アイフォンの写真をパソコンに送る。 iPhoneの写真を一枚ずつ選択してパソコンに保存しよう!PCで整理して戻す方法も徹底解説。

iPhoneの写真を一枚ずつ選択してパソコンに保存しよう!PCで整理して戻す方法も徹底解説。

アイフォンの写真をパソコンに送る

Contents• スマホからパソコンに「USBケーブル」で写真を送る方法 まずは、最もオーソドックスな方法、「USBケーブル」をスマホとパソコンで接続する方法を紹介します。 また、画像以外もパソコンに移動させることができる汎用性の高いファイル転送(MTP)モードでの利用方法です。 ここで注意が必要なのは、「USBケーブル」の種類。 「USBケーブル」は「充電のみ対応、データ転送のみ対応、充電とデータ転送」の3パターン存在するので必ずデータ転送に対応した「USBケーブル」を使いましょう! 充電のみ対応した「USBケーブル」ですとデータ転送は行われず低速充電されるだけになってしまいます。 殆どの場合は通知領域や通知で選択画面や選択画面に促す表示がされますので、ファイル転送または、MTPと書いてあるモードを選択しましょう。 この選択によってエクスプローラーからスマホのファイルにアクセスすることができるようになります。 選択すると「内部共有ストレージ」や「SDカード」という項目がでてくるので写真を保存している領域を選びます。 また、「内部共有ストレージ」を選択した場合は、殆どの場合「DCIM」フォルダ内に写真や画像があります。 サードパーティー製のアプリなどで保存した画像は使っていたアプリのフォルダに入っていることもあるので確認しましょう。 写真や画像の枚数が多い場合は、多少時間がかかりますがコピーや移動は完了です。 また、エクスプローラーから直接スマホの写真や画像を消したりフォルダを作り移動させるなどの管理もできます。 そんな場合は、をMACでインストールすることで、USBに接続するだけで自動的にファイルアプリが立ち上がりエクスプローラーと同様に転送やファイル写真の管理や削除などに使うことが可能になります。 スマホからパソコンに「SDカード」で写真を送る方法 「SDカード」に対応してないスマホの場合は使うことが出来ませんが、既にSDカードに挿入し写真や画像を「SDカード」に保存している人に取ってはすこぶる便利です。 というのも、スマホから「SDカード」を外しアダプターをつけパソコンに接続するだけでパソコンへの移動やコピー、管理や削除ができます。 逆に「SDカード」を使ってない人にとっては、新たに購入する必要があるのでコストがかかります。 また、内部ストレージから「SDカード」へデータをコピーをする必要もあり、「SDカード」を現在使っていない人にとっておすすめできる方法ではありません。 スマホからパソコンに「Googleフォト」で写真を送る方法 最もおすすめの方法が「Googleフォト」を使った方法です! なぜ、最もおすすめなのかと言うと、一度設定してしまえば自動でクラウドと同期しパソコンに限らず多くのデバイスでGmailのアカウントでログインするだけで写真の表示や削除ができるためです。 それでは、「Googleフォト」を使ったパソコンに写真を送る方法を解説していきます。 複数のアカウントを持っている場合は、バックアップしたいGoogleアカウントを選択する必要があります。 バックアップの画質に高画質を選択すると容量無制限でバックアップが可能なので、余程画質に拘りがなければ高画質を選択するのがおすすめ! 画質に拘りがある場合は、元のサイズを選択することでオリジナルままバックアップが可能ですが、この場合は無料でバックアップできる容量が15GBまでとなってしまうので注意が必要です。 また、15GBという容量はGmailやGoogleドライブなどを含めたアカウント全体の容量になるので15GB全てを「Googleフォト」で使うのは現実的ではありません。 データ量の多い場合や通信速度が極端に遅い時など、初回のバックアップでは半日以上かかってしまうことがありますが、一度バックアップしてしまえば次からはそんなに時間はかからないのでご安心を! バックアップが完了したら、あとはパソコンのブラウザからGoogleフォトを開くだけで利用可能です。 また、ブラウザで閲覧できるだけでなくダンロードも可能となっています。 複数のデバイスで利用もGoogleアカウントがあれば同期可能なため非常に便利なサービスなので一度お試しあれ! スマホからパソコンに「Googleドライブ」で写真を送る方法 スマホから「Googleドライブ」に写真や画像をアップロードすることでパソコンに送ることも可能です。 「Googleドライブ」を利用する方法は、ファイル毎アップロードする場合に最も向いています。 使い方は、以下の手順です。 ファイラーまたは、ギャラリーアプリで送りたいファイルやデータを選択• アプリ内にある共有ボタンをクリック• 共有先に「Googleドライブ」を選択する• 実行する 非常に簡単な方法なので、ファイルで「Googleドライブ」にアップロードする場合以外にも少ない写真データのときも重宝するでしょう。 ただ、15GBの上限を超えるほど枚数が多いときは、パソコン側でダウンロードと削除し複数回同じ作業をする必要が有るので素直に「Googleフォト」を使うのがベスト。 スマホからパソコンに「Bluetooth」で写真を送る方法 スマホからパソコンには、「Bluetooth」を写真を送ることも可能です。 ただし、「Bluetooth」は「Bluetooth 4. X」で1Mbps、「Bluetooth 5」で2Mbps程度と転送速度が遅く1、2枚程度の写真を送る時以外はおすすめできません。 使い方は下記の手順で可能です。 スマホとPCの「Bluetooth」をONにする• スマホ、パソコンそれぞれに機器名が表示されるのでクリック• パスコードの番号を確認• ペア設定をクリック• ギャラリーアプリなどから送りたい画像を選択肢共有ボタンをタップ• 共有先に「Bluetooth」を選択 以上で「Bluetooth」で送ることができます。 スマホからパソコンに「メール」で写真を送る方法 数枚の写真であれば「メール」で送るのも有りでしょう。 おすすめは方法は、Gmailを使い宛先を自分にし、送りたい画像を添付し送付するだけです。 パソコンのブラウザからGmailを開けば送った画像をダウンロードできます。 ただし、Gmailは最大で25MBまでしか添付出来ないので大きいサイズの写真が送れないこともあるので気をつけましょう! スマホからパソコンに写真を送る方法まとめ スマホからパソコンに写真を送る方法は複数ありますが、手軽さや管理面から考えるとやはり「Googleフォト」を使う方法がおすすめですね。 写真を送るだけでなく、機種変更のさいもデータ移行の必要性がなくブラウザが使えるデバイスであれば全て写真の閲覧がGoogleアカウントのログインだけでできるので、一昔前では考えられない利便性を誇ります。 また高画質でバックアップする場合、バックアップに制限がないのも大きな特長で、余計な費用がかからずここまでのユーザビリティーを誇るサービスはGoogleならではでしょう。

