ドラパルト ふいうち。 【ポケモン剣盾】ドラパミミッキュ+悪を軸としたパーティ構築【対戦考察】

耐久調整ドラパルト

ドラパルト ふいうち

ドラパミミッキュ+悪が強い理由 現在のポケモン剣盾の環境において、ドラパミミッキュは環境トップメタです。 非常にスペックの高い二匹で、自分も使いますし、相手も使ってきます。 勝つためには、ドラパミミッキュを使いながら、ドラパミミッキュをメタる必要があります。 ドラパルトはダイスチルを絡めることで、対面からミミッキュを処理できます。 ですので、ドラパルトを使っているだけで自然とミミッキュへの対応策はできています。 問題はそのドラパルトをどう狩るか。 ドラパルトは非常に技範囲の広いポケモンで、環境にいる多くのドラパルトが、ドラゴンアロー・シャドーダイブ・大文字or火炎放射を持っています。 残りの一枠で、はがねのつばさだったり、とんぼがえりを採用していることが多いです。 これだけの技範囲を持っている上に、Bダウンの追加効果があるダイホロウで耐久型ポケモンも強引に突破可能。 ダイマックスすれば、対面で殆どのポケモンを狩ることができます。 そんなドラパルトが唯一苦手としているのが、悪タイプ。 悪タイプはゴースト半減なので、ダイホロウによる強引な突破は不可能。 さらに悪タイプからの攻撃は抜群で通ります。 悪タイプには、ふいうちやイカサマ等の優秀な技が多く、耐久に難のある(並程度にはありますが)ドラパルトでは受けきることができません。 悪タイプがドラパルトに対するメタとなっているのです。 つまり、ドラパミミッキュに悪タイプを組み込むことで、相手のドラパミミッキュを上手く抑えながら、こちらのドラパミミッキュを通すことができます。 ただし、悪タイプはタイプ相性上、ミミッキュを苦手としています。 ですので、ドラパルトで上手くミミッキュを処理し、悪タイプでドラパルトを処理。 最後にミミッキュをエースとして通す、というのが一番分かり易い勝ち筋になるかなと思います。 悪タイプの候補 ドラパミミッキュと相性の良い悪タイプを三匹、紹介していきます。 ブラッキー ブラッキーは、ドラパミミッキュに相性の良い筆頭候補です。 イカサマでドラパルトを一撃で落とすことができ、ドラパルトに対して非常に強く出れます。 また、ブラッキーの最大の強みとして、 あくびでの起点作りが挙げられます。 あくびで不利対面を流しながら、上手くドラパルトにイカサマを当てられると一気に戦況を有利に持っていけます。 そして何より、 耐久力が非常に高い。 ドラパミミッキュで対応できない相手に、安心して受け出すことができます。 こういった性能により広範囲に誤魔化しが効き、ドラパミミッキュを上手く補完してくれます。 キリキザン キリキザンは、鋼タイプも持ち合わせ、悪タイプながらミミッキュにも強いのが魅力です。 また、ふいうちという強力な先制技も覚え、 剣舞ふいうちでダイマックスしたドラパルトも落とせます。 四倍弱点である格闘タイプが環境に少ないのもポイント。 更に、特性まけんきにより能力を下げられるとAが上がるため、ダイマックス相手にも強いという特徴があります。 ただし、剣盾ではメインウェポンのはたきおとすが無くなり、ふいうち以外の悪の一致技に悩まされます。 バルジーナ バルジーナはブラッキーと同様の耐久型のタイプです。 最大の特徴は、 すばやさ80族からの挑発。 多くの耐久型に対して、上から挑発を通すことができます。 イカサマも覚えることができ、ドラパルト対策もばっちり! 更に、どくどくの技マシンが廃止された中、自力で覚えることもできます。 特性のはとむね、ぼうじんどちらも強力で、総じて隙のないポケモンと言えます。 バンギラス 言わずと知れた強ポケ。 環境トップのドラパルトに強く、最近評価を上げています。 