リゼロ ガーフィールド。 【リゼロ】ガーフィールはエミリア陣営の最強キャラ?気になる新キャラを徹底考察!【Re:ゼロから始める異世界生活】

【超おすすめライトノベル】何度死んでも蘇る主人公の物語、Re:ゼロから始まる異世界生活を紹介する【リゼロ】

リゼロ ガーフィールド

全米で大ヒットしたヒューマンメディカルドラマの第3シーズン。 天才的な能力を持つ、自閉症でサヴァン症候群の青年が仲間とともにドクターとして成長していく姿を描く。 (全20話)。 カリフォルニアにある聖ボナベントゥラ病院。 自閉症の若き外科レジデント、ショーンは天才的な記憶力や空間認知能力を持つサヴァン症候群。 他者との交流に問題を抱えつつ、膨大な医学の知識とひらめきで周囲のドクターたち・患者たちから徐々に信頼を得るようになり、医師として成長。 彼を病院に招いたグラスマン院長が病院を去り、後任の院長兼外科部長であるアンドリュースもショーンをかばって職を追われた中、新外科部長リムはレジデントたちにも執刀を任せると宣言。 ショーンらレジデントたちは執刀医になるべくライバル心を燃やしつつも、互いに助け合う…。 1996年にリリースされた日本発のゲームとして、世界規模で人気を博す「バイオハザード」のアニメーション「バイオハザード ディジェネレーション」(2008)の続編。 レオン・S・ケネディを主人公に、内戦の続く東欧の小国での戦いを描く。 監督は「日本沈没」「L change the WorLd」などの特撮監督を務めた神谷誠。 アメリカ合衆国大統領直属のエージェントのレオンは、東スラブ共和国の内戦で、生物兵器「B. 」が使用されているという情報を受けて、一人で潜入を試みる。 しかし、ほどなく東スラブ共和国から手を引くことが決定し、同国からの撤退命令が下る。 だがレオンは「B. 」の脅威によりこれ以上犠牲者を出さないため、撤退せずに単独で同国内での戦闘を継続することにし…。 元ミュージシャンのアオキタクトが、1人で作り上げたデビュー作「ハルヲ」の世界観を継承し、10代の青春と葛藤を描いた長編3DCGアニメーションのSFアクション。 監督は「ハルヲ」のアオキタクト。 文明は発展をとめ、衰退した遠未来の社会。 刑事の父と二人暮らしのヒヨコは、美大を目指す高校生。 亡き母の描いた絵を勝手に処分した父に反発し、家出する。 ヒヨコはそこで、ストリート・チルドレンのリーダー、アキラと出会う。 利権のため、街の美化を名目にスタジアムの取り壊しを図る警察。 メインパフォーマーとして、スタジアムの巨大キャンバスに絵を描くことになったアキラはヒヨコから絵の描き方を学ぶことに。

次の

映画の無料動画で夢心地

リゼロ ガーフィールド

もし死に戻りを打ち明けず大人になったらという話。 夕日のシーンは凄く書きたかったww 3時間で書いたので、誤字脱字注意です。 そこで、アンケート結果が圧倒的な傲慢再録と出まして、このまま新作をあげても意味がないと判断し、急遽お蔵入りとしてマイピクに入れていました。 ボツ作品となったので、暇つぶし程度に読んでいただけら幸いです。 オフ本向けに書いたので、かなり長編になる予定でしたw ボツなので残すのは気が引けるので、突然消すかもしれません。 その時はすみません。 結果は出ているので、需要の程度を見る感じです。 やはりマイナージャンルなので、出すのは渋っていまして。 まだ様子見状態です。 三時間クオリティなので誤字脱字はあると思います。 また時間がありましたら徐々に直そうと思います^^• もしあの日、あの場所に戻れたら、自分を変えることが出来ただろうか。 狭い空間に身を落として、世界と遮断していたあの時間。 目を塞ぎ、口を閉じ、そしてただ痛みの苦しみに甘えて生きていた。 あの過去があるから今がある。 そしてあの過去を変えることが出来なかったら、 今の自分がいるのだ。 白い雲と色とりどりの鳥が美しく彩っている。 頬に感じる少し暖かい風は心地よく、このまま昼寝をしたくなるほど穏やかだ。 夏も終わりに近い、少し秋の匂いを感じつつ、ユリウスは空の美しさに微笑んだ。 慣れ親しんだ白い服と腰にさした剣は、すっかり板についている。 長年連れ添っている剣に腕を置いて、ユリウスは息を吸った。 騎士と言う肩書で生きている自分は、剣を持っていないと落ち着かない。 この頃、めっきり使う機会は無くなったが、それでも一日たりとも手放すことは出来ない。 今日も平和だったと改めて感じ、ユリウスは服の裾を直し、踵を返した。 今日の仕事も終え、自由な時間が手に入った。 少し早めに帰れることになり、心なしか気持ちが浮きたっている。 「ユリウス様、今日はもうお帰りで?」 メイドの一人が話しかけてきた。 ユリウスは優しく微笑みながら答えた。 「この後、寄る処があるからね、先に上がらせてもらうよ」 「またあの場所にですか?