加藤純一 東大。 東大分生研での論文不正問題、教員ら11人に不正行為

どんな単語でも連想3つで加藤純一にできる

加藤純一 東大

Tanaka, E. , Yasukawa, K. , Nakamura, K. , Miyazaki, T. , Vaglarov, B. , Ohta, J. , Fujinaga, K. , Iwamori, H. and Kato, Y. Downhole variation of REY-rich mud in the western North Pacific Ocean based on bulk chemical composition and Nd-Sr isotopic ratios. Godlschmidt 2018, August 17, Boston, USA. Oral 6. Yasukawa, K. , Kawarabata, C. , Tanaka, E. , Mimura, K. , Nakamura, K. , Fujinaga, K. and Kato, Y. A quantitative constraint on the distribution of extremely REY-rich mud based on mass balance calculations of Nd in the ocean. Godlschmidt 2018, August 17, Boston, USA. Oral 5. Tanaka, E. , Yasukawa, K. , Nakamura, K. , Miyazaki, T. , Vaglarov, B. , Ohta, J. , Koichiro, F. , Iwamori, H. and Kato, Y. The origin of deep-sea sediments in the western North Pacific Ocean based on neodymium and strontium isotopic ratios. Goldschmidt Abstracts 2017, 3870. August 16, Paris, France. Oral 4. Yoshihara, Y. , Ozawa, K. , Ariu, K. , Takao, Y. , Nomura, S. , Seungju, S. and Tanaka, E. Monitoring of natural disaster based on synthetic aperture radar satellite in southeast Asia. International Astronautical Congress 2017, IAC-17. 9, September 26, Adelaide, Australia. Oral 3. Tanaka, E. , Yasukawa, K. , Nakamura, K. , Miyazaki, T. , Ohta, J. , Koichiro, F. , Iwamori, H. and Kato, Y. The origin of seafloor surface sediment in the western North Pacific Ocean. Goldschmidt Abstracts 2016, 3060. June 29, Yokohama, Japan. Oral 2. Kusuno, H. , Matsuzaki, H. , Nagata, T. , Miyairi, Y. , Yokoyama, Y. , Ohnokouchi, N. , Tanaka, E. , and Kawamoto, M. Tracing the iodine source of marine biota using iodine 129 isotopic ratio. Goldschmidt Abstracts 2016, 1647. June 30, Yokohama, Japan. Poster 1. Tanaka, E. , and Matsuzaki, H. The analysis of the iodine form in seawater by ion chromatography and AMS. The 6th East Asia AMS Symposium, 7, 2015 October 6, Taipei, Taiwan. Oral 3. 田中えりか・安川和孝・中村謙太郎・宮崎隆・Bogdan Vaglarov・藤永公一郎・岩森光・加藤泰浩:化学組成及び同位体比に基づく南鳥島周辺EEZ内堆積物の起源の変遷.日本地球惑星科学連合2018年大会, SCG61-05, May 2018, Chiba, Japan. 藤永公一郎・安川和孝・町田嗣樹・佐藤峰南・下村遼・ 田中えりか・見邨和英・臼井洋一・飯島耕一・高橋亜夕・山本浩文・鈴木勝彦・中村謙太郎・加藤泰浩・MR16-07乗船者一同:南鳥島南東方海域におけるレアアース泥の地球化学.日本地球惑星科学連合2018年大会, SCG61-04, May 2018, Chiba, Japan. 加藤泰浩・中村謙太郎・藤永公一郎・安川和孝・高谷雄太郎・大田隼一郎・ 田中えりか・見邨和英・飯島耕一・町田嗣樹・野崎達生・木村純一・岩森光:レアアース泥に関する最新研究成果の総括.日本地球惑星科学連合2018年大会, SCG61-03, May 2018, Chiba, Japan. 河原畑智朱・安川和孝・ 田中えりか・中村謙太郎・藤永公一郎・加藤泰浩:Box modelを用いた海洋のNd循環に基づくレアアース泥の成因の定量的制約.日本地質学会第124年学術大会,R25-O-9,September 2017, Matsuyama, Japan. 加藤泰浩・中村謙太郎・藤永公一郎・安川和孝・高谷雄太郎・大田隼一郎・ 田中えりか・見邨和英・飯島耕一・町田嗣樹・野崎達生・木村純一・岩森光:レアアース泥研究の最新成果と南鳥島EEZにおける開発の実現に向けた取り組み.日本地質学会第124年学術大会,R25-O-6,September 2017, Matsuyama, Japan. 田中えりか・安川和孝・中村謙太郎・宮崎隆・Vaglarov Bogdan・藤永公一郎・岩森光・加藤泰浩:Origin of deep-sa sediments within the Minamitorishima EEZ based on downhole variation of bulk chemical composition and neodymium isotopic ratios.JpGU-AGU Joint Meeting 2017,BPT05-21. May 2017, Chiba, Japan. 加藤泰浩・中村謙太郎・藤永公一郎・安川和孝・高谷雄太郎・大田隼一郎・ 田中えりか・見邨和英・飯島耕一・町田嗣樹・野崎達生・木村純一・岩森光:The latest research on REY-rich mud in the Pacific Ocean. JpGU-AGU Joint Meeting 2017, BPT05-19. May 2017, Chiba, Japan.