ただし、特性を活かせる特殊アタッカーが環境に少ないことや、ダイマックス技で天候が簡単に変えられてしまうのは難点。 環境に多くいるミトムに弱いのもネックポイントです(育て方次第)。 それでも、600族という圧倒的種族値の高さ、高い耐久力から非常に有力な悪タイプのポケモンです。 残りの3枠をどうするか ドラパミミッキュ+悪で三枠が埋まったので、残りの三枠をどうするのか考えます。 基本的には悪タイプの時と同様、ドラパミミッキュを補完する形でポケモンを決めていき、環境に多くいるポケモンに有利の取れるポケモンを優遇します。 ナットレイ対策 現段階のドラパミミッキュ+悪では、環境に多くいるナットレイに不安が残ります。 ドラパルトの炎技でしか対策が無いので、他に炎技を撃てるポケモンが求められます。 筆頭候補はヒトム。 型が非常に多く、地震の一貫を切れる事や、ボルチェンによるサイクル回しなどで、パーティーにいると立ち回りが楽になる印象。 ただ、炎技はオバヒをメインで使うことになり、命中不安なのがネック。 控えめ眼鏡C特化ならドラパルトも落とせるので、環境的にも刺さりの良いポケモンです。 他の炎枠の候補としては、ウィンディが挙げられます。 しんそくという強力な先制技に加え、ワイルドボルトでギャラドスを狩れたり、じゃれつくでドラゴンに対して打点を持てるなど、技範囲の広さが魅力。 特性も威嚇と優秀なため、使い勝手の良い炎タイプです。 ミミッキュ対策 悪タイプの枠でキリキザンを採用していない場合、ミミッキュはドラパルトのダイスチルで見ることになります。 ドラパルトは技範囲が広く様々な相手に対面で勝つことができますが、流石にミミッキュ対策がドラパルトのみというのは不安が残ります。 ですので、5枠目にはミミッキュに強いポケモンが欲しい所です。 最大の候補は、 型破りドリュウズ。 ミミッキュに相性が良いのは言わずもがな、環境に多いロトムにも役割が持てます。 バンギラスと組ませることで、砂パ展開も可能です。 持ち物ですが、一般的に広く使われているのは、チョッキ・襷・スカーフの3種。 チョッキはミトムに対して強くなれますが、環境に特殊アタッカーが少ないため汎用性に欠けます。 ミミッキュ・ミトム・ヒトムの三種をみるのが難しいため、個人的にはチョッキは好みではありません。 スカーフなら上に挙げた全てのポケモンの上を取れるため(スカーフミミッキュは環境にいないため除外)、個人的にはスカーフか、行動保障のある襷が好きです。 この辺は好みなので、色々使って試して見て下さい。 耐久タイプでは、新ポケモンのアーマーガアが、ミミッキュに強いポケモンとして挙げられます。 高い耐久面に加え、挑発や蜻蛉といった優秀な技持ち。 ミミッキュのダイホロウも、鉄壁を積むことで追いつくことができ、アイヘでしっかり弱点を突くことができます。 環境に多くいる耐久ポケモンより早いので、挑発も上から撃てます。 個人的なイメージとしては、先に紹介したバルジーナと似たタイプですね。 あちらがドラパルトキラーなのに対し、こちらはミミッキュキラーといった印象です。 また、意外にもミミッキュ対策として頭角を現しているのが、ヨクバリス。 こんな顔して、しっかり厨ポケを狩れる力があります。 専用技のほおばるでBを二段階あげることができ、更に特性ほおぶくろで回復もできます。 これによって、 皮の残ったミミッキュにも対面で勝つことができます。 ノーマルタイプなので、ダイホロウによる突破を許さず、ミミッキュだけでなくドラパルトにもある程度役割を持てます。 種族値も見た目以上にあるので、序盤ノーマルと見くびることなかれ。 かなり可能性を感じるポケモンです。 6枠目 6枠目に関しては、環境や好みに合わせて選択。 現環境では受けループが増加しているらしいので、受けループを崩せるポケモンを採用すると刺さるかもしれません。 