猫 こう もん の う は れつ 自然 治癒。 猫の肛門嚢炎~症状・原因から治療・予防法まで肛門の病気を知る

猫の尿路結石がフードで治った話。尿路結石の原因と治療の経過

猫 こう もん の う は れつ 自然 治癒

人間の指をちゃぷちゃぷ甘噛みするその様子は、とても安心しているようで癒されます。 スポンサーリンク 指しゃぶりする猫の気持ち うちの猫も3匹とも全員指しゃぶりのしぐさは見せます。 なでなでしたりブラッシングしたり、一緒に眠るときなど、甘えた気分になったとき猫は指しゃぶりを始めます。 普段はそんな様子を見せなくても、子猫の頃お母さん猫からミルクをもらっていたときのことを思い出しているんですね。 だから指しゃぶりをしているときは猫が幸せを噛みしめている瞬間と言えます。 指しゃぶりが頻繁に見られる猫の特長 どの猫にでもある程度の指しゃぶりは見られるしぐさですが、頻繁に指しゃぶりが見られる猫がいます。 捨て猫や、生まれて間もないころに母猫の元から離れた猫は、大人になってからも指しゃぶりが頻繁に見られます。 子猫は生後3か月にもなると丈夫な歯が整い始め、母猫は母乳を吸われるのが痛くなり、子猫を追い払います。 母猫から何度も拒否をされることで、猫にとって初めての母猫からの巣立ちとなります。 その過程があるからこそ、猫は母乳から完全に卒業し、徐々に一人立ちしていきます。 その時期をむかえられずに、早々に母猫から離されてしまうと、猫は母猫への思いからいつまでも卒業できずにいるんですね。 だから人間に対して甘えん坊になる傾向があり、「甘えてもいいんだ」という気持から指しゃぶりをするんですね。 うちのしーちゃんは生後2か月に満たないころに倉庫の軒下から発見し、最初は病気も持っていたりと弱弱しい猫でした。 しかし今では標準体重より大きくなり、性格は非常にクールな子に育ちました。 それでも指を見つけると指しゃぶりを始めて、当然のことのようしています。 その様子を見ると、お母さんに甘える時間がとても少なかったんだな・・・と少し寂しい気持ちになるので、好きなようにさせています。 指しゃぶりを止める方法 指しゃぶりは母猫が、子猫が生後3か月になる辺りで自然と母乳から卒業するのでそれでしなくなります。 成人になった猫の指しゃぶりを止める方法は?というと、この正攻法のやり方は人間にはできません。 母猫が子猫を追い払うからこそ、子猫を大人として成長させることができます。 母猫のように指しゃぶりする猫に怒ってやめさせても、猫は成長するどころか人間に不信感を持つだけです。 せっかく幸せで安心していた時間に、怒ったり叩いたりということはやめましょう。 正攻法は無理ですが、他に指しゃぶりを止める、抑える方法はあります。 指しゃぶりしてきたら頭をなでる まず最初に実行してほしいのが、指しゃぶりしてきたらその手をほどいて、頭をなでなでしましょう。 猫は気持ちいいと思う体の部分が案外少なく、頭かしっぽの付け根辺りしかとても気持ちいいとは思いません。 そこでその一番気持ちのいい部分をたくさん撫でてあげて、指しゃぶりされるより安心できる、と猫に思わせます。 指しゃぶりよりなでなでの時間が長くなっていくと、次第に頭をなでられることで安心感を得るようになり、徐々にですが指しゃぶりが収まります。 首の後ろに洗濯ばさみをはさむ 頭をなでようとしても、執拗に手を追いかけて、とにかく指しゃぶりをすると思います。 そんなときは、首の後ろを洗濯ばさみではさみ、猫を大人しくさせます。 これは母猫が子猫の首を持って歩くときの原理を利用して、首の後ろを掴むと猫は強制的に大人しくなるという性質があります。 これは猫にとって痛いことではなく、母猫から守られているという安心感を与えます。 そこで指しゃぶりをやめたあとに、頭をなでなでしてあげれば、少しずつ頭のなでなでが安心できるものなんだと思ってきます。 指にタオルを巻く 手にタオルを巻いて、その上から猫に指しゃぶりをさせます。 するとごわごわしているので、触感が嫌だなと猫が感じ始めます。 それでも頑なにタオルをぺろぺろしますが、それも時期に収まります。 手に猫が嫌いなクリームを塗る 猫は柑橘系の臭いを嫌がるので、柑橘系のクリームを手に塗っておくと嫌がって指しゃぶりをやめます。 指しゃぶりをしたい!という猫の気持ちはなかなか消えないので、猫がぺろぺろしてこなくなるまで、忘れずに塗り続けることが必要です。 クリームは必ず天然成分100%由来のものを使用して、猫が舐めても害がない物を選びましょう。 スポンサーリンク 多頭飼いする 猫の指しゃぶりが痛いという場合は、猫が他の猫とあまり触れ合ったことがないことを意味します。 とくに子猫時代同年代の他の猫とじゃれ合って喧嘩した経験が少ないと、どのくらいの力で噛まれたら痛いのか、ということが分からなくなります。 決して猫は好き好んでぎゅうっと噛んでいるわけではないんですね。 これは痛いからといって、猫を叱っても猫は訳が分からないので、叱っても効果はありません。 なので、あまりに指しゃぶりが痛いときはもう1匹猫を飼うと、喧嘩の中から噛むと痛いんだということを学び、適切な力で噛むようになります。 一心不乱に指しゃぶりする猫.