この街に来てから毎日のように向かわれていますね」 メイドは少し苦笑いをして言った。 メイドの鋭い言葉に、ユリウスは少し眉をさげた。 「えぇ、なかなかしぶとくてね」 「きっと今回は大丈夫ですよ。 我々も応援しております」 「ありがとう。 でもこればかりは相手次第だからね」 そう言ってユリウスは軽く手を振って、メイドと別れた。 あの同情するような目はなんとも気まずい。 ユリウス自身それほど気にしていないが、周りから見たら哀れに映っているのだろう。 隠しているつもりはないが、こうも周知に知られると居たたまれない。 ユリウスは早々に屋敷を出た。 外はやはり快晴で天気がいい。 例の場所に行く前に、ユリウスは街に下り、買い物に向かった。 人を訪ねるに手土産は必要だ、それ相応の礼儀をもって接しなくてはあそこのメイドに追い出されてしまう。 自分のテリトリーじゃない場所に行くには、なかなか勇気がいる。 ユリウスは青い空を見て息をついた。 何処か遠くに感じるこの景色が、やけに胸を締め付けた。 一度、奇襲を受けて焼け落ちたと聞いていたが、今はその痕跡は一つも見当たらない。 新しく立て直し、今ではすっかりこの街に馴染んでいた。 「すみません」 一声かければ、直ぐに誰かが駆け足でやってきた。 ドアを開けたのはラムと言う少女だ。 ユリウスの顔を見て、あのメイドと同じような同情の顔をされた。 「あら、また来たの。 あなたも懲りないわね」 「スバルはいるかな?」 「第一声がそれ?もっと代り映えのある言葉を言って欲しいわ。 残念ながらバルスは留守よ。 ベアトリス様と街に買い物に行っているわ」 「そうか…入れ違いになったか」 「どうせ来るまで待っているんでしょ?中に入って待ってるといいわ」 そう言ってラムはすんなりとユリウスを通した。 このラムと言う少女は冷たい言動をするが、意外と面倒見がいい。 ユリウスが何度も訪ねてくることに嫌な顔もせずに、こうやっておもてなしをするのだ。 「その花、バルスにでしょ?私が預かっておくわ」 「ありがとう」 「あんな男に花なんて渡しても意味がないのに馬鹿ね。 廊下の隅に飾られるだけよ」 「それでもなんとなく持っていきたいと思ってね」 「今度からケーキにしてちょうだい。 どうせ受け取らないし、ケーキのほうがみんなで食べれるわ」 「分かった、そうしよう」 ラムはユリウスを客間に通し、花を持って部屋を出て行ってしまった。 ユリウスは一人部屋に残され、大人しくソファーに座った。 流石、客室といった処だろう。 家具も高価で、椅子もかなり座り心地もいい。 何度もここに通され待つことが多いが、いつ見ても綺麗にされ埃一つない。 きっとここのメイドの働きがいいからだろう。 ふと視線を窓の外に向けると、数人騒いでいるのが見えた。 目を凝らしてよく見てみると、ミミとガーフィールドとその姉だった。 ミミは数年前に団長から離れ、この屋敷にやってきた。 ガーフィールドと一緒になりたいと言って、突然出て行ったのだ。 まんざらでもないガーフィールドはそれを受け入れ、数年後にはそのまま結婚式が上げられた。 久しぶりに見たミミは幸せそうで、笑顔が輝いていた。 「まだまだ子供だな」 夫婦になったというのに、二人は姉を巻き込んでバカ騒ぎをしている。 訓練の一環だろうが、遊んでいるようにしか見えなかった。 外は騒がしいのに屋敷の中はとても静かだった。 いつもだったら、スバルが騒がしく部屋に入り、嫌味の一つを言ってくるのに、今はそれがない。 ユリウスは退屈だなと思い、席を立った。 暇つぶしに客間をうろつく。 部屋には写真が数枚飾られていた。 ロズワール邸の集合写真はいつ見ても幸せそうで、ユリウスは思わず笑みがこぼれた。 中心に座っているスバルは口を大きく開けて笑い、その周りを囲むように誰もが笑顔になっていた。 とてもいい写真だとユリウスは純粋に思った。 以前はこの写真だけが飾られていたが、今では別の写真も加わっている。 その写真を見て、ユリウスは目を細めた。 「失礼します」 一枚の写真を見ていると、誰かが部屋に入ってきた。 ユリウスは写真を置いて、ドアに視線を向けた。 部屋に入ってきたのはラムではなく、このロズワール邸の参謀のオットーだった。 「なんだ、ユリウスさんでしたか」 オットーはユリウスを見て直ぐに嫌そうな顔をした。 ユリウスも軽く頭をさげた。 「ラムさんに客がいるからおもてなししろって言われたのに、ユリウスさんなら気を使う必要もなかったですね」 オットーは帽子を取って髪を直した。 以前は緑の服を着ていたが、今は大人しめの黒い服を着ていた。 落ち着いた雰囲気がして、少し顔つきも凛々しくなっている。 「で、何しに来たんですか?…まぁ予想はついてますが」 オットーにあなたもバカですねと言われた気がした。 「いい加減諦めたらどうですか?