寝てる間に突き指。 【骨折を早く治す方法は?】早期回復のための治療法や予防法について

ほのぼの絵にっき : 赤ちゃんとその母親は一緒に寝ている時に、お互いの体を潰さないようシンクロしてるように寝返りするって聞いたけど

寝てる間に突き指

腱鞘炎,ガングリオン,関節リウマチ,痛風など,考えればあれこれ上がってきます。 朝,関節が動かしにくい,痛みがある,,という初期症状は関節リウマチの代表的な症状ですが..... 痛みはこわばり(動かしにくさ)を伴っていて,朝ひどく,日中は緩和するようなことがありますか?? 腱鞘炎,関節炎であれば,サポーターをするなり,テーピングをするなりして一定期間固定していれば,痛みは緩和すると思いますが。。 一週間以上にわたって,痛みが漸増しているようでしたら,,詳しい検査をされたほうがいいでしょう。 あれこれ,思いつくまま挙げてみましたが,ご自身でググるなりして,なお心配が募るようでしたら,お医者さんにご相談されてくださいね。。 A ベストアンサー こんばんわ 最初は、整形外科でしょうね。 指の第二関節が痛む変形性関節症にブシャール結節があります。 blog. so-net. (現在、左手は親指を除く4本 右手は小指と薬指です) ブシャール結節はレントゲン撮影で診断できます。 この関節症は指の変形は残りますが、大部分は5ヶ月位で痛みもなくなります。 あまり痛いときは、絆創膏等で固定すると痛みが和らぐと医師に指導されました。 また、指の第二関節が痛む病気に関節リウマチもあります。 rheuma-net. html 整形外科に受診しても、リウマチの疑いが有れば専門医を紹介します。 Q 4月始め頃から、朝起きると右手小指に以下のような症状が出始めました。 ・感覚がないような感じがして動かそうとすると痛い ・動かそうとすると、つる事もある ・指が腫れているような感じで曲げにくい しかし起床してしばらくすると症状はなくなり、翌朝になるとまた症状がでる、の繰返しでした。 同じ頃、全身が激しい筋肉痛になり(スキーに行った翌日のような痛みで、これは起床後だけでなく一日中でした)、自分ひとりで床から立ち上がったり階段の昇降でさえつらく、体重3kgの娘を持ち上げるのに毎回バーベル選手みたいな唸り声を上げなければ持ち上げれませんでした。 そんな日が続いたため、4月下旬に総合病院の整形外科を受診しました。 )最終的には対処の仕方がないし、別に動けないわけではないからこのまま我慢して、というような事を言われて現在に至ります。 薬等は特に処方されていません。 その後5月に入り、全身筋肉痛の方は何とか治まってきたのですが朝の指の腫れたような感覚と痛みは続いており、当初右手小指だけだったのが、今では両手の指にまで広がっています。 起床してから時間が経つと症状はだいたい治まりますし、全く手指が動かせないわけではないですが、今年2月に出産したばかりでこれから育児もまだまだ続くことを考えると、もし今後もっとひどくなっていったら、と思うと不安です。 指の痛みと全身筋肉痛が関連あるかどうかは分かりませんが、もし同じような症状に合われた方がもしいらっしゃいましたらご回答頂けませんでしょうか。 また別の病院をあらためて受診しようかとも思うのですが、その場合何科を受診すればよいのか教えて下さい。 (整形外科を受診した事が間違いだったのかなあ、とも思っています どうぞよろしくお願いいたします。 4月始め頃から、朝起きると右手小指に以下のような症状が出始めました。 ・感覚がないような感じがして動かそうとすると痛い ・動かそうとすると、つる事もある ・指が腫れているような感じで曲げにくい しかし起床してしばらくすると症状はなくなり、翌朝になるとまた症状がでる、の繰返しでした。 同じ頃、全身が激しい筋肉痛になり(スキーに行った翌日のような痛みで、これは起床後だけでなく一日中でした)、自分ひとりで床から立ち上がったり階段の昇降でさえつらく、体重3kgの娘を持ち上げるのに... Q 朝限定じゃなく、昼寝などでしばらく手を動かさないでいると、起きた時、手がこわばります。 毎日です。 一ヶ月位になります。 症状としては、グーパーしようとすると指全体的にきつい感じ(すごくむくんでるような)でこわばり、特に小指がスムーズに動かずカクっと曲がります。 戻そうとすると、やっぱり小指は固まった感じ(攣りそうになる)で戻りにくいです。 小指の第二関節もグーする時だけは痛みがあります。 両手対照に同じ症状です。 でも3、4回手をグーパー握ったりするとだんだんこわばりも痛みもなくなり、5分も経てばうそのように治り、その後一日全く異常はありません。 自己流に調べたら、リウマチが考えられると思ったのですが、荷物配達の仕事に転職して3ヶ月になるし、手の疲労も考えられるのかなと思ったのですが・・・。 やっぱり病院行った方がいいでしょうか?どんな病気が考えられますか?教えてください、よろしくお願いします。 32歳、女、妊娠経験なしです Q 朝起きると手指がむくんでしまい指を曲げることが出来ません。 特に中指、薬指がひどく物を掴んだり握ったりすることが苦痛です。 時たま引っ張られるような痛みを感じます。 電車のつり革も握れません。 骨(関節)なのか、筋肉なのか、筋なのか自分でもよくわかりません。 その間、リウマチを疑い整形外科医院の診察を受けましたが、検査の結果シロとでました。 