出産 祝い 金額 相場。 友達や身内・親せきへの出産祝いの金額相場まとめと出産祝いを贈るコツ

兄弟姉妹の出産祝いの金額の相場はいくら?20代・30代・40代・50代の金額の目安

出産 祝い 金額 相場

両親から子供への出産祝いについては、いくつかの説があります。 「20,000円〜50,000円」くらいが相場という説も有力です。 それくらい、親から子供への出産祝いの相場は人によって変わります。 しかし、あくまで管理人の感覚では「50,000円〜100,000円」の金額相場の方が現実に贈られているものの相場に近いと考えています。 親から贈る出産祝いは相場を気にしないでも良い 「50,000円〜100,000円」程度が相場とお伝えしましたが、「親からの出産祝いは受け取っていない」という方も実はかなり多いです。 親から出産祝いを贈ろうとしても、子供側が断ったりということも多いです。 その理由は「親の経済面があまり良くない」「出産前後にかなりサポートしてもらえたから」など理由は様々です。 親から子供への出産祝いは、親側は無理せず喜んで贈ることができる程度の金額やプレゼントを贈る形で問題ないでしょう。 親がベビー用品の用意をしてあげることが多い 赤ちゃんが生まれると本当に色々なものが必要になってきます。 ベビーウェア、おむつ、ミルク、チャイルドシート、おくるみ、ベビーベッド、ベビーカー、スタイなどなど、かなりお金がかかってしまいます。 そのため、両親がベビー用品を一通り購入してプレゼントしてあげる。 というケースは非常に多いです。 こういったベビー用品一式をプレゼントことは立派な出産祝いとなります。 「妻側の両親は10万円くれたのに、夫側の両親は1万円しかくれなかった」というような不満です。 これは出産祝いを受け取る子供側の姿勢にも問題があるとも捉えられますが、現実にあがってきている不満内容です。 こうしたことを防ぐためにも両家で出産祝いの金額やプレゼントなどを同程度に合わせるように話し合いを行うことが簡単に防止できます。 同じプレゼントを重なって贈らないためにも、ぜひ簡単にでも良いので両家で話合って出産祝いの内容を決めてみてください。 Sponsored Link.

次の

出産祝いの金額相場は?関係別相場・渡す時期・のしの書き方を紹介!

出産 祝い 金額 相場

ただし、これは一般的な相場に過ぎません。 友人、会社の同僚、部下などでは相場の範囲はだいたい決まっていますが、親から子への出産祝いに関してはさまざまな考え方があります。 なかには100万円以上を出産祝いに贈るということもあるようです。 しかし、あまりにも多くの金額を包んでしまうと、結婚相手の家とのバランスが取れず、お礼などに困ることもあります。 特に現金で贈る際には、相手とのバランスを考慮して金額を決めると良いでしょう。 現金のお祝いは相手に気を遣わせてしまうかなという場合は、ベビーベッドなど金額が高めのベビーグッズを揃えてあげるというケースもあるようです。 高額なものをプレゼントする際は特に、ママ・パパに好みの雰囲気や、具体的に欲しいものを聞いてみると良いですよ。 また、ママが里帰り出産をした際の生活費の負担や、産後に赤ちゃんのお世話を手伝うことで出産のお祝いとすることもあるようです。 お祝いの方法はさまざまありますが、赤ちゃんが生まれたことのお祝いと、これからの応援の気持ちが伝わるものになると良いですね。 お祝いは直接渡したいという方も多いかもしれません。 しかし、出産祝いの場合はそれにこだわることはないようです。 産後1ヶ月間はまだまだ体調が戻っていなかったり、慣れない育児で疲れていたりして、なかなか人には会えない状態であることもしばしば。 出産祝いは、無理に直接会って渡すことにこだわる必要はないでしょう。 直接会ってお祝いを言いたい場合や、赤ちゃんの顔をみて出産祝いを渡したい場合は、事前に相手に相談して日程を決めましょう。 遅くなっても構わないので、相手の体調を優先し、ママと赤ちゃんが落ち着いてから渡せると良いですね。 また、産後入院中に病院に伺うのは、相手から強くすすめられない限りは避けた方が良いでしょう。 今は家族以外が面会できない病院も増えています。 里帰りをしているママの場合、自宅に戻って家事や育児に慣れてきた産後3〜4ヶ月ごろが比較的落ち着くころでしょう。 家事育児で慌ただしく、来客を受け入れる余裕がない場合もあるかもしれないので、決して無理に訪問しないようにしましょう。

次の

出産祝いの金額相場は?関係別相場・渡す時期・のしの書き方を紹介!