僕なんてとっくにお手上げ状態です。 あのレムさんでさえ、側に居れば十分だと言ったんですよ。 いや、彼女は元々そういうタイプですけど」 「なかなか諦めきれなくてね」 「あれから一体何年経ったと思うんですか。 もう…10年かな。 長いような短いような…。 いや…あっという間だったかな」 そう言ってオットーは近くにあった、ティーセットを机に置いた。 ユリウスにどうぞと席をすすめ、ユリウスは大人しく座った。 オットーはユリウスの前に紅茶を置き、呆れたようにため息をついた。 「本当にあなたは諦めの悪い人だ」 「そういう性格なんだ」 「だとしてもそろそろ諦めてもいいでしょう。 ここ最近毎日のように来てますよ」 「うーん。 この街の勤務になったからね、毎日スバルに会えると思うとつい来てしまうんだ」 「はぁ、あなたもあの人の犠牲者ですか」 そう言ってオットーはクッキーもどうぞっとユリウスに差し出した。 ユリウスはやんわりと断った。 「まぁ…諦めきれない気持ちは分かります。 僕だって、何度も言ったんですけどね。 どうしてもダメだった。 僕はナツキさんの為だけにこの屋敷に来て、ナツキさんの為だけに体を張ってきました。 はっきり言って、あの人以上の人間はこの世界に存在しないと思っています」 だからでしょうか、とオットーは少し影を落とした。 「僕なんかが一人占めしていい存在ではないと、この頃思うようになりました。 あの人は何処か別の世界を見ている。 俺たちが知らない何かを抱えている…そんな気がするんです。 きっとそれは聞いても、一生教えてくれないと思うんです」 「死に戻りの件か?」 死に戻り、それはこの世界の脅威が全て無くなり、平和になった日、初めてスバルから打ち明けられた秘密だった。 まるで明日の天気を言うかのように、スバルは緊張感なく言った。 だが、それだけだった。 死に戻りしていたんだ、と言っただけで、それ以上スバルは詳しいことを言わなかった。 「あれも、結局うやみやになりましたね。 王選も終わり、魔女教の壊滅、そしてこの世界の謎を解き明かされたのに、ナツキさんのことは結局何一つ分からなかった。 本当に死に戻りをしていたのかさえ、分からない。 証拠もないし、それ以前にナツキさんは教えてくれない」 「確かにそうだな。 未だにそれは信じられない。 私達では分かり兼ねることだ。 本当に死んで世界を改変していたなんて、不可能に近い」 「もし本当にそうなら、世界の英雄になりますよ。 歴史に名が残るほどの功績です。 でも結局ナツキさんは何も打ち明けなかった。 王選が終わり、ナツキさんに騎士勲章まで頂いたのに、彼は辞退してしまいました。 本当に勿体ないことをしましたよ」 オットーは紅茶を一口飲んでため息をついた。 「あれから8年。 ナツキさんは普段と変わりなく生活していますが、時々、何処か遠くを見ていることが多くなりました。 それはユリウスさんも気づいているでしょう?」 「勿論だ。 だからこうやって急いでいる」 「なるほど、少し納得しました。 だからユリウスさんはこうやって会いに来るわけですか」 オットーは少し嬉しそうに微笑んだ。 「あの人は、愛をささやくのに、愛を受け入れない。 一方的に愛を差し出し、満足しているんです。 人の好意を素直に受け取らず、嫌がりさえもする。 これほどまでに愛されているのに、彼は認めず一人で世界を見ている。 僕はナツキさんを見ていると、そう感じられずにはいられない」 ユリウスはオットーの言葉に同意して頷いた。 王選が終わり、早8年が経とうとしていた。 世界は平和になり、戦争なんて言葉は今ではなくなった。 誰もが笑顔で世界を生きている、魔女教との戦いも色あせて、今ではエミリアという王の元、世界が回ろうとしている。 「君はこれからどうするんだ?」 ユリウスの言葉にオットーは肩をあげた。 「僕はこれまで通りナツキさんについていくだけです。 僕はユリウスさんと違って、側で彼の生き様を見て、そして自分 もそれに着いていくことで満足しているんです。 ユリウスさんのように無理やり彼を束縛しようとはしませんよ」 「棘のある言い方だな。 私のやっていることは、君にとって不服なようだ」 「まぁ、いい気分ではないですね。 もしスバルさんが受け入れたら、それはそれで納得しますが、やはりスバルさんはみんなの物なので、このままでいて欲しいと言うのが本音です」 「そうか、だがすまないが、私は彼が欲しい」 オットーはため息をついた。 「だから僕はあなたが苦手なんですよ。 本当に往生際が悪いですね」 「昔から負けず嫌いでね」 「ラインハルトさんなんてさっさと手を引きましたよ。 もう令嬢との結婚話まで受け入れています。 ユリウスさんも本当は周りが煩いんじゃないですか?」 「私はスバルのお陰でこの場所に立っている。 養子だった私が、こうやって前を見て一人で立って歩けるようになったのは彼のお陰だ。 