酸化 マグネシウム 吐き気。 酸化マグネシウムで下痢や腹痛が起こる原因と対策法!

酸化マグネシウムの便秘薬は安全?効果と副作用について解説

酸化 マグネシウム 吐き気

酸化マグネシウムとは? 酸化マグネシウムの効能は主に3つあります。 まず一つ目は排便を促す効果です。 下剤を目的とする他に、便秘解消としても使用されています。 二つ目に制酸作用の効果があげられます。 字のとおり酸を制限する作用を指しており、酸化マグネシウムを摂取することで、胃酸に反応し中性物質を生成します。 胃酸を中和させる目的で、以前は胃炎といった病気に使用されていました。 最後に、酸化マグネシウムは尿路蓚酸カルシウム結石の予防としても効果が得られます。 このように酸化マグネシウムは便秘薬だけでなく、様々な用途でも広く扱われています。 酸化マグネシウム便秘薬の効果について 酸化マグネシウムはなぜ便秘に効くのか? 一般的に便秘は、腸の内容物が硬く少ないために排便を促す蠕動(ぜんどう)運動がうまく機能しないことで引き起こります。 酸化マグネシウムを服用することで、体内から腸内へと水分を引き寄せます。 この水分によって、腸の内容物をやわらかく膨張させることで、蠕動運動を促すことができるのです。 腸内にある硬くなってしまった少量の食べ物のカスに反応することで便の排泄を可能としています。 なぜ便秘薬として使用されることが多いのか? 便秘薬は大きく「刺激性便秘薬」と「非刺激性便秘薬」に分けることができます。 酸化マグネシウムは後者の非刺激性便秘薬に分類されます。 非刺激性便秘薬は、上記で説明したように、胃の内容物に対して作用するため、直接腸に刺激を与えることはありません。 一方で刺激性便秘薬は、直接腸に働きかけるタイプなので服用時に副作用として腹痛を伴う恐れがあります。 また長期間服用し続けていると体に耐性ができてしまい、今までの量では効果が得られなくなる可能性も生じます。 効き目を感じたい、とだんだん服用量が増していってしまう恐れがあるのです。 その点、非刺激性である酸化マグネシウムは副作用も無く、用法容量を守って服用すれば安全な薬であると言えるでしょう。 ただ後ほど詳しく解説しますが、酸化マグネシウムを服用することで高マグネシウム血症を引き起こすことがあるので注意が必要です。

