悟空 vs フリーザ。 【ドラゴンボール超】フリーザ新たな形態!進化した第5形態とは?

記事一覧

悟空 vs フリーザ

いぶし銀の設定をもつ最強古馬・トゥーカッターについて考察!! 引用:つの丸『みどりのマキバオー 12巻 95ページ』 今回は、みどりのマキバオーで個人的に一番好きな馬。 トゥーカッターについて語りましょう!! 彼のモデルは、戦績的にマヤノトップガンなのでしょうね。 同じブライアンズタイム産駒だし。 名前は映画のマッドマックスからか? このトゥーカッターは、マキバオーら1996年のクラシック世代の一つ上。 1995年のクラシック世代でした。 アマゴワクチンの全兄・ピーター2と同世代ということですね。 名前が初めて出てきたのが、マキバオー、カスケード、アマゴワクチンの朝日杯のあと。 JRA賞の発表で、 現 最優秀3歳牡馬への投票結果。 皐月賞・ダービーの二冠馬ピーター2が最優秀3歳牡馬になりました。 そして、トゥーカッターに67票が入っていました。 まだ、この時点では語られていませんが・・。 菊花賞馬となり、その直後の有馬記念2着の実績が評価されていたのでしょう。 他にも、マキバオーとカスケードのダービー後、宝塚記念を扱った新聞にも出てきていました。 ここではニトロニクスを倒して宝塚記念を制しています。 つまり、注意して読んでいれば・・。 「このトゥーカッターってのが、古馬の代表格か?」 って、カンの良い人は思ったかもしれません。 しかし、しばらくトゥーカッターがストーリー上に出てくることはなかった・・。 マキバオーたちは3歳クラシックを終え、有馬記念で古馬勢と激突。 そこでトゥーカッター登場!! リンク トゥーカッターがストーリーに絡んでくるのは、マキバオーが3歳の有馬記念。 カスケードが引退することになるレースでした。 そこで、カスケードすら抑えて一番人気を背負い、最強古馬としてマキバオーたちの前に立ちはだかります!! その時のマキバオーの調教師、飯富さんの評価。 「正直、怖いのはトゥーカッターだ」 「ピーターツーが現役でもヤツに勝てるかどうか・・」 「地味だが、実力は相当のもんだ・・」 世間的な評価は・・。 「ピーターツーの引退でレベルが落ちた世代の一番手」 といったところでしょうか。 地味だけど、わかる人にはわかるヤバイ猛者、って感じですね! トゥーカッター自身も、それを気にしたような発言をします。 そのせいで、いつまで経っても評価されない・・ということでした。 おそらく、菊花賞を勝った後には色々言われていたと思います。 「ピーターIIが三冠馬になってたら、競馬界は盛り上がったのに!」 「来年の古馬戦線はお先真っ暗だな~」 「2歳はカスケードやピーターIIの全弟、あと白い珍獣がいるぜ」 「こいつらを迎え撃つのが、トゥーカッターじゃなあ・・」 って。 一生懸命に結果を出してるのに、なかなか認められない。 私は、そんな状況でもガンバってたこの馬がいちばん好きでした・・。 そして、トゥーカッターは多少ひねくれつつも、がんばって結果を出していきます! 古馬となってからの1年間でGIを2勝しました!! 年末の有馬記念の返し馬で、1番人気となってカッコよく解説されます!! 「淀の菊花賞! 阪神の宝塚記念!! 府中の天皇賞!!!」 「西の将軍がついに中山を制圧しにやってまいりました!!」 「直前単勝1番人気・・トゥーカッター!!!」 とってもイケてますね! 彼はレース中、マリー病になったカスケードが万全の状態で出てこれなかったことに苛立っていました。 「怪我しての出走はカッコいいだろうな」 「それで引退して去れば、さぞかし英雄扱いされるだろう」 「だが、残った者はどうなるんだよ」 と。 トゥーカッターは、ずっと好敵手に恵まれなかったといってもいい。 正々堂々と強い相手と闘って勝ちたい、といつも思っていたのでしょう。 マキバオーというマンガにおいて、もっともライバルを渇望していた競争馬かもしれませんね。 有馬記念では残念ながら、マキバオーの2着か3着に敗れてしまいます。 ワクチンと僅差で結果は不明。 しかし、最強古馬としての強さは十分に見せつけたレースとなりました! 続くドバイ編では、ワクチンと一緒にレースに出ることになります。 