それに家を継ぐのは私ではない。 私は早々に断った。 大切な人がいるからと」 「本当にそんなこと言ったんですか?いやだな~、この人、だから嫌いなんですよ。 全く諦める気ないじゃないですか、いい加減に諦めて下さいよ。 レムさんもそろそろ怒りが爆発しますよ」 「スバルはみんなの物だから?」 「そうです」 ユリウスは苦笑いをして紅茶を一口飲んだ。 庭ではまだミミとガーフィールが騒がしく遊んでいる。 本当にスバルがいないだけでこの屋敷の中は静かだ。 「君は、スバルが別の世界を見ていると言ったね」 「えぇ、この頃はその頻度が上がっていますね」 「嫌な予感はしないか?」 「勿論」 「何か手を打ったりは?」 「話は聞こうとしました。 でも駄目でしたね。 8年ですよ?いや、スバルさんと出会ってから、彼はずっと秘密を隠し続けた。 いまさら打ち明けるわけないですよ」 「私は思うんだ…」 ユリウスは窓の外を見た。 日は傾き、もうすぐに夕暮れになろうとしていた。 「彼は…いつか全てを捨てて、消えてしまうのではないかと……時々そう思う…」 「…………」 オットーは答えなかった。 だがその顔は肯定を表していた。 スバルが好きな人間なら、うすうす気づいている不安。 彼はいつも秘密を抱えている。 一方的な愛を押し付けてくるのに、自分のことは無頓着だ。 彼は全てを諦めている節さえある。 「だから…。 私は彼を繋ぎとめたいと思う」 「…………。 それが出来たら世話はないですよ」 「そうだな…」 オットーは無言で紅茶を飲んだ。 その手は震えていた。 オットーも不安なのだ。 嫌味を言っているが、どうにもできない自分に腹を立てている。 そんなオットーの気持ちを気づきつつ、ユリウスはどこまでも続く空を見ながらスバルのことを思った。 二人はそれ以上会話をしなかった。 黙って、それぞれが抱える不安を胸に、ただどうすることも出来ない自分に嫌気がさした。 鳥たちが森に帰ろうと空を飛び、雲も赤い夕陽に吸い込まれようとしている。 うろこ雲はまるで海のように見えた。 夕日に吸い込まれそうな空は、徐々に赤みを増している。 そしてその背後は既に夜の顔を出していた。 ユリウスは赤い夕暮れの下、ロズワール邸の裏庭をゆっくりと歩いていた。 腰にさした剣は揺れ、足音より目立っていた。 赤い夕陽に目を凝らすと、一人のシルエットが見えた。 城壁の名残だろうか、今は原型が殆ど残っていないが、その壊れた石の城壁に一人の男が座っていた。 赤い夕陽を見て、ぼんやりとしている。 男から見える景色はこの街が一望できる場所だった。 ユリウスは、夕日に沈む町を見ているスバルに声をかけた。 「スバル、ここに居たのか」 スバルは振り返らなかった。 声を掛ける前から、足音でユリウスだと気づいていたはずだ。 スバルは夕陽を見ながら言った。 「お前も懲りないな…馬鹿だろ」 「馬鹿を承知で君に会いに来た」 「呆れを通りすぎて哀れに感じるね」 スバルは胡坐をかいて肘をついていた。 赤く染まる街はとてもきれいだった。 戦争と無縁になったこの世界にとって、この景色は平和そのものだった。 「綺麗だな」 ユリウスはスバルの隣に立った。 スバルは答えずただぼーっと街を見ていた。 「…………」 沈黙が続く。 知り合いのユリウスが来ているのに、スバルは遠い眼をしている。 この街を見ているようで、別のことを考えている。 スバルの意識がこっちに向いていないことに、ユリウスは歯がゆさを感じた。 オットーは言った、彼は別の世界を見ていると。 今まさに彼は別の世界を見ている。 ユリウスもオットーもレムも、そしてエミリアも知らない世界を彼は見ている。 きっとこの世界で、彼の見ている景色を理解できる者は一人もいないだろう。 彼はこれだけ愛されているのに、いつも一人だ。 「夏も終わりだな…」 「そうだな…」 そう言ってスバルは目を細めた。 スバルの髪は昔に比べて少し伸びている。 前髪を上げているのは変わりないが、その髪は少し耳にかけていた。 だからだろうか、髪が風に揺れてとても綺麗だった。 スバルの髪は、この世界では見られない黒髪をしている。 初めて見た時は驚いたが、目に強く焼き付いた。 漆黒の髪は、とても妖艶に見える。 その髪がとても美しく、ユリウスはそっとその髪に手を伸ばした。 そしてさらりと黒髪を解いた。 突然髪を触られてもスバルは驚かず、ゆっくりとユリウスを見た。 すると髪と同じ黒い瞳がこっちを見た。 ユリウスはまた心が捕まれる気がした。 「なんだよ」 「いや…綺麗だなと思って」 「男の髪を触っても気持ち悪いだけだろ、女の髪でも触っとけ」 「いや、スバルの髪はとても美しい」 「……本当にお前は馬鹿だな」 スバルはそう言って目を逸らしてしまった。 ユリウスは残念に思いながらも、夕日に沈む街を一緒に見た。 