次の

酸化マグネシウム飲んだらずっと吐き気がします。

酸化 マグネシウム 吐き気

偏頭痛に効果的な「酸化マグネシウム」のご紹介です。 酸化マグネシウムは主に便通をよくするお薬として使用されるものです。 便秘は、便が腸に長期間留まるこにより水分が抜け、小さくなり排泄しにくくなることです。 便が小さくなるということは、腸に刺激が伝わりにくいので余計に便秘の症状を悪化させます。 そこで、便自体の大きさを増やし、便が腸内を動くことにより刺激が大きくなって、排泄を促す事が可能になります。 酸化マグネシウムには水分を保持する特徴があります。 酸化マグネシウムの特徴を生かすことにより、腸内に水分が保たれ、便が柔らかくなり排泄しやすくなります。 注意しなくてはいけないのが、自分で適度な量を調節しなくては下痢になってしまうということです。 また、酸化マグネシウムは胃酸を中和する働きもあります。 食べ物を胃に入れると、胃は消化しようと胃酸を分泌します。 胃酸の正体は塩酸で、強力な酸になります。 胃酸の威力は金属を溶かしてしまうほどで、その作用は殺菌を殺すことも可能です。 しかし、胃酸の分泌が多くなってしまうと、胃酸が胃そのものに対して攻撃をしてしまい、胃を溶かしてしまうことがあります。 この状態が進行してしまうと、潰瘍が起こり、胃に穴があいてしまう場合があるのです。 アルカリ性である酸化マグネシウムを投与すると、酸性である胃酸は中和されます。 酸化マグネシウムの偏頭痛に対する効果は、血管の収縮調節作用にあると考えられています。 偏頭痛の原因はいくつか考えれますが、中でも急激な血管拡張による脳内炎症が一番有力ではないかと思います。 脳血管の収縮を抑制させ、神経の炎症をも抑制させることが出来れば、偏頭痛の予防にも繋がるのです。 酸化マグネシウムには自然な血管の収縮を調節する働きがある為、急激な血管収縮を防ぐ事が可能です。 またカルシウムがどこかの細胞に長く留まり、その細胞周辺の血管が緊張してしまった状態を和らげる効果もある為、頭痛に効果的に作用します。 酸化マグネシウムの副作用は以下になります。 ・だるい、吐き気、嘔吐、口が渇く、皮膚発赤、まぶたが下がる、筋力低下、眠気、血圧低下、徐脈、息苦しい、意識が薄れるなどの高マグネシウム血症 ・軟便、下痢、腹痛 ・血清マグネシウム値の軽微な上昇 酸化マグネシウムは安全性の高いお薬とされている為、副作用の種類も少ないほうかと思います。 しかし、始めに述べたように、酸化マグネシウムは便秘改善作用もある為、服用量が多くなると、人によっては下痢をしてしまうこともあります。 きちんと服用量を守って、便が緩くなった場合は量を減らすなどしてみてください。 偏頭痛の緩和におすすめサプリは? ズキラックの特徴 フィーバーフュー・マグネシウムをはじめとする8種類の成分を配合したサプリ。 大豆イソフラボンとチェストベリーエキスが配合されており、女性ホルモンのバランスを整える働きも期待できます。 さらに、桂皮・シナモン・冬虫夏草の3種類の漢方成分が、体質改善をサポート。 血栓を予防する働きのあるフランス海岸松エキスも配合されており、偏頭痛のみならず緊張型頭痛にもしっかりとアプローチしてくれます。 頭痛だけでなく、PMS(月経前症候群)対策や月経困難症(生理痛)にも最適。 初回の注文なら1日当たりたったの99円という圧倒的にリーズナブルなお値段も魅力です。 価格 2,980円 評価 返金保証 有(10日間).

次の

【薬剤師が教える】酸化マグネシウム便秘薬|マグミット錠330mgなどの効果・飲み方など

酸化 マグネシウム 吐き気

便秘薬の酸化マグネシウムの副作用 長期投与で不整脈、心停止も 特に腎障害ある人は注意 平成20年12月3日掲載 質問 76才女性。 先日の新聞で、便秘薬の酸化マグネシウムで死亡したという記事がありました。 お腹が痛くならず習慣性もない薬だから、と言われていましたが心配です。 飲み続けて大丈夫でしょうか。 回答 下剤には、小腸、大腸、直腸に刺激を与えて排便を促す刺激性下剤の他に、便に水分を呼び込んで便の塊まりを大きくし、腸壁を刺激して排便させる塩類下剤や膨張性下剤があります。 酸化マグネシウムは塩類下剤で、習慣性もないため慢性便秘症によく使われます。 しかし、報道にあったように、長期投与により血中のマグネシウム濃度が異常に高くなる高マグネシウム血症を起こすことがあり、そのため、呼吸抑制、意識障害、不整脈、心停止に至ることもあります。 特に、腎障害のある方ではマグネシウムを尿から十分に排泄できないので注意する必要があります。 また、高齢になると、高マグネシウム血症の初期症状である「悪心・嘔吐、口渇、血圧低下、徐脈、皮膚潮紅、筋力低下、傾眠など」の症状を自分で気がつかないこともあるため、周囲の方が服用の必要性や体調の変化をチェックし、長期の場合は定期的に血液検査を行うようにしてください。 酸化マグネシウムは市販薬としても売られています。 こちらの副作用報告は今のところありませんが、厚生労働省はこの成分を含む製品を副作用の危険が最も低い3類から2類に引き上げることを決めています。 便秘は食生活や生活習慣の改善だけで解消される場合も多いので、薬の購入に際しては薬剤師に相談してみてください。 大石順子 社団法人静岡県薬剤師会・医薬品情報管理センター主幹.

次の