とりあえず消炎剤-モービリンゲルを毎日塗って治療をしていますが、一向に良くなりません。 同じ経験のある方教えて下さい。 病院へ行くとすれば何科に行けばよいのでしょうか。 当方73歳男性、血圧の薬をのんでいるほかは概ね元気にしています。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 医者ではないので、1つの情報として、ききながしてください。 普通、むくみは体内のリンパ液がうまく血管に流れ込めず皮下でとどこうっていると、なります。 その理由は怪我、血液の循環が悪い。 塩分の取りすぎなども考えられます。 リウマチでないといわれたなら、今飲んでいらっしゃる血圧も1つ原因があるかもしれません。 あくまで、私の勝手な想像です。 寝ている際、体を動かさないので、血液のながれが穏やかになっている時、血液を薄くする薬をのんでいるため、リンパが血液にうまく流れていかないのでは??? 起きているときは普通ですか?? よく自分も、手を使う仕事、手を使うスポーツをした次の日は、手が野球のグローブをはめたようにふくれあがってしまうんですが、自分でリンパマッサージをします。 これは、空いているほうの手で、手の場合はわきの下(ここにリンパ液をため、浄化する袋がある)に向け、軽くこすります。 上下にではなく、あくまでもわきの下に向かって軽く上に向けてです。 強すぎると、かえって逆効果になる)5-10分、気長にマッサージします。 また、自分は血圧が低いため、いすに座った状態で、足をうごかさないと(血液循環をうながさない) すぐ、足がむくんできます。 いずれも、個々、動かすことで、普通になります。 循環器系、の医者がよいのではと、思いますが??? 一応、1つの体験談として耳にいれておいてください。 医者ではないので、1つの情報として、ききながしてください。 普通、むくみは体内のリンパ液がうまく血管に流れ込めず皮下でとどこうっていると、なります。 その理由は怪我、血液の循環が悪い。 塩分の取りすぎなども考えられます。 リウマチでないといわれたなら、今飲んでいらっしゃる血圧も1つ原因があるかもしれません。 あくまで、私の勝手な想像です。 寝ている際、体を動かさないので、血液のながれが穏やかになっている時、血液を薄くする薬をのんでいるため、リンパが血液にうまく流れていかないのでは... A ベストアンサー PCは一時間程度ですか? 手先を使う趣味はありませんか? 私は40代の頃在職中 PC作業とファイリングで指を酷使していた頃 まず 同じような症状がでて ほおっておいても治らないので整形外科に行き 腱鞘炎といわれ テープでの固定 赤外線治療などで大分和らぎました。 完治させたかったら 仕事を変わるように言われました。 その頃は 義母の入院費など辞められず 定年まで仕事してしまいました。 辞めてから しばらくして指の第一関節に変形がきて 整形外科では職業病といわれました。 退職後は夫の難病の介護などがはじまり 痺れを感じる日が多くあります。 こちらは自分の心臓にステントがはいり6年目 心臓肥大・動脈硬化がでてきたので無関係とは いえないと言われています。 ストレスも無関係ではないそうです。 まだお若いから 整形外科で一度受信されて原因がわかれば安心なさるでしょう。 不安があったら心臓とか血管の判る病院の診断も 安心のために受けられたら良いかと経験上 思います。 原因のわからない病気も 多々ありますから 働き盛りの年代 ストレスなどかかると思います。 脅かすわけではありませんが 身体がサインを出しているとしたら速い方がよいと思います。 どうぞ お大事になさって下さいね。 PCは一時間程度ですか? 手先を使う趣味はありませんか? 私は40代の頃在職中 PC作業とファイリングで指を酷使していた頃 まず 同じような症状がでて ほおっておいても治らないので整形外科に行き 腱鞘炎といわれ テープでの固定 赤外線治療などで大分和らぎました。 完治させたかったら 仕事を変わるように言われました。 その頃は 義母の入院費など辞められず 定年まで仕事してしまいました。 辞めてから しばらくして指の第一関節に変形がきて 整形外科では職業病といわれました。 退職後は... Q 40代男です。 1週間前位から左手小指に冷感を伴ったような激痛が走ります。 頻度は3、4時間(時に5、6時間?)に1回程度です。 その時は一瞬耐えられないかもと思うぐらいの稲妻的激痛です。 (笑) 音にすると、 ビキビキビキビキーンブルブルスッピタッ! ビキビキは痛みの音ブルブルッ冷感を伴った苦痛、スッは痛みがすぐに引く音、ピタッはすぐに元の状態に戻るっといった具合です。 (笑) 痛みが走る時は、小指の第2関節から第1関節方面に、そして末端部にと痛みが走ります。 痛みも2,3秒程でピタッと止まり、その後その指或いはその周辺のどこを触ってもまったく何ともありません。 一応、念の為腕全体もチェックしましたがまったく異常ありません。 突き指した記憶もありませんし、最近、女に小指を噛まれたというような記憶もありません(笑) 指を無理矢理曲げてみても缶を握り潰しても指だけで腕立て伏せしても全く異常なしです。 その時だけの瞬間的症状みたいです。 これはどのような病に罹った恐れがありますでしょうか。 自分で試してみる価値がある民間療法も教えて下さい。 無責任なご回答でも一向に構わないので憶測での御診断をお待ち致してます。 (実はこれでも結構真剣に悩んでます…泣) 40代男です。 1週間前位から左手小指に冷感を伴ったような激痛が走ります。 頻度は3、4時間(時に5、6時間?)に1回程度です。 その時は一瞬耐えられないかもと思うぐらいの稲妻的激痛です。 (笑) 音にすると、 ビキビキビキビキーンブルブルスッピタッ! ビキビキは痛みの音ブルブルッ冷感を伴った苦痛、スッは痛みがすぐに引く音、ピタッはすぐに元の状態に戻るっといった具合です。 (笑) 痛みが走る時... この痛みは、痛風ではありません。 私は、30数年間、痛風で悩んできましたが、痛風の症状とは、程遠いものです。 ちなみに、痛風は、冷感ではなく温感です。 プクーっと腫れてきて痛み出し、また、湯につけると、更に痛みます。 徐々に痛み出してから最高潮の痛みに達し、徐々に引いていきます。 最高潮の痛みは、一瞬ではなく、連続した痛みで、痛みのある部位を切り落としたくなるほどの激痛です。 その痛みが、延々、数日に及びます。 それも、ストレス性の可能性があります。 経験から申し上げると、間違いなくストレス痛です。 カウンセリングです。 方法は、こちらをご覧ください。 goo. html(No. 2~No. この痛みは、痛風ではありません。 私は、30数年間、痛風で悩んできましたが、痛風の症状とは、程遠いものです。 ちなみに、痛風は、冷感ではなく温感です。 プクーっと腫れてきて痛み出し、また、湯につけると、更に痛みます。 徐々に痛み出してから最高潮の痛みに達し、徐々に引いていきます。 最高潮の痛みは、一瞬ではなく、連続した痛みで、痛みのある部位を切り落としたくなるほどの激痛です。 その痛みが、延々、数日に及びます。 Q 昨年12月に出産し現在4ヶ月半の子をもつ母親(33歳)です。 その後、翌日の朝までは特に大きな問題はなく、右手に比べて微妙に指が曲がりにくい、くらいです。 最近殆ど毎日同じことを繰り返しているので少々心配になって質問入れさせていただきました。 もともとむくみやすい体質らしいので、そのせい?とも思っていますが左手だけに症状が出るのが気がかりです。 病院にいくほどなのか、行くなら何科なのかもまったくイメージがつかず、何かご存知の方がいらっしゃらないか、と思い質問投稿させていただきました。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 4歳の息子がおります。 私も質問者様と全く同じ経験をしました。 お子さんと添い寝していませんか? 私はずっとベビーベッドを使用せず添い寝でした。 子供を左側に寝かせていました。 私は右利きです。 自分では気付きませんが赤ん坊が自分の左側で寝ている、つぶしちゃいけないとなんとなーく左側に神経が偏るっていうか・・・表現が難しいですけど、左側に寝返ることに注意しずきてちょっと窮屈で肩が凝るような感じです。 私はてっきりどこかの神経を圧迫しているのだと思って整形外科を受診しました。 特に問題は無く経過を見ましょうとなり薬もシップも無しでした。 左手の小指がピーンと張った状態で頑張って曲げるとカクンとなるんですよね? なんだか懐かしいです。 私も随分悩んで気にしていましたが心配する病気ではないとわかってからは放置しました。 いつのまにか治っていました。 どのくらいか忘れましたが半年~1年くらいかけてゆっくりと少しずつ治ってきたように思います。 allabout. ctv. banyu. yahoo. html? ご参考に Q 【朝起きると手が固まっています…。 】 出産して半年たちます。 現在母乳をあげているのですが、夜寝て子供がゴソゴソしたら、夜中に添い寝状態のまま1~2回母乳あげています。 同じベッドで子供と寝ています。 2~3ヶ月前くらいから、朝起きると指が曲がらない感じで固まってしまっています。 しばらく時間がたつと治るのですが…。 指が曲がらない間は携帯も打てませんし、子供を抱っこするのもできないくらいです。 初めはびっくりしていたのですが、ほぼ毎日のことなので…慣れとマヒで、朝は指が曲がるようになるまでしばらく待っている感じです。 これって、けんしょう炎なのでしょうか?何なのかよくわかりません…。 母乳あげているので水分不足なのか…。 毎日子供を抱っこしてるから腕とか指が疲れているのでしょうか?子供と一緒に寝ているので、寝返りや動いたりできないので腕に負担がかかっているからなのでしょうか?でも寝て起きた時だけなんです。 最初の方もリウマチに言及して下さっていますが その曲がらない感じというのは片方の手の一指だけですか?。 一指だけであれば、2番目の方がアドバイスして下さっている ばね指 指を屈曲させる時に違和感というかひっかかる感じ も 視野に入れて整形外科を受診されるといいと思います。 もし両手の五指全部がこわばる感覚があるのなら、 リウマチも視野に入れて早めに受診された方が良いです。 ご家族に過去・現在リウマチに罹患された方などが いらっしゃいますか?。 必ずではないですが リウマチは遺伝する場合もある、と言われています ただし、朝の手のこわばりというのはリウマチの代表的な 症状ではあるのですが、それが1時間以上続くのでなければ 単純に腱鞘炎を起こされているだけ、という事もありますよ。 ママ業は本当に休み無しで、ついつい自分の事は後回しですが どうかご自分の体もくれぐれも大切にされて下さいねー。

