アクサ ダイレクト生命保険。 アクサダイレクト生命の評判【良い・悪い・普通】とランキング!《生保40社比較》

アクサダイレクトの定期保険2

アクサ ダイレクト生命保険

この項目では、生命保険会社(旧・ネクスティア生命保険)について説明しています。 「アクサダイレクト」を略称とする損害保険会社については「」をご覧ください。 アクサダイレクト生命保険株式会社 AXA Direct Life Insurance Co. , Ltd. 市場情報 非上場 略称 アクサダイレクト生命 本社所在地 〒102-0083 麹町三丁目3番地4号 KDX麹町ビル8階 設立 (SBIアクサ生命保険株式会社) 代表者 住谷 貢 兼CEO 資本金 198. , Ltd. )は、世界最大級の保険・資産運用グループであるのインターネット専業会社である。 前身は、、ソフトバンク(現・)の3社が出資して生まれたSBIアクサ生命保険であったが、2月に事業戦略の方針に差異が生じたことから、SBIホールディングスがアクサジャパンホールディングに株式を譲渡する形で合弁事業を解消。 同年5月12日に社名をネクスティア生命保険へ変更し、にはアクサダイレクト生命保険へ社名を変更。 グループ会社であるとは相互で保険委託契約が締結されており、同社の一部のの商品も扱っている(当社が保険募集代理店となり、保険契約締結の媒介を行う)。 沿革 [ ]• - SBIホールディングス株式会社とアクサジャパンホールディング株式会社が、合弁で生命保険会社を設立することで基本合意。 - SBIホールディングス株式会社とアクサジャパンホールディング株式会社が、合弁契約を締結。 - SBIホールディングス株式会社、アクサジャパンホールディング株式会社、ソフトバンク株式会社(現・ソフトバンクグループ株式会社)の3社の出資で、SBI生保設立準備株式会社設立。 3月19日 - SBIアクサ生命保険株式会社に商号変更。 - から生命保険業免許を取得。 - 営業開始。 - ネクスティア生命保険株式会社に商号変更。 - グループ会社のアクサ損害保険株式会社との間で損害保険代理店委託契約が締結され、当社が保険募集代理店として「アクサダイレクト総合」の取り扱いを開始。 2月1日 - グループ会社のアクサ損害保険株式会社との間で代理店委託契約が締結され、同社が運営する「アクサダイレクト」のWebサイトにて当社の生命保険商品の取り扱いを開始。 8月1日 - 当社が保険募集代理店として、「アクサダイレクトの」の取り扱いを開始。 - アクサダイレクト生命保険株式会社に商号変更。 特徴 [ ] 申し込み手続き(保障プランの作成から申込まで)が全てインターネット上で可能な生命保険を専門に扱っており、加入後の変更手続きや解約もインターネット上で可能である。 インターネットに加え、電話でのサポートも行われているほか、一部の保険商品は代理店や窓口を通じて取り扱われており、対面相談も可能である。 このようなIT化による業務フローと、スタッフの人数を増やさずに5倍の件数を処理しているという点が評価され、2011年1月13日に米国のコンサルティング企業、(オリバーワイマングループカンパニー)が主催する「Celent Model Insurer Asia Award 2011」において、「Celent Model Insurer Asia 2011」を受賞。 セレント社のアワードにおいて、日本の生命保険会社の受賞は同社が初めて。 必要なものに絞った保障内容としているため、取り扱うのは死亡保険、医療保険、がん保険、就業不能保険の4つのみとしている(就業不能保険以外の保険商品は保障期間や内容などによりいくつかのタイプが設定されている)。 提供番組 [ ]• (、2018年10月-) CM出演 [ ]• 関連会社 [ ]• 脚注 [ ]• SBIホールディングス株式会社・ニュースリリース2010年2月8日• PDF プレスリリース , ネクスティア生命保険、アクサ損害保険(2社連名), 2010年12月8日 , 2019年8月16日閲覧。 PDF プレスリリース , アクサ損害保険、ネクスティア生命保険(2社連名), 2011年1月31日 , 2019年8月16日閲覧。 PDF プレスリリース , ネクスティア生命保険株式会社, 2011年7月29日 , 2019年8月16日閲覧。 参考 [ ]• - ネクスティア生命保険 株 2011年1月13日• - ネクスティア生命保険 株 2011年5月2日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