次の

東大分生研での論文不正問題、教員ら11人に不正行為

加藤純一 東大

人気ゲーム実況者、 加藤純一(通称:うんこちゃん)さんの 学歴を調査しました。 加藤純一さんは、 「ウンこちゃん」という活動名で当初 ニコ生主として精力的に活動し、人気実況者になりました。 途中で本名が特定されてしまい(笑)噂が立ったため、むしろ自分から公表する、という形で「加藤純一」という本名を発表しました。 現在は、ニコニコ動画とYouTube、両方に足を突っ込んだ形で活動されています。 ニコ動が若干オワコン化しているので、元々ニコ生実況者をしていた方はもうYoutubeに移る流れができてますよね(恭ちゃんとか) さて、加藤純一さんは実は 超高学歴で 「慶應医学部」ではないか、という噂があります。 しかし他方、 「専門卒」だという噂もあり、学歴情報は錯そうしています。 ここら辺について、詳しく見ていきましょう。 この記事に書いてあること• 加藤純一さんの大学はどこ?ウンこちゃん慶應医学部の噂、真相を調査!専門卒or大卒、本当の学歴は? ウンこちゃんには 慶應医学部卒業なのではないか?という噂があります。 慶應大学、しかも医学部ともなれば、 私立大学の中ではNo1といっても過言ではないほどの超高学歴です。 それほどの高学歴です。 ウンこちゃんは慶應医学部なの? しかし、これについてははっきりとした情報はありません。 ニコ生での放送中に、 「うんこちゃんは慶応医学部卒」というテンプレコメント(笑)が良く流れるんですけど、たぶん誰かが言い始めて、おもしろがってみんなが真似しているうちに、広まってしまったんでしょうね。 加藤純一さんは、以前自身の職業を 「医療従事者」と称していて、これは事実です。 加藤純一さんの大学は同志社大学? 他にも、 「同志社大学」という噂もあります。 しかし、同志社大学って 京都にある大学ですからね(笑)加藤純一さんは、 千葉県出身です。 関東在住の人が、大学で関西に行く場合もなくはないですが、そこまでするのは国公立大学の場合が大半です。 関東在住で「京都大学」と「慶應大学」に受かった、みたいな人が慶應を蹴って、関西にある国立の京都大学へ進学する、ということは大いにありますが、私立である同志社大学でそこまでするとは考えにくいです。 確かに同志社大学も高学歴であることは確かなのですが、同志社大学に受かるような学力がある 関東在住の受験生であれば、どう考えても 早稲田大学か 慶應大学は受けているでしょうし、最悪の場合でも、 明治大学には受かりますよね。 わざわざ関西の私大へ進学するのはかなり特殊ですし、あまり考えられません。 同志社大学というのも、デマ情報である可能性が高いと考えられます。 加藤純一は専門学校卒?医療系の専門卒ではないか|生放送中の高田とのやり取り、安房高校進学実績から絞る 加藤純一さんの過去のしゃべりの中で、大卒だとすれば若干不自然なコメントがあったり、そういったところから専門学校卒ではないか、という説もあります。 専門学校卒だとすれば、直近までやっていたのが医療関係の仕事なのですから、 医療系の専門学校である可能性が高いと考えられます。 さらに、加藤純一さんの 姉のSNSのやり取りが流出していまして、 「弟が看護師やってる」との情報があります。 もう一人の弟クンはどうかな?久々に明日帰ってくるらしいけど、どうだか そーなんですかw看護師頑張ってるんですか?あのルックスだったらスタッフ・患者さんも大騒ぎですね! 看護師やってるよー!患者さんからは気に入られるみたい もうすっかりオッチャン (2012年12月24日) 加藤純一さんの出身高校は 「千葉県立 安房 ( あわ )高等学校」で、加藤さんの卒業年度は平成15年です。 平成15年度の安房高校の進学実績には、看護の専門学校が2校並び、3名が進学しています。 もし加藤さんが看護系専門学校卒なのであれば、以下の学校であると考えられます。 都立広尾看護専にH15年安房から2人進学 それっぽいやり取りを以下に挙げていきます。 学校が広尾だとすれば、恵比寿に住んでいたというのは、整合性がありますね。 【学生時代の住処】 加藤「そうそうそう 昔恵比寿に住んでた時だよ 懐かしいな」 高田「親にすがってた時代でしょ~」 高田「大学とかでさ…なんで上京してきて恵比寿に住んだの?」 加藤「…女にもててえから渋谷と恵比寿にしか住まねえって親に言った」 また、こういう発言も。 