次の

寝てる間に何したんだろう・・・

寝てる間に突き指

朝起きたら指の関節が痛い、でもお昼位には痛みが引いてきたけどなんだろう?こんな経験をした人は 腱鞘炎の疑いがあります。 痛みがなくなると「ちょっと指を使い過ぎたかな?」なんて考えて時間が経てば忘れますよね。 1日中痛いならもっと深刻に考えるかもしれませんが、厄介なのは痛みがなくなってしまうことです。 人間は病気に関しては良い方に考えたくなりますよね?病気と考えるのが怖くて疲れのせいにすると妙に納得してしまう。 というか納得したいのです。 痛みがでたら腱鞘炎か調べてもらおう! 1度でも痛みが出たら腱鞘炎の他に リウマチの疑いもあるので念ために病院に行って検査しましょう。 異常がなければ安心できますからね。 放って置くとばね指になったり、腫れが酷くなり動かなくなる場合もあります。 指を酷使する仕事の人は特に気を付けて下さい。 指を使わない人も油断禁物です。 もし早い段階で腱鞘炎とわかれば予防など対策ができます。 私は注射で痛みはとれたけど、数年後に再発したときの症状が 「朝起きたら指が痛い」。 しかも昼には痛みが引いてくるという、まさにこの症状でした。 注射が必要なほどではないとはいえ、氷で冷やしたり湿布を貼ったりの繰り返し!終わりが見えないから痛くなるたびに憂鬱でした。 病気って寝ている間にできることが多いと思います。 そう思いませんか?朝起きたら「頭が痛い」、「のどが痛い」、「腰が痛い」、「熱が出た」ということありますよね?寝ている間は明日のために身体も休んでる状態、その隙に病気が暴れだす… 私は朝起きた時に指が痛いのはもう嫌なので、 必ず寝る前に指をほぐストレッチをしてます。 症状が重い人には勧めませんが試しにいかがでしょうか?.

