ステイ アット ホーム 意味。 【英語】Stay home.(ステイホーム)とStay at home.(ステイアットホ

Stay home(ステイホーム)Stay at home(ステイ・アット・ホーム)「家にいなさい」!

ステイ アット ホーム 意味

スポンサーリンク 新型コロナウイルスの感染拡大予防策として、東京都の小池知事が「世界の共通のキーワードは『ステイ・アット・ホーム』」と会見で話していましたね。 また、海外のリーグで活躍する日本人サッカー選手たちが「ステイホーム」と呼びかける動画も注目を集めました。 そこで疑問に思った方も多いと思います。 Stay home. Stay at home. のどちらも使われていて、どちらか一方が正しくて、どちらかが間違っているということはありません。 ただ「家にいる」という状態ではなくて「家にとどまりなさい」というニュアンスです。 そもそも文章の構造が違います。 なので、これも「家にとどまりなさい、家にいなさい」という意味になるんですね。 以下の画像はアメリカCDC(疾病予防管理センター)のウェブサイトです。 あれ?アメリカ英語?と思ったら、その下には、• Everyone should stay at home. Vulnerable people in particular should stay at home and self-isolate. ただ、ニュースを読んでいても、記事のタイトルが• Coronavirus: People over 70 or with compromised immune systems should stay home —stuff. nz となっていて、本文の部分を見てみると、• People over 70 years-old or those with compromised immune systems or respiratory conditions are being told to stay at home. のように書かれていることも結構あるので、文字を少なくしてメッセージ性を高めるということもあるのかなと思ったりしています。 これは形容詞で「在宅の〜」という意味で、新型コロナ対策の「外出禁止令」が、• stay-at-home order と表現されています。

次の

と at の違いとは?

ステイ アット ホーム 意味

スポンサーリンク 新型コロナウイルスの感染拡大予防策として、東京都の小池知事が「世界の共通のキーワードは『ステイ・アット・ホーム』」と会見で話していましたね。 また、海外のリーグで活躍する日本人サッカー選手たちが「ステイホーム」と呼びかける動画も注目を集めました。 そこで疑問に思った方も多いと思います。 Stay home. Stay at home. のどちらも使われていて、どちらか一方が正しくて、どちらかが間違っているということはありません。 ただ「家にいる」という状態ではなくて「家にとどまりなさい」というニュアンスです。 そもそも文章の構造が違います。 なので、これも「家にとどまりなさい、家にいなさい」という意味になるんですね。 以下の画像はアメリカCDC(疾病予防管理センター)のウェブサイトです。 あれ?アメリカ英語?と思ったら、その下には、• Everyone should stay at home. Vulnerable people in particular should stay at home and self-isolate. ただ、ニュースを読んでいても、記事のタイトルが• Coronavirus: People over 70 or with compromised immune systems should stay home —stuff. nz となっていて、本文の部分を見てみると、• People over 70 years-old or those with compromised immune systems or respiratory conditions are being told to stay at home. のように書かれていることも結構あるので、文字を少なくしてメッセージ性を高めるということもあるのかなと思ったりしています。 これは形容詞で「在宅の〜」という意味で、新型コロナ対策の「外出禁止令」が、• stay-at-home order と表現されています。

次の

Stay home(ステイホーム)Stay at home(ステイ・アット・ホーム)「家にいなさい」!

