チャーシュー 盛り付け。 あさこ食堂の「チャーシュー」レシピが簡単なのに絶品すぎる

料理の盛り付けセンスを磨く方法とは?素人の料理をプロのフードスタイリストが盛り付けたら超美味しそうになった

チャーシュー 盛り付け

チャーシューの作り方って、難しいと思っていませんか? 実はチャーシューを自作するのは、レシピなんていらないくらい簡単です。 でも本当に美味しいんですよ?) 大勝軒のレシピの良いところは 塊の豚肉だったら、好きな部位を使ってOKな作り方ということ。 大勝軒は全国にのれん分けしたお店がありますが、八王子市内にも加盟店があります。 よりプロの味に近づけたい方は、一度実際の大勝軒に足を運んでみた方が再現性が高くできますね。 豚肩ロース お好みでバラ肉・モモ肉でもOK …780g• 醤油…適量• 日本酒…80㏄• しょうが…適量• 長ネギの青い部分があれば、それを使ってくださいね。 みりん=素材を引き締める作用• お酒=素材を柔らかくする作用 と似ているようで、真逆の作用をするみりんとお酒なので、その他の調理をする場合にも覚えておくと良いですね。 チャーシューの作り方 1:鍋に材料を全て入れて、強火にかける まずは、 常温に戻した豚肉を、半分に切ってお鍋に入れます。 冷蔵庫から出したばかりのお肉だと、あくがたくさん出てしまうので、チャーシューを作り始める30分前くらい前には、冷蔵庫から出しておくのがおすすめ。 そのままの大きさで鍋に入るなら、切る必要はありません。 ただ、小さなお鍋の方が、使う調味料が少なくて済みます。 参考にした大勝軒のレシピでは、お肉の量の3倍という、かなり大量の醤油を必要とします。 大勝軒のレシピでも、 お肉は半分お醤油につかればOKと言うことになってます。 お肉の上に小ねぎと、生姜をのせて、強火にかけます。 はちこは生姜を細切りにして冷凍保存しているので、写真のようになってますが、洗った生姜を皮つきのまま5ミリ幅程度にスライスしたものを使えば大丈夫です。 2:ふたをして、弱火で30分煮る レシピでは、蓋をしてから強火にかけるとなっていますが、その場合は必ずコンロのそばで見張っていてください。 吹きこぼれる確率が、かなり高くなります。 はっきり言って、これだけ濃いお醤油を吹きこぼしたら、後片付けはかなり面倒なものになります。 その時点で、簡単でも何でもないレシピになること間違いなし。 あくをすくう必要もないと書かれていたので、はちこはブクブクと沸騰してから、ふたをしました。 ふたをしたら、弱火にして30分煮ます。 3:お肉をひっくり返し、もう30分煮る 30分煮たら、お肉をひっくり返して、もう30分煮ます。 お醤油をいっぱい使って、お肉が浸っている場合は、そのまま30分追加で煮てください。 4:火を止めて、冷ます 煮物は冷ましている間に味がしみこむので、火を止めて、10分~15分ほど放置します。 熱々だと、柔らかすぎて切りにくいですし、肉汁も出てきてしまいます。 手もやけどする危険があるので、出来立てを切るのではなく、しっかり放置する時間をとってみてください。 — 2018年 6月月26日午後8時22分PDT でも、やっぱり作った日に食べたくなりますよね。 この日はチャーシュー丼にしてみました🍚 スライスして、タレをかけたら絶品でしたよ🤤 醤油タレを使い切るべし このチャーシュー、作った後に残ったタレがまた使えるんです! 飯通で紹介されていたように、冷奴にかけるのも良かったですし 翌日に浮いた脂も捨てずにチャーハンに使ったりすると、お肉の旨味がうつったタレなので、一段と美味しく仕上がります。 一緒に煮た、生姜の千切りと小ねぎもしっかりいただきました。 残ったタレに、お醤油と日本酒をつぎ足して使うことで、どんどんタレが美味しくなるのですが、使い切ってしまうことも多いです。 大勝軒のレシピを知ったきっかけを作ってくれた、インスタグラムのフォロワーは、煮汁をベースにラーメンスープをつくったりもしているそうですよ。 チャーシューの作り方アレンジ方法 この作り方を覚えておくと、いろいろアレンジがききます。 ほんとうにおすすめなので、みなさんもぜひマスターして、プロ顔負けのチャーシューを作ってみて下さいね。

次の

チャーシューを使ったおつまみレシピまとめ!残りものを簡単アレンジ!