出産 祝い 金額 相場

兄弟姉妹や友人といった親しい人の出産は、とても幸せでうれしい出来事です。 出産祝いを渡すときは、「おめでとう」という気持ちが伝わるようなものを選びたいですね。 これまでに出産祝いを渡した経験がない人は、どれくらいの金額を渡すと良いのか、相場はどれくらいなのか、分からないことが多いでしょう。 お祝いの気持ちを伝えるために出産祝いには何を選ぶと良いのか、また、物を選ぶ場合でも現金で渡す場合でも、相場はどれくらいなのかをご紹介します。 出産祝いの金額の相場 出産祝いは、 渡す相手と自分との関係性によって金額が異なります。 高ければ良いというわけでもないため、相場は知っておきたいものです。 関係性ごとに相場を紹介しますので、参考にしてみてください。 友人・知人に贈る場合 友人や知人に出産祝いを贈る場合、相場は3,000円〜10,000円程度とされています。 金額に幅がありますが、関係の深さによって判断して良いでしょう。 親友と呼べるような仲の良い友人であれば10,000円、たまにしか会わない知人であれば3,000円〜5,000円程度にするのが一般的です。 あまりに高額なお祝いを渡すと、内祝いをどうしようと悩ませてしまったり、相手に気を遣わせたりする可能性もあるため、避けた方が良いでしょう。 家族・親族に贈る場合 家族や親族といった親しい人に贈る場合は、10,000円〜30,000円が相場となっています。 初孫が生まれた場合はうれしさで100,000円以上贈るといったケースや、逆に結婚を反対している場合は贈らないといったケースもあります。 兄弟姉妹が出産した場合、仲が良ければたくさん贈る場合もありますし、交流がなければ少ない金額にする場合もあります。 家族や親族の場合は、仲の良さや状況によっても渡す金額が異なります。 また、地域によっても異なるため、聞きやすい家族や親族に、いくらもらったか、いくら渡したかなど聞いてみると良いでしょう。 仕事の関係者に贈る場合 仕事関係の人に出産祝いを贈る場合、同僚は3,000円〜5,000円、上司は5,000円〜10,000円が相場です。 同僚に出産祝いを贈る際は、他の同僚と何人かでお金を出し合ってひとつのものを選んでみても良いでしょう。 上司にお祝いの品を選ぶ場合は、好みを聞きづらい場合もあるでしょう。 注意しておきたいポイントは、会社で渡す場合は家まで持ち帰れるくらいの大きさや重さのものを選ぶということです。 年代によって相場は変わるのか 出産祝いを贈る相手との関係によって相場が異なることをご紹介しました。 しかし、まだ20代で就職したばかりだったり、自身がまだ学生だったりする場合で、経済的に余裕がないような人は、相場よりも少ない額を渡すということをも検討して良いでしょう。 自分は既に結婚していて子供がおり、妹が出産したというような場合、贈る相手が年下なので少し多めに渡すこともあります。 逆に自分が独身であったり、学生であったりする場合は、少ない金額にしても構わないでしょう。 出産祝いのお返しの金額は? 出産祝いをもらった場合、内祝いというお返しをします。 内祝いはもらった金額の3分の1〜半額の金額をお返しするのが一般的です。 10,000円のお祝いをもらったら、3,000円〜5,000円程度のものをお返しすることになります。 もらった金額に対してお返しが多すぎると、お祝いの気持ちを無下に扱われたと思われる可能性がありますし、少なすぎるとお祝いに見合っていないと思われても困ります。 そのため慣習など、相場を参考にしながら決めることをおすすめします。 出産祝いを贈る際のマナー 出産祝いを贈る際は、ただ渡せば良いというわけではありません。 お祝いの気持ちを伝えられる機会ですので、失礼のないような対応をしたいものです。 そこで、出産祝いを贈る際のマナーをご紹介します。 訪問して渡すなら長居をしない 仲の良い友人や同僚などに出産祝いを贈る場合、訪問して渡すというケースもあるでしょう。 育児で忙しい時期ということもあり、睡眠不足の中対応してくれている可能性もあります。 また、生まれてすぐの赤ちゃんは、デリケートで知らない人がたくさんいると疲れてしまうこともあります。 赤ちゃんがかわいくて長い時間見ていたかったり、久しぶりの再会でおしゃべりが弾んだりということもあるでしょう。 しかし、 訪問して出産祝いを贈る場合には、必要以上に長居しないような気配りが必要です。 