ステイ アット ホーム 意味

HOMEの意味は? ホーム(home)という英語は、日本語でもよく使われる比較的馴染みのある単語のくせに、ちょっと使いにくいですね。 私たちが日本語で、〇〇へ行くと表現する時は、〇〇 へという格助詞を使います。 英語の勉強では、この格助詞(~へ)と前置詞(to)が同じようなものと教わるので、このto(前置詞)と用いずに、一単語で「家へ」ということを表すhomeの使い方に違和感を感じるんだと思います。 こういう単語は他にも、here(ここに)、there(そこへ)、abroad(外国へ)、outside(外へ)なんかがあります。 このあたりの単語は、同じように混乱しやすいので、苦手な方が多いですね。 英語脳的には、go(行く)を言ってから、どこへ?を考えるんですが、go to が(~へ行く)という形でセットになっている方は、go to(~へ行く) と言ってから、there(そこ)を付けたすので、そうなっちゃいます。 homeも同じ形ですね。 ・homeを副詞として使う場合には、こうなります。 stay home(動詞+副詞) ・一方、homeを名詞として使うと、こちらの表現になります。 stay at home(動詞+前置詞+名詞) どっちが正解なんでしょうか? Stay home、Stay at home どっち? (結論)どっちでもOKです。 どっちでもOKなのかよ(笑) どっちでもOK!これがまた混乱させます。 実際英語のニュースを見ていると、stay home と stay at home どちらも使われています。 stay home はアメリカ英語、stay at home はイギリス英語 という区別をする場合もあるようです。 確かにアメリカのニュース記事では、ほとんどstay homeですね(もちろん全部調べたわけではないですけど…)。 また、ヨーロッパのニュース記事では、ベッドラインでも、stay at homeが使われているケースが比較的多そうです。 が、stay homeもちらほら。 僕が働いているシンガポールは、旧イギリス領ということもあり、ベースはイギリス英語ですが、必ずしもstay at homeが使われているわけではありません。 政府からの通達にもstay homeという言葉が使われています。 Stay home、Stay at home のイメージ(視点の違い) どっちでもいいのは確かですが、それだとちょっと面白くないので、もう少し掘り下げてみましょう。 homeの副詞としての意味を辞書で調べると、 to or at the place where you live と出てくるので、やっぱりat home(home は上の英語での説明分の、the place where you liveに該当)と同じかなと思いますが… at home の、at がhome(寛げる家庭や住居空間)にいるイメージがあるのに対して、home が、外から住居へ、とか、(外から見て)住居に、といったイメージがあるので、言葉を聞いた時の感覚は少し違いますね。 stay home というと、住居の外を意識して家の中を表現している感じ。 自分以外の人が使うのに適しています。 対してstay at home は、家族とくつろいでいるとか、自分だけの住居空間でリラックスしているような雰囲気があるので、自分の時間の使い方(例えば、休日は家でゆっくりしていました、といった表現)を表現する場合に適しています。 そういう意味では、新型コロナウィルスにおけるソーシャルディスタンシングの一環としての自宅待機要請は、他人からの要請ですので、やっぱりstay home の方がしっくりきます。 といっても、世界共通言語としての英語表現って結構ファジーなので、こんな違いは検討にも値しないんですけどねw。 ネイティブさんは微妙なニュアンスが気になるかもしれないけど… Stay home、Stay at home のイメージ(選択肢の有無の違い) 上の例では、前置詞(at)と副詞(home)がが持つ空間イメージに着目して、2つの表現のニュアンスをご説明しました。 今度は、at home という表現が特定の場所を指定している、そんなニュアンスから感じとられるイメージです。 at home とわざわざ言うからには、at hotel とか at workなどの選択肢がありつつ、at home と言っているように聞こえる場合があります。 対して、homeは、自宅を一本釣りで指定している感じです。 家しか考えてない、迷いのない姿勢です(at home と比べた場合のhomeという言葉が持つ雰囲気のお話しです)。 stay at home は、自宅のように他者との接触を避けられる場所に待機してください。 他者と接触が避けられるならhotelでもいいですけど。 みたいな感じ(ちょっと極端ですが)。 stay home は、自宅待機!自宅ですよ!みたいな感じ(ちょっと極端ですが)。 いずれにしても、stay home の響きには、stay at home の響きよりも、自宅を強く意識した感じに聞こえますので、この意味でも、ウィルスにおけるソーシャルディスタンシングの一環としての自宅待機要請は、やっぱりstay home の方がしっくりきます。 シンガポール政府のソーシャルディスタンシング規制の発動履歴を見ていると、2020年2月には、Stay-at-home Notice という表現が使われていましたが、2020年4月には、Stay-home Noticeに変わっています。 感染者が増えるにしたがって、規制がだんだんと強くなった様子が、この2つのNoticeから伺い知ることができます。 が、繰り返しになりますけど、意味を理解する、コミュニケーションをとるという言語の目的を達するためには、大した違いではありません。 home を使ったよくある英語表現 せっかくなので、home を使ったイデオム(熟語)も見ておきましょう。 make yourself at home:くつろぐ stay-at-home mom:専業主婦 work from home(WFH):在宅勤務 このあたりを押さえておけば良さそうですね。

次の