くす玉 折り紙。 【折り紙】基本の花くす玉

【折り紙】基本の花くす玉

くす玉 折り紙

ユニット折り紙とは ユニット折り紙とはパーツを組み合わせて一つの作品を作る折り紙 ユニット折り紙とは複数のパーツを組み合わせて、一つの作品を作る折り紙のことです。 多面体折りともいいます。 多くの場合、紙を折ってできるポケットに差し込んでパーツ同士をつなぎ、紙の摩擦力で支えます。 同じパーツの枚数を変えることで、違う形にできるものもあります。 また、使用する紙の枚数が多いので、色の組み合わせを工夫して楽しめるのも、ユニット折り紙の特徴です。 最近は、グラデーションやポップな柄、光沢のある色紙など、バリエーションも豊富です。 100均ショップでも様々な種類の色紙が販売されているので、自分の好きな物を選んで作ってみてください。 ユニット折り紙で作る多面体の作品といえばくす玉 ユニット折り紙でつくる多面体の作品といえば、真っ先に思いつくのがくす玉です。 3枚の折り紙から作れるものから、数十枚を組み合わせた複雑なデザインまで、限りないほどの種類があります。 その他にも箱やこまのように作った後にも使ったり、遊んだりできるものもあります。 最初はシンプルなものから始めて、少しずつ枚数を増やしてゆくことをおススメします。 基本は同じなので、コツをつかめれば、直ぐに複雑なデザインも折れるようになります。 おもちゃのように楽しく遊べる折り紙があるのをご存知でしょうか。 そんな簡単で面白い折り紙をご紹介します。 折り紙が苦手なお子さんでも、後で一緒に楽しく遊べるので、この記事を参考にぜひ、作って見てください。 ユニット折り紙はパーツの組み合わせで出来ています。 枚数が多いデザインは、ずれが出てきて組み合わせられなくなることもあります。 また、折り目をしっかりつけておくことで、仕上がりがよりキレイになります。 折り方が複雑になってくると、ガイドラインを作る為に、何度も折ったり開いたりを繰り返します。 面倒でも、この過程を手を抜かずにしっかりと行いましょう。 パーツの出来上がりがそろい、組み合わせやすくなります。 また、折り図や動画をしっかりとチェックしながら折ることもプラスになります。 パーツはそのまま固定することも出来ますが、数が多くなってくると接着しながら組み立てる必要が出てきます。 この時、仕上がりを急ぐあまりに接着剤が乾くのを待てなかったり、両面テープを使ったりすると表に影響を及ぼすことがあります。 このように、組み立ても時間をかけて、慎重にすることが大切です。 場合によっては、補強にセロテープを活用するのも良いかもしれません。 枚数別・ユニット折り紙での立体のくす玉の作り方は? 枚数別・ユニット折り紙での立体くす玉の作り方、1つ目は6枚折りのくす玉です。 このサイコロ型のくす玉のパーツは、ユニット折り紙の最も基本的な折り方です。 きちんと覚えておくと、後で応用が利きます。 6つのパーツの内、5つのパーツをつなげてユニットを作り、最後の一枚でふたをするようにして組み立てます。 6枚のサイコロくす玉の折り方• 1折り紙を6枚準備します。 2半分に折って、中央に折り目を付けた後、その折り目に合わせておりかえし、4本の折り目をつけます。 3真ん中の折り目に合わせて、折り込みます。 4角を合わせて折り返し、中に入れ込みます。 これを両方行います。 5折り目に合わせてたたみます。 6突き出している三角の部分を手前に半分に折ります。 裏返して同様に折り返します。 7同様にして、6つパーツを作って、組み合わせます。 最も基本的な折り方で、パーツを作ってからの組み合わせ方をご紹介します。 画像を見ながら練習して見ましょう。 12枚のくす玉の折り方• 16枚のくす玉と同じ折り方でパーツを12個作ります。 21つ目のパーツの三角の袋の部分に、2つ目のパーツの角を差し込みます。 33つ目のパーツの三角部分に1つ目のパーツの角を差し込みます。 42つ目のパーツの三角部分に3つ目のパーツの角を差し込みます。 5真ん中に三角錐ができたら、大パーツの出来上がりです。 6同様にして、大パーツを4つ作ります。 7大パーツの三角部分にそれぞれのパーツの角を差し込みながら組み合わせます。 パーツの折り方を少し複雑にするだけで、こんなにステキなくす玉も折れます。 使用している色紙の枚数は同じです。 パーツを組み合わせが難しそうに見えますが、基本的にはどんなデザインも同じなので、コツさえ覚えればすぐに作れるようになります。 ここでは、ポピュラーな30枚のくす玉の折り方をご紹介します。 まずは、基本折りのパーツ30個の組み合わせ方を覚えましょう。 最初は分かり安いよう、5色の色紙6セットで作ることをおススメします。 動画を参考に練習して見てください。 慣れて来たら、別のデザインにもチャレンジして見ましょう。 24枚以上のユニットになると、凝ったデザインのものが作れるようになります。 