ダルゴナコーヒー作り方。 【スッキリ】ダルゴナコーヒーって何?作り方を紹介!

ダルゴナコーヒー(カルメ焼きラテ)の作り方は?家で作れる?美味しい?|えまちブログ

ダルゴナコーヒー作り方

ダルゴナコーヒーの作り方 家にある材料で簡単に作れちゃいますよ~ 材料や作り方を紹介します^^ ダルゴナコーヒーの材料• インスタントコーヒー• 水 各大さじ2• 牛乳 適量 ダルゴナコーヒーの作り方• ボールに材料を入れる• ハンドミキサーでホイップ状になるまで混ぜる• 泡立て器でもできると思います! クリームの材料は 1:1:1なら量をかえて作っても大丈夫です。 数日後、各大さじ1で作ったのですが問題なく作ることができました。 各大さじ1でつくると1人で飲むのにちょうどいい量でした。 ダルゴナコーヒーアレンジレシピ コーヒーが飲めない、お子さんに飲ませたいという方にアレンジレシピを紹介します。 ダルゴナコーヒーココア 材料は、 ココアと 生クリーム(植物性)牛乳があればOKです。 材料をボールに入れてホイップ状になるまでまぜまぜ^^ 我が家も子供用に作ってみたのですが、とっても簡単でした。 ココアがなかったので、 ミロで作ったのですが、問題なく作れましたよ。 ダルゴナコーヒー抹茶 材料は 抹茶スティック、 生クリーム、 牛乳です。 お湯を入れて飲む抹茶スティックを使った作り方です。 ダルゴナコーヒーパフェ パフェにしたレシピを発見!コーヒーの苦みとアイスが相性よさそうです。

次の

ダルゴナコーヒーの作り方!ココアや抹茶のアレンジレシピも紹介

ダルゴナコーヒー作り方

Contents• ダルゴナコーヒーとは ダルゴナコーヒーは韓国の人気俳優さんがテレビ番組で紹介したことがきっかけでSNSを中心に話題になりました。 「ダルゴナ」は韓国語で「カルメ焼き(砂糖を使ったお菓子)」という意味。 名前の通り、上にのっているクリームの味が砂糖を焦がしたようなほろ苦い味がします。 クリームと牛乳を混ぜて飲むことで、ほろ苦いコーヒークリームが牛乳とマッチしてとてもおいしいんです! ダルゴナコーヒーの作り方 ダルゴナコーヒーは誰でも簡単に作れます。 ハンドミキサーや泡立て器を使うと、5分程で作れてしまいます。 ハンドミキサーや泡立て器がない方は、ビニール袋を使ってつくれますよ。 材料と作り方(泡立て器あり・泡立て器なし)を紹介します。 インスタントコーヒー・砂糖・水をビニール袋に入れて振る(10分ほど)• 泡状になった1を牛乳の上にのせる• 完成! 袋にたくさん空気を入れると泡立ちやすくなります。 ビニール袋が破れそうで不安だったので2枚重ねて使いました。 クリームが完成したら、ビニール袋の角をハサミで切って絞るように牛乳の上にのせると、洗物も少なく済みます。 出来上がりの違い 写真の通り、泡立て器を使ったクリームとビニール袋で泡立てたクリームは出来上がりが少し変わってきます。 ビニール袋で泡立てたクリームの方が多く見えますが、コーヒー・砂糖・水は同じ分量で作りました。 泡立て器ありの方はきめが細かいずっしり重みのあるクリームに、ビニール袋を使ったクリームはきめが粗く軽いクリームになりました。 個人的にはビニール袋で作ったダルゴナコーヒーの方が、クリームが牛乳と良く混ざって美味しくいただけました。 面倒な洗物も少なく済むのも嬉しいポイントですね。 オレオやクッキー、チョコレートをトッピングしたらよりインスタ映え間違えなしです。 ダルゴナ抹茶 次にダルゴナコーヒーのアレンジレシピ、「ダルゴナ抹茶」を紹介します。 コーヒーが苦手な方、甘いドリンクが好きな方にオススメです。 抹茶パウダーと砂糖を混ぜる• 卵白を混ぜながら1を入れて泡立てる(泡立て器で10分ほど)• 泡状になった2を牛乳の上にのせる• 完成! 卵白を混ぜるときは、ハンドミキサーか泡立て器を使いましょう。 卵白を泡立てるときのコツは、下の通りです。 冷蔵庫に入っていた冷えた卵白を使うこと• 少し泡立ってから抹茶パウダーと砂糖を3回に分けて入れること• ボウル、泡立て器の油分や水分をしっかりふきとること 卵白からメレンゲを作るのに少しコツが必要です。 作るのが不安だったら、一度YouTubeで卵白の泡立て方をチェックしてみることをオススメします。 まとめ 今回はダルゴナコーヒーの簡単な作り方とアレンジレシピを紹介しました。 作り方も1回作ったら、2回目以降はすぐ作れるほど簡単なので、食後やおやつの時間に気軽に楽しめますね。 さらに可愛い見た目でついつい写真を撮りたくなります。 グラス・コースター・テーブルクロスなど少し工夫するとより素敵な写真になります。 インスタグラムで「 #dalgonacoffeechallenge」で検索すると 世界中で作られているダルゴナコーヒーのオシャレで素敵な写真をチェックすることができます。 お気に入りの写真を参考に映える写真を撮って楽しみましょう。 ダルゴナコーヒーを作って、オシャレで充実したおうち時間を過ごしましょう!.

