に覚えていきます。 覚えやすい例文・それぞれの語彙に対して的確な日本語で解説しています。 赤いシート付きで、問われている部分が隠れるようになっていて、反復学習に便利です。 漢字だけでなく、慣用句まで網羅してあります。 出題漢字とともに「語句の意味」「漢字の訓読み」「類義語・対義語」を掲載しています。 赤シートで隠す1問1答形式で反復学習をすることができます。 さらにセンター試験対策約100題に、四字熟語や派生語も収録しています。 すべての出題漢字に意味を明記していて、漢字の機械暗記を防ぎます。 文学史対策 早稲田大学では文学史が頻出します。 日本史受験者以外は何をやったらいいのかもよくわからないで、放置!というパターンがよくあります。 早稲田大学では1点で何百人も受験生が入れ替わるようなかなりの倍率の学部です。 ですからこの大学において、文学史で点数を落とす=不合格の図式になります。 勉強すれば取れる知識分野なので、必ず対策をしておきましょう。 ただの暗記でおわってしまう文学史にストーリーを交えて覚えることで確実に覚えることができます。 本来であれば一冊ずつ読んでいくのがベストなのですが、そんなことをしている暇は受験生にはありません。 そこでどのように近代文学が受け入れられたのか?という時代背景とそれぞれの作家の具体的なエピソードを覚えることで、 あたかも近代文学を全て読んだかのような感覚になります。 近代文学をピンポイントで抑えたい人にはおすすめです。 300点を超える豊富な写真資料を使用しておりリアル感を持って理解できます。 受験用参考書という位置づけではなく、学校で配布される便覧と同じような感じと思っていただけると良いです。 何を覚えればよいのかが明確なので、とにかく覚えたい!という人はこちらをどうぞ。 上記を一冊終えて、確認で使用するのもありです。 以下本著作の説明から引用。 「祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり。 娑羅双樹の……」「つれづれなるままに、日くらし、硯にむかひて……」など、授業で暗記させられた人も多い名作の数々。 これら日本文学を一冊で語るなど、到底不可能な話なのだが、本書はそれを思い切ってやってしまおうというもの。 『古事記』は日本人の原型の文学、敬語表現で書かれている『源氏物語』の不思議、『徒然草』はジジイの自慢話!? 紀行文学は悪口文学、漱石は現代の文章を創った、川端康成は変態作家? など、『古事記』から村上春樹まで日本文学史をザックリ大づかみ。 眠くならないとは言っても、普段から本を読み慣れていない受験生にはちょっと敷居が高いかもしれないです。 上記の出口先生のでもかなりいいのですが、早稲田大学は古文にも文学史を出題するという意地の悪さなので、こちらのほうが実用的です。 ゴロで覚える日本文学史「ゴロ文学シェーッ! ただ本書はややムリなゴロも掲載されているので、結局は単純暗記になってしまうおそれがあります。 偏差値30から85を超えるための現代文シリーズ•