「スバル、何を考えてるんだ」 「…………」 「君はいつも別の世界を見ている」 「気のせいだ、今は夕飯は何か考えてるだけだ」 「そうは見えないけどね」 「………」 スバルはいつもポーカーフェイスを決めている。 彼は感情的に見えるが、実際は肝心なことを表に出さない。 常に心に隠し、冷静に物事を見ている。 笑って怒って泣いて、いつも落ち着かない。 だが、もしそれが演技だったら?本当の彼はもっと別の感情を抱えているのでは? 決してそれは知ることが出来ない領域。 彼の心に触れることも出来ず、彼の辛さを半分肩代わりすることも出来ない。 そんなことは、嫌だ。 「スバル、私と結婚して欲しい」 「……またかよ。 お前、どんどんプロポーズが雑になってないか?」 「花束は持ってきたんだが、廊下に飾られてしまった」 「はは、ラムだろ?俺が困ってるのを知ってんだよ。 お前もいい加減諦めろ」 「諦めきれないから、こうやって何度も足を運んでいる」 スバルのことが大切だと思う。 そしてスバルのことを側で支えたいとも思っている。 初めて彼に出会った時からひかれていた。 そして色んな苦難を乗り越え、その気持ちは揺るがないものになった。 「私は君以上に心が惹かれる人間はいない。 そして君以上に私を理解してくれる人間もいない」 「それは勘違いだろ。 この世界は広いんだ。 男なんて選ぶお前がおかしい」 「私はスバルと生きたい。 君の側で歩いていきたいんだ」 「それだけなら結婚なんてしなくてもいいだろ。 」 それはオットーのことを言ってるのだろうか。 確かにオットーのように側にいるだけで満足する方法もある。 だがそれだけでは足りないのだ。 反発したこともあった、お互い命を懸けて戦ったこともあった、喧嘩して仲たがいしたこともある。 すべての思い出がユリウスにとって大切な物で、ユリウスの人生を変えてくれた転機でもある。 スバルの為に生きたい。 スバルの支えになりたい。 そして 「私はスバルの全てが欲しんだ」 ユリウスの告白にスバルは動揺しなかった。 ポーカーフェイスのまま町を見ていた。 「スバル、何が駄目なんだ。 私は君に好きな人がいたら諦めようと思っていた。 エミリア様のことを君はこの世界で一番愛していた。 だから諦めようとも思った。 でも…」 ユリウスはスバルを見た。 「エミリア様は既に結婚してしまった。 もう6年も前にだ。 子供だっている」 「………あぁ、知ってるよ。 王都で幸せに暮らしている」 「私はてっきり君は反対すると思っていた。 あれだけ愛していたのだから、駆け落ちでもするのかと」 「なんでそんなことするんだよ。 エミリアは王になったんだ。 それ相応の人と結婚するのが筋だろ。 俺みたいな素性の知らない男なんて、国が認めないよ」 「だが、エミリア様は君を愛していた。 いかようにもなったんじゃないか」 「さぁ…どうだろうな」 「君は、もともとエミリア様と一緒になる気はなかったんだろ?」 「…………」 「君には愛を一方的に渡すだけで満足している。 相手の愛を受け入れようとしない。 いつだって誰かの為だ。 自分の為に生きようとしない」 「…………」 「なら、それを私が貰ってもいいじゃないか?私はスバルが欲しい」 スバルはやっとユリウスの言葉に顔を向けた。 その眼は真っ黒で、やはり感情を表に出していなかった。 いつからだろうか、始めた会った時はまだその瞳に感情を映していた。 だが、時を重ねるごとに彼の目から感情が消えて行った。 スバルがこうなったのは、死に戻りのせいではないかと思いもした。 だが死に戻りがどんなものか、ユリウスには到底理解できない。 死んで世界を改変していた、とスバルの口から言われただけで、それ以上、彼は語らなかった。 嫉妬の魔女で解放されたと言っていたが、未だに囚われているように感じる。 「スバル、君はそろそろ自分の為に生きた方がいい。 周りは幸せになっているのに、君だけが取り残されている気がする」 「そうでもないさ、俺は幸せだ。 こうやって平和に過ごしてる」 ユリウスは顔を振った。 「嘘だ。 君はもう決めているはずだ。 全てを捨てて、この町から出る気なんだろ?」 「…………」 「なんとなく君を見ていると分かる。 一人になりたいといった顔だ」 「…………だから俺はお前が苦手なんだよ」 スバルはため息をついた。 「昔からお前にだけは直ぐにバレる。 カッコ悪い姿を見られた時から、嫌な予感はしてたんだ」 そう言ってスバルは立ち上がった。 壊れた城壁はユリウスの腰の高さまでしかない。 スバルは軽々と城壁から降りた。 もう空はすっかり暗くなっていた。 空には星が見え始め、丸い月が浮かんでいた。 スバルはその空を見て腰を伸ばした。 そして軽く息をついて、ユリウスに顔を向けた。 「ユリウス…お前がこうやって俺にプロポーズし始めたのはいつからだっけ」 「エミリア様が結婚した時からだ。 