そして、チームプレーでワクチンのスタミナを温存させる作戦を考案。 なんとワクチンを後方から「押す」という奇策を採りました。 今まで単独で走ってきた競走馬たち。 しかし、各馬の賞金ではなく各国に与えられるポイントが重要。 日本代表としては、たとえ1ポイントでも稼がなくてはならない。 世界最強馬であるエルサレムに対して、どうすればいいのか・・。 そんな状況で発案されたトゥーカッターの作戦でした。 「ワクチンと物理的に協力して、何とか活路を見出すしかない!」 「オレは潰れても構わない!!」 ここまで気合の入った策。 年長者であるトゥーカッターの根性と知性を感じさせます!! 思えば、カスケードは世界のGIで勝とうとして、その夢は叶いませんでした。 そのカスケードの思いを託されたのはマキバオーでしたね。 でも、トゥーカッターも同じように 「世界でも日本馬の強さを知らしめたい!」 と密かに燃えていたのではないでしょうか? 最終回でマキバオーも言っていました。 「カスケードやトゥーカッターが壊そうとした世界の壁を・・」と。 マキバオーにとって、トゥーカッターとは・・。 カスケードと並んで世界に挑戦した猛者、という扱いのようです。 残念ながら、トゥーカッターはドバイ遠征で故障し、引退することになってしまいます・・。 それはさながら、自身が追い求めたピーターIIとカスケード。 この最強馬たちと似たような形で引退することになったのです!! 「強烈な印象を残してターフを去れば、そりゃ英雄だろうよ!」 と言って、強いライバル馬たちの引退を嘆いてきたトゥーカッター。 彼は日本チームを勝たせるために身を投げ出し、故障した。 そして、不本意ながらの引退することになったけど・・。 トゥーカッターも、ピーターIIやカスケードと同じ、競馬界の英雄となったのではないでしょうか・・。 その後のトゥーカッターがどうなったのかは、永らくわかりませんでした。 しかし・・。 続編の『たいようのマキバオー』にて。 トゥーカッターの産駒も登場していました!! どうやら、無事に種牡馬入りしたようですね!!! 産駒の傾向としては・・。 やっぱりマヤノトップガン産駒に似ているのかなあ・・? マキバオーでドバイ編がなかったら・・?1997年の天皇賞・春などを大胆予想!! リンク ドバイ編がなければ、ちょうど日本では春の天皇賞が行われていた頃ですね。 トゥーカッターとワクチンは間違いなく出走するでしょう。 マキバオーも有馬記念の後の会話では、日経賞をステップにして春天を目指す、という青写真でした。 人気的には・・。 アマゴワクチン 阪神大賞典経由、1or2番人気 トゥーカッター 阪神大賞典経由、1or2番人気 ミドリマキバオー 日経賞経由、3番人気? プレミア 漫画での1997年春天勝ち馬、間違いなく4番人気 って感じだったんじゃないでしょうか。 マキバオーは有馬で菊花賞馬コンビに勝っているので、日経賞で完勝していれば1人気になるかもしれません。 ただ、ワクチンとトゥーカッターの長距離適正に人気を譲ってしまうような気もします。 前哨戦を考えると、ワクチンとトゥーカッターは阪神大賞典でぶつかってそう。 アレだよ・・。 ナリタブライアンVSマヤノトップガンのアレ。 「世紀のマッチレース」のように!! ワクチンのモデルはナリタブライアン。 そしてトゥーカッターのモデルはマヤノトップガンでしたからね。 彼らのモデルとは年齢構成が逆ですが・・。 ドバイ編のトレーニングでは、ワクチンよりもトゥーカッターの方が坂が得意な描写をされていました。 ワクチンは体重がありすぎる、って。 だから、阪神大賞典ではトゥーカッターが勝つ。 そして、春の天皇賞ではワクチンが勝つような気がします。 が・・。 ドバイ編で自分が故障しようがワクチンを押して行ったように・・。 5歳春のトゥーカッターは4歳春のワクチンより精神的にはタフそうです。 それなら、ワクチンを倒して春の天皇賞も連覇してしまうかも・・!? いやいや、マキバオーが「今度は長距離でも負けないのね」と言って、2着に食い込んできたり?? これは、まったくどうなるかわからない・・。 