次の

偏差値30から85を超えるための最強の背景知識・単語・漢字・文学史勉強法 おすすめ参考書20選

現代文 文学史

偏差値30からのカリキュラム 2014. 20 2016. 22 早慶専門塾 HIRO ACADEMIA 偏差値30から85を超えるための最強の背景知識・単語・漢字・文学史勉強法 おすすめ参考書20選 多くの受験生が勘違いしていることの一つに、現代文=センスで解くということです。 その原因の1つには個人それぞれがどのような勉強をしてきたのか?、また興味の対象、これまでの読書体験から来る初期の段階での知識の違いがあたります。 これまでどのように生きてきたかによって初期の興味の対象が異なり、知識がないのはしょうがないです。 ですが、残念ながらこれでは現代文を読んでいて論理をつかむまでもなく、理解ができずに終わってしまいます。 これでは偏差値は上がって行きませんね。 早稲田大学に合格したいのであれば、背景知識や漢字に関しては漏れなく付けておきましょう。 ですが、このコトバはチカラだ!では口語または日常で使用している言葉、また難しい言葉を噛み砕いて説明しているため偏差値30レベルの学生でも理解しやすくなっています。 時間がない場合はこれ一冊でも難関大学に合格するほどのポテンシャルを持っています。 時間のない学生はこの一冊を完璧にするとよいでしょう。 ですが、あえてこの本をつかうのは、頭の良い人がどのような思考をしていて現状の自分には何が足りないのかをイメージしてもらうためです。 受験ではある程度のレベルまでは機械的な暗記のみで乗り切ることが可能ですが・・・ 逆転合格を目指す学生は(非進学校・偏差値30程度)機械的な暗記だけで難関大学に合格することは難しいです。 この本では機械的な暗記をした後の頭の使い方をイメージすることができます。 受験までに時間のある方なら読んでおくとよいでしょう。 各章の上段での語義や背景知識を解説し、下段の「チェック問題」で即座に上段の学習内容をチェックすることができます。 また、章の合間に設けられた11の「実戦演習問題」では、より実践的な文章題で読解力を確認していきます。 入試現代文に必要な 背景知識 近代化批判、メディア、西洋と東洋、科学と宗教 、 テーマとなる背景に度々登場する重要ワード 抽象と具体、アイデンティティ を網羅的に説明してくれます。 テーマとセットというのがポイントで英単語のようにコンテクストなしで覚えても意味がないことをこの参考書で痛感させられます。 1つの単語について、対義語はなにか?、背景知識などかなり深くまで知ることができます。 ただその分網羅性にはかけるので、注意してください。 類義語や対義語など他の単語との関係も教えてくれています。 また実際の入試問題の例文も掲載されていて、どのように入試に出題されたのかがわかります。 一つひとつの単語の上には読みで出題されやすいのか、 書きで出題されやすいのかという漢字に対しての配慮もされているのはポイントが高い。 また入試に必須の背景知識への配慮もあります。 例文+練習問題が掲載されているので1つの単語に対して深く理解することができます。 難関大学まで時間がなくて一冊で済ませたい受験生は、この一冊を確実に覚えておきましょう。 各テーマごとに実際に入試に出題された問題とともに50題も出題されている。 基本的に両論併記な説明になっていてバランスがよいし、ところどころにイラストを挟んであるのはわかりやすい。 現代文単語においてコンテクスト 背景)の理解は必要不可欠。 この部分の理解ができるかどうかがその後の単語の理解度に影響を与えてくる。 