君が誰の物にもならないのなら、私が欲しかった」 「こんな不良品が欲しいって馬鹿だろ。 男だし、金も地位も碌なのもってねぇぞ」 「それでも私は君が欲しい」 スバルは軽く苦笑いをした。 軽く服の汚れを落とし、そして空を見上げた。 「ユリウス、お前…あの星の名前を知っているか?」 ユリウスはスバルの指さす方を見た。 そこには一際は輝く星があった。 ユリウスは星の名前を言う前に、スバルは答えた。 「一応、俺はこの世界の星を全部覚えたんだ。 星を見るのは好きだからな」 「そうか」 「文字も覚えた、この世界の食べ物の名前も、歴史も風習も、伝統とかも全部覚えた」 「スバルは…確か東の国から来たと言っていたな。 この国に慣れるのは大変だっただろう」 するとスバルは振り返った。 「そうでもないさ。 俺は初めてこの世界に来て、心から助かったと思ったんだ。 救われたとさえ思った。 でもな、年を重ねるごとに、それは後悔へと変わっていった」 スバルは遠い目をしていった。 「俺は…星が見たいよ。 自分の名前がついた星も、そしてお前の名前がついている星も」 「それは故郷に戻りたいと言う事か?なら私が連れて行こう。 何年かかってでも君を連れて行く」 そう言ってユリウスはスバルの元に足を進める。 だが、スバルは顔を振った。 「別に戻りたいわけじゃないさ、俺はもともと帰ろうと努力したことも、あがいたこともないんだ。 逃げたんだよあの世界から、だからむしろ戻されたら困る。 あの世界は俺にとって地獄だった」 初めてスバルの本心を話してくれている。 これほど自分のことを話すスバルは初めてだった。 スバルは目を細めてユリウスを見つめた。 「あの頃の自分は世界を憎んで、早く誰かが連れ出してくれることを祈っていた。 だからこの世界に来たときは安心したんだ」 だけど 「やっぱりどうやら駄目だったようだ。 あの時の自分が、後悔としてのしかかっている。 あの時置いてきた自分が、今の自分を恨めしそうに見てくるんだ。 俺はこの過去を一生消すことは出来ない」 結局、逃げたって無駄だった。 「俺は…この世界で暮らしていくにつれて、違和感を強く感じるようになった。 俺はこの世界の住人ではないってことを、嫌というほど感じるんだ」 「スバル、もっと詳しく教えてくれ、私には君の言っていることが半分も分からない」 するとスバルは悲しそうに微笑んだ。 「だろ?そう言うもんだ。 過去の自分と同じように、俺はこの世界に取り残されてるんだよ。 きっと誰かと一緒になっても、この違和感は消えない。 ましてや、俺は人とは違う道を歩いてきたんだ。 どんなことをしても俺を理解する人間なんていない」 ユリウスは慌てて顔を振った。 そしてスバルの手を掴んだ。 「何故そう言いきれんだ。 話せばきっと分かるはずだ。 私に君の全てを話して欲しい。 君のことをもっと理解したいんだ」 「……無理だよ」 そう言ってスバルはユリウスの手を払った。 「俺の中に二つの足枷がついている。 一つは過去の自分。 そしてもう一つは死に戻りの記憶」 スバルはユリウスの髪を解くように触った。 「お前がこの二つを理解できるとは到底思わない」 それはスバルからの明確な拒絶だった。 ユリウスは一瞬頭が真っ白になった。 何度もスバルに告白してきたが、ここまではっきりと断られたことはなかった。 今まで、冗談だろと流され、他の女に言ってやれと苦笑いされただけだった。 だが、今初めて拒絶された。 お前には絶対に無理だと。 お前には不可能だと突き飛ばされたのだ。 心が悲鳴を上げているのをユリウスは感じた。 振られたことがショックだったのではない、彼は全てを諦めていることにショックだった。 彼は幸せになる気などなかった。 愛を一方的に捧げて、誰の愛を受け入れず人生を終えようとしている。 世界を捨ててきた?過去の後悔?何を言っているのかユリウスには理解できない。 ただ分かるのは、スバルを理解して支える人は、この世界には居ないと言う事だ。 「ユリウス、お前の言う通り、俺はこの街を出て行く」 「なぜ…?」 「もっと広い世界を見て行こうと思う。 俺はずっと部屋の中に閉じこもって、痛みと苦しみの中生きてきたんだ。 だから残りの人生は、広い世界を見ていきたい」 「それは…全てを捨てるということか?」 「捨てる…とは言えないな。 ……なにせ俺は元々この世界の人間じゃないんだ」 「……私も連れて行って欲しい」 「連れて行けるか、お前は騎士の仕事しっかりしとけ、家族に迷惑をかけるな」 ユリウスはギュッとスバルの手を取り、その手を頬にあてた。 スバルの手は冷たかった スバルは旅に出ると言っているが、無事に帰ってくるとは思えなかった。 まるでこの冷たい手のように、死に場所を探しに行くように見えた。 「もし、私が君の二つの足枷を理解したら…、私の側にいてくれるか?」 