「20歳くらいの時広尾病院に車止めてよく遊んでた」 3年制の学校だったのではないか?という疑問 年齢との兼ね合いから 3年制の学校だったのではないかとの話もあります。 そうだとすれば、広尾看護学校出身であることと、より強く整合します。 黒髪の話で、社会人が何歳から始まったのかという点に、 うやむや感が残ります。 【3年制の学校?】 加藤「俺 ハタチ 20 から24まで黒髪だったじゃねえかよ」 布団「馬鹿ちが、嘘だよにじゅ~・・・」 加藤「本当だよ!だって俺4年ぶりに染めたって」 加藤「去年 2011年 の11月くらいだぜ?髪染めたの」 布団「軽く染めてたじゃん」 加藤「真っ黒だったよ、 社会人出たて、社会出て、ん・・・?就活して22から真っ黒だよずーっと 言い直し 」 20 21 で就活か?2007年 上京4年目 に引っ越しして2012年まで変わらず 就職と共に引っ越ししたのなら 3年制の学校? 専門卒と大卒では、社会人開始の年齢が変わるので、言い直したのではないか?との憶測が飛んでいるのです。 大卒が「大学行こう」って話をするという少し不自然な会話もありますね。 また、受験科目も広尾看護専門学校と整合します。 現文は日本人だから解けんだろって理論で!古文は俺とらなかったから」 「数1Aの模試で満点とった 河合や代ゼミやではなく 医療系に特化した模試だけど」 ちなみに、看護医療系模試の実施科目や広尾看護専門学校の入試必要科目はこちらです。 合致しますね。 <看護医療系模試 実施科目>• 【国語】国語総合/国語総合+古文より選択• 【生物】生物基礎 <広尾看護専門学校の入試必要科目>• 【国語】国語総合 古典除く• 【面接】あり 「5限まである=高校」 大学生を経験した人なら「5限まである=高校」という推測はしないですよね。 ノーマルな大学なら 6限か、下手すると 7限くらいまであることも割と普通ですよね。 加藤「5限まであるってことは高校生かぁ」 広尾看護専門学校の時間割はこちらです。 1~4限までしかありません。 もしここに通っていたら、「高校卒業以降に通う学校は4限までしかないものだ、5限までやるのは高校生くらいまでだ」という認識が生まれるというのも自然です。 さらに、この大学には 4限以降も授業がありますので、「5限=高校生」の認識も生まれません。 首都大学の仕組みと、もし都立保健科学大学卒だったら 2005年、東京都立大学(現首都大)が中心となって 都立保健科学大学、都立短大、都立科学技術大 を吸収合併して開校する その際、都立保健科学、都立短大、都立科学技術は各々閉鎖するまでは別の大学として扱われ 首都大を名乗る事を禁じられる また、 東京都立大学と他校の偏差値差が大きかったため上記3校の生徒は東京都立大学の生徒から 見下される 以後、都立保健科学大学は2011年に閉校し無事首都大の一学部入り つまり仮に2003年に都立保健科学大学に入学してるとしたら、2005年から首都大の傘下に入るも首都大生を名乗る事を禁じられ、卒業もきっちり都立保健科学大生として修了した純都立保健科学大生という扱いになる 首都大は、以前 都内の看護学校を吸収合併しました。 加藤さんの学生時代は2003年からですので、色々と揉めていた時代と被ります。 学歴高い人と低い人が一緒にされて、 学歴コンプレックスが湧くような環境が整っており、 自分を「(高学歴の)首都大学生」と呼ぶか「(学歴のよくない)都立保健科学大生」と呼ぶか微妙な位置にいたとなれば、こだわりが残るのにも納得できます。 しかし、諸々の条件や試験科目から考えると、都立保健科学大学であった可能性は低いのではないかというのが正直なところです。

次の

加藤純一の大学|ウンこちゃん慶應医学部の噂はマジだった!?専門学校だったらどこ?徹底検討

加藤純一 東大