すごく見応えのあるレースになりそうですな!!! でも、1997年の春の天皇賞は、難解なわりに配当がショボくなりそう 笑 春天の次は、古馬混合GIの予想でも晒しておこう。 1997年のGIは、こんな感じになったんじゃないでしょうか・・。 天皇賞・春 アマゴワクチン 安田記念 マキバオー 宝塚記念 ニトロニクス 天皇賞・秋 アマゴワクチン ジャパンカップ トゥーカッター 有馬記念 マキバオーorブリッツorベアナックル 安田記念はマキバオー向きでしょう。 ・・そもそもワクチンとトゥカッターは安田記念に出てこないかな。 すると、強敵はのちにマイル路線に行ったというニトロニクスか?? 良ならマキバオー、重~不良ならニトロか。 そんで、宝塚記念は前年度二着のニトロがいただいてしまうのだ。 秋の天皇賞は、漫画でブリッツと接戦を演じた復帰後ワクチンが意外と府中適性があり、マキバオーを降して春秋制覇を達成!! ジャパンカップは、前年度に回避したトゥーカッターが本気で獲りにくる! 「トゥーカッターは今年はGIを勝ててない。 そろそろ衰えが・・」 ・・という評判を覆すような激走を見せてくれそうな気がする。 最後の有馬記念は、マキバオーとブリッツの兄弟対決!! ・・と見せて、能力最強のベアナックルがもっていってしまうのを希望ww 全体的には、馬場が悪ければマキバオーが沈んで、代わりにニトロが台頭する感じですかね。 勝手な予想ですが 笑 まあ、とりあえず。 最後に絶叫させてもらいましょうかね。 私は『みどりのマキバオー』の登場馬の中では・・。 投稿者 投稿日: カテゴリー 差し馬しか来ないレースか?クリノガウディーから穴の馬連に流すか・・。 日曜日は京成杯オータムハンデです。 セントウルステークスで先行馬を買いたかったんだが・・。 今年は何が勝つかまったくわからない。 ペイシャフェリシタにしたかったが、人気なさすぎるし・・。 よってこっちをやることに。 しかし、台風の影響もありそうだが・・。 最近の傾向。 1着 5歳以下の1人気か超ゲキレツ穴の追い込み。 アガリ3F1位。 2着 3~11人気くらいのアガリ3Fの良い馬で。 3着 6番手以下の馬。 年明けの重賞でアガリ3F3位以内で好走したヤツらを検討すると・・。 クリノガウディー、グルーヴィット、ストーミーシー、 ディメンシオン、プールヴィル、レインボーフラッグ、 ロードクエスト。 この辺りになりそうですね。 今回、グルーヴィットより1kg恵まれてるクリノガウディーを軸にしましょう。 しかし、コイツは控える競馬は大丈夫なのか・・? あとは、グルーヴィットを相手にしてしまったらツマラナイから・・。 変態的な差し馬をチョイスして馬連かな。 ディメンシオンかレインボーフラッグに期待! !!買い目!! 馬連流し。 4-5,7,11,14 この4点で。 ワイドで20~30倍付くなら、それでもいいかも。

次の

記事一覧

悟空 vs フリーザ

Contents• 1.フリーザの変身によって進化していく5つの形態 フリーザはザーボンと同じく、 変身するタイプの戦士です。 相手の力に合わせて形態変化を行い、自分のパワーをコントロールしていきます。 フリーザが形態変化を行うことで、どのように進化していくのでしょうか? それでは、フリーザの変身によって進化していく5つの形態についてご紹介していきます。 第1形態は自分の力を抑えて、普通に生活するための形態でもあるわけなんですが、その形態の数値ですら、比べ物にならない数値なのです。 その証拠に、 ベジータ、クリリン、悟飯を相手に戦うのですが、一切歯が立ちません。 フリーザが第1形態のままでも圧倒的に強いのがここでわかりますね。 スポンサーリンク しかも第1形態なので、 更なる形態がフリーザには残されています。 フリーザにとって変身は抑えていたパワーを解放し、次の形態へと移行するためのものです。 無駄なエネルギーを抑えるためにも、戦闘力が高い相手を前にしないと変身はしません。 この角を使ってクリリンを貫く攻撃も繰り出しています。 しかし、この形態では、自分自身で力のコントロールができないところが弱点です。 抑えている力を解放することは、 戦闘力が上昇するメリットと、冷静でなくなりコントロールできなくなるデメリットがあるわけです。 