高額なものはなるべく避ける 関係の深い家族や友人に出産祝いを贈る場合、お祝いの気持ちから高額なものを渡したいと思う人もいるでしょう。 しかし、 相場よりもあまりに高額なものを渡すと、相手が恐縮してしまったり、内祝いが大変になったりします。 出産祝いは相場とかけ離れた価格のものを選ぶのは避けた方が良いでしょう。 どうしても渡したいもの、使ってほしいものがある場合は、お返しはしなくて良いという旨をしっかり伝えるようにしましょう。 現金を渡すなら新札にする 結婚式のご祝儀がそうであるように、 お祝い事で包むお金は新札を使うのがマナーです。 おめでたい場のために事前に準備をしていたという気持ちを込めるためです。 最近はマナーや慣習にとらわれない人も増えてきていますが、新札を包んだ方が無難といえます。 出産祝いを渡す予定は、前もって決めておくはずです。 お祝いの気持ちを伝えるためにも、事前に新札を用意するようにしましょう。 現金で渡す場合は4万円と9万円は避ける 現金で渡す場合は、 「死」や「苦」を連想させる4万円と9万円は避けたほうが良いとされています。 これは結婚祝いなどのお祝いごとや、香典など不祝儀の場合も同じです。 出産祝いを渡す予定は、前もって決めておくはずです。 お祝いの気持ちを伝えるためにも、事前に新札を用意するようにしましょう。 出産祝いで喜ばれやすいプレゼント 出産祝いを贈る場合、どんな物を選ぶか悩む人が多いものです。 「他の人とかぶってしまったらどうしよう」「使ってもらえなかったら悲しいな」などいろいろ考えてしまって、なかなか決められない人もいるかもしれません。 そこで、出産祝いで喜ばれやすいプレゼントをご紹介しますので参考にしてみてください。 現金 友人や同僚に出産祝いを贈る場合、「現金を選ぶのは淡泊なのでは」「品物を選ぶ手間を省いたと思われたらどうしよう」と考えてしまう人もいるかもしれません。 しかし、実際にもらう立場になってみると、現金をもらって嫌な気持ちになることはほとんどないでしょう。 出産や育児に関する出費がかさむため、経済的に助かるという人が多いものです。 現金であれば、必要なものを買うことができるため、喜ばれる傾向にあります。 赤ちゃんに関係するもの 出産祝いとして選ばれるものの中で一番多いのが、赤ちゃんに関係するものです。 ベビー服やおくるみ、スタイといった一般的なものや、おむつをかわいくラッピングしたおむつケーキなどを選ぶこともできます。 ベビー服やスタイは、たくさんあっても困るものではないため、他の人とかぶる心配をしなくても大丈夫です。 季節によってはおくるみやブランケットといった気温を調節するものをもらえると喜ばれます。 おむつは消耗品ですので、どれだけあっても嬉しいものです。 実用性とかわいさを兼ね備えたおむつケーキもおすすめできます。 出産祝い用カタログギフト 結婚式の引出物でよく使われるカタログギフトですが、出産祝い用に子供向けの商品がたくさん載っているカタログギフトもあります。 自分に子供がいなくてどういったものを渡したら良いか分からないといった場合にもおすすめできます。 贈られた人がほしいものを選べるため、出産祝いにぴったりの贈り物です。 カタログギフトをあげたら、何を選んだのか少し気になるかもしれません。 「〇〇を選んだよ」と報告をもらったときには、うれしい気持ちになるはずです。 渡すのは現金とギフトならどちらが良いの? 出産祝いには現金やギフトのどちらを渡したら良いのか、気になる人もいるでしょう。 「どのようなものを渡したら良いか決められない」「選ぶ時間がないけど喜んでもらいたい」といった場合にはカタログギフトを選んでも良いでしょう。 プレゼントという形でお祝いの気持ちを伝えたいといった場合にも カタログギフトなら現金や商品券と違い「贈り物らしさ」があるのでよいでしょう。 カタログギフトで贈ったものを「使っているよ」と写真付きで連絡が来たらうれしいものです。 出産祝いにおすすめのプレゼント5選 実用性だけではなく、見た目やオシャレさも兼ね備えたものを贈りたいといった人におすすめの、出産祝いにぴったりのプレゼントを5つご紹介します。 アニマルビブ 出産祝いでスタイを渡すことはよくありますが、自分で買うときにわざわざ高級なものを選ぶことは少ないものです。 