「そうだな…。 そうなったら降参して、お前と一生側にいてやるよ、そして一緒に生きてやる。 嫌っていうほど離れねぇよ。 でもそれは…」 無理だけどな そう言ってスバルはユリウスから一歩距離を置いた。 手はほどかれ、ユリウスは名残惜しそうに手を伸ばした。 だが、スバルは離れていく。 一歩一歩距離を取って。 「ユリウス…、俺はお前のことは嫌いじゃない。 諦めの悪いところも気に入ってる。 でもそろそろ自分の幸せを考えろ。 俺は誰かと一緒になる気はない。 正直な話、エミリアとも一緒になる気はなかった。 俺に子供が出来ると思うと、気持ち悪くて仕方がない。 変な遺伝子が後世に残す気はねぇよ」 「スバル…」 「明日この街を出て行く。 お前も俺のことは忘れて幸せになれ」 そう言ってスバルは背を向けた。 ユリウスはスバルの名を呼んだ。 だがスバルは一度も振り返らなかった。 「スバル…」 スバルの背はどんどん小さくなる、そして最後は見えなくなった。 ユリウスはそのままずるずるとしゃがみこんだ。 背には壊れた城壁が当たった。 体重をかけ、空を見上げた。 「…………」 星が見える。 月も見える。 でも今はその輝きより、胸の中の悲しみで一杯だった。 彼の言う通りだった。 初めてスバルが心内を話してくれたが、何一つ理解できなかった。 彼は本当に手の届かない場所にいる。 きっと話を聞いても理解できない。 それほど深く理解しがたい闇を抱えている。 偉そうに打ち明けろと言ったのに、いざとなったら何も言えず、何の行動も移せず、そのまま彼を行かせてしまった。 もし明日彼を旅に行かせたら、彼は一生帰ってくることはないだろう。 それだけははっきりと分かるのが、情けなく感じた。 旅に出ればオットーたちが悲しむことは、スバルは理解しているはずだ。 それでも行くと言うのなら、彼の中では自分の価値などどうでもいいと思っているのだ。 ユリウスはどうすればいいのか頭を抱えた。 過去の行いは、のちに後悔となって戻ってくるのは、よくわかる。 その後悔を取り除けば、彼を引き止めることが出来るはずだが、それは叶わない。 話を聞いて理解できるほど簡単なものではないからだ。 一度、彼の住んでいた東の国について調べた。 だが、詳しいことは分からなかった。 そこに行けば、スバルのことが分かるかと思ったが。 行くには遠すぎて断念した。 でもあの時、無理にでも行くべきだった、彼のことを想うのなら、彼の故郷について知るべきだった。 ユリウスは後悔の念を抱え、唇を噛んだ。 このままオットーと同じように諦めてしまおうか、と思いもする。 だが彼以上の人がこの世界にいるとは到底思えない。 そして何より彼の存在に心を奪われ、それは止まることを知らない。 スバルのことを諦めきれたらどんなにいいか。 それが出来ないからこそ苦しい。 「私は…スバルのことが知りたいよ」 何度も願った。 プロポーズするたびに、彼のことを一つでも理解しようとした。 でも一つも分からない。 分からず、ここまでずるずる来てしまった。 ユリウスは空を見上げながら立ち上がった。 そして一際輝く星を見た。 スバルがさっき名前を聞いた星だった。 確かとても長い名前だった気がする。 以前、スバルと星を見ながら教えてくれた。 星に興味がなく、忘れてしまったが、その時のスバルの横顔がとても楽しそうだった。 もし、スバルの見たい星があるのなら、どんなことをしてでも見せてあげたい。 スバルが望むことならどんなことでも叶えてあげたい。 そうユリウスは星を見て思った。 「スバル…私は君を愛しているんだ」 パシャ ユリウスは瞬きをした。 そして、ゆっくりと目を瞑り、スバルのことを想いながら、ただただ星に願った。 パシャ 音が聞こえた。 聞きなれない音だった。 さっきまで静かだったのに、急に騒がしくなった。 さらに異質な臭いまでする。 ユリウスはハッと目を開けた。 「…………?」 目を開けると、夜の景色がみえた。 それはそうだ、なにせさっき夜になったばかりだからだ。 だがおかしい。 夜なのは間違いないが、目の前の景色が、全く見覚えのないものだった。 さっきまで広がった空は突然狭くなり、変な臭いと、そして草木もない石で覆われた建物が見えた。 さらに夜なのに、火を焚いているかのように明るい。 ユリウスは思わず目を擦った。 そしてもう一度今立っている場所を見た。 すると、急に目の前に、鉄の塊が通り過ぎて行った。 パッパー 甲高い音を鳴らされ、慌ててユリウスは後ろに下がった。 頭の中がパニックになっている。 さっきまで草花に囲まれ、穏やかな街があったはずだ。 だが今ここにあるのは、石の塊が立ち並び、長い棒と線が空を覆い、さらに鉄の塊が動いている。 どういうことだと、ユリウスは剣に手を伸ばした。 何かの幻術かと思った。 だが臭いも世界もリアルだ。 術をかけられたとは到底思えない。 