第1形態であれば、ベジータ、クリリン、悟飯でまだ少しは戦いになっていたものの、第2形態では最早戦いにすらなりません。 ネイルと同化したピッコロが駆け付け、互角の戦いを繰り広げますが、ピッコロにエネルギー弾を跳ね返されたことへの怒りによって、更なる形態へと変化していきます。 第2形態でもこれだけの力を見せつけてくれるとは、さすがフリーザですね! 父親のコルド大王はこの形態にそっくりな見た目をしているので、コルド大王もまだ変身は残されているのかもしれません。 しかし、コルド大王の変身が第2形態が限度だとすると、 父親を上回る形態変化を残しているということですね。 スポンサーリンク 生まれながらにして、 フリーザは戦いの天才としての素質を持っていたのかもしれません。 この形態になると、力のコントロールができるようになっていて、冷静な戦い方をするようになります。 ピッコロが相手でも、圧倒的に戦える戦闘力になっており、パワーもスピードも負けているところがありません。 全員を粉々にできると自ら言うほどの戦闘力を持っています。 第3形態では、指先から衝撃波を連射する攻撃を行うのですが、この時だけは冷静ではないのか、 奇声を上げるように攻撃するのが特徴的ですね。 この形態に変身する時は、そこまでの戦いで負った傷がなくなっているので、 回復能力も備わっているのかもしれません。 ピッコロを徹底的に痛めつけるような戦い方をするのですが、悟飯の戦闘力の変化に驚異を感じ、更なる変身を行っていきます。 フリーザは敵に対して、 絶対的な力を持って戦うために形態変化を使用していくことがわかりますね。 この形態に変化する時も、尻尾が復活しており、無傷の状態に戻ります。 やはりフリーザの形態変化には、回復機能でもあるのでしょうか? ベジータと戦った時には、ほんの少しの力で戦っており、その戦闘力は240万~300万になっています。 その状態でもベジータを圧倒的に叩き潰し、勝ち目はないと思わせるほどの戦闘力です。 20倍界王拳を使っている 悟空の戦闘力が6000万になるので、半分の力で戦っていたという事ですね。 超サイヤ人になった悟空の戦闘力が 1億5000万となっていますので、この第4形態では、悟空にはかないませんでした。 それにしても、フリーザの最終形態とも言える第4形態における数値の上がり方は尋常じゃないですね。 スポンサーリンク この力をコントロールするためにも形態変化は、フリーザにとって大事なものというわけです。 数値の上でも負けていますが、フリーザはフルパワーで戦うとスタミナの消耗が激しいので、 徐々に弱体化していきます。 これほどの力をコントロールして戦っても、 悟空には一歩及ばなかったということですね。 1億だったものが1京ですからね。 しかし、このゴールデンフリーザは、超サイヤ人ブルーの悟空を超える力を持っていますが、スタミナがないのが弱点なんです。 あまりにも強すぎるパワーがしっかりとコントロールできないというわけですね。 フリーザにとって形態変化は、自身の高すぎるパワーを抑えるためのものなので、これ以上の力を解放するとなると、維持できなくなるのでしょう。 戦闘力の上昇幅は凄まじいものなので、これほどの潜在能力を持ったフリーザなら何とでもなりそうですね。 もしも、更に上の形態があるとしたら、ゴールデンフリーザの力も簡単にコントロールできるようになるのでしょう。 2.フリーザ一族の形態変化における2つのポイント フリーザの一族は見た目が似ていますが、形態変化をみんな行えるかどうかはわかっていません。 フリーザのみが形態変化を行うのでしょうか? また形態変化を行うものがいるのなら、やはり力を抑えるためなのか気になりますね。 それでは、 フリーザ一族の形態変化における3つのポイントについてご紹介していきます。 トランクスによって 瞬殺されてしまうので、その戦闘力について、あまり触れられることはありません。 しかし、第4形態のフリーザが頼ってくるくらいなので、 フリーザと同等かそれに近い強さを持っているのでしょう。 ここで一つの疑問が浮かび上がってきますね。 コルド大王は、 フリーザの第1形態と同じ形態が存在し、今の姿に変身したのか、ということです。 