次の

iTunesなしでiPhoneから写真をWIndows 10に転送する最高な方法

アイフォンの写真をパソコンに送る

あなたはiPhoneで撮った写真はどのように管理していますか。 もしかするとパソコンで写真のバックアップを取ったことがない、なんていう人もいるかもしれませんね。 このままでは、iPhoneのストレージ容量が少なってきた場合や、iPhoneが壊れたときに「こまめにちゃんと整理してよかった…」なんて後悔することにも。 iPhone本体を整理することは、部屋の掃除と同じくらい重要です。 なぜなら、iPhoneの写真を綺麗に整理することで、数多くの新しい思い出の写真が入ってくるからです。 今回は、iPhoneで撮った写真を一枚ずつ選択してパソコンに保存してする方法と、パソコンで綺麗に整理して必要な写真をiPhoneに戻す方法を解説します。 iPhoneの写真を一枚ずつ選択してパソコン保存する方法を解説 iPhoneを整理するためには「まとめてパソコンに保存する」「写真を一枚ずつ選択してパソコンに保存する」この2種類があります。 この2種類の中にも色々な整理方法があるので、どれをお伝えしようかとかなり迷うことに。 しかし、人それぞれ自分に合ったやり方があると思うので、あなた自身に合った方法が見つかるようにガジェットマスター編集部が写真の整理術を余すことなく伝授することに決めました。 それでは実際に、手順を解説していきます。 (MacとWindows別々に解説) iPhoneの写真をMacに保存する場合 iPhoneとMac、同じApple社の製品ということで写真管理がとてもしやすいです。 あなたが、現時点でやり方がわからなくても全く問題ありませんので安心してくださいね。 何度か繰り返すことで誰でも簡単にできるようになります。 それでは、iPhoneの写真をMacに保存する方法とその手順を解説していきます。 事前にiTunesの自動同期設定を外しておくことが重要 USBケーブルでiPhoneとパソコンを繋ぐ前に、iTunesの自動同期設定を外すことが重要なポイントです。 このままiPhoneとパソコンのiTunesの繋ぐとパソコンを繋いだ際に自動同期が始まり、iPhoneの写真が消えてなくなるという恐ろしいことに。 このような思いがけないミスをしないように、まずは以下の作業を実施しましょう。 iTunesを起動し、環境設定を開く• デバイスという携帯の形をしたアイコンをクリック• 画面下に「iPod、iPhone、およびiPadを同期自動的に同期しない」をチェックし、OKをクリック シンプルに「写真」アプリを使ってパソコンに取り込む方法• iPhoneとMacをUSBケーブルで接続• 接続した状態で「写真」というアプリを選択• 左サイドバーの読み込み部分に自分のiPhoneを選択• 画面右上に「すべての新規項目を読み込む」もしくは「選択項目を読み込む」という表示が出るので、command+写真を選択しクリック• iPhone上の写真がMacに読み込まれる 1番基本的な方法です。 「すべての新規項目を読み込む」ではなく「選択項目を読み込む」を選ぶことで必要な写真だけを取捨選択できます。 特に写真の数が多い方にはこの方法がベストだと思います。 「イメージキャプチャ」アプリを使って写真をパソコンに保存しよう• iPhoneとMacをUSBケーブルで接続• 接続した状態で「イメージキャプチャ」というアプリを選択• 「すべてを読み込む」もしくはcommand+写真を選択し、画面右下の「読み込む」をクリック• iPhone上の写真がMacに読み込まれる Macのdockに「写真」アプリがあるので、この「イメージキャプチャ」を使用している人は少ないかもしれません。 写真を取り込んだり、削除したりという点では「写真」アプリと同じですが、違いは「簡単な操作性」です。 「写真」アプリは左サイドバーに細かく項目が分かれていますが、「イメージキャプチャ」は選択項目が非常に少ないので、とても簡単! ただし、「写真」アプリとは違い、イメージキャプチャ上で写真を削除するとiPhoneからも削除されてしまいますので、その点だけは注意してください。 「写真」アプリと同じように、必要な写真を選定しながらcommand+写真を選択で一枚ずつ選択してパソコンに保存することができます。 iCloudのフォトストリームを使い自動的にmacに保存する方法• iPhoneのiCloudを設定で「写真」を選択し、「自分のフォトストリーム」をオンの状態にする• iPhoneのiCloudを設定で「写真」のオプションを選択し、「自分のフォトストリーム」をオンの状態にする 頻繁に写真を撮るので、いちいちUSBケーブルで繋ぐのもめんどくさい.. という方におすすめです。 MacとiPhone両方のiCloudを設定するだけで、自動的に写真が取り込まれます。 