私は、色々と器用に立ち回れるギャラドスを選択しました。 優秀な特性威嚇や、挑発を覚えられ、竜舞やダイジェットでエースポケモンとしても運用できます。 パワーウィップも覚えられるようになったので、ミトムに対して打点があるのも高評価。 最近は自信過剰ギャラでダイジェットを使うことで、攻撃しながら竜舞を積めるという型も流行っています。 迷ったら ミトムが安牌かなと思います。 タイプ補完が優秀ですし、型が多く、サイクル適性も高いです。 上手く使えば、パーティの潤滑油になってくれるでしょう。 現状数少ない特殊方面でのアタッカーなので、迷ったらミトムを選ぶといいかなと思います。 あとがき 今回の記事では、ドラパミミッキュ+悪を軸としたパーティー考察をしてみました。 こういったパーティー考察をやるのは初めてだったので、ちゃんとできているか不安ですが、少しでも参考になれば幸いです。 記事を書いていて、今後はもう少し細かい範囲で記事を書いていくのが良いかなと思いました。 今はパーティ単位で書いていますが、並びだったり、ポケモン単体だったり。 その方が文章も短くて見やすいですし、書いている私も負担が少ないため更新が素早くできます。 その辺は今後もやってみて、改良を続けていくのみですね。 今回の記事は以上となります。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の

【剣盾シングル】メロメロドラパルト

ドラパルト ふいうち

ドラパミミッキュ+悪が強い理由 現在のポケモン剣盾の環境において、ドラパミミッキュは環境トップメタです。 非常にスペックの高い二匹で、自分も使いますし、相手も使ってきます。 勝つためには、ドラパミミッキュを使いながら、ドラパミミッキュをメタる必要があります。 ドラパルトはダイスチルを絡めることで、対面からミミッキュを処理できます。 ですので、ドラパルトを使っているだけで自然とミミッキュへの対応策はできています。 問題はそのドラパルトをどう狩るか。 ドラパルトは非常に技範囲の広いポケモンで、環境にいる多くのドラパルトが、ドラゴンアロー・シャドーダイブ・大文字or火炎放射を持っています。 残りの一枠で、はがねのつばさだったり、とんぼがえりを採用していることが多いです。 これだけの技範囲を持っている上に、Bダウンの追加効果があるダイホロウで耐久型ポケモンも強引に突破可能。 ダイマックスすれば、対面で殆どのポケモンを狩ることができます。 そんなドラパルトが唯一苦手としているのが、悪タイプ。 悪タイプはゴースト半減なので、ダイホロウによる強引な突破は不可能。 さらに悪タイプからの攻撃は抜群で通ります。 悪タイプには、ふいうちやイカサマ等の優秀な技が多く、耐久に難のある(並程度にはありますが)ドラパルトでは受けきることができません。 悪タイプがドラパルトに対するメタとなっているのです。 つまり、ドラパミミッキュに悪タイプを組み込むことで、相手のドラパミミッキュを上手く抑えながら、こちらのドラパミミッキュを通すことができます。 ただし、悪タイプはタイプ相性上、ミミッキュを苦手としています。 ですので、ドラパルトで上手くミミッキュを処理し、悪タイプでドラパルトを処理。 最後にミミッキュをエースとして通す、というのが一番分かり易い勝ち筋になるかなと思います。 悪タイプの候補 ドラパミミッキュと相性の良い悪タイプを三匹、紹介していきます。 ブラッキー ブラッキーは、ドラパミミッキュに相性の良い筆頭候補です。 イカサマでドラパルトを一撃で落とすことができ、ドラパルトに対して非常に強く出れます。 また、ブラッキーの最大の強みとして、 あくびでの起点作りが挙げられます。 あくびで不利対面を流しながら、上手くドラパルトにイカサマを当てられると一気に戦況を有利に持っていけます。 