次の

寝てる間に何したんだろう・・・

寝てる間に突き指

骨折を早く治す方法 それでは早速ですが、骨折を早く治す方法について見ていきたいと思います。 超音波治療を受ける 骨折を早く治す方法としては、超音波治療を受けることがあげられます。 かつてソフトモヒカンスタイルで日本でも人気のあった元イングランド代表のサッカー選手が、超音波治療によって骨折から早期回復したことは、よく知られているのではないでしょうか。 超音波の微細な振動を骨に加えることで、骨癒合(骨が新しく作られ、骨折部位がくっつくこと)を促進し、早期回復を期待できることは数々のデータが証明しています。 適度に身体を動かす 意外に思われるかもしれませんが、骨折をした場合であっても、適度に身体を動かした方が、回復を早めることが分かっています。 人間の骨には再生能力があり、骨折をしたとしてもしばらくすると骨癒合が起こります。 その際に仮骨(かこつ)が作られ、折れた骨同士をくっつけるのです。 そして、仮骨が作られるためには、損傷部位へ血液を送ることが重要となります。 そのため、骨折をしたからと運動を極度に控えると、血行が悪くなり、骨癒合を遅らせてしまうのです。 また、運動を避けることで筋力が低下すると、血液を全身に送り届ける機能が低下し、やはり骨折からの回復を遅らせる結果となります。 ただし、骨折直後は痛みが強いため、痛みを誘発するような動作は避けましょう。 また、痛みが引いてからも、骨折部位に直接負荷がかかるような動作はしないよう注意しましょう。 早寝早起きする 骨折に限ったことではありませんが、ケガや病気から早く回復するためには睡眠が欠かせません。 なぜなら、寝ている間に成長ホルモンが分泌され、細胞分裂が起こり、身体を修復したり回復させたりするからです。 睡眠不足が続くと身体の修復が遅れるだけでなく、自律神経のバランスにも悪影響を及ぼします。 早く起きれば自然と夜眠くなるので、骨折を早く治したいときにも早寝早起がおすすめです。 骨折の回復を促す食べ物を摂取する 私たちの身体は食べたものから作られるため、骨折を早く治したいのであれば、骨折からの回復を促す食べ物を摂取すると良いでしょう。 骨といえばカルシウムと思われがちですが、カルシウムを効率よく吸収するためにはビタミンDも摂取する必要がありますし、コラーゲンやビタミンC、マグネシウムなども摂取する必要があります。 局所の血行を促進する 骨折が治る過程で仮骨が作られますが、仮骨を作るためには局所の血行を促進することが重要です。 ただし、骨折をした直後に血行を促進すると、炎症状態が悪化し痛みを増してしまいます。 どのようにして局所の血行を促進すればよいのか、また、どの程度の運動をすればいいのかは、私たち専門家にご相談ください。 骨折の種類 一口に骨折と言っても、いくつかの種類があります。 分かりやすい骨折もあれば、それと気が付かない骨折もあるので、骨折の種類について知っておきましょう。 閉鎖性骨折 私たちが骨折と聞いたときに、一般的にイメージするのが閉鎖性骨折です。 簡単に説明すると、骨折した場所の皮膚が損傷されていないケースを閉鎖性骨折と呼んでいます。 開放性骨折 開放性骨折は、折れた骨が皮膚を突き破って飛び出すタイプの骨折です。 場合によっては腕や足を切断しなければならないケースもあります。 複雑骨折とは? 複雑骨折というと、同時に複数個所を骨折し、骨がバラバラになることをイメージされるかもしれませんが、骨が粉々に砕けるような骨折のことを粉砕骨折(ふんさいこっせつ)と呼んでいます。 現在、医療現場で複雑骨折という名称は用いられていません。 子供に多い骨折 子供の骨は大人に比べると柔らかいため、不完全骨折(完全に骨が折れないこと、ヒビもその一種)を起こすことが多いとされています。 お年寄りに多い骨折 お年寄りは転倒して骨折するケースが多いため、手首や肩関節、股関節などを骨折しやすいとされています。 特に股関節を骨折した場合、寝たきりになったり認知症を発症したりするリスクが高まります。 骨折の原因 骨折にもいろいろな種類があることを知っていただいたところで、次に、骨折の原因について見ていきたいと思います。 