次の

泡立て器なしでもOK!ダルゴナコーヒーの作り方紹介

ダルゴナコーヒー作り方

話題のドリンク、ダルゴナコーヒー 真っ白な牛乳の上にふわふわのコーヒーがのったダルゴナコーヒー。 SNSで見かけたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、ダルゴナコーヒーについて詳しく解説。 作り方やアレンジの提案、スイーツにする楽しみ方など、話題のダルゴナコーヒーについてご紹介します。 ダルゴナコーヒーとは? ダルゴナコーヒーとは、牛乳の上にふわふわに泡立てたコーヒーがのった韓国発祥のドリンク。 「タルゴナコーヒー」と呼ばれることもあり、名称が混在している状態です。 「ダルゴナ タルゴナ 」という現地のお菓子 カルメ焼きやキャラメルキャンディーのようなお菓子なんですって。 食べてみたい!! に味が似ている、ということからこの名が付いたといわれています。 インスタントコーヒー・水・砂糖を泡立てるだけでできる手軽さや不思議さ、見た目のかわいらしさが話題を呼び、韓国に続いて日本でも大ブーム。 基本のレシピは、ホイップするインスタントコーヒー・グラニュー糖・水が同量。 グラニュー糖を少なくすると気泡が不安定になり、泡立ちが悪くなってしまうので注意してくださいね。 材料 350mlのグラス1杯分• インスタントコーヒー…10g• グラニュー糖…10g• 水…10g• 牛乳…適量 作り方• インスタントコーヒー・グラニュー糖・水を混ぜ合わせる。 *このとき、小さめのボウルを使うと泡立ちが早いのでおすすめ。 ハンドミキサーのアタッチメントが当たりやすくなるよう工夫しておけば、少量でも短時間でふわふわに仕上げることができます。 ハンドミキサーで泡立てる。 *高速でどんどん空気を含ませましょう。 最初は泡立つか不安ですが、混ぜると写真のように泡立ちます。 泡はしばらく消えないので、焦らずに牛乳の準備をしてください。 グラスに入れた牛乳の上に2をのせれば出来上がり。 上にインスタントコーヒーの粉末をかけてもおしゃれな仕上がりに。 飲むときは、先に牛乳だけを少し飲んで量を減らすのがポイント。 その後なら、全体をよく混ぜて飲んでもこぼれる心配がなくなります。 ダルゴナコーヒーをおいしく楽しむために ハンドミキサーで作るのがおすすめ ホイッパーで混ぜたりビニール袋でフリフリしたりしてホイップすることもできますが、時間と手間を考慮するとハンドミキサーに軍配が上がります。 これは、見た目がかわいいのはもちろん、味の面でも。 コーヒー部分の味は濃くて苦いので、上部の面積が小さいほうが味のバランスが取りやすいと思いますよ。 ダルゴナコーヒーをアレンジしたい! コーヒーが苦手な方のために、他のフレーバーでも楽しめないかな?と考えてみました。 気泡を含むのはインスタントコーヒーならではの特性。 なので、他のフレーバーの場合、生クリームや卵白などの起泡性を利用する必要があります。 今回は生クリームを使って3つの味をご提案。 3種類の味を一度に作れる方法を考えました。 いちご・抹茶・練乳のダルゴナコーヒー風ドリンクのレシピ 材料 3種類のフレーバーを350mlのグラスに各1杯分• 生クリーム…150g• グラニュー糖…15g• 牛乳…適量 いちご• いちごパウダー…8g• グラニュー糖…8g• 水…4g• フリーズドライストロベリー 仕上げ用 …適量 抹茶• 抹茶…8g• グラニュー糖…8g• 抹茶 仕上げ用 …適量 練乳• 練乳…8g• ココナツファイン 仕上げ用 …適量 おすすめのアイテム 作り方• ボウルに入れた生クリームとグラニュー糖を氷水に当て、7分立てにする。 1を3等分する。 抹茶・グラニュー糖・お湯を合わせてペースト状にする。 いちごも同様に。 ペースト状にした3に3等分した1をそれぞれ加え、ホイッパーで混ぜる。 *クリームが固くなってしまいなめらかな状態でなくなったら、牛乳 分量外 を少量加えて混ぜ、かたさを調整してください。 *練乳は、クリームと軽く合わせる程度でOK。 グラスに入れておいた牛乳の上にそれぞれのフレーバーをのせ、お好みで飾り付ければ出来上がり。 味が濃いときは、牛乳を足してもいいですね。 お好みでいろいろ試してみてください。 「4種のふわふわラテ ダルゴナコーヒー、ダルゴナコーヒー風抹茶・苺・練乳 」の詳しいレシピページは。

次の