ただし、Wi-Fi環境であること、「写真」アプリを起動していること、という条件が揃ったときのみです。 また、iCloudの容量が5GBまでとかなり制限があり、保存期間も30日間と限られています。 iPhoneの写真をWindowsに保存する場合 iPhoneの写真をWindowsで管理するときも基本的な考え方はMacと同じです。 Windowsで管理する時もMacと同じように必ず「iTunesの自動同期」を外してから操作するようにして下さい。 (手順は先述していますのでそちらを参照) 「自動再生機能」を使って写真をパソコンに取り込む方法• iPhoneとWindowsをUSBケーブルで接続• 自動的にダイヤログが表示されるので、「画像とビデオの読み込み」を選択し、読み込みを開始• 読み込みが完了したら、「ライブラリ」の「ピクチャー」に保存される 「マイコンピュータ」から写真を取り込む方法• iPhoneとWindowsをUSBケーブルで接続• マイコンピュータからiPhoneのアイコンを選択し、「画像とビデオのインポート」を選択• 写真を選択し、画面右下の「読み込む」もしくは「すべてを読み込む」をクリック• 読み込みが完了したら、「ライブラリ」の「ピクチャー」に保存される iPhoneからWindowsのパソコンに自動保存をする方法 Windows用のiCloudをダウンロードすると、Mac同様に自動的に写真が取り込み可能です。 自動的にパソコンに保存するのはmacだからだと思っていましたが、Windowsでもそれが可能だとは驚きですね! またあとでご紹介しますが、iCloudとは別に「Googleフォト」というアプリも存在します。 アプリをダウンロードする必要はありますが、無制限なのでiCloudのフォトストリームよりも大容量です。 (画質の制限はありませんが、ほとんど問題がありません) ただ、こちらも必要のないデータも取り込まれてしまいますので、取り込んだ後は必ず整理をしましょう。 iPhoneからパソコンに保存した写真をスッキリと整理させよう! iPhoneの写真をパソコンに保存したものの、どうやって整理しよう…という感じですよね。 iPhoneの中は綺麗になったのに、パソコンの中に写真を入れっぱなししたまま。 これは、部屋掃除で、不要物を断捨離せずに他の部屋に運んだだけで満足している状態と変わりません(笑) そんな中途半端な状態にならないように、パソコン内の写真もキレイに整理整頓していきましょう。 Macで上手に写真を整理するコツ 様々な写真アプリがでていますが、今回紹介するのは「写真」アプリです。 「写真アプリはもともと入っているので、知っているよ」と言われそうですが、上手に使いこなせていますか? この「写真」アプリは「スマートアルバム機能」によって自動でフォルダ分けをすることができます。 人物や撮影場所、日付、イベント、タイトル等によって自動で振り分けされるので、とても便利です。 Windowsでうまく写真を整理するコツ Windowsのパソコンをお使いの方は「Googleフォト」がおすすめです。 (Macでも使用可能) こちらの優れている点は、Googleの画像検出機能で人物や場所、被写体、説明によって検索が非常に楽になるところです。 例えば、沖縄旅行に一緒に行った時に食べた佐藤さんの写真を検索したい場合、フォルダでは沖縄旅行に分類されているので、各イベントでの佐藤さんの写真を検索するのは大変です。 しかし、この画像検出機能で、佐藤さんの写真だけが抽出することができます。 また、GPS機能が付いていない場合でも被写体からの推測で自動的に場所振り分けされます。 写真を撮る機会の多い方には非常にうれしい機能です。 パソコンで綺麗に整理した写真をiPhoneに転送してみよう! パソコンで写真の整理ができたら、最後に整理した写真をiPhoneへ転送しましょう。 あなたが振り返りたい思い出の写真だけをiPhoneに残すことで、毎日が幸せな気分になれるはずです。 騙されたと思ってやってみてくださいね。 MacやWindowsからiPhoneに写真を転送する方法(iTunesを使う場合)• iPhoneとWindowsをUSBケーブルで接続• iTunesで左サイドバーにある写真を選択• 写真の共有元にチェックを入れ、選択したフォルダーを選択すると、ライブラリの「ピクチャー」が表示される• 「ピクチャー」内にある整理したフォルダをチェックし、クリック MacやWindowsからiPhoneに写真を転送する方法(iCloudを使う場合)• iPhoneのiCloudを設定で「写真」を選択し、「マイフォトストリーム」をオンの状態にする• 「iCloud. com」のURLにパソコンでアクセスし、サインインする• 右画面上の「Upload」を選択し、パソコン上の写真データをiPhoneに取り込む.

