しま めぐり の あかし。 【CL東京エクストラ優勝】超越ガブギラの話|あむ Game|note

【ポケカ】目指せ600ダメージ!《しまめぐりのあかし》に見る数値設定とサイドの考え方

しま めぐり の あかし

どうも、Card Rush Prosのあむ()です。 今回は自分たちの調整メンバーのタクト()が使用し見事チ ャンピオンズリーグ東京エクストラを優勝した 「超越ガブギラ」について書きます。 ほぼ全文無料の投げ銭方式なので、ざっくり何があったのか知りたい人にオススメです。 (予想以上に投げ銭していただいたので、有料部分に簡単なおまけ編入れておきました!) エクストラレギュレーション自体はかなり面白いレギュレーションです。 やれることが豪快ですし、様々なコンボが存在して「オレの考える最強コンボ!」同士で戦うことが出来ます。 今回はこういったデッキタイプが暴れてしまいましたが、 11月29日以降に適用される 「先攻プレイヤーが最初の番にサポートのカードを使うことができなくなる。 」というルールにより、今後のエクストラレギュレーションは変化し、こういった系統のデッキは姿を変え多少の弱体化を受けると思います。 ただシティリーグシーズン1や、直近のエクストラの日に関しては禁止改訂次第かもしれません。 さてそれでは本題に入りましょう。 超越ガブギラが出来上がった経緯はこちらのラッシュメディアにて紹介しています。 9月1日から超越ガブギラのメインパーツであった 『こわいおねえさん』や『ムサシとコジロウ』『リセットスタンプ』などが禁止された! もう超越は出来ないのか…誰しもそう思った中、「オルタージェネシス」にてある1枚のカードが収録。 『しまめぐりのあかし』だ。 『ジラーチEX』に『しまめぐりのあかし』をつけることできぜつするため相手に サイドを2枚取らせることが出来ます。 また、 『フーパEX』が『シェイミEX』や『ジラーチEX』を持ってきてこれますし、 『ぼうけんのカバン』で『しまめぐりのあかし』を一気に2枚持ってくることが出来るため、かなり安定して決まるようになりました。 今回自分たちの調整メンバーが使用し、見事 チャンピオンズリーグ東京を優勝したレシピがこちら いくつか入れ替え候補のカードや、『時のパズル』不採用型など様々な型が存在していたようですが、大体のコンセプトはこんな感じです。 今回のエクストラ環境ですが、この「超越ガブギラ」は前提となるレシピがある以上多くの人が簡単に組めることが予想出来ました。 たとえば『ゾロアークGX』を軸とするような人気のデッキタイプは、先攻でも「超越ガブギラ」に 6割~7割程度しか勝てず、後攻だとほぼ敗北。 他のデッキタイプに対しても先攻から負けてしまうリスクが多々あります。 それであればどのデッキタイプにも先攻なら 9割近く勝てる「超越ガブギラ」を握った方が明らかに理にかなっているため、「超越ガブギラ」は握り得な環境だったと思います。 当初は 調整メンバー全員でエクストラに行く予定でしたが、このデッキタイプが存在する以上 非常に効率が悪いと判断し、一部のメンバーはこのまま「超越ガブギラ」を持っていき、他のメンバーはスタンダードレギュレーションに変更することを決め、今回は両方のレギュレーションで頑張ることにしました。 幸いなことにエクストラレギュレーションはこれ以上進む部分がほとんどなかったため(何を取捨選択するかだけ)スタンダードレギュレーションに本腰を入れて練習出来たのはすごくありがたかったです。 今後のエクストラレギュレーションにてまた禁止改訂が出るかどうか、非常に楽しみですね…!個人的には『マチスの作戦』や『ザクザクピッケル』といったカードはこれ以上暴れない方がいいかなと思います….

次の

しまめぐり

しま めぐり の あかし

すべてのカテゴリ• 遊戯王• 遊戯王海外版• デュエルマスターズ• ポケモンカード• ヴァンガード• ヴァイスシュヴァルツ• マジック・ザ・ギャザリング• WIXOSS-ウィクロス-• ゼクスZ/X• バトルスピリッツ• バディファイト• ドラゴンボールヒーローズ• ファイアーエムブレム サイファ• ラブライブ!スクコレ• 艦これアーケード• ガンダムクロスウォー• ラクエンロジック• ChaosTCG• アンジュ・ヴィエルジュ• ラスト・クロニクル• WCCF• プレシャスメモリーズ• その他カード• スリーブ• サプライ• 店舗オリジナル.