概説 [ ] 青年期 [ ] で出生し [ ]、で育つ。 、鶴岡第三中学校に入学。 父・が推薦で同年のに出馬し、でトップ当選。 その後、加藤一家は東京へ移り住み、加藤もに転校。 麹町中での同級生にを習う。 、麹町中を卒業しに入学。 同級生に、、、らがいた。 、日比谷高校卒業。 を受験するも合格できず、補習科に所属。 翌、東京大学に合格する。 日比谷高校の同窓である外交官の(の娘婿)に誘われ、東大水泳部に入部。 ゼミの指導教官は。 当時盛んであったのデモに参加している。 、第3類(コース)を卒業。 の入社試験には合格したが、の試験は不合格であった。 そのため4月に、法学部第2類(コース)に内部する。 その後、改めて外務省を受験し直し、合格。 、東大法学部第2類を卒業して外務省に入省した。 在職中に、に留学する。 、副領事在職中に結婚。 に帰国し、外務省中国課次席事務官となる。 この間、父・精三が死去した。 政治家 [ ] 精三の死後、そのから一致して後継者に推され 、5月、次期への出馬を表明する。 加藤の妻は、の生まれでの娘と幼馴染であり、妻は父を早くに亡くしたため、加藤の結婚式には中曽根が新婦の親代りで出席した。 この縁から、中曽根は加藤が出馬を決めると、「政治家になるなら、俺のところでやれ」と言うが、加藤は中曽根とは肌が合わないとして誘いを断り 、外務省中国課長をしていたの紹介で秘書のと会った。 そして、田中派から立候補をしたいとの意向を伝えると、早坂は「ありがたいことですが、むつかしい。 にはに、()にがいる。 二人共、角栄とは因縁浅からざるものあり。 同じ選挙区に、あなたをお迎えするのは、いかに角栄といえどもできない。 そのかわり、と申しては失礼ですが、角栄の盟友、のところにワラジを脱いだらいかがですか」と田中と打ち合わせずみの口上を言い、に身を寄せることを勧めた。 同年12月をもって外務省を退官。 翌2月、外務・の仲介で大平に会い、大平派に加わる(精三と大平は1952年の総選挙当選同期である)。 1972年12月のに山形2区から公認で出馬し、初当選した。 この総選挙では、東大1959年入学同期3人(加藤紘一、 、)の若手候補が立候補すると週刊誌に取り上げられた。 、当選2回でのに抜擢される。 同年12月、衆議院に就任。 、で3選、これを受けて成立したでも官房副長官に再任された。 1980年前後には官房副長官としてを行っていた一部反対派との水面下での交渉を行い、解決に取り組んだが、情報流出により実現しなかった。 、でに任命され、初入閣。 でも留任。 1985年8月12日、が起きる。 のでに就任、2度目の入閣を果たす。 官房長官在任中、「朝鮮半島出身者のいわゆる従軍慰安婦問題に関する内閣官房長官発表」、通称「 加藤談話」 を発表している。 7月、自民党はでの敗北以来10ヶ月ぶりにに復帰し、加藤は・の下、に就任。 一貫してを支持し、ら派を牽制し続けた(梶山も一時は自社さ派だった)。 翌、総裁・の下でに起用される。 党幹事長として臨んだでは率いるとの対決を勝利に導いた。 その後、党幹事長代理のと新進党議員の引き抜き工作を行い、自民党の衆議院における単独過半数復帰を実現した。 7月ので自民党は大敗、党幹事長を辞職するも後継総裁として小渕を支持、党内第2派閥として影響力を維持した。 12月に元首相のから派閥を禅譲され、会長に就任した。 のにより、宏池会が分裂。 12月、テロ対策特別委員長就任。 3月、自身の秘書のを受け宏池会会長を辞任し、自民党を離党。 同年4月にを辞職した。 のではとして立候補し、11度目の当選を果たし国政に復帰。 その後、自民党に復党、宏池会最高顧問に就任した。 9月、宏池会最高顧問辞任、宏池会退会。 8月15日午後5時50分頃、が発生。 事件に対して、自民党のが、派のにおいて「先生の家が丸焼けになった」と軽い口調で話題に出し、大きな批判を浴びた。 その一方、やの議員らは加藤の発言に同調を示したため、加藤は党派を超えた陣営との連携を意識し始める。 2月、自民党の、民主党の、、の、のらと超党派勉強会「」を立ち上げる。 2008年7月3日、の会長に就任。 1月の地元で行われた山形県知事選挙では現職のを支援したが、斎藤はとが支援した対立候補・に1万票の差を付けられて落選した。 9月のでは全国的に自民党に逆風が吹き荒れる中、小選挙区で13回目の当選を果たした。 12月のに際しては、自民党執行部と同党山形県連が加藤を継続公認したことに対し、選出の同党であるが反発し、前のを擁立したため、自民党系候補者同士によるとなった。 反自民党勢力をも糾合した阿部に対し、選挙活動中も言語および歩行障害がみられた加藤は十分な支持を得られず接戦の末に敗れた。 さらに、同党の比例代表では73歳以上の立候補は原則認められないため、とのをしておらず、議席を失った。 なお、東北ブロックの小選挙区から立候補した自民党候補者の中では加藤以外全員が小選挙区ないし比例代表で当選しており、加藤はで唯一落選した、自民党選挙区候補者となった。 