そして何より、 耐久力が非常に高い。 ドラパミミッキュで対応できない相手に、安心して受け出すことができます。 こういった性能により広範囲に誤魔化しが効き、ドラパミミッキュを上手く補完してくれます。 キリキザン キリキザンは、鋼タイプも持ち合わせ、悪タイプながらミミッキュにも強いのが魅力です。 また、ふいうちという強力な先制技も覚え、 剣舞ふいうちでダイマックスしたドラパルトも落とせます。 四倍弱点である格闘タイプが環境に少ないのもポイント。 更に、特性まけんきにより能力を下げられるとAが上がるため、ダイマックス相手にも強いという特徴があります。 ただし、剣盾ではメインウェポンのはたきおとすが無くなり、ふいうち以外の悪の一致技に悩まされます。 バルジーナ バルジーナはブラッキーと同様の耐久型のタイプです。 最大の特徴は、 すばやさ80族からの挑発。 多くの耐久型に対して、上から挑発を通すことができます。 イカサマも覚えることができ、ドラパルト対策もばっちり! 更に、どくどくの技マシンが廃止された中、自力で覚えることもできます。 特性のはとむね、ぼうじんどちらも強力で、総じて隙のないポケモンと言えます。 バンギラス 言わずと知れた強ポケ。 環境トップのドラパルトに強く、最近評価を上げています。 ただし、特性を活かせる特殊アタッカーが環境に少ないことや、ダイマックス技で天候が簡単に変えられてしまうのは難点。 環境に多くいるミトムに弱いのもネックポイントです(育て方次第)。 それでも、600族という圧倒的種族値の高さ、高い耐久力から非常に有力な悪タイプのポケモンです。 残りの3枠をどうするか ドラパミミッキュ+悪で三枠が埋まったので、残りの三枠をどうするのか考えます。 基本的には悪タイプの時と同様、ドラパミミッキュを補完する形でポケモンを決めていき、環境に多くいるポケモンに有利の取れるポケモンを優遇します。 ナットレイ対策 現段階のドラパミミッキュ+悪では、環境に多くいるナットレイに不安が残ります。 ドラパルトの炎技でしか対策が無いので、他に炎技を撃てるポケモンが求められます。 筆頭候補はヒトム。 型が非常に多く、地震の一貫を切れる事や、ボルチェンによるサイクル回しなどで、パーティーにいると立ち回りが楽になる印象。 ただ、炎技はオバヒをメインで使うことになり、命中不安なのがネック。 控えめ眼鏡C特化ならドラパルトも落とせるので、環境的にも刺さりの良いポケモンです。 他の炎枠の候補としては、ウィンディが挙げられます。 しんそくという強力な先制技に加え、ワイルドボルトでギャラドスを狩れたり、じゃれつくでドラゴンに対して打点を持てるなど、技範囲の広さが魅力。 特性も威嚇と優秀なため、使い勝手の良い炎タイプです。 ミミッキュ対策 悪タイプの枠でキリキザンを採用していない場合、ミミッキュはドラパルトのダイスチルで見ることになります。 ドラパルトは技範囲が広く様々な相手に対面で勝つことができますが、流石にミミッキュ対策がドラパルトのみというのは不安が残ります。 ですので、5枠目にはミミッキュに強いポケモンが欲しい所です。 最大の候補は、 型破りドリュウズ。 ミミッキュに相性が良いのは言わずもがな、環境に多いロトムにも役割が持てます。 バンギラスと組ませることで、砂パ展開も可能です。 持ち物ですが、一般的に広く使われているのは、チョッキ・襷・スカーフの3種。 チョッキはミトムに対して強くなれますが、環境に特殊アタッカーが少ないため汎用性に欠けます。 ミミッキュ・ミトム・ヒトムの三種をみるのが難しいため、個人的にはチョッキは好みではありません。 スカーフなら上に挙げた全てのポケモンの上を取れるため(スカーフミミッキュは環境にいないため除外)、個人的にはスカーフか、行動保障のある襷が好きです。 この辺は好みなので、色々使って試して見て下さい。 