プリウス ミサイル と は。 【プリウスミサイル】福井県鯖江市で車がマックに突っ込む事故!現場の店舗はどこ?

千葉県・ケーズデンキに高齢者運転のプリウスがダイナミック入店する大事故!ミサイル被弾で店内はメチャクチャ

プリウス ミサイル と は

プリウスは本当に交通事故を起こしやすいクルマなのか ネットスラングに「プリウス・ミサイル」という言葉がある。 トヨタのハイブリッド専用モデル「プリウス」が交通事故を起こしやすいクルマというのを揶揄した言葉だ。 意味合いとしては、プリウスは交通事故につながる運転ミスを誘発しやすいといったところだろうか。 実際、イギリスの自動車保険に関する WEBサイトの調査()によると、 2016年にイギリス国内で起きた自動車事故に関わったモデルのトップはトヨタ・プリウスだったという話もある。 とはいえ、イギリスにおけるプリウスは母数の少ないニッチカーであり、ほぼ国民車といえるほど普及している日本とは状況が異なる。 日本において、プリウスが交通事故を起こしやすいクルマなのかどうかは、毎年見直されている保険料率クラスを見るのが妥当だ。 保険料率というのは任意保険における係数といえるもので、 2020年 1月~ 12月より 17段階とより細かくなっている。 以下、損害保険料率算出機構のホームページ()により検索した型式別料率クラスを並べてみよう。 なお、車両保険については自損事故以外に盗難率が高いと上がることは GT-Rの数字からも理解できるだろう。 対人・対物賠償に関する保険料率を、数字が大きいほど事故リスクが増えるという風に読み取るとすれば、プリウスの事故率が高いとはいえない。

次の

なぜ「プリウス」はボコボコに叩かれるのか 「暴走老人」のアイコンになる日 (1/7)

プリウス ミサイル と は

スポンサーリンク トヨタ『プリウス(PRIUS)』の暴走事故「プリウスミサイル」 2019年4月19日、 池袋で暴走したプリウスが次々と歩行者をはね死亡させるという大事故が起きました。 東京 池袋で車が歩行者をはねる事故 2人意識不明 10人けがか NHKニュース 大勝軒のとこじゃん・・・ そしてまたもやプリウス・・・ もはやプリウスに問題があるのかプリウス選ぶ奴に問題があるのか・・・ 巻き込まれた方の無事を祈ります。 — yuya@温泉大好き DryRipper この事故がきっかけでネットではプリウスのシフトレバーが原因だとか、激しい論争が起きています。 プリウスが事故る理由はだいたいこれ — tachyon2100🐴 tachyon2100 プリウスのシフトレバーかっこいいんですけどね。 慣れない人には危険のようです。 プリウスの事故が取り上げられてから、プリウスを見かけたら反射的に身構えるようになっちゃいました。 スポンサーリンク アクアミサイルも多発!? プリウスだけでなくアクアの暴走事故(アクアミサイル)も多い? なんか起きたら家ぶっ壊されてたヤーマン🌚🌚🌚 — どすこ Raymond🦈😈 watary4 【 ダイナミック入院 】 福岡県福岡市東区にある福岡和白病院で12月25日、乗用車(AQUA・アクア)が玄関に突っ込む事故が起きました。 この事故で男女2人が負傷し、医者なナースが駆けつけ手当て。 ダイナミック入院で利用客ら騒然。 スポンサーリンク アクアの事故率は高い? プリウスの暴走事故の話題が盛り上がっていますが、アクアの事故率は高いのでしょうか? 年寄りプリウス、若い子のアクアは事故率高いですよね。 — measerea measrea 販売台数が多いのだから事故の件数が多くなるのは当たり前、というのはたしかにそうですね。 プリウスは年配の方に、アクアは若者に人気という傾向から プリウスのほうが老人の事故が目立っているようですね。 アクアの事故率はプリウスよりは問題となっていない感じです。 スポンサーリンク 世間の反応は? 以下、世間の反応です。 にしても、高齢者ドライバーはプリウスとかアクアとかに乗ってる率高い。 高齢者ドライバーの事故の報道時、かなりの確率でこの2車種だ。 高齢者はトヨタ大好き。 マジで街中を走ってるプリウスとアクア、というかトヨタ車には気を付けろ。 俺はいつもトヨタの車には警戒してる。

次の

クルマに問題あり? 売れてるから事故数が多いだけ? プリウス・ミサイルとまで揶揄される理由とは

プリウス ミサイル と は

またしても、「暴走老人」による犠牲者が出てしまった。 東京・池袋で87歳の男性が運転する自動車が猛スピードで、横断歩道を渡っていた歩行者などを次々と跳ね飛ばし、自転車に乗っていたお母さんと3歳の娘さんが亡くなってしまったのだ。 この男性はアクセルとブレーキを踏み間違えていた可能性が高く、認知機能にも問題があるやもしれぬという。 警察庁によれば、2018年に死亡事故を起こした75歳以上のドライバーは前年比42人増の460人で全体に占める割合は14. 8%と過去最高。 しかも、事故原因を分析したところ、ブレーキやアクセルの踏み間違いなど「操作不適」が136人と30%にも上っている。 間違いは誰にでもあるが、こんなことで何の罪もない人々の命が奪われるなど、あまりに理不尽すぎる。 行政、警察、メーカーはぜひ手を取り合って、二度とこのような悲劇が起きないような対策を講じていただきたい。 そのように強く願う一方で、企業リスクを扱う人間としては、事故そのものだけではなく、そこから派生したある現象にも注目している。 それは「プリウスバッシング」だ。 関連記事• 人手不足が原因で倒産する企業が増えているようだ。 東京商工リサーチのデータをみると、前年度から28. 6%も増えて、過去最高を更新している。 数字をみると、「人手不足=悪」のように感じるが、本当にそうなのか。 筆者の窪田氏は違う見方をしていて……。 働き方改革が叫ばれながらも、日本企業の生産性はなかなか上がらない。 今後の成長が危ぶまれるポスト平成時代、私たちはどのように働けばいいのだろうか。 社会学者の古市憲寿氏と、元2ちゃんねる管理人のひろゆき氏に、これからの「働き方」について語ってもらった。 三菱電機が高級トースターを投入する。 この市場を見ると、バルミューダ、アラジン、シャープなどたくさんの商品が並んでいるが、三菱のトースターはどのような特徴があるのか? パッと見たところ、小さな炊飯器のように……。 登山家の栗城史多さんがエベレスト登頂に挑戦したものの、下山中に死亡した。 無謀な死に追い込まれた背景を検証すると……。 ラーメン店「一蘭」といえば、食事をするスペースが仕切られている味集中カウンターが有名である。 珍しい光景なので、外国人観光客も写真を撮影しているのでは? と思っていたら、店員さんに「オーダー用紙を持ち帰りたい」という声が多いとか。 なぜ、そんな行動をしているのかというと……。

次の