確定 申告 領収 書 保存 期間。 確定申告で領収書は提出する義務はない

医療費控除の領収書はどうすればいいの?不要な場合は?

確定 申告 領収 書 保存 期間

保管する期間の起点は「法人税の申告期限」なので注意しましょう。 例えば平成28年3月31日決算の法人の場合、法人税の申告期限は5月31日になるのが原則です。 平成28年1月1日の領収書があった場合、保存すべき期限は1月1日から7年ではなく、5月31日から7年間です。 決算期ごとに書類を整理しておけば、間違えることはほぼ無いと思いますけどね。 個人の場合も7年が原則的な保管期限 個人事業主等が所得税を支払う場合、白色申告と青色申告で多少ルールは異なりますが、基本的には法人と同じく7年が原則です。 以前は白色の場合に、領収書などをとっておかなくてもOKだったのですが、2014年からは領収書などを保管することが義務になりました。 白色申告の場合、領収書の保管義務期間は5年間ですが、請求書など他の書類は7年間保管しておかなければならないので、「7年間」と覚えてしまった方がラクです。 ただし、前々年の所得が300万円以下の場合は、5年間で良いという例外もあります。 時間を見つけては、海に山に走りに出かけています! 今の目標は「日本百名山をトレイルランで走破」すること。 壁は高ければ高い方が挑み甲斐があるというものです。 私は生まれも育ちも小田原です。 愛着と思い入れのあるこの地で事務所を構えております。 神奈川県西地域が魅力ある場所になるためにチカラを注いでいます! 私は税理士や弁護士などの「先生商売」と呼ばれるお堅いイメージを無くすことをモットーとしています。 我々のような専門家は、もっとみなさまにとって身近な存在であるべきなのです。 困った時、助けてほしい時に気軽に何でも相談できるような、そんな存在になりたいのです。 一人で悩んでいても、なかなか答えが出てくるものではありません。

次の

法人の帳簿書類の保存期間は何年?〜元国税調査官が解説〜

確定 申告 領収 書 保存 期間

個人事業主にとっては、接待にかかった費用などを証明するためには、領収書の保存が必須になります。 もちろん、確定申告にて毎回提出が求められるわけではないのですが、必ずきちんと保管しておくことが必要です。 では、領収書などの証憑書類は、どのくらいの期間保存しておけば良いのでしょうか。 今回は、領収書の保存期間をテーマにお話していきたいと思います。 領収書の保存期間5年と7年の違いは? 領収書などの証憑書類の保存期間は、5年もしくは7年と定められています。 なぜ5年と7年という違いがあるのでしょう。 法人と個人事業 実は、法人の場合と個人事業においての領収書保存期間には違いがあるのです。 法人の場合は、法人税法により、領収書の保存は7年間となっています。 2004年以前は、法人でも中小法人であれば領収書の保存期間は5年、大法人は7年となっていましたが、現在では、 法人の場合は全て7年の保存が必須になっているのです。 一方、 個人事業の場合は、所得税法により保存期間が決められています。 ただ、その期間は 5年もしくは7年となっているため、どちらに当てはまるのか見ていきましょう。 白色申告と青色申告での違い 個人事業主の方の場合は、確定申告を白色にて行っているか、青色にて行っているかによって、保存年数に差が生じます。 ・白色申告者…5年 ・青色申告者…7年(例外あり) 青色申告者でも、 所得が300万円以下であれば、領収書の保存期間が 5年で良いとされる例外が存在します。 ただ、1つ注意しておきたいのが、白色申告者の場合でも、領収書以外の帳簿類の中には7年間の保存が必須となっているものもあります。 そのため、間違いがないよう、 すべての書類を7年保存するようにしておいた方が安全といえるでしょう。 書類別の保存期間 ・7年間の保存 帳簿関係…仕訳帳、売掛、買掛帳など 決算書類…賃借対照表、損益通算書など 証憑書類…領収書、請求書など ・5年間の保存 証憑書類…納品書、契約書、見積書など このように、 決算関係の書類か帳簿関係の書類かによっても、保存期間が異なりますので、誤った認識で、破棄しないように注意しておきましょう。 領収書の保存方法について 領収書の保存方法については、原則紙での保存が義務となっていました。 しかし、それも2016年1月1日からは、電子帳簿保存法とうものが適用されているため、 電子データでの保存が可能となっているのです。 電子帳簿保存法って? 電子帳簿保存法というのは、領収書だけでなく、国税関係の帳簿書類を電子データ(画像データ)で保存しても良いという法律となっています。 これまで、電子データで保存するためにはさまざまな条件があったため、中々利用者が増えずにいました。 しかし、今回の改正により、電子データ保存においての利用者の負担はかなり軽減されたのです。 改正された内容 ・3万円以上の領収書でも電子保存が可能 これまでは、3万円以下の領収書のみ電子保存が認められてきました。 しかし、今回の改正では、その金額の制限が廃止されたのです。 2017年からはさらに楽になる! 今回の改正でも、かなり楽になった電子データでの領収書保存ですが、2017年には、より利用者の負担が減り、保存が楽になることになりそうなのです。 その理由としては。 スキャナーの利用が必要なくなり、 スマホ・デジカメで撮影したものが 電子データとして認められるようになるというものです。 ただし、課題も多いのが気がかりなところでもあります。 紙での保存が必要なくなることで、水増し請求が多発してしまうのではないかと、すでに心配の声もあがっています。 利用者にとっては、保管するための場所を確保する必要がなくなるため、大変便利にはなりますが、まだまだ課題は多いといえるでしょう。