チャーシュー 盛り付け

インパクトある盛り付けのチャーシュー麺が話題のお店 市には10数年前より印象的な見た目のチャーシュー麺が話題となったお店があります。 今回ご紹介するお店はコチラ 万人家 大学前店 花びらのように盛り付けられたチャーシューはボリューム満点 万人家の看板メニューがコチラ 花びらちゃーしゅーめん 丼の周囲にチャーシューがまるで 「花びら」のように盛り付けられています。 しっかりとした歯応えの豚肩ロースチャーシューで、一枚一枚の歯応えが強く、それがこれ程の枚数あると、食べ応えも抜群です! スープは背脂が浮き、適度なコッテリ感の豚骨醤油スープです。 旨味も程よく、飲みやすく美味しいスープでした。 麺は中太とはいわないまでも中位の太さで、スープとも良くマッチしています。 もう一つの看板メニュー、ガッツリ系の「G麺」 こちらのお店には定番の「花びらちゃーしゅー」の他に、もう一つの看板メニューがあります。 G麺 タイトルになっている「 G」とは Gatturi 「 ガッツリ」 Gokubutomen 「 ゴクブトメン」 Garlic 「 ガーリック」 の頭文字を取っているとのこと。 野菜量がハーフ(200g)、ふつう(400g)、ダブル(600g)、トリプル(800g)と4段階から選択可能で、どれを選んでも値段は同じです。 とても嬉しいサービスですね。 とりあえず、今回は「ふつう」にしてみましたが、それでもなかなかのボリュームです。 ちなみに、ニンニク、背脂の量、味の濃さも選べます。 スープは、上にのったニンニク以外にも、ニンニク風味がつけられていて、インパクトある味わいとなっています。 麺はガシっとした強い歯応えの極太麺です。 ガツンとしたスープに負けない、力強い麺が絶妙のコンビネーションです。 とても美味しかったです! 今回はG麺の野菜「ふつう」を食べましたが、「トリプル」が気になったので、もう一度食べに行ってみようと思いました。 万人家は市に3店舗あります! 市内には、前述の大学前店を含め3店舗あるので、次は違うお店に行ってみることに。 万人家 紫竹山店 まずは、定番の「花びらちゃーしゅーめん」 相変わらず素晴らしい盛りっぷり。 トッピングの「岩のり」を注文すると、別皿でやってきました。 チャーシューメンにセルフ盛り付け! 背脂スープに岩のりがのると美味しいですね~ 油と海苔って合うんですよね! 続きましては、今回の目的の「がっつりG麺(野菜トリプル)」 裏側から見ると・・・ 麺はガッシリ極太麺!!! 「がっつり」にするとチャーシューがプラスされます。 野菜もトリプルにしたので、トータルでかなりのボリューム感になります。 前回は味を普通にしましたが、今回は濃い目にしたところ、さらにインパクトのある味となりました。 とても美味しく、もちろんお腹もいっぱいです! オススメとしては、「 野菜トリプル」「 味濃いめ」ですね。 万人家は、ガッツリ系や肉好きにはもちろんオススメですが、スープや麺の完成度が高いので、普段はガッツリ系をあまり食べない人にも、入門編、あるいは非日常を味わう食事としてオススメできるお店です。 紹介したお店 万人家 大学前店 住所:県五十嵐一の町6684-1 TEL:025-268-7579 万人家 紫竹山店 住所:県紫竹山3-10-6 TEL:025-247-5078 ラーメン. com プロフィール 文:ラーメン. com 管理人 県を中心に様々なラーメン店を紹介しています。 限定ラーメン情報、読者投稿情報、掲示板、お得なクーポン、仕込み取材、読者投票によるランキング、管理人ブログ等、豊富なラーメン情報が詰まったHPです。 HP: ブログ: twitter: Facebook:.