この部分を読んでよくわからないのであれば、 など簡単めな単語帳に切り替えてみましょう。 某K塾のY先生が御用達の参考書としても有名です。 漢字 漢字は参考書毎の違いは下記にあげたものでは特段になく、自分がわかりやすい!と思うものを何度も繰り返して掲載されている漢字は全て確実に、見た瞬間に書けるようにしておきましょう。 漢字を覚えるときには、読み方、書き方だけでなく 意味を必ず覚えるようにしましょう。 これは四字熟語や慣用句であっても同じです。 全3章で2000語を収録しています。 さらに全8回のコアテストで確実に覚えていきます。 覚えやすい例文・それぞれの語彙に対して的確な日本語で解説しています。 赤いシート付きで、問われている部分が隠れるようになっていて、反復学習に便利です。 漢字だけでなく、慣用句まで網羅してあります。 出題漢字とともに「語句の意味」「漢字の訓読み」「類義語・対義語」を掲載しています。 赤シートで隠す1問1答形式で反復学習をすることができます。 さらにセンター試験対策約100題に、四字熟語や派生語も収録しています。 すべての出題漢字に意味を明記していて、漢字の機械暗記を防ぎます。 文学史対策 早稲田大学では文学史が頻出します。 日本史受験者以外は何をやったらいいのかもよくわからないで、放置!というパターンがよくあります。 早稲田大学では1点で何百人も受験生が入れ替わるようなかなりの倍率の学部です。 ですからこの大学において、文学史で点数を落とす=不合格の図式になります。 勉強すれば取れる知識分野なので、必ず対策をしておきましょう。 ただの暗記でおわってしまう文学史にストーリーを交えて覚えることで確実に覚えることができます。 本来であれば一冊ずつ読んでいくのがベストなのですが、そんなことをしている暇は受験生にはありません。 そこでどのように近代文学が受け入れられたのか?という時代背景とそれぞれの作家の具体的なエピソードを覚えることで、 あたかも近代文学を全て読んだかのような感覚になります。 近代文学をピンポイントで抑えたい人にはおすすめです。 300点を超える豊富な写真資料を使用しておりリアル感を持って理解できます。 受験用参考書という位置づけではなく、学校で配布される便覧と同じような感じと思っていただけると良いです。 何を覚えればよいのかが明確なので、とにかく覚えたい!という人はこちらをどうぞ。 上記を一冊終えて、確認で使用するのもありです。 以下本著作の説明から引用。 「祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり。 娑羅双樹の……」「つれづれなるままに、日くらし、硯にむかひて……」など、授業で暗記させられた人も多い名作の数々。 これら日本文学を一冊で語るなど、到底不可能な話なのだが、本書はそれを思い切ってやってしまおうというもの。 『古事記』は日本人の原型の文学、敬語表現で書かれている『源氏物語』の不思議、『徒然草』はジジイの自慢話!? 紀行文学は悪口文学、漱石は現代の文章を創った、川端康成は変態作家? など、『古事記』から村上春樹まで日本文学史をザックリ大づかみ。 眠くならないとは言っても、普段から本を読み慣れていない受験生にはちょっと敷居が高いかもしれないです。 上記の出口先生のでもかなりいいのですが、早稲田大学は古文にも文学史を出題するという意地の悪さなので、こちらのほうが実用的です。 ゴロで覚える日本文学史「ゴロ文学シェーッ! ただ本書はややムリなゴロも掲載されているので、結局は単純暗記になってしまうおそれがあります。 偏差値30から85を超えるための現代文シリーズ•