次の

医療費控除等の領収証は5年間の保存義務

確定 申告 領収 書 保存 期間

の領収書の期間の代表的なものとしては、その領収書の期間、またその年のの領収書の期間があります。 その年のの領収書の期間とは、その年にで申告する経費の領収書がいつからいつまでの分か?ということです。 確定申告の領収書の期間は?その保存期間ついて 青色申告の個人事業主、白色申告の個人事業主、法人等によって違う 確定申告の領収書の期間は?その保存期間ついて青色申告の個人事業主、白色申告の個人事業主、法人等によって違う の領収書の期間を、保存期間という観点から考えて見ると、の個人事業主、の個人事業主、法人などによって違います。 青色申告の個人事業主 青色申告の領収書の保存期間は7年間 青色申告の領収書の保存期間は7年間です。 ただし、前々年のが 300万円以下の場合は、 5年間です。 保存期間の 起算日は確定申告の期限日となります。 白色申告の個人事業主 白色申告の領収書の保存期間は5年 白色申告の領収書の保存期間は5年です。 は関係ありません。 保存期間の 起算日は確定申告の期限日となります。 法人 法人の領収書の保存期間は7年間 法人の領収書の保存期間は7年間です。 法人の規模によって違いはありません。 保存期間の 起算日は法人税申告期限日となります。 確定申告の領収書の期間は?確定申告の領収書の期間について 確定申告の領収書は1月1日から12月31日までの1年間分 確定申告の領収書の期間は?確定申告の領収書の期間について確定申告の領収書は1月1日から12月31日までの1年間分 の際、いつからいつまでの領収書が対象になるのでしょうか?の領収書は1月1日から12月31日までの1年間分です。 個人事業主などの経費としての領収書 の領収書がいつからいつまでの分かというのは、の対象期間がいつからいつまでなのかというのと同じです。 なぜに領収書を用意しなければならないか?それは経費がいくらかかったのかを明確にしなければならないからです。 その経費はいつの分かといえばの対象期間の分です。 の対象期間は「課税対象期間」です。 つまり1月1日から12月31日までの「年」にどれくらいのがあって、税金はいくらになるのかを計算して申告するのがです。 税金には主にやがありますが、税金を計算するにはを計算する必要があります。 は個人事業主などではから経費を引いたものです。 つまり1年間のや「経費」を明確にしなければならないのです。 経費を証明する書類が領収書であり、その領収書がいつからいつまでの分かということになると「課税対象期間」である1月1日から12月31日までの分ということになります。 サラリーマンの医療費控除などの領収書 サラリーマンのなどの領収書も1月1日から12月31日までの1年間です。 こちらはになります。 サラリーマンは基本的にが必要ない変わりに、が行われています。 についてはの対象となっていないことから、個々人での必要がありますが、、、ともに「課税対象期間」は同じで1月1日から12月31日までの1年間ですので、医療費などの領収書も同じく1月1日から12月31日までの1年間となるのです。 まとめ の領収書の期間は?ということで、の領収書の期間は、その保存期間、の領収書の期間等があります。 まず、その保存期間ついてですが、の個人事業主、の個人事業主、法人等によって違います。 またの領収書の期間については、の領収書は1月1日から12月31日までの1年間分です。 の領収書はいつからいつまで?というのは、の対象期間はいつからいつまで?と同じ意味です。

次の