次の

【ポケカ】目指せ600ダメージ!《しまめぐりのあかし》に見る数値設定とサイドの考え方

しま めぐり の あかし

概要 において、子供が一人前に成長するために存在する儀式である。 誰でも11歳になれば挑戦できるようになる。 しまめぐりをするトレーナーは、その証として、しまめぐりのあかしを身に付ける。 しまめぐりを達成するには、アローラ地方に4つある島 人工島であるを除く のそれぞれで、から与えられる しれん( 試練)を達成する必要がある。 試練はが廃止された代わりに導入されたシステムであり、試練の内容は必ずしもバトルだけであるとは限らない。 あるときは隠されているものを探すよう言われたり、またあるときはクイズによって知識を試されたりなど、その種類は様々である。 どの試練においても内容をクリアすると、最後はとのバトルとなる。 バトルでぬしポケモンを倒すことによって、はじめて試練達成となる。 試練は合計で7種類あり、試練を達成すると、を手に入れることができる。 試練を行っている間にもとの戦闘になることがあるが、試練が終わるまではボールの使用が禁止され、野生ポケモンを捕まえることが一切できない。 また試練によっては、達成しないかぎりその場所から出ることができない場合もある。 途中で一度リタイアすることが認められている試練であっても、次に試練に再挑戦するときは最初からとなってしまう。 1つの島にある試練を全て達成すると、 だいしれん( 大試練)に挑戦することができる。 大試練の内容は、それぞれの島に一人ずつ存在するにバトルで勝利することである。 よって、大試練は合計で4種類あることになる。 しまキングまたはしまクイーンに勝利すると、次の島へ行けるようになる。 また、従来のと同様に、で購入できる商品の種類が増えたり、人としたポケモンで、より高いレベルのポケモンが言うことを聞いてくれるようになる。 試練・大試練一覧 攻略法や対策などについて詳しくは、それぞれの場所や人物を参照。 イリマの試練• キャプテン:• 場所:• ぬしポケモン:(サン・ウルトラサン)、(ムーン・ウルトラムーン) 洞窟の巣穴に隠れているポケモンたちを倒していく。 3匹のポケモンを倒すと、ぬしポケモンとバトルできるようになる。 試練を達成すると、を入手できる。 ハラの大試練• しまキング:• 場所: 大試練を達成すると、を入手できる。 スイレンの試練• キャプテン:• 場所:• ぬしポケモン:(サン・ムーン)、(ウルトラサン・ウルトラムーン) 池に現れる水しぶきに潜むポケモンを倒していき、最奥部のぬしの間でぬしポケモンを倒す。 試練を達成すると、を入手できる。 カキの試練• キャプテン:• 場所:• ぬしポケモン:(サン・ムーン)、(ウルトラサン・ウルトラムーン) 間違い探しの要領で、が踊っているシーンの1回目と2回目との違いを当てる。 全問正解するとぬしポケモンとのバトルになる。 試練を達成すると、を入手できる。 マオの試練• キャプテン:• 場所:• ぬしポケモン: ジャングルの中にあるアイテムを、を用いて探し当てる。 指定されたアイテムを全て見つけると、ぬしポケモンとバトルできる。 試練を達成すると、を入手できる。 ライチの大試練• しまクイーン:• 場所: 大試練を達成すると、を入手できる。 マーマネの試練• キャプテン:• 場所:• ぬしポケモン:(サン・ムーン)、(ウルトラサン・ウルトラムーン) サン・ムーンではポケモンの鳴き声などの音声を当てる問題に正解する必要があり、ウルトラサン・ウルトラムーンではマシンの上に乗った9匹を「Z」のような形に並べる必要がある。 攻略すると、ぬしポケモンとのバトルになる。 試練を達成すると、を入手できる。 アセロラの試練• キャプテン:• 場所:• ぬしポケモン: ポケファインダーを用いてポケモンを撮影する。 撮影するごとに、撮影したポケモンが襲いかかってきてバトルとなる。 ぬしの間でミミッキュを撮影するとぬしポケモンのミミッキュとバトルとなる。 試練を達成すると、を入手できる。 クチナシの大試練• しまキング:• 場所: 大試練を達成すると、を入手できる。 ハプウの大試練• しまクイーン:• なお、ウルトラサン・ウルトラムーンではすべてのしれん達成後に挑戦できる。 大峡谷の試練• 場所:最奥部• ぬしポケモン: 与えられる課題は特になく、野生ポケモンを倒しながら奥へ進んでいく。 台座にあるZクリスタルを回収しようとすると、ぬしポケモンが襲ってきてバトルになる。 試練を達成すると、を入手できる。 大峡谷の試練は古来よりある試練で、全ての試練の元祖とも言えるものである。 このため、この試練はキャプテンなしで行われる。 マツリカの試練• キャプテン:• 場所:のマツリカの家• ぬしポケモン: ウルトラサン・ウルトラムーンでのみ行われる。 各地の島にいるキャプテンに挨拶をして花びらをもらい、マツリカの家に戻る。 試練を達成すると、を入手できる。 しまめぐりのあかし しまめぐりをする者の証として身につける道具。 で開かれる「ゼンリョク祭り」でとのバトルの後、サン・ムーンではから、ウルトラサン・ウルトラムーンではから貰える。 また、しまめぐり挑戦者を迎えるキャプテンは各自「キャプテンのあかし」を身につけている。 しまめぐりのあかしやキャプテンのあかしは、キーホルダーがグッズとして販売されている。 スタンプ 大試練の達成によりにスタンプが押され、が異なるレベルが高いポケモンも言うことを聞くようになる。 を参照 考察 がしまめぐりに失敗した若者の集まりであるように、しまめぐりに失敗することとならず者集団であるスカル団の存在は互いに連想される関係にある。 このことから人によっては「しまめぐりに失敗すると落ちこぼれ扱いされる」という風にアローラ地方が閉鎖的な地域であるように感じることもある。 一方で、設定上しまめぐりを行うこと自体は任意であり、しまめぐりに失敗してからも周囲の支えによって社会に適応するトレーナーもシナリオ上で描写されている。 さらに殿堂入り前に対戦するモブトレーナーの中に実際のバトルでを所持している描写を見せる人物は数えるほどにとどまることから、しまめぐりの成否がアローラ地方のトレーナーの社会的評価を決定するという見方には反論もある。

次の