次の

肛門腺炎?自宅治療は可能ですか?

猫 こう もん の う は れつ 自然 治癒

猫のうんちが臭い原因 まずは猫のうんちが何故臭ってしますのか、その原因から紹介していきます。 身体に異変が起きているサインかもしれないので、飼い主さんはしっかり覚えておきましょう。 トイレの後に猫砂をかけていない 猫はトイレを使った後に排泄物に猫砂をかけますよね。 これは自分の匂いを消して、外敵に存在を悟られないようにする行為です。 でも猫によってはこの習性を忘れて、 うんちの後そのままむき出しの状態のこともあります。 飼い主さんの愛猫はこのようなことはありませんか? 室内で暮らす猫は飼い主さんに守られて、大切にされますよね。 危険を感じずに安心しきっている猫は、猫砂を使わないこともあるので、これが便臭が漂う原因になるのです。 腸内フローラの乱れによるもの 最近「腸内フローラ」という言葉が注目されていますよね。 これは腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスのことで、 便臭がきついということは悪玉菌が優勢な状態です。 悪玉菌はその名の通り、身体に悪影響を及ぼしやすい細菌なので、うんちの臭いを強くするのです。 猫砂をかけているのにうんちが臭いのなら、間違いなく腸内フローラのバランスが乱れているので、愛猫の健康のためにも一刻も早く改善してあげるべきことです。 1、穀物類が使われていないか とうもろこし、小麦、大麦、玄米、米など 2、栄養バランスは猫に最適かどうか 動物性たんぱく質を中心に、脂質や繊維質、ミネラル分は十分か 3、質の悪い原料が使われていないか 保存料などの添加物、4Dミート、副産物など 店舗で購入できるキャットフードでは、この3つをクリアしているものはほとんど存在していません。 餌に含まれる穀物類は、猫が消化しにくいものとして有名ですよね。 だから 消化不良になりやすく、うんちの異常な臭いの原因を作ります。 それに、可愛い愛猫の身体にも余計な負担をかけてしまうのです。 また、栄養バランスも大切なことです。 腸内フローラの乱れを引き起こし、便臭をきつくしてしまうのです。 それに栄養バランスの乱れによる病気のリスクもあるので十分に注意が必要です。 そして質の悪い原料も愛猫の身体に悪影響を与えやすく、ジワジワ身体が蝕まれ、うんちの臭いが強くなってしまいます。 身体の病気によるもの 猫の身体が病気に侵されていてうんちを臭くしている可能性もあります。 私たちでも風邪をひいたり、ストレスを抱えたとき、お腹の調子が悪いときは便臭が気になりますよね。 猫の便臭を強くする病気 猫風邪や感染症、肛門嚢炎 こうもんのうえん 、慢性腎不全、腸閉塞、巨大結腸症、肝リピドーシスなど これらの病気で見られる主な症状• 下痢や嘔吐の回数が増える• 身体を触ると怒る• 不機嫌そうに鳴くことが多い• 食欲にムラが出ている• 水を普段よりも多く飲む 猫の身体の不調は、普段の様子に現れることが多いです。 これらの病気は猫の排泄物の臭いを臭くしてしまうし、身体も辛い思いをしています。 自然治癒することはほとんどないので、悪化させる前に早めに獣医さんに相談するようにしましょう。 猫の便臭を軽減させる対策方法 猫のうんちが臭いと身体も心配だけど、お部屋に漂う悪臭も気になってしまいますよね。 衣類にも付着しやすいし、衛生面も良いものではありません。 そこで、自宅でも簡単にできる便臭を軽減させる対策方法を紹介します。 ボックス型や自動トイレを使う 猫のトイレはたくさんの種類が販売されていて、うんちの臭いが気になりにくいものを使うと悩みも解消されやすいです。 