耐久タイプでは、新ポケモンのアーマーガアが、ミミッキュに強いポケモンとして挙げられます。 高い耐久面に加え、挑発や蜻蛉といった優秀な技持ち。 ミミッキュのダイホロウも、鉄壁を積むことで追いつくことができ、アイヘでしっかり弱点を突くことができます。 環境に多くいる耐久ポケモンより早いので、挑発も上から撃てます。 個人的なイメージとしては、先に紹介したバルジーナと似たタイプですね。 あちらがドラパルトキラーなのに対し、こちらはミミッキュキラーといった印象です。 また、意外にもミミッキュ対策として頭角を現しているのが、ヨクバリス。 こんな顔して、しっかり厨ポケを狩れる力があります。 専用技のほおばるでBを二段階あげることができ、更に特性ほおぶくろで回復もできます。 これによって、 皮の残ったミミッキュにも対面で勝つことができます。 ノーマルタイプなので、ダイホロウによる突破を許さず、ミミッキュだけでなくドラパルトにもある程度役割を持てます。 種族値も見た目以上にあるので、序盤ノーマルと見くびることなかれ。 かなり可能性を感じるポケモンです。 6枠目 6枠目に関しては、環境や好みに合わせて選択。 現環境では受けループが増加しているらしいので、受けループを崩せるポケモンを採用すると刺さるかもしれません。 私は、色々と器用に立ち回れるギャラドスを選択しました。 優秀な特性威嚇や、挑発を覚えられ、竜舞やダイジェットでエースポケモンとしても運用できます。 パワーウィップも覚えられるようになったので、ミトムに対して打点があるのも高評価。 最近は自信過剰ギャラでダイジェットを使うことで、攻撃しながら竜舞を積めるという型も流行っています。 迷ったら ミトムが安牌かなと思います。 タイプ補完が優秀ですし、型が多く、サイクル適性も高いです。 上手く使えば、パーティの潤滑油になってくれるでしょう。 現状数少ない特殊方面でのアタッカーなので、迷ったらミトムを選ぶといいかなと思います。 あとがき 今回の記事では、ドラパミミッキュ+悪を軸としたパーティー考察をしてみました。 こういったパーティー考察をやるのは初めてだったので、ちゃんとできているか不安ですが、少しでも参考になれば幸いです。 記事を書いていて、今後はもう少し細かい範囲で記事を書いていくのが良いかなと思いました。 今はパーティ単位で書いていますが、並びだったり、ポケモン単体だったり。 その方が文章も短くて見やすいですし、書いている私も負担が少ないため更新が素早くできます。 その辺は今後もやってみて、改良を続けていくのみですね。 今回の記事は以上となります。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の

【剣盾育成論】いじっぱり鉢巻ドラパルト

ドラパルト ふいうち

この育成論では攻撃に振り切っていますが、特殊に努力値を割く選択肢もあります。 「きあいのタスキ」も耐久に不安のあるドラパルトと相性の良い道具です。 単体性能の上昇が見込みめるのはもちろん、相手の積みエースに対するストッパーとしても機能します。 特性「クリアボディ」は、技による能力ダウンを受けないので、汎用性が高く扱いやすいです。 相手の身代わりや、「ひかりのかべ」「リフレクター」などを対策したい場合は、「すりぬけ」で育成しましょう。 ダイマックスの技で防御が上がる点も魅力。 使いにくい「ゴーストダイブ」との選択技。 特殊に振るのであれば使いやすい「シャドーボール」を優先したい。 「だいもんじ」との選択技。 命中安定だが火力が物足りず、仮想敵の確定数が変ってしまうデメリットがある。 特殊寄りにするなら選択肢に。 特攻2段階ダウンのデメリットがあるため、相手の起点にならないように注意。 攻撃と素早さを上げることで、相手の受け先に大きく負担をかけられる。 