もしそうであるなら、フリーザの第1形態の姿は納得できます。 そうでないのなら、コルド大王のこの形態がフリーザの第1形態でないと少しおかしなことになってしまいますよね。 そしてコルド大王はそもそも変身ができるのかどうかが気になります。 ここについては、公式で触れられていないのでなんとも言えません。 それにしても、コルド大王は 第2形態の状態で最終形態のフリーザに近い強さと考えるととんでもない強さですね。 このクウラは、フリーザと同様に変身できるのですが、 最終形態はフリーザと似ていません。 顔はマスクを被ったような見た目になっており、角もついたままになっています。 クウラの変身前は最終形態のフリーザにそっくりなのですが、このクウラにおける最終形態は、フリーザには存在しませんでした。 クウラにはフリーザの第1形態と第2形態が存在せず、この二種類の形態しかなかったとするとフリーザにこの形態がないのもわかります。 しかし、コルド大王の息子なので、第1形態、第2形態と形態変化したと考えることもできます。 もし、クウラがフリーザと同じ順番で変身を行い、この形態になっているとしたら、フリーザにはその上の形態が存在するのではないでしょうか? フリーザは悟空に負けたことで、修行を行いゴールデンフリーザとなるのですが、見た目は 最終形態のままです。 ゴールデンフリーザを超える第6形態があるとしたなら、ドラゴンボール超では、この クウラのような第6形態へと変化するのかもしれません。 もしそうなったとしたら、 誰も勝てないほどの戦闘力になっているでしょう! 3.まとめ 今回はドラゴンボール超でフリーザの5つの形態変化についてご紹介させて頂きました。 この記事において、 重要なポイントは以下の通りです。 フリーザにとって第4形態が最終形態だった• フリーザは修行を行い第5形態のゴールデンフリーザとなった• 父コルドは第2形態の見た目である• 兄クウラは全く違った形態へと進化した• フリーザ一族はコルドの血を引いており形態変化を行う、もしくはフリーザとクウラのみが特殊個体• フリーザには、クウラのような更なる形態が存在するかもしれない• フリーザが第6形態になったとしたらその戦闘力は誰にも負けないほどになる ドラゴンボールの世界では、フリーザの形態は変身する度に、進化を遂げていくものです。 フリーザの一族の形態について考えてみると、フリーザには 更なる形態が存在するのでは? という考えが浮かんできます。 また、コルド大王の形態についてもその先があるのでは? クウラにもゴールデンクウラのようなものがあるのでは? そんな疑問がどんどんと出てきてしまいますね! コルド大王やクウラについては、その先の形態は出てこないかもしれませんが、フリーザであれば可能性はあります。 これからもドラゴンボールのフリーザから目が離せませんね!.

次の

第62回・何故フリーザ様は自分の戦闘力を53万だと言ったのか?

悟空 vs フリーザ

2018年現在も大人気な少年漫画、。 その は何故人気なのか?と言われるとですら 「だって面白いから」と答えてもおかしくないくらい面白い漫画である。 で、 評論家でもなんでもない私の「何故人気か?」という分析は… 他の漫画を読んでも「の真似じゃん」と言いたくなるような 「新しい発想がたくさん詰まっているから」ではないだろうか?と考える。 手からビームを出すのが当たり前になるのも、の影響が強いのではないか?と考える事もある。 これより前の「」でも「」というビーム的な技が存在するも「奥義」なのですら1度、ですら2・3回、 個人的にはバットも1回。 空中で闘う事も当たり前なのもくらいか。 目にも止まらぬ速さで格闘している漫画はよく見る気もするのだが、当たり前の様に空を飛びながら闘うのはくらいか? 他のバトル系漫画を読んでいても 「空中浮遊させながら闘わせたらのパクリだとクレームがきそうだ」と 作家さんもそれだけは我慢しているようにも感じる。 アニメ版の「」や「化」のオーラが出ている時の 「シャワシャワシャワシャワ」みたいな効果音が 「今私パワーアップしてますよ感」がとにかく伝わる。 この、の登場人物の強さを表す「戦闘力」、これがまた編からおおまかなではあるが敵・味方問わず「強さ」を表す目安となる。 