もちろん箱型のようなむき出しのものだと、部屋の中も便臭がしてしまいますよね。 便臭が気になる時のおすすめは、ボックス型か自動トイレです。 ボックス型だと周囲が囲まれているのでうんちの臭いも気になりにくいです。 また、自動トイレであれば、猫が排泄をした後に排泄物の処理がされるので臭いの軽減につながります。 ただ猫のうんちで健康チェックをしたり、トイレの中に臭いがこもるデメリットもあります。 それに猫のうんちの臭いそのものが解消されている訳ではないので、「うんちで部屋の中を臭くしたくない!」という飼い主さんに良い方法ですね。 消臭効果が高い猫砂を使う 猫トイレと同じように猫砂にもいろんな種類があって、中には消臭効果に優れたものもあるのです。 消臭効果が高い猫砂は、鉱物系やシリカゲル系の素材でできたものです。 こちらの記事に猫砂の選び方も紹介しているので、参考にしてみましょう。 猫砂による便臭対策の注意点• 猫トイレによって、使えるものと使えないものがある• 猫の好みによって使いたがらないことがある ペット用消臭スプレーを使う 猫の便臭対策におすすめのペット用消臭スプレーを使う方法もおすすめです。 有名なのは「カンファペット」というものですね。 部屋に付着する頑固で取れにくい嫌な臭いを分解することで、強力な消臭効果を作ってくれます。 カンファペットの優れたところは、高い消臭効果に加えて、愛猫が舐めても無添加だから安心できることです。 東京都から表彰を受けた高い技術力で作られています。 これだと シュッと吹きかけるだけで、あっという間に便臭が気にならなくなりますね。 それに、うんちの消臭だけでなく、お尻のケアや体臭、さらには除菌効果もあるので、いろんな臭いの悩みを解消してくれます。 愛猫のために1本は常備しておきたいですね。 ちなみに、カンファペットの優しくてホッとするサイトの雰囲気が私は大好きです。 サプリメントで便臭を軽減させる 腸内フローラのバランスや病気によって猫の便臭が強いのなら、サプリメントで便臭を軽減させて、身体の中からうんちの臭いを改善させる方法が良いです。 猫用サプリで便臭の軽減におすすめなのは、「毎日爽快」という獣医師が推奨しているものです。 腸内フローラを整える効果があって、悪玉菌を退治して善玉菌の働きを活性化させることができます。 腸内環境が整えば免疫力もグッと高まるので、病気の予防にも良いですね。 無添加の猫サプリで、植物酵素と生きて腸まで届く乳酸菌のWパワーが飼い主さんと愛猫の便臭の悩みを解決しやすくしてくれます。 商品価格:980円 初回のみの限定価格 キャットフードでうんちの臭いを改善する 毎日のキャットフードを見直すことで猫の便臭を軽減させることもできます。 店舗で猫の餌を購入していると、どうしても整腸作用がある食物繊維が不足気味になりますよね。 愛猫家の方々にも人気があるおすすめは「モグニャン」というプレミアムキャットフードです。 これなら、 猫の食いつきも抜群に高くて、適量の食物繊維が腸内環境のサポートもしてくれるのです。 うんちの臭いの元になる 穀物も使われておらず、消化にもやさしい無添加のフードです。 私が愛猫に食べさせているフードもモグニャン。 原料そのものの良さを活かしたキャットフードなので、愛猫のうんちの臭いに悩まされている飼い主さんにとても良いです。 お部屋にも悪臭が染みつきやすいし、愛猫の身体も病気に侵されている可能性だってあります。 1日でも早い便臭を軽減させるための対策が必要になります。 猫トイレや猫砂を見直してあげたり、サプリやキャットフードで便臭の改善をする方法があるので、是非試してみてくださいね。