採用する場合は、性格を「いじっぱり」または「ようき」にして、物理アタッカーとして育成しましょう。 相手の「おにび」「でんじは」などの補助技を回避しつつ、攻撃を身代わりに受けさせることが可能。 「おにび」で物理アタッカーの攻撃を弱めることで、ドラパルトの身代わりを場に残しやすくします。 その隙に「たたりめ」で相手を倒し、次の敵にも身代わりを残しながら、「おにび」で再び攻撃を下げていく動きが強力です。 HPは「たべのこし」の回復効率の良い調整にし、防御に努力値を降って物理攻撃を受けやすくしています。 素早さは、最速ゲンガーまでのポケモンより先に動けるようにしており、残りを特攻に振っています。 きあいのタスキやがんじょうの効果を失わさせやすいのも利点。 ドラパルトはゴーストタイプのため、持続ダメージを与える効果になる。 ダメージソースとしては非常に優秀。 ドラパルトの役割と立ち回り 型が読まれにくいアタッカー 「ドラパルト」は物理と特殊をどちらも使えるアタッカーですので、非常に型を読まれにくいポケモンです。 覚える技も豊富で考慮しないといけない技が多いため、全ポケモンの中でもトップクラスのアタッカーと言えます。 先発で出してとんぼがえり 「ドラパルト」はSが142と非常に高く、相手の交代先を伺いながら自軍のポケモンと交代できる「とんぼがえり」を覚えます。 そのため、ドラパルトは偵察要因として先発で選出しやすいポケモンです。 高い素早さを活かしたサポート要員 ドラパルトは「でんじは」や「おにび」、「ひかりのかべ」等の補助技も覚えるため、サポート要員としても優秀です。 Sが高いため、サポート要員の天敵である「ちょうはつ」で止まりにくい点も評価できます。 ドラパルトと相性の良いポケモン タイプ相性でドラパルトへの攻撃を受けられるポケモン タイプ相性のよいポケモンを、ドラパルトの弱点を狙ってくる攻撃に対して、受け出ししましょう。 ドラパルトは素早さが高く、先制で「とんぼがえり」を利用した、対面操作が可能です。 攻撃の受け先を変更して、有利な対面を作って戦いましょう。 また、「こだわりスカーフ」型の「サザンドラ」など、 最速のドラパルトに先制を取ってくるポケモンもいるので、注意しましょう。 ポケモン 説明 ・ドラゴン技でドラパルトの弱点をついてくる敵に対して有利 ・特殊耐久が高く、ゴーストタイプの攻撃を無効にできる ・技範囲が広く、フェアリーや氷タイプに弱点をつける ・フェアリーや氷タイプに強く、物理型のポケモンに対しては、「おにび」で攻撃を下げられる ・「トリック」で道具を押し付けることで、受けポケモンなどの機能停止を狙える ・平均以上の耐久を持ち、弱点が少ないので、相手の攻撃を受けやすい ・相手の攻撃を受けた後に、「ボルトチェンジ」で対面操作できる ・物理耐久が高い受けポケモン ・「ちょうはつ」によって、相手の補助技による展開を防げる ・物理と特殊どちらにも受けの強いポケモン ・「ねがいごと」によってドラパルトのHP回復を図れる ・ただしフェアリータイプには弱いため注意 ・受け性能はそれほど高くないが、「ミミッキュ」や「ニンフィア」などの、フェアリータイプに強い ・受けの強いポケモンに対して、「つのドリル」による強引な突破もできる ・ ただしフェアリータイプの炎技に注意 ドラパルトの対策 フェアリータイプで受ける 「ドラパルト」は多くのドラゴンタイプと同じく、フェアリータイプに対して弱いです。 その中でもゴースト技を半減以下で受けられるポケモンは安定してドラパルトの受けが安定します。 そのため、この2つの技をタイプ一致で打てるポケモンはドラパルト対策として有効です。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。 関連記事 新ポケモンの育成論一覧.

次の