そういえばより前ににも 「」という単語が存在するのだが、どうにも印象に残りづらい。 私の記憶にある数字がの 「1000万パワー」と が 意味不明な理論での超人パワーを一瞬越え 光の矢となった事くらいしか記憶にない。 を好きな人でも戦闘力を一人一人覚えている人は少ないと思うのだが、これがまた不思議。 中学生時代くらいなんかは「 銃持ったオッサンで5なんだからお前より強い」とか言うお調子者はクラスに一人はいたハズだ。 銃持ったオッサンの【5】と様の【530000】は読者の記憶には 同じレベルで残っているのではないだろうか、と思う。 この本気を出してすらいない状況で戦闘力530000という数値の発表により読者を絶望させる様。 53万という数字を聞くだけで様を思い出す我々読者。 中古さんなんか見てる時、 綺麗な型落ちの日産のMOCOとかがそんな値段だとなんだかテンションが上がってしまう我々読者達。 は等様の部下ならみんな付けている様子だ。 で、主に確認の仕方は… を通して相手を見ると、その数値が解るといった感じだ。 作中で戦闘力の話が出た時、だいたいを通し、相手に「戦闘力〇〇か…」みたいな感じで我々読者にも伝えてくれる感じだ。 彼の自己申告を除いては。 と、いう訳で今回は、だいたい作中では 相手から伝えられて知るハズの戦闘力の数値を 何故様は自分で戦闘力を53万だと言ったのか?という事を考えていきたいと思います。 隕石の落下かと思い、その「 ドー・・ン」の場所へ向かってみると… 隕石ではなかった上、なんとそこには人が。 「やはりこの星のやつらは生きていたか…」と、 レベルの高い独り言を言う男が登場。 彼の名は。 そんな サイコなつぶやきをする男にオッサンもビビりビビリ。 そらそうだ、 私だって怖い。 「戦闘力…たったの5か…ゴミめ…」 新章突入にて最初に登場の。 そして 主人公悟空の兄というポジション、更には 声優はという 熱すぎる待遇であった氏ではあったが、ファンの彼への印象は 「戦闘力たったの5かゴミめ… と言う人」くらいであった。 最大の魅せ場と名言を残す、この時我々読者はまだ「戦闘力」とは何か?を戦闘力という文字で想像するくらいしかできていない。 最大の魅せ場を終わらせた氏、残念ながら 5のオジサンは死んでしまった。 そして耳元で反応する機械、戦闘力を測る事できるシロモノ、 「」が反応する。 凄い、凄いぞ。 そのパワーを持った人物は、ピッコロだった。 「戦闘力322」…5のオジサンと比べると 約64倍も強い事が解る。 流石は世界征服を狙う大魔王。 氏の戦闘力は一体…!?と期待が膨らむ。 悟空の息子、悟飯がにさらわれる。 「だがしょせん俺の敵ではない」とコケにされ立腹のピッコロ、さらわれた悟飯の父、悟空はと戦闘する事となる。 にて悟空とピッコロの戦闘力を探知する。 やはり便利だ。。 大魔王、以前の悟空のように重たいマントをつけて修行をしていたらしく、本気モードの今回はそれを脱ぐ。 すると、戦闘力にも変化が。 戦闘力、86アップした。 322だった大魔王の戦闘力は、408までにアップ。 重たいマントとターバンを脱ぐだけで、 5のオジサンの80倍である。 「きさまらそれで強くなったつもりか!!」と大笑いの氏。 80くらい戦闘力がアップしても、 さほど変わらないらしいという事が伺える。 偉そうに言うだけあり、氏、悟空と大魔王の同時攻撃を楽勝で防ぐ。 重たいターバンやマントを脱いだピッコロの戦闘力は 408。 重たい靴やインナーを脱いだ悟空の戦闘力は 416。 じゃあ、それを赤子同然に扱える の戦闘力は…? 単純に足してもお釣りのくる900くらいであろうか? それとも500くらいでも二人を軽くあしらえるのであろうか? どうも その辺りのあやふやさが想像して楽しくなるの魅力だよねえと思う私であった。 今更なんてに効くとも思えないのだが…? を両手でチャージしている時、 戦闘力は924まで上がったらしい。 バカなっ!!! と驚いている辺り、戦闘力は戦闘中に上がったり下がったりするのであろうと想像ができる。 悟空がはめはめ波を溜めている横でピッコロ大魔王は「」を溜めていた。 「戦闘力1330……!!!! 