政界引退後 [ ] 落選後も政治活動を続け、1月には会長及び同会訪中団団長として元首相の(日中友好協会名誉顧問・同協会訪中団名誉団長)や元防衛庁長官(自民党衆議院議員)のらと伴に、を訪問。 会長(元国務委員)のと会談した。 2013年2月、村山らとともに首相官邸にて首相のに面会し、唐との会談の内容等について報告した。 選挙再出馬については明言を避けていたが、同年4月、後援会関係者との会合で地元において私設秘書役を務める三女・を後継者に指名し、事実上政界引退の意向を示した。 加藤紘一後援会は、継続して加藤の政治活動を支援していた。 同年6月26日、鶴岡市内で約200人が出席して開催された「加藤鮎子さんを励ます会」にて「加藤鮎子後援会」が新規に発足した。 なお、第46回総選挙での落選以降は支持組織が弱体化しており、秘書は全員加藤の下を去った。 死去 [ ] 2014年夏、で殉職した日本兵の慰霊のため、と伴に訪れたで倒れ、の病院に入院した後、東京都内の病院で療養を続けていたが 、2016年9月9日0時45分頃に、のため東京都内の病院で死去した。 同月15日に自民党・加藤家合同葬が執り行われ、のメンバーだった山崎拓・小泉純一郎、からは・・・・・、加藤の乱の当事者だった・・・、の・・の他、のら1,300人が参列した。 その後、はに叙し、を追贈することを決定した。 発言・活動 [ ] 宏池会のプリンス〜加藤の乱での転落 [ ] では、同じに所属していたではなくのを支持。 河野は党内で総裁再選への支持を得られず、続投を断念する。 橋本が総裁に就任すると、加藤は自民党幹事長に就任した(これが宏池会分裂の序曲となり、河野がに離脱するきっかけとなった)。 1998年に念願の宏池会会長に就任するが、翌年のにおいて、、とのを目指す首相のに反発し、と共に出馬するも敗北。 総裁選終了後、小渕から「あんたは俺を追い落とそうとしたじゃないか」と激怒され、で加藤派、山崎派は冷遇され、党内反主流派に転じた。 、の期間中にのから自民党を離党した上で候補となることを期待されたが本人は一笑に付した。 低支持率ながらもを維持するに反発し、盟友の山崎拓とともに案提出時のに欠席、または賛成する意向を示した()。 しかし、かつては盟友であったや、森派会長のによる派閥の分裂工作により加藤の思惑は失敗に終わり、宏池会が分裂。 加藤派は小派閥に転落した。 側近中の側近が落選し、国政の場に不在だったことも響いた。 、事務所代表による違反の責任を取って離党、議員辞職して総裁候補としての地位は終了した。 6月9日、山崎拓との仲介で森喜朗と会談し、加藤の乱について「迷惑をかけた」と謝罪した。 8月には加藤の乱を振り返って、加藤に期待を寄せた若者について、「おわび行脚と称して全国65カ所をまわりメールをくれた人々と話し合った」と述べた。 かつての本流派閥の宏池会の流れを汲む3派閥(・・)の間で宏池会再結集構想(・)が持ち上がる中、加藤は派閥分裂の原因を作った張本人であり、麻生・古賀両派の中には加藤に不信感を持っている者もいた。 1月16日の谷垣派と古賀派の合流の正式合意に関しては、合流を報告した谷垣に対して「のどに刺さっていたとげが取れた感じだ。 非常にほっとしている」と合流を歓迎したが、自身の派閥への復帰には慎重な姿勢を示し、以降も無派閥のまま活動した [ ]。 YKK [ ] かつて加藤と山崎、小泉の盟友関係は、3人の頭文字からY(山崎)K(加藤)K(小泉)でと称された(山崎によると、YKKのネーミングは加藤の発案だという)。 竹下派支配に対抗する点で3人は一致していた。 以後も3人の関係は続いたものの、3人の中で最も総理に近いとされた加藤が議員辞職などで力を落としていく一方で、などの有為転変の後、加藤が公然と小泉の政策を批判するようになり、3人の関係は山崎を通してのものとなっていると言われていた。 加藤は橋本政権下で幹事長の要職に就き、ポスト橋本の絶好の位置に存在し、実際に竹下派(当時、小渕派)の中の有力者から総裁に推されることもあったものの、竹下派の影響力を受けた総裁では駄目だとこれを拒否。 ポスト橋本の有力候補であり、幹事長時代は竹下派と良好な関係を構築していたが、あくまでも総裁は竹下派の影響を受けない形で就任することを目指すと当時公言していた。 一時はN()を加え、 NYKKとも称されていた。 2006年夏にテレビ出演した際、出馬への意欲を聞かれ、「今回『は』そういうことはしない」と発言した。 同年9月に誕生した安倍政権とも距離をとり続けてきたが、翌7月の参院選敗北を期に批判を強めた。 