たくさんのパーツを作るのは大変ですが、完成した時の満足感は格別です。 30枚のくす玉の折り方• 1基本のパーツを30個折ります。 25枚のユニットを三角の袋の部分に差し込みながら一回り組み合わせます。 3動画の印の部分に山が出来るよう、パーツを差し込んでゆきます。 4差し込まれるパーツの反対側のパーツの色と同じ色のパーツを差し込みます。 5山が5個できたら、動画の印の部分に5色のパーツが集まる様に差し込みます。 6山が三角になるよう隣のパーツを差し込みます。 7動画の印の部分が5色のユニットになるようパーツを差し込みます。 8先ほどと同様に三角の山が出来るよう形を整えながら隣のパーツに差し込みます。 9最後に5色のパーツが集まる様にそれぞれ隣のパーツに差し込みます。 箱はデザインもいろいろで、様々な折り方があります。 その中でも4枚で作る箱の折り方をご紹介します。 とっても簡単で、折り図なしでも作れるので、お子さんとご一緒に折って楽しんで見てください。 簡単な箱の折り方• 1色紙を4枚用意します。 2色紙の上下を合わせて真ん中に折り目を付けます。 3下から真ん中の折り目に合わせて折ります。 4向きを変えて半分に折り、真ん中に折り目を付けます。 5先ほどの折り目に合わせて、折り返していない方を三角に折ります。 6折ったところの角を、そのまま上の中央の折り目に合わせて対角線におります。 7中央の折り目まで折って、その折り目合わせて、もう一方を自然に倒しながら箱の側面2つを立てます。 8折り目をキレイに整えてこのパーツを4つ作ります。 9側面同士を紙の間に差し込んで、つないでいきます。 10底はそれぞれの間に差し込みながら交互に組み合わせます。 11最後に形を整えて出来上がりです。 少し凝った蓋の折り方をご紹介しておきます。 これも4枚の色紙で折ります。 最初は難しく感じるかもしれませんが、基本は同じなので、慣れればスイスイと折れるようになります。 動画のようなきれいな千代紙など、自分なりに工夫して、好みにあわせたステキな蓋を折ってみましょう。 多面体折りの星の作り方をご紹介します。 パーツの折り方が少し複雑かもしれませんが、慣れればすぐに出来るようになります。 バーンスターは差し込むポケットが浅いので接着して固定します。 バーンスターの折り方• 1色紙を5枚用意します。 2三角に折って対角線に折り目を付けます。 3折り目に合わせて左右を合わせます。 4折っていない方の角も真ん中で合わせて折ります。 5二つに折って、しっかりと抑えます。 6この状態のまま、右側を固定しながら、うしろの角を起こし、左の角を合わせ目に合わせて折ります。 7下の三角を真ん中で折ります。 8動画のように右側を折り目にそって重なる部分をたたみながら、真ん中に折ります。 9先ほど折ったところを動画のように開きます。 これでパーツの出来上がりです。 10三角のポケットの部分に差し込みながら、のりで固定します。 花びらのパーツを作って貼り合わせて行きます。 一見、複雑そうに見えますが、簡単なパーツの組み合わせです。 片面の折り紙だと外側の花びらが白くなってしまいますが、後から同じ大きさの色紙を半分に切って差し込むことで、カバーできます。 色の組み合わせや、両面の折り紙を使ったりと、自分なりに工夫してみてください。 パーツの作り方がとても簡単なので、折り図なしで作れるのがメリットです。 何個かをまとめてリースにしたり、くす玉を作ることもできます。 菊の折り方• 1折り紙、8枚を全て丸く切っておきます。 2花びらを固定するためのテープを8つ切っておきます。 3半分に折った後、もう半分を右側だけ折ります。 4折ったところを摘まんで、先ほどの半分の折り目に合わせます。 この時中まで折らないように気を付けます。 5次の折り目を合わせて動画のように中に二つ入る様に合わせて、合わせ目をテープで固定します。 6これが花びらのパーツになります。 同様に8個作ります。 7角を合わせて、パーツを接着剤で張り合わせます。 82個ずつ貼りつけてから貼り合わせるとキレイに仕上がります。 伝統的な多面体折りとして、世界的にも知られているのがまりではないでしょうか。 34個のパーツを糸でつないで作るのが、ポピュラー作り方です。 全てを組み合わせた後に、房をつけてモビールとして飾ってもステキです。 100均ショップで手に入る材料で、モビールを作ってみましょう。 夏の強い日差しの中で涼し気に揺れるモビールなんて、ステキですよね。 この記事ではそんなモビールの作り方を、材料別にご紹介します。 あなたも参考にして作って見てはいかがでしょうか。 ユニット折り紙で楽しい ユニット折り紙の作り方はいかがでしたか。 多面体など立体の折り方は、難しそうですが、パーツの組み方さえマスターすればすぐにつくれます。 くす玉以外にも箱など、様々なものが作れます。 折るだけでなく遊べる作品もあります。 ぜひ、動画や折り図などを参考に、親子で楽しんで見ましょう。