次の

パソコン・スマホで大量の写真データをまとめて一気に送る方法

アイフォンの写真をパソコンに送る

スマートフォンとパソコンをBluetoothで接続する まずパソコンとスマートフォンをBluetoothで接続します。 今回使用したパソコンはSurfacePro2(Windows8. 1)、スマートフォンはXperia Z1 SO-01F(Android4. 4)です。 1、PCの電源を入れ、スマートフォンのBluetoothをONにする Bluetoothの設定画面を表示すると、下の方に「機器の検索」と表示されます。 それをタップすると近くにあるPCが表示されます。 この場合SURFACEと表示されているのでそれをタップし、ペアリングします。 パソコンでBluetooth設定画面を表示します。 ペアリング設定画面が表示されます。 ペア設定するをタップ。 PCの方も同じ番号が表示されています。 はいをクリック。 これでペアリング完了です。 次にスマートフォンから画像をパソコンに送ってみます。 受信すると保存する場所を指定し、完了で保存されます。 もし受信中…が表示しない場合は、下の操作でファイルの受信を表示した状態でスマートフォンから画像を送ってみてください。 パソコンからスマートフォンに画像を送る場合 最後にパソコンに保存されている画像をスマートフォンに送る方法です。 スマートフォンのアルバムの中に送られた画像は保存されています。 関連記事 ・ ・ ・• カテゴリー• 103• 114• 732• 129• 190• 135• 122• アーカイブ アーカイブ•

次の