ユリウスはどう行動すればいいのか分からず動けなくなった。 それでも前を鉄の塊がものすごいスピードで走ってくる。 地竜なんかより早いかもしれない。 こんなものに当たったら間違いなく死ぬだろう。 微精霊はいつの間にかいなくなり魔法も使えない、ユリウスは身の危険を感じ、どんどん後ろに下がっていく。 冷静になれと言い聞かせても、正気を保つ方が難しい。 ドンッ! 「いって…!」 後ろに下がりすぎたせいで、誰かとぶつかった。 ユリウスは慌てて振り返り謝った。 「すまない、よそ見をしていた」 ユリウスは直ぐに頭をさげた。 すると視界に見覚えのあるズボンが見えた。 このダルっとした服はスバルの戦闘服だった物だ。 今はボロボロになって捨てられたはずだ。 なぜこの人物が着ているのだと、ユリウスは顔を上げた。 「…………ッ!」 そこにいたのは目つきの悪い青年。 いや、ナツキスバルが立っていた。 「スバル!!」 思わずユリウスは叫んだ。 心なしかさっき会った時より若く見える。 スバルは怪訝そうに顔をしかめた。 「…………」 スバルはユリウスの格好を下から上と見て、それ以上何も言わない。 スバルはあの戦闘服を着て、さらに手には白い袋を持っていた。 いつ着替えたんだと思ったが、ユリウスはこれ幸いと、直ぐにスバルに聞いた。 「スバル、ここは何処だ?さっきまで丘の上にいたはずだ。 なのに、急にこんな場所に連れてこられて…、幻術には思えない。 一体どうなってるんだ」 「あー」 ユリウスの言葉に、スバルは眉間に皺を寄せた。 そして気まずそうに言った。 「お兄さん、劇団の方っすか?それともただのコスプレか知らないけど、俺急いでるんで…すみません」 そう言ってスバルはユリウスの横を通りすぎようとした。 だがユリウスは慌ててスバルの肩を掴んで引き止めた。 スバルの目が一瞬怯えたのが見えた。 「スバル何を言っているんだ。 この場所を知っているなら教えてくれ!私にはさっぱり分からない。 微精霊たちもいないようだ。 何故こんなことに…」 「えーっと…」 スバルは声を震わせて視線を泳がせた。 そしてあっと言ってポンと手を叩いた。 「分かった!お兄さんの設定はあれですか」 スバルはユリウスを指さして言った。 「異世界召還ってやつか!なるほどね!」 と、スバルはまだあどけない顔をして笑った。 その笑顔は引きつっていたが、間違いなくスバルだった。 「い…異世界召還…?」 ユリウスは聞きなれない言葉に、ポカーンと口を開けるしかなかった。 スバルのことを理解したいと思った。 彼の二つの足枷を取り除きたいとも思った。 それを叶うことが出来るのなら、なんだってしたいとも思った。 でも、スバルの抱えていたものが、どれほどのものなのか知らなかった。 だから、きっとこれは、最初で最後のチャンスなのだ。

次の

アニメからゲームオリジナルまでスキンのおすすめ配布サイト紹介【マインクラフト】

リゼロ ガーフィールド

見ただけで364種類はありますよ! ゲームのキャラクターのスキンがいいなと思っている方は探してみましょう。 Minecraft skins アニメやゲーム、オリジナルのスキンなどがあります。 「littleMaidMob」と呼ばれるメイドさんを雇えるmodのスキン、モブ用のスキンなども! 2012年に大量に投稿されているのでそのころのアニメキャラクターのスキンなどが見つかるかも? peerth. com ボーカロイド・涼宮ハルヒの憂鬱・ガンダム・エヴァンゲリオンなどのスキンがあります。 スキン配布サイトというよりスキン配布記事がありましたね。 MINECRAFT SKIN 東方系のスキンが豊富なサイトです。 namemc. com 海外のスキン配布サイトのようです。 二次配布なのか自作スキンを配布しているのかよくわからないサイト ケメジホ日記。 FEZというネットゲームのスキンが大量にありました。 クリーパーになりたい人用 クリーパーに関するスキンがすごい豊富にあるサイトです。 クリーパー大好きならぜひ 艦これスキンをお探しなら 艦これ関連のスキンを配布しているサイトです。 ニコニコ静画にもスキンがあるみたいなのでそちらも見てみるといいのが見つかりそうですね! ニコニコ静画 スキンの配布サイトの記事を作成していたら見つけてしまいました。 ニコニコ静画で「スキン」を検索すると7500件近くあるんですね。 すべてがマインクラフトのスキンではないと思いますけどすごい豊富なので探してみると良さそうですよ マイクラモール スキンの数は少ないですが、マインクラフトのメディアを運営しつつスキンの配布までしているサイトです。 「スキン」配布サイトまとめ スキンの配布サイトを見ていきました! 個人的には最初に紹介したサイトがアニメ系が多くておすすめです。 ありがとうございました!.

次の