そのためお祝いとしてスタイをプレゼントするのであれば、自分では買わないような、かわいくて少し高価なものを選ぶと喜ばれるでしょう。 アニマルビブはコジカとウサギの二種類があり、コジカは角、ウサギは耳でボタンを留めるつくりになっています。 個性的な雰囲気と赤ちゃんらしいかわいらしさも兼ね備えていますので、喜ばれることでしょう。 カレンドラ ベビーケアセット 生まれたての赤ちゃんのお肌はデリケートですので、しっかりケアしてあげたいものです。 カンドレラ ベビーケアセットは、スイスで誕生したブランドの商品です。 ハーブの香りが心地よく、やさしくケアできます。 ボーネルンドのベビーギフトセット ショッピングモールなどにある、子供の遊び場として有名なボーネルンド。 遊ぶだけではなく、学ぶことも目的としているボーネルンドのベビーギフトセットです。 月齢に合わせて楽しめますので、セットで贈ると喜ばれるでしょう。 おもちゃはいくつあっても困らないものの一つです。 心を込めて選んだおもちゃを気に入ってもらえたら嬉しいでしょう。 ノリタケの子ども食器セット 生まれてすぐに必要なものではありませんが、離乳食や幼児食が始まると食器が必要になります。 のちのち喜んでもらえるものとして、子ども食器のセットはいかがでしょうか。 ノリタケでは浅めのプレートと深めのボウル、マグ、お茶碗がセットになっています。 強度や安定感があるだけではなく、持ちやすさにも配慮された形状です。 スタイと同じように、わざわざ自分で高級な食器を買うことは少ないものです。 お祝いで贈ると喜ばれるでしょう。 離乳食作りの応援にもなります。 ナオミイトウの母子手帳ケース 赤ちゃんが生まれると、病院や検診など母子手帳を持ち歩くことが多くなります。 母子手帳だけではなく、診察券や医療受給者証といったカードまで一緒に収納できる母子手帳ケースがあると便利です。 ナオミイトウの母子手帳ケースは、デザイン性に優れていますのでオシャレな人にぴったりです。 見た目だけではなく、機能性や肌触りも良く、プレゼントにぴったりです。 まとめ 家族や友人、同僚などが出産したら、出産祝いを贈ることになりますが、出産祝いの相場や贈るのに相応しいものが分からない人も少なくないでしょう。 そこで、相場や現金を包むときのマナー、おすすめのプレゼントなどをご紹介しました。 お祝いの気持ちを伝えるのであれば、喜んで使ってもらえるようなものを選びたいものです。 赤ちゃんに関係するものはもちろん、ママやパパに普段の労いの気持ちを込めたプレゼントを贈るのも素敵です。 出産祝いのギフト選びに悩んだら、ぜひハーモニックのカタログギフトをご利用ください。 ・ ・ 出産のお祝いを贈る場合、どのくらいの金額を贈ればいいか悩む人も多いのではないでしょうか。 出産祝いの金額の相場は、贈る相手や自分の年齢、相手との関係によって変わってきます。 ここでは兄弟や友人、職場の方へなどケース別の出産祝いの金額相場について紹介します。 また、出産祝いを渡すときのマナーもあわせて知っておきましょう。 出産祝いのお礼状の書き方と送るタイミングについて解説します。 お礼状の書き方とともに内祝いの品を贈りたい人におすすめのギフトも紹介しますので、祝福してくれた人に言葉とギフトで感謝の気持ちを伝えましょう。 出産のお祝いを贈る場合、どんなものを贈ればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。 この記事では、出産祝いで気をつけるべき常識やマナーを説明した上で、どんな品物がよく贈られ喜ばれているのかご紹介していきます。 この記事では、出産祝いの正しいのしの書き方を解説します。 贈り主の人数で変わる名前の書き方など、マナーについて知ることも可能です。 渡した相手に失礼のないよう、早い段階から理解を深めておきましょう。 出産祝いを渡すタイミングや渡し方などといった出産祝いのマナーについて詳しく解説します。 お祝いの品物選びで悩んでいる方におすすめのギフトもご紹介しますので、相手に喜ばれるギフトを最適なタイミングで贈るための参考にしてください。 「出産祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗 のし のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「出産祝い」も紹介します。

次の