」 という反応なので、4ケタになると相当なものらしい、というのが解る。 悟空の息子、悟飯も父親がに「イジメられている」と思い、覚醒。 悟空の息子、悟飯はまだ4歳。 いくら怒った所でそんなに戦闘力が上がるとは考えられないのだが…? レベルにまで上がっていた悟飯の戦闘力。 そして体当たり。 氏もこれには大ダメージだ。 感情により戦闘力をグッと上げた悟飯、体当たり後の戦闘力は… たった1。 よく「故障か?」という発言が後々出て来るであるが、 そもそも戦闘力という数値がだいぶガバガバだという事が登場の話でよく解る。 そして激闘の末、ピッコロの「」にては倒れる。 の機能は「戦闘力を測る」「その戦闘力の持ち主がどこに居るか見つける」以外にも 「はるか宇宙にいる所持者にも通信されていて会話が筒抜けになる」という機能まであることが発覚。 このの死により他の星にいた「」と「ナッパ」が 「何でも願い事を叶えてくれるが地球にある」という情報を入手し、1年後、地球に攻めて来ることとなる。 で、結局 コイツの戦闘力はいくつなんだよ。 という疑問が残った所でやはり所持者は相手の戦闘力を測り 見下したりビビったりするという事が役目である、と私は考えた。 そうなると氏は登場時、だいぶ仕事をした。 「戦闘力」という数値を読者にいかに大事かを解らせた上での 53万だ。 「1307…!?」などと ビビっている場合ではない。 流石は宇宙の帝王様である。 53万の数値を聞いて読者は ただただ絶望するしかないのだ。 で、今回のテーマは 「何故が自分の戦闘力を知っているのか」という事だ。 単純な発想ではあるが、多分… 自分で測ったという事ではないか? だが、といえば… 何か よく壊れるイメージがあるんですよね。 そう、 高めの戦闘力を感知すると壊れている気がする。 という訳で、様の53万までが感知できるのか、を振り返ってみたい。 ・編 氏初登場の時の戦闘力は 悟飯の1から1330まで計測。 氏は 1330…!! と驚いているが、読者から後々 「1000ちょいでビビるってお前どんだけ弱いねん…」や「何でナッパとはを仲間にしてたのか?」等と 逆に驚かれるのであった。 ・襲来編 襲来時に計測してもらった数値。 「981…1220…1083…」 きっと981が悟飯、1220がピッコロ、1083がであろう。 ていうかそう思うと悟飯強くなったなぁ。 そして編で明らかとなるの機能… 時計機能。 そしてそんなを付けたが測定。 5000まで測定。 これは生き返り決戦の地へ向かう悟空の戦闘力。 界王様の下で修業した悟空の戦闘力はの時の10倍以上。 そして更に解った戦闘力についての知識。 「…最低でも5000ということだ…」 そう、で計測される数値は 「最低値」だという事だ。 氏は 「バカなっ!!! 戦闘力があがっていく!!! 」と言っていたような気もするが バカなのは「最低値」という事を知らない氏という事になるのだろうか。 そして更に戦闘力についての新知識。 ナッパに向けて自分のほとんどの力をぶつけた悟飯だったが、不発に終わる。 でいうMP的な数値でもあるらしい。 イマイチよくは解らないが、とりあえず 疲れ=戦闘力に関係あるらしい。 仲間を殺されてしまい立腹の悟空。 戦闘力8000をマーク。 そろそろイメージによくある ボン!で壊れるのでしょうか!? 壊れるんじゃなくて、 壊しやがった。 戦いの場所を荒野に移し、悟空対。 は自分で グシャっとを破壊したので戦闘力の描写は減ってくる。 と、思いきや、が倒された際、彼のをかっぱらった後に修理し、使えるようにしたブルマ。 彼女はにて戦闘力の情報を受信し、悟空対を見ていた。 3倍、簡単に言うと 悟空の戦闘力を3倍にする奥義だ。 21000をマーク。 先程まで8000を記録していた悟空、 の凄さが伝わる。 8000から3倍じゃ 24000じゃなきゃおかしくね?なんて思っている時… 、耐え切れずに壊れる。 氏のもっていたでは、 21000が計測の限界という事らしい。 と… とても計測不可能なのではないだろうかと思われますが…。 21000をマークした所で ボンッだ。 もしかしたら脆くなってもしょうがないかもしれないのだ。 