、と共に「新YKK」として会合を重ね、テロ特措法の期限切れを目途に倒閣に動き、以外の総裁候補を擁立するという計画が立てられていたとされる が、突然の安倍辞任により、続く党総裁選で新YKKはそのまま支持になだれこんだ。 の政治姿勢には支持を表明した。 2008年、盟友の山崎拓とともに、、と会合を重ね、4名でテレビ出演を行うなど総選挙前後に予想される政界再編を機に政治的影響力の回復を狙っているという推測もなされた(YKKK)。 こうした加藤、山崎の動向に対して、「「昔の名前で出ています」みたいな人たちに勝手なことを言ってほしくない」(衆議院議員の)という批判も聞かれた。 日米同盟についての姿勢 [ ] 1990~1991年の時、で開かれたで「日本人を危険に曝すことはできない」旨を発言し、同席したが聞き咎めて、休憩時間に注意した。 加藤発言を知ったやは日米関係への影響を危惧したが、が休会中であったため騒ぎになるのは免れた。 岡崎は、からの除外や日米中等距離外交を求めることをうかがわせる加藤のその後の発言を含めて、加藤が思考を変えない限り、総理やになれば「国を誤る惧れがある」と批判した。 憲法第9条 [ ] 、山崎と会食した際に「改正に反対か」という問いに対して「うん」と答え、「一言一句もか」との問いには「9条が日本のを守っているんだよ」と返答したという。 また、5月18日付の機関紙『』日曜版に元自民党幹事長ながら寄稿。 の行使容認の方針について「まで行き着きかねない」と反対を訴えた他、慰安婦募集の強制性を認めたの見直しを進めようとしていた安倍を批判した。 民主党政権への苦言 [ ] 2009年11月2日、衆議院で質問に立ち、がの答弁で、のの質問に「あなたがたに言われたくない」と述べたことをたしなめ、鳩山の持論である「」の意味合いを問いただした。 これに対して鳩山は「質問に感謝したい」「ご高説を承った」と答弁した。 また、「の時から後ろでのような拍手。 あれ以来、民主党議員の顔が見えなくなった」と語り、首相や閣僚の答弁の際の民主党議員の拍手や歓声による演出を批判した。 2010年2月8日、衆議院予算委員会で質問に立った際に、鳩山由紀夫の秘書が違反でされたことを取り上げ、過去に加藤の秘書による脱税事件について、鳩山由紀夫が「秘書が罪を犯したら議員辞職をすべき」と発言していたことを上げ、「どうして過去と現在で発言が違うのか。 になったから責任は取らないのか」と追及した。 中国に関する発言 [ ] 10月、で在任中にらの後押しで初めての訪問が行われる。 当時、のを理由として、欧米主要国が中華人民共和国に対するを実施する中、中国側の要望に応じる形での天皇訪中は、国際的な経済制裁解除に大きく資するものであった。 なお、当時の・は後に、この訪中が西側同盟の最も弱い環である日本を利用した結果であることを、回想録の中で認めている。 2月、によるに対する「火器管制レーダー照射問題」において、加藤は「ほんとに中国はやったのかな…?」などと発言。 中国海軍の火器管制レーダー照射を裏付ける、映像や写真などの証拠があるとのの主張に異議を唱えた。 北朝鮮による拉致事件での発言 [ ] 『』によると、北朝鮮を支持の在日コリアン団体の外交部門を担う国際局出身で後に総連のトップになるとは社会党の、自民党の、、と共に日本の政治家の中で特に親しかった。 7月7日、の番組において、「拉致被害者は北朝鮮に戻すべきだった」と発言。 今日の日朝交渉停滞の原因を、当時の福田官房長官案から、途中で安倍官房副長官案に切り替えた日本が彼らを北朝鮮に返さなかったことによるとした。 また、のことを「あの国では、一種、天皇陛下みたいなポジションの人物ですよね」と述べた。 これに対して、拉致被害者家族会(飯塚繁雄代表)と「救う会」(会長:)は、抗議声明を出し、「5人が北朝鮮に戻されていれば『自分の意思で戻った』と言わされたあげく『拉致問題は解決済み』という北朝鮮の主張に利用されたであろうことは少しでも外交感覚のある人には明らかだ」と指摘。 「不見識極まりない発言だ。 加藤氏の精神構造を強く疑わざるを得ない」と批判した。 加藤は、北朝鮮に「日本は約束を破った」という不信感と口実を与えたのが現在の交渉停滞の原因という趣旨の発言であるとして、との対論番組での発言の前後の文脈を自身のHPに掲載することで釈明を行った。 はこの発言に対して「誘拐された子どもが帰って来て、誘拐犯に戻す親がいるのか」と批判した。 