次の

煮豚ならぬ煮鷄チャーシュー

チャーシュー 盛り付け

チャーシューをそのまま添えるだけでは栄養バランスも偏ってしまいがち。 栄養バランスの良いチャーシューを使った献立(メインディッシュ・アレンジレシピ他)をご紹介します。 チャーシューを使ったチャーシュー丼やチャーハンの献立もおいしくておすすめです。 チャーシューを入れた献立メニュー 手作りチャーシューをたっぷり作ったら、さらにいろんなメニューに生かして料理のバリエーションを広げましょう。 おいしいチャーシューがあればいろんなアレンジレシピにチャレンジできるので、今日の食卓がワンランクアップします。 ここでは手作りチャーシューをメニューの中に取り入れた献立をご紹介します。 栄養バランスやいろどりを考えて、ステキな楽しい食卓にしましょう。 一つ目の献立は、主菜に白髪ねぎと水菜をそえたチャーシューと副菜には厚揚げの甘辛炒め。 主菜は白髪ねぎと水菜を切るだけですが、チャーシューを作った時に一緒にとっておいたタレをかけるとよりおいしいおかずに。 副菜の作り方ですが、必要な材料は厚揚げの小さいもの2個・酒大さじ1・オイスターソース大さじ1強・オイスターソース大さじ1強・砂糖小さじ1強・ごま油大さじ0. 5・あれば刻んだ万能ネギを少々。 初めに厚揚げを食べやすい大きさに切り、ザルに入れて熱湯をかけて油抜きをします。 その後ごま油を入れたフライパンを火にかけ油揚げを入れて炒め、酒、砂糖、オイスターソースの順で加えて混ぜ、よく汁を絡めるようにして厚揚げに吸わせましょう。 汁気がなくなってきたらできあがり。 盛り付けて万能ねぎを散らしたら食卓へ。 さらに添えるなら、レタスとスライストマトのサラダにドレッシングをかけたものなどがおすすめ。 ごはんのおかずにもお酒のおつまみにもなる献立です。 二つ目の献立は、ご飯をネギトロ丼にし主菜をチャーシュー、副菜に油揚げと小松菜のおひたし。 まずネギトロ丼はまぐろのすきみをお好みで用意し、丼にご飯をよそって大葉または刻みのりをそのままのせ、その上にまぐろのすきみをのせます。 すきみが少ない時はシラスをプラスすると豪華に。 最後はしょうゆ大さじ2とごま油数滴を垂らしてできあがりです。 それからチャーシューはお皿に盛り付けるだけで、食べやすい大きさに切ってもレタスを敷いて野菜をそえてもOK。 副菜のおひたしに使う材料は、小松菜1束・にら4本・油揚げ1枚と味付けにめんつゆ大さじ1・ポン酢大さじ1・からし小さじ1。 初めに油揚げを半分に切り5mmの厚さに切り分け、フライパンで炒めます。 小松菜とにらはサッとゆでたあと水にとり冷ましてから、3~4cmの食べやすい大きさにカット。 最後にボウルで小松菜、にら、味付けの調味料を混ぜ合わせて油揚げを入れてからサッとまぜればできあがり。 野菜不足を感じたときにすぐ足せる簡単な一品です。 今度はチャーシューを材料に使った献立として、チャーシュー丼やチャーハンのレシピのご紹介です。 一品料理の周りにいろんな副菜をそえることで栄養バランスもアップ。 より豪華な食卓にもなり、家族や訪問したお客さんなどからも喜ばれます。 まずチャーシュー丼を入れた献立では、主菜がチャーシュー丼、副菜が玉ねぎとみょうがのスープにきゅうりと塩昆布の浅漬け。 チャーシュー丼は少しアレンジを加えてネギチャーシュー丼にするため、白髪ねぎを作り水にさらしてシャキッとさせておきます。 水気はキッチンペーパーでふき取っておきましょう。 チャーシューは4mmほどの厚さにスライス。 フライパンでごま油大さじ2を熱して白い煙が出てきたら白髪ねぎにかけ、そこへチャーシュー、お好みの量の豆板醤、チャーシューのタレを加えてまぜます。 しょうゆは味を調えるために必要であればたしましょう。 あとは丼のご飯の上にのせるだけ。 次に副菜のスープは、最初に玉ねぎ8分の1個、みょうが1個・あればお好みで大葉を薄切りにしておきます。 お鍋に水400ccを沸騰させて、薄切りにした野菜と顆粒コンソメ小さじ1・酒大さじ1・塩少々を入れて1~2分ほど煮ましょう。 再び沸騰すればできあがりです。 シンプルな具材を使ったさっぱりとした味わいのスープなので、こってりしたチャーシュー丼ともよく合います。 最後に浅漬けは、きゅうり2本を洗って斜めに切ってビニール袋にさらに塩昆布15gと塩小さじ4分の1をたして10分もんだらできあがり。 それからチャーシューを使ったチャーハンの献立は、主菜にチャーハン、副菜に塩ゆでブロッコリー。 チャーハンに必要な材料は、チャーシュー2~3枚・卵1個・塩少々・白ネギ5cm・ご飯230g・鶏がらスープの素・しょうゆ小さじ0. 5・塩こしょう少々。 初めにチャーシューを5mmの幅に切っておき更に6~7mmの角切りに、ネギはみじん切りにしておきます。 そして塩を加えた卵を溶きほぐし、熱したフライパンに油をひいて卵を炒めたら一度取り出しておきます。 さらに油を足してチャーシューを炒めたあとネギをさっと炒めましょう。 そこへご飯をいれて鶏がらスープを加え、取り出しておいた卵を戻して素早く炒めて塩コショウで味を調えます。 しょうゆは最後に加えてサッと炒めればできあがり。 副菜の塩ゆでブロッコリーは、ブロッコリーを水でよく洗ってから茎を切り小房に分けます。 茎が硬い時は皮をむいて切り分けましょう。 時間がある時は一晩塩水につけておくと房の中に虫がいても逃げ出します。 鍋で湯をわかし塩を入れ、沸騰したところで茎から先に茹でましょう。 20秒ほどしたら房の部分を入れて1~2分したザルにあげ、うちわであおいで冷まします。

次の