過度の外力 骨折の多くが、過度の外力によってもたらされます。 高いところから転落したり、転倒したり、硬いものがぶつかったりして、骨の耐久度を超える外力が加わったときに骨折を起こします。 オーバーユース オーバーユース(使いすぎ)も骨折のリスクを高めます。 オーバーユースによる骨折のもっとも分かりやすい例が疲労骨折ではないでしょうか。 何度も同じ動作をすることで局所に繰り返し外力が加わり、筋肉や腱の牽引力によって骨がはがれてしまうのです。 病気 骨折の原因としては病気もあげられます。 特にお年寄りに多いのが骨粗鬆症(こつそしょうしょう)にともなう骨折です。 また、悪性腫瘍も骨折のリスクを高めます。 骨折部位の修復過程 骨折をした場合、ギブスなどで固定すると、一定の期間を経て元の状態に戻ります。 では、どのような経過をたどるのでしょうか。 炎症期 骨折をした場合、骨の中を通っている血管も断裂し、周囲の組織に炎症をもたらします。 修復期 骨折にともなう炎症期を過ぎると、次に修復期を迎えます。 修復期には骨折部位に間葉系幹細胞(かんようけいかんさいぼう)が集まり、仮骨を作ることとなります。 リモデリング期 リモデリング期には、骨芽細胞(こつがさいぼう)と破骨細胞(はこつさいぼう)が交互に分泌され、骨折前と同じ状態に骨を戻そうとします。 骨折と免疫の関係 骨折から回復する際に、サイトカインの一種である「インターロイキン17」が分泌されますが、インターロイキン17はT細胞の一種である、「ガンマデルタT細胞」によって生み出されることが分かっています。 T細胞は身体の免疫反応を起こす際の中心的存在として知られていますが、ガンマデルタT細胞には、骨癒合を促進する働きがあるということです。 骨折の予防法 骨折は偶発的な事故である場合がほとんどですが、日ごろからちょっとしたことに気を付けることで、そのリスクを下げることが可能です。 食習慣を見直す 先述したように、私たちの身体は食べたものから作られています。 そのため、栄養バランスのとれた食習慣にすることが重要です。 ウォーミングアップを怠らない 運動をする前にウォーミングアップをおこなうことで、骨折のリスクを下げることが可能です。 また、運動後にはストレッチをおこない、筋疲労を残さないように心がけましょう。 身体のバランスを整える 身体の使い方が悪いと、偏った負荷が身体にかかり、骨折のリスクを高めます。 身体のバランスを整えることで、骨折のリスクを下げるだけでなく、パフォーマンスの向上につなげることも期待できます。 骨折の後療ならぷらす鍼灸整骨院がおすすめ 骨折の後療をおこなう場合、ぷらす鍼灸整骨院で施術を受けるのがおすすめです。 そこで、後療とは何なのか、また、ぷらす鍼灸整骨院での後療法について説明したいと思います。 後療とは 後療(こうりょう)とは、ケガをした場所を回復させるための施術全般を意味します。 整骨院では主に物理療法や運動療法、種々療法によってケガからの回復を促進します。 後療の重要性 骨折というと、ギブスで固定したうえで安静にするのが一番と思われるかもしれませんが、先述したように、適度に身体を動かすことで、骨折からの回復を早めることが分かっています。 そのため、骨折をした時も後療が重要なのです。 ぷらす鍼灸整骨院での後療法 ぷらす鍼灸整骨院では、電気治療や手技療法によって血行を促進し、骨折からの回復を促します。 また、全身のバランスを整えることで、骨折しにくいボディバランスへと変えていきます。 整骨院での骨折に対する施術は、健康保険や交通事故の際の自賠責保険、労災保険などが適用されますので、当院で後療を受けたい方はお気軽にご相談くださいね。 まとめ 骨折したらいつまでも固定して安静にしておけばいいという方法が近年すこしずつ見直されています。 もちろん骨折直後からしばらくするまでは安静にするなどの適切な処置が必要ですが、炎症期を過ぎたら、適度に身体を動かして血行を促進することが重要です。 ただ、どういう運動をすればよいのかわからず、身体を動かすのが怖い場合や、運動が苦手という場合、当院で後療を受けるのがおすすめです。 もし何か分からないことや不安なことがありましたら、なんでもお気軽にご相談くださいね。

次の