【評価B】アクサダイレクト生命「定期保険2」デメリットと評価

アクサ ダイレクト生命保険

「アクサダイレクトの定期保険2」の6つの特長 お求めやすさにこだわりました インターネットを駆使した販売により、 人件費など従来の保険販売にかかる経費を削減。 お求めやすさにこだわりました。 お申し込みはネットでOK お申し込み手続きから解約までネットでOK。 お気軽にお申し込みいただけます。 医師の診査なしで死亡時最大1億円の高額保障 インターネットでのお申し込みで 死亡・高度障害時に1億円の高額保障が可能。 保険金額が高額になるほど保険料が割安になる高額割引制度があります。 高額割引制度は、「アクサダイレクトの定期保険2」の保険料を保険金額100万円あたりの単価で比較したとき、高額な保障ほど保険料の単価が割安になるしくみです。 なお、災害割増特約には高額割引制度の適用はありません。 例:30歳男性(保険期間・保険料払込期間:10年)の場合 特約でさらに充実保障 災害時の死亡保障を特約で追加することができます。 この場合、お引き受け可否のご連絡は、アクサダイレクト生命にてご本人さまの確認がとれた後となります。 こんな方におすすめ• 一定期間の大きな死亡保障をお探しのあなたへ• お手頃な保険料で死亡保険をお探しのあなたへ• 契約年齢• 満20歳~満69歳• 契約前審査• 現在の健康状態等をインターネット上で告知いただきます。 医師の診査は不要です。 保険期間・ 保険料払込期間• 保険料払込経路• 口座振替、クレジットカード• 保険料払込方法• 月払 注意事項:• リビング・ニーズ保険金をお支払いした場合、指定した保険金額に応じて主契約が消滅または減額されます。 また、ご加入時の被保険者の年齢によっては、入院給付金日額等に制限がございますので、あらかじめご了承ください。 また、お申し込み後に保険契約者等がこれらの反社会的勢力に該当した場合、保険契約は解除されます。 したがって、保険契約は、お客さまからの保険契約のお申し込みに対してアクサダイレクト生命が承諾したときに有効に成立します。 以下の理由で、当社が推奨している商品になります。 当社の株主またはそのグループ会社である保険会社の商品• 当社子会社である再保険会社Advance Create Reinsurance Incorporatedと広告代理店 株式会社保険市場との間で再保険取引または広告取引のある保険会社の商品• 顧客の利便性、並びに保険募集品質の向上を目的として、当社のACP(注1)とAPI(注2)連携を前提としたシステム連携を行っている保険会社の商品• 当社のみが専門的に取り扱える保険商品• 申込件数およびWebサイトでの資料請求件数が上位である保険商品 注1:共通プラットフォームシステム(名称:Advance Create Cloud Platform)の略称 注2:Application Programming Interfaceの略称 広告主のPRを目的に掲載している商品になります。

次の

アクサダイレクト生命の評判【良い・悪い・普通】とランキング!《生保40社比較》

アクサ ダイレクト生命保険

一般的に生命保険は、10年更新など定期的に保険の更新を迎えるケースが多くあります。 更新時には、最初に加入したときよりも年齢が上がってしまっているため、その分保険料が高く設定されて更新することになります。 しかし、アクサダイレクト生命では「健康チャレンジ」として、更新時に再度健康に関する告知を行い、基準を満たしていれば、更新するよりも保険料が安いプランで生命保険に加入し直すことができる仕組みになっています。 ただし、 2017年4月1日以降に新規で加入した場合は、健康チャレンジの取り扱いがされなくなっているので注意が必要です。 また、 10年更新のみが対象となるため、保険期間が55歳満了や60歳満了など、年齢による保険期間の場合も取り扱いはされていません。 アクサダイレクト生命の商品に加入したいという方は、ぜひ以下のボタンから 保険のプロに無料相談してみてください! 定期保険に関しては、 「インターネット完結のわりに保険料はそんなに安くない。 」という意見が多く、良くも悪くもないという評判が多いようですね。 アクサが提供する定期保険は、 病気、不慮の事故等で死亡したまたは高度障害状態になった際に 1000万円支払われる保険です。 一般的に30代であれば、保険期間は10年で月額料金が 1,050円です。 ですが、もしもの時のために入っておけばよかったと考えるのであれば、全然悪くはない値段だと思います。 では、実際の利用者の口コミはどうなのでしょうか。 インターネットのみの生命保険販売のため、ネット通販に不慣れな人の場合、どうしてもネット販売に抵抗を感じてしまう場合がありますが、アクサダイレクト生命ではコールセンターが設けられているので、不安を感じた場合は、直接説明を聞くことが可能となっています。 57歳女性、既婚で子供2人の方の口コミでは、「ネットだけで全て契約を完了するのは、最後に不安が残るので、ネット画面を見ながら、何回もコールセンターの人へ教わりながら検討させてもらえた点が、加入するにあたり一番大きいポイント」となったようです。 コールセンターを利用した場合、ネット割引が適用にならないケースもあるのですが、アクサダイレクト生命ではコールセンターを利用してもネット割引が適用となるところが良いという評判が目立っています。

次の