次の

猫には肛門が3つあるってホント? 獣医師に聞いてみた

猫 こう もん の う は れつ 自然 治癒

この画像と本文は関係ありません 猫には肛門の左右に肛門嚢と呼ばれる袋がついています。 肛門嚢の中には肛門腺があり、強い臭いを発する液体を分泌します。 肛門腺の分泌物の匂いは個体ごとに違うので、猫同士のコミュニケーションに使われます。 肛門嚢が破裂すると肛門が3つあるように見える 肛門腺自体は猫の正常な構造ですが、肛門嚢の中に膿がたまったり、肛門嚢の出口 開口部 が詰まると肛門嚢が破裂します。 左右の肛門嚢が破裂すると、あたかも肛門が3つあるようにみえます。 肛門腺しぼり 肛門腺の分泌物の性状は猫により個体差があります。 分泌物がサラサラであれば自然に排出されますが、ドロドロしている猫は定期的に分泌物を出してあげないと詰まることがあります。 肛門腺の分泌物を出してあげることを動物病院では「肛門腺しぼり」と呼ぶことが多いです。 肛門腺しぼりが必要な猫 全ての猫に肛門腺しぼりをする必要はありません。 長年猫を飼っていても、肛門腺しぼりなんてしたことがないという方もいるでしょう。 図4 しぼっている姿を横から撮影 画像クリックでモザイクなしのものを閲覧できます コツや注意 1 肛門の周りを触ることは猫が最も嫌うことの1つです。 肛門腺をしぼるときは、誰かにおさえてもらいながら行いましょう。 強く抵抗する場合は無理をせずかかりつけの動物病院に相談して下さい。 2 肛門腺の分泌物は非常に臭いが強いです。 写真では見やすいように素手で行っていますが、ゴム手袋を装着したり、あるいはティッシュ越しに行うことをお勧めします。 しぼった後は肛門周囲を軽く拭いてあげてください。 3 肛門腺の分泌物が既に固くなっている場合、無理にしぼると肛門嚢が破裂します。 肛門の周囲に固いものが触れるときはかかりつけの動物病院に相談して下さい。 上にも書きましたが肛門腺しぼりをやらないと必ず肛門嚢疾患になるわけではありません。 むしろ多くの猫は自然と分泌物は開口部から排出されます。 一部の分泌物が泥状の猫や、膿が溜まりやすい猫は人間が出してあげないと肛門嚢疾患になることがあります。 肛門嚢破裂はあらゆる年代の猫で発生します。 そして再発率の高い疾患ですので、一度肛門嚢が破裂した猫は定期的にしぼってあげましょう。 やはり無理に行うと、肛門嚢が破裂する可能性はあります。 そして猫が抵抗して飼い主、猫ともに怪我をする可能性もあります。 猫は一度嫌な思いをすると覚えているので二度とおしりを触らせなくなってしまうかもしれません。 最初は何回か動物病院で獣医師の指導下で行い、コツがわかったら自分でやるようにする方が安全でしょう。 肛門腺の分泌物が溜まるスピードは猫によって個体差があります。 目安は月に1回程、それでも肛門嚢破裂を繰り返すようであればもっと短期間でしぼる必要があります。 高線維食のフードを与えると、糞便が大きくなり排便のときに肛門が拡大されるので、肛門嚢から分泌物が出ると言われています。 また、肛門嚢に膿が溜まっている場合は、温湿布の使用が有効なことがあるようです。 しかし猫でどのぐらい予防効果があるかは明らかになっておらず、確実な予防には定期的な肛門腺しぼりをおすすめします。 肛門嚢の疾患は非常に頑固なことがあり、再発を繰り返す場合は手術で肛門嚢を摘出することもあります。 多くの猫は問題になることはありませんが、肛門腺分泌物が泥状の場合や、膿が入りやすい場合は注意が必要です。 一度愛猫の肛門腺分泌物の性状をチェックしてみてはいかがでしょうか。

次の