次の

立命館大[国語]|大学入試分析Web|進研ゼミ高校講座

現代文 文学史

数年に一度、基本的な知識を問う問題が出る程度で、例年文学史の勉強をしていなくても解ける問題で構成されています。 よって、 センター試験だけを受けるのであれば、文学史の勉強はほとんど必要ないのが実情です。 逆に、毎年のように文学史の問題が問われる大学もあります。 たとえば早稲田大学の文学部などはそのいい一例です。 毎年文学史の問題が出題されていることがわかっているなら、しっかり文学史対策をしましょう。 文学部などを受ける場合はしっかり対策しておくべきです。 数年に一回出題されるのであれば、必要最低限の知識だけ覚えて他の重要な科目の勉強に専念しましょう。 国語の文学史、数問が実は受験生には大きいです。 受験は1点差で落ちるということなんてザラです!たかが数問でも確実に取れるものはとっていかなければなりません。 しかも、 文学史は覚えることが少ない!! 考えてみてください、難関大学レベルの英単語が6000と言われています。 それにくらべて文学史は覚えなくていけないものはせいぜい60もないと思います。 センターレベルでいえばその半分ほどかもしれません。 文学史は 知っていれば確実に点が取れる分野です。 日本文学史の流れを把握して、重要な知識を効率よく覚えることによって、テストの点数が取れるようになっていきます。 古文と漢文、さらに現代文(近代)の文学史まで対応できる参考書を使って受験対策しましょう。 国語の文学史を勉強すべき人そうでない人 文学史は、センター試験などでは配点は低いため、国語のそもそもの点数が低い人にはおすすめできません。 基礎ができ、点数を8割近く取れる中で文学史の問題で落としてしまうという人に文学史の勉強に取り組んでもらいたいです。 また、 文学史の問題が毎年出題される大学もあります。 そのような大学を受験する場合は文学史の勉強が必須となります。 国語の文学史の勉強は志望校の過去問をみて決めよう しかし、ここで1つ注意点があります。 いわゆるMARCH以上の難関大学を狙う文系の人は、たとえ文学史がほとんど出ない入試問題であっても、「必要最低限の知識」は必ず押さえておきましょう。 なぜなら、MARCH以上のレベルになってくると、たとえ読解問題でも、作問者は 「受験生は最低限の文学知識を持っているだろう」と考えて問題を作ることがあります。 ですので、最低限の文学知識を備えていないと、読解問題でつまずくことがあるかもしれないのです。 よって、たとえ文学史があまり出題されていなくても、あなどらず勉強しましょう。 国語文学史のおすすめ参考書 頻出・日本文学史 試験で出題される最小限のポイントをチェックするにはこの参考書を使ったほうが効果的です。 内容は3つの構成にわかれています。 ・古文の文学史 ・現代文の文学史 ・漢文の文学史 以上の3つのテーマにわかれているので、古文や現代文など、分野ごとに文学史の流れを確認することができます。 それぞれの文学史の流れは、図を使って説明されているので、作品の前後の関係もよくわかるようになっています。 また、作品の覚えるべきポイントを短くまとめて説明文がつけられているので、要点をとらえやすくなっています。 試験によく出題される重要なポイントをおさえられるように工夫されているのです。 そして、それぞれのテーマには 問題がついています。 問題は「基本チェックテスト」と「応用問題」の2種類があります。 チェックテストで基本を確認したあと、応用問題を解いて文学史の知識を定着させていきましょう。 問題を何度もくり返すことによって、むずかしい問題にも対応できるようになります。 SPEED攻略10日間 国語 文学史 SPEED攻略10日間 国語 文学史はセンター試験・2次試験対策に文学史を勉強したい、という方におすすめの参考書です。 1日1講の学習で古典から現代文学までの文学史をサクッと10日間で勉強することができるようになっています。 センター試験の文学史対策から私立大学の2次試験対策まで、幅広いレベルに対応した参考書です。 『SPEED攻略10日間 国語 文学史』ではセンター試験から私立大学の2時試験まで対応ができるように、基礎から発展までの幅広い内容の文学史知識を学習することができます。 『SPEED攻略10日間 国語 文学史』に収録された問題数は標準的な量です。 Z会により、 過去5年分の大学入試を分析して抽出された「大学入試で問われる文学史」が収録されているので、効率よく学習を進めることができます。 主に、センター試験やMARCH・早慶を代表とする私立大学の2次試験で、文学史の問題が問われます。 古文の文学史 随筆 日記 伝奇物語 歌物語 説話 平安 枕草子 土佐日記 蜻蛉日記 和泉式部日記 紫式部日記 更級日記 竹取物語 宇津保物語 落窪物語 伊勢物語 大和物語 平中物語 源氏物語 日本霊異記 今昔物語 古本説話集 鎌倉 方丈記 徒然草 十六夜日記 特になし 特になし 発心集 宇治拾遺物語 古今著聞集 現代文の文学史の自然主義、反自然主義 覚えるポイントは自然主義と反自然主義です。 ・自然主義 ・反自然主義 現実をありのままに描くのが写実主義で、その延長線上に自然主義があります。 自然主義から距離を置く立場だったのが、耽美派や余裕派、白樺 しらかば 派などです。 そして、明治・大正・昭和、それぞれの時代で代表的な作家を覚えておきましょう。 明治 ・坪内逍遥……文芸雑誌「早稲田文学」創刊 ・二葉亭四迷……言文一致体「だ」調 ・尾崎紅葉……言文一致体「である」調。 文学結社「硯友社 けんゆうしゃ 」結成し「我楽多文庫 がらくたぶんこ 」を創刊。 ・正岡子規……俳句という言葉を使うのはこの頃から。 ・夏目漱石……子規に俳句を学ぶ。 ・永井荷風……森鷗外らの推薦で慶應義塾の教授になり、文芸雑誌「三田文学」の創刊にかかわる。 ・森鴎外……慶應義塾の講師。 『舞姫』の作者。 大正 ・泉鏡花……尾崎紅葉の弟子。 「三田文学」にも作品を発表。 ・芥川龍之介……東大在学中に書いた『鼻』を夏目漱石に絶賛される。 ・谷崎潤一郎……「三田文学」にも作品を発表。 妻の妹を好きになって妻を佐藤春夫にゆずる。 ・佐藤春夫……永井荷風の教え子。 慶應文学部中退。 「三田文学」編集委員。 谷崎から妻をゆずりうけて結婚。 昭和 ・川端康成……日本人初のノーベル文学賞受賞 ・太宰治……第1回芥川賞候補。 実は芥川賞が取れていない。 芥川賞選考委員の佐藤春夫や川端康成に手紙を書いて、芥川賞がほしいとお願いしたことがある。 高1、高2の受験勉強の始め方、開始時期 「受験勉強っていつから始めたらいいの?」 「実際、今から受験勉強したとしても、第1志望に合格できるのか不安……」 「受験勉強を始めようとは思うけどどこから手を付ければいいかがわからない….. 」 「高1、高2で受験勉強をするにはどうすればいいの?」 こういった悩みを抱えている 高1・高2生、多いのではないでしょうか? 下記の記事では高1、高2の大学受験の必勝合格戦略ということで• 受験勉強はいつから始めればいいのか• 高1・高2からの受験勉強として具体的にやるべきこと• 高1・高2からの受験勉強を進めていく上で大切なこと といった内容を徹底解説しています。 これを読めば受験勉強の始め方がわかり、何から始めればいいのかわからないという疑問も解消することができます。 高校3年生の勉強の計画の立て方、受験生として大切なことは? 「逆転合格するにはどうしたらいいの?」 「勉強計画の詳しい立て方がわからない」 「高校3年生の勉強法がよくわからない」 「部活を続けながらでも合格できる?」 こういった悩みを抱えている受験生は、少なくはありません。 そこで高3向けの大学受験の必勝戦略ということで、• 受験勉強の正しいスタートダッシュ• 逆転合格を狙う上で具体的にやるべきこと• 高3生の受験勉強を進めていく上で大切なこと などから、勉強計画をたてるうえでやってはいけないNG行為、受験勉強をしているのに中々点数が上がらない人がやってしまいがちな勉強法といったところまで踏み込んで解説しています。 一読の価値はあると思うのでぜひ読んであなたの受験勉強に役立ててください。 現役難関大学生講師から合格まで最短の勉強計画の作成と学習サポートが受けられるオンライン塾 オンライン学習コーチングサービス「スタディチェーン」では週一回のオンラインでのマンツーマン指導で、学力レベル、学習状況、志望校を基に東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学の現役大学生講師に勉強計画を作成してもらえます。 もちろん勉強計画だけではなく勉強の分からない部分の質問対応なども行うこともできます。 週一回の1対1のオンラインでの難関大学生講師によるマンツーマン指導 365日の学習管理サポート 週一回のオンラインマンツーマン指導で立てた勉強計画を悩まず、無理せず、自分のできる範囲でしっかりと進めることができるように、365日いつでも質問したり、相談したりすることができます。 毎日、スタチェログと呼ばれる同じ志望校同士の生徒とその志望校の現役大学生が集まったグループに一日の勉強記録を投稿するとそのグループの中にいる志望校の現役大学生がアドバイスであったり、相談に必ず乗ってくれます。 オンラインでもオフラインのような環境を完備 オンラインの塾では、自習室もないし、友達もいないし、なかなか自分一人で始めるのは不安といった声をよく聞きます。 しかし、安心してください! オンラインの塾であっても、スタディチェーンではオンライン自習室をやっているだけでなく、過去問添削サービス、お悩み相談室、さらに志望校に合格した生徒同士の勉強時間のランキングや模試の成績ランキングを匿名で行っています。 コース一覧 オンラインだからこそ日本全国のライバルと繋がれる オンライン塾でも同じ志望校同士の日本全国のライバルとも匿名で勉強記録を毎日毎日投稿して、お互いに刺激し合うだけでなく、志望校に合格した先輩からもアドバイスがもらえる。 さらに、同じ志望校同士の勉強時間ランキングや模試の成績ランキングも毎週末に送信されるためにオンラインであっても日本全国の受験生とライバル心をもって受験勉強に望むことができます。

次の