そう、 21000までしか計測できないのは戦闘に耐え切れなかったせい。 そんな事を思いつつ、ナメック星編から振り返ろうと思う。 ・ナメック星編 ナメック星にてvsキュイ。 キュイは軍のの同僚なんだとか。 彼曰く、もともと互角の強さだったらしい。 その戦闘力は 自分で測ったのか、それとも 誰かに測ってもらったのか。 それが大事な気もするのだが、 そこんとこはあやふやなのが。 そんな事は良いとして、の戦闘力を測るキュイ。 「22000……!!!! 」 なんと、 22000をマーク。 流石は。 誇り高きの王子である。 そして22000まで測れた事によりブルマのはやはりの戦闘のせいで精度が悪くなっている事を証明…!! と思ったら22000でぶっ壊れる。 多分ブルマのも22000くらいまで計測するも、 発言するのがが間に合わなかっただけではないか、と思われますね。 ついでに 遠くに居たさんのも破壊。 やはりは 22000までしか測れないのか…!? と、そんな事を思った時、の同僚、さんが良い事を言う。 「おまえのは旧型だからな」 なんと! には「新型」と「旧型」があるそうだ! 22000までしか計測できないのが「旧型」らしいので、その 「新型」のは戦闘力はいくつまで計測できるのだろうか…!? とりあえず「24000」までは故障なく計測。 ナメック星編にて次に「戦闘力」の話が出るのはが登場した時。 悟空vsギニュー隊長。 ギニュー隊長、悟空が戦闘を楽しめるほど強い男だと確信。 そこで出した提案が「真の力を隠しているなら見せろ」という事。 ギニュー隊長の予想では 85000。 新型のはきっと、85000くらい余裕で計測できるのだろう。 悟空、でパワーアップ。 気になる戦闘力は…? 110000…! 140000…!! 160000…!!! 180000…!? そう、ギニュー隊長が驚くのは無理もない。 新型は18万まで計測できるの!? と私も驚いている。 とりあえず180000までしは新型で計測可能のようだ。 そして物語の順番で言えば ここで自己申告53万。 ギニュー隊長を倒した悟空達が次に戦うのは… vs様だ。 自己申告戦闘力53万のvs 窮地から何度か復活しパワーアップした。 だが、の戦闘力はいくつくらいなのだろうか? 地球で悟空と闘っていた時はキュイと同じだったらしい。 さん曰く 18000だとか。 だが、の特性で 戦闘で傷つき回復する事により戦闘力が上がる、とのことだ。 で、このキュイを倒した時が22000。 約22%増だ。 この考えを元に、少し計算してみようと思う。 【22000】 ・にボコられる ・回復する ・回復しパワーアップ。 ・をボコる。 そして地球で悟空と戦った時、18000の戦闘力だったが現在 復活毎に22%増という計算が正しければこの時33000の戦闘力の。 で、悟空の180000という数字もよく考えたら 戦闘力を倍にする奥義、 を使って180000なのだ。 きっと悟空の通常時の戦闘力は… 90000くらいと想像。 そんな33000のはに挑む。 様、調子に乗るに マジギレで襲い掛かる。 その、様の攻撃を抑え込む。 力が入る両者。 だがここで異変が。 の戦闘力で様の 新型を破壊! と、いう事は… 180000で壊れなかった新型を壊すという事は…! この時 の戦闘力は180000以上!? の中でも「天才」と呼ばれるならば、復活毎に 22%以上にパワーアップしてもおかしくはない、と考えてもいいだろう。 戦闘力53万の、さっきの取っ組み合いでも まだまだ余裕。 そして、この疲れようから 少なくとも戦闘力53万以下である事が伝わってくる。 だが、この第一形態の様の攻撃を防いだという事は… 無いとは思うが… 仮に、 仮にこの時の戦闘力が 50万までアップしたと仮定しよう…。 もし、もしこのの攻撃を防いだ時 50万まで上がったとして… 「なに!? という事で今回はまとめさせていただこうと思う。 測れる訳ないのにあんだけハッキリと53万とか言い張っちゃうんだからもう私には ノリでとしか考えられません。 様と言ったら戦闘力53万のイメージがあると思うのですが… 個人的には…様第二形態の… 「戦闘力にしたら100万以上は確実か…」 の方が、印象的。

次の