次の

折り紙 立体のくす玉 60枚の折り紙でまりのような花飾りの作り方!|暮らしの情報局

くす玉 折り紙

折り紙で立体のくす玉を作りました。 で、ず~っと作るのを躊躇してたんだけど、ようやく作る決心をして、作ったというわけ。 5cm のものなら60枚• カッターナイフ• カッティングシート• ボンド• 楊枝 3本くらい• チラシ• 刺しゅう糸 45cm• 糸通し 折り紙、かなりの枚数が必要です(笑) ちなみに、カッターナイフとカッティングシートと定規は、 7. 5cm の折り紙が60枚用意できるのならば、必要ないですよ。 立体のお花のくす玉の作り方 1、まずは、 7. 5cm の折り紙を60枚、用意してくださいね。 これは、このブログで以前紹介したと同じですので、こちらを参考にしてくださいね。 私は、テレビを見ながら半日かけて作りました。 ながら作業でもできるくらい簡単なので、 あまり根を詰めすぎないで、無理をしないで作ってください。 6、糸を通したら、輪になるように端っこを結んでおきましょう。 7、では、お花の側面の立体になっているところ2ヶ所に、楊枝を使って、写真のようにボンドを塗ってください。 8、ボンドを塗ったところに、他の花をくっつけます。 これを合わせると、くす玉がとても綺麗な仕上がりになりますよ! 9、あとは、同じ様に、7で説明したように2箇所同士を張り合わせて、6個のお花の半球を作ります。 11、くす玉の半球と半球を張り合わせる前に、刺しゅう糸を糸通しに通して、写真のように糸があるのとは別の半球の真ん中の穴に通して、テッペンから糸を出してください。

次の

お花 折り紙 立体 くす玉

くす玉 折り紙

くす玉(24面体) 折り紙の『くす玉』の折り方を分かりやすく図解していきます。 簡単に折れるので、 是非参考にして作ってみてください。 もしわからない部分があれば、遠慮せずにコメントに書き込んでくださいね。 くす玉(24面体)の作り方 くす玉は折り紙を12枚使います。 作り方としては、ユニットを12個作り、それを組み合わせます。 ユニットの折り方 1. 縦横に半分に折って折り目をつけます。 上下のフチを中央の折り目に合わせるように折って折り目をつけます。 左上と右下の角を折り目に合わせて折ります。 折り目に合わせて折ります。 図のように角を折って折り目をつけます。 左下と右上の角を内側に入れます。 裏返して角を図のように折って折り目をつけたら完成です。 これを全部で12個作ります。 ユニットを組み合わせる 9. ユニット3つを図のように組み合わせます。 裏返してセロテープで固定します。 これを4つ作ります。 このうちの一つを中心に置いて図のように他の3つの角を差し込みます。 外れやすいのでこれも裏側からセロテープで止めると良いでしょう。 図のように角を隙間に差し込みます。 同じ要領で角を隙間に差し込んでいけばくす玉の完成です。 あとがき 以上、くす玉の作り方でした。 手間はかかりますが意外と簡単に折れるので、 是非チャレンジしてみてください。 何か分からない所があれば、 コメントしていただけるとお答えします。 また、よろしければ、 コメント欄から写真をアップロードできるので、 綺麗にできたなら写真を載せて頂けると助かります。

次の