また、拉致被害者5人を北朝鮮に返すとする約束も「していない」ことを指摘し、「日本は約束を裏切ったと言うのは、まさに北朝鮮の主張そのものだ」と批判した。 拉致被害者の父にあたる地村保は加藤に対して「貴殿はそれでもかと言いたい」と記した抗議文を加藤に送り、加藤の態度を厳しく糾弾した。 また、拉致問題解決に取り組む約200人の地方議員による「拉致問題を考える草莽全国地方議員の会」は、この一連の言動を強く批判し、加藤の議員辞職を求めている。 歴史観 [ ] 1992年7月、の官房長官として「細部は論じたくないが、(慰安婦側が)強制連行されたと主張するならその通りなのだろう」と日本側の非を認め、「お詫びと反省の気持ち」を表明した。 また、について「物の見方だと思います。 南京大虐殺も(犠牲者は)30万人という人と3000人という人と。 僕はこう思う。 3000人でも一般をしたら、された方は虐殺と思う。 (慰安婦問題も)それに近いんじゃないか。 だからそこをあんまりとやかく、細かく論じたくありませんね」 と語ったとされる。 1994年8月、当時だった加藤は中国人民抗日戦争記念館を訪れ「ここに来るのは長年の願望だった」「来年は終戦から50年。 日本では、どう50年を迎えれば良いか議論しており、が本格的に始まるきっかけとなったを訪れることができたことは意義深い」とした。 また、時代にハーバード大学に留学した際に「蘆溝橋事件が起きるまでの一年」と題した論文で修士号を取得したことを述べ、「亜州歴史的真実只有一個(の歴史の真実はただ一つ)」と記して抗日記念館の館長に献じた。 人物・逸話 [ ]• 2010年8月19日、100年を契機に「支配過程で被害にあったとその子孫たちに対しての十分な賠償を促す」ことを目的とした「韓日過去史の解決と未来に向けた平和議員会議」に民主党の衆議院議員・衆議院議員・衆議院議員・参院議員・参院議員・参院議員、の参院議員、の衆議院議員、社民党党首の参議院議員、無所属の参議院議員らと共に 自民党議員中で唯一の自身の代理人を参加させ、の国会議員らとともに日本による韓国併合の違法性、戦後補償と問題、問題などの解決方法について議論した• 時代、や防衛官僚の報告よりも農水官僚の報告を聞くことを優先しており、として加藤を補佐したは著書『私を通りすぎた政治家たち』で、「加藤防衛庁長官にとっては、国防・安全保障よりも山形の米の問題などが優先順位として高かった」と批判している。 党幹事長時代の、前年のに絡んだ官僚への接待問題やに引き続いて、の最中にあり、旧大蔵省がバッシングの的となっていた。 同年2月4日、『』の番組中「金融と証券はできるだけ自由化して、大蔵省銀行局・国際金融局・証券局をとして分離させ、と一緒にへ持っていく」事を話した。 これをもっては、一連のの始まりだったことを述べている。 自身の著書などで「である」と公言していた国会議員の一人であった。 同様に「2ちゃんねらー」を公言している国会議員には、、がいる。 主な所属していた団体・議員連盟 [ ]• (顧問)• 自民党・漂流漂着物対策特別委員会(委員長)• 議員連盟(会長)• 加工食品を普及推進する議員連盟(会長)• 制度を考える超党派の会(会長)• (会長) 親族・縁戚 [ ]• 精三の二男・五郎は専務取締役建設資材事業本部長、副会長。 祖父・幹雄も卒の、精三の4男・次郎は卒の弁護士。 母の実家は、山形県鶴岡市で機織り工場を経営。 三女のは、で当選し衆議院議員を務める。 著書 [ ] (単著)• 『強いリベラル』 、2007年6月、• 『新しき日本のかたち』 、2005年11月、• 『いま政治は何をすべきか : 新世紀日本の設計図』 、1999年8月、• 『日本の政治 : 現場報告 : 講演と討論』 立法研究会編、、1995年5月、• 『テロルの真犯人』 講談社、2006年12月、 (共著)• 『創造するリベラル』 、2008年11月、との共著、編集 (翻訳)• 『米ソ核軍縮交渉 : 成功への歩み』 著、、1990年3月、 関連文献 [ ]• 『屈託なく生きる』 、講談社、1988年1月、• 『激動のなかを生きる男たち』 、バンガード社、1998年7月、• 『加藤紘一・全人像』 、行研、1992年6月、• 『自民党・ナンバー2の研究』 、講談社、2002年7月、• 『自民党幹事長室の30年』 、、2002年12月、• 『YKK秘録』、講談社、2016年7月、• 『田中角栄とその時代』 、PHP文庫()、2016年。 『自民党という病』、、平凡社新書()、2018年。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• NHK NEWS WEB. 2016年9月10日. 2016年9月10日閲覧。 2016年9月11日 2016年9月12日閲覧。 Kazuhiko Kuze 2016年09月10日. 2016年10月23日閲覧。 公益社団法人日本中国友好協会. 2016年8月3日閲覧。 『政治家人名事典』 [ ] [ ]• 後藤田正晴 1998. 情と理<上>. 講談社. 196• 近藤正高 2016年9月30日. cakes. ピースオブケイク. 2020年1月1日閲覧。 125 - 126• 『自民党という病 』 平凡社新書 p. 307• 2016年9月10日 2016年9月13日閲覧。 田中秀征『自民党本流と保守本流』P94• 2016年9月10日 2016-09-13閲覧。 『産経新聞』. 2014年4月1日 2016年9月13日閲覧。 2016年9月11日 2016年9月12日閲覧。 『』朝刊. 2006年9月5日 [ ]• 全国新聞ネット. 2012年12月17日. の2012年12月20日時点におけるアーカイブ。 MSN産経ニュース. 2013年1月28日• 『』2013年4月18日• 『読売新聞』2013年6月27日• 石塚博久. 2016年9月29日閲覧。 『』夕刊 : p. 『』 2016年9月15日. 2016年9月15日閲覧。 『産経新聞』 2016年9月15日. 2016年9月15日閲覧。 『読売新聞』 2016年9月15日. 2016年9月15日閲覧。 - 2016年10月4日(2016年10月5日閲覧)• 『』6882号、2016年1月20日• 『』 2016年9月11日. 2016年9月13日閲覧。 『産経新聞』. 2008年6月28日. の2009年1月29日時点におけるアーカイブ。 2016年8月13日閲覧。 『』2008年8月11日号 [ ]• 時事通信 2008年1月17日 [ ]• 『産経新聞』2007年9月24日 [ ]• 中野まさし. なかのまさし公式サイト. 2009年8月23日時点のよりアーカイブ。 2016年10月23日閲覧。 【正論】元駐・岡崎久彦「不安な加藤氏の外交的言動 日米同盟弱体化は破局の道」『産経新聞』朝刊1998年7月14日(オピニオン面)。 『産経新聞』 2016年9月15日. 2016年9月15日閲覧。 MSN産経ニュース. 衆議院. 2016年9月15日閲覧。 衆議院. 2016年9月15日閲覧。 『産経新聞』. 2013年2月14日 2016年9月13日閲覧。 コ・ナム 2015年5月23日. 2016年10月23日閲覧。 Yahoo! ニュース. 時事通信 Yahoo Japan. 2008年7月7日. の2008年7月11日時点におけるアーカイブ。 『産経新聞』. 2008年7月9日. の2008年7月10日時点におけるアーカイブ。 『』2008年7月17日• MSN産経ニュース 産経デジタル. 2008年7月11日. の2008年7月13日時点におけるアーカイブ。 niftyニュース. ZAKZAK() NIFTY. 2008年7月11日. の2008年7月11日時点におけるアーカイブ。 「密約外交の代償」(『』1997年4月号掲載)• ZAKZAK. 2014年8月31日 2015年5月4日閲覧。 2016年9月11日 2016年9月12日閲覧。 『』第18巻、第9~10号,新潮社,1999年,63ページ• 『新潮45』第18巻、第9~10号,新潮社,1999年,63ページ 関連項目 [ ]• (加藤の父・精三と灘尾は当選同期である)• 外部リンク [ ]• 公職 先代: 第54代:1991年 - 1992年 次代: 先代: 第43代:1984年 - 1986年 次代: 栗原祐幸 先代: (政務担当) 1978年 - 1980年 次代: 党職 先代: 分裂 初代:2001年 - 2002年 次代: 先代: 第7代:1998年 - 2001年 次代: 分裂 先代: 第36代:1995年 - 1998年 次代: 先代: 第40代:1994年 - 1995年 次代: その他の役職 先代: 会長 第5代:2008年 - 2015年 次代:.

次の