炊飯器 窯。 【炊飯器】内釜の種類と違いを知ろう!

内釜が丈夫な炊飯器

炊飯器 窯

炊飯器はどこまで掃除できる? 炊飯器をお手入れする際、どこまで洗っていますか?炊飯器の中の内釜だけしか洗わない方も多いと思いますが、 内釜だけではなく内蓋や蒸気口も取り外しができるものが多いので、洗剤で洗うことが可能です。 取り外しができない場合も、布巾などを使用して掃除することで清潔を保つことができます。 さらに月に1回くらいは外側や細かい部分も掃除できれば理想的です。 1-2. 普段の掃除では炊飯釜と内蓋を洗う 炊飯器の掃除は基本的に毎日行いましょう。 ただし、普段のお手入れはそれほど本格的にする必要はありません。 なお、手入れをするときは炊飯器の電源コードを抜き、本体が冷めてから行ってください。 まずは洗剤で内釜を洗います。 表面を傷つける恐れがあるので柔らかいスポンジで洗いましょう。 内側だけでなく外側も洗ってください。 次は内蓋です。 取り外せるタイプの炊飯器なら、外して水またはお湯で洗います。 取り外した後の蓋の後ろにも米粒や汚れが付着していることがあるので、濡らしてよく絞った布巾で拭きます。 取り外せるなら蒸気口も洗っておきましょう。 それぞれの部品を洗った後は水分を拭き取り、しっかりと乾燥させてから本体に戻してください。 もし炊飯器の外側に目立つ汚れがあったら水拭きしておきましょう。 1-3. 本格的に掃除するときは細かい部分も手入れしよう 大掃除などの機会には、時間をかけて本格的に掃除しましょう。 綿棒を湿らせて本体の細かい部分まで掃除します。 米粒が付着しているときには つまようじや竹串を使うと取りやすくなります。 ただし、炊飯器を傷つけないように注意してください。 汚れがたまりがちな内釜を取った後の炊飯器の内側も、布巾でしっかり拭きます。 炊飯器の裏側もひっくり返して掃除しましょう。 裏側には吸気口と排気口があり、ほこりがたまってしまうと故障の原因になります。 湿らせた綿棒などを使ってきれいにしましょう。 1-4. 汚れやにおいには「重曹」「クエン酸」 汚れが落ちにくい場合には重曹を使う方法がおすすめです。 本体内部は取り外して洗剤で洗えず、汚れがたまりがちですが、重曹を使うことで落としやすくなります。 弱アルカリ性の重曹には汚れやにおいを中和してくれる作用があり、掃除に役立ちます。 クエン酸もにおいを取る効果があります。 どちらも食品にも使われる成分なので、万が一磨き残しがあったとしても安心です。 部品ごとの洗い方 炊飯器はいくつかの部品に分けられます。 部品によって汚れやすさが違うため、洗う頻度も異なります。 ここでは、各部品の洗い方をご紹介します。 2-1. 内釜は台所用中性洗剤で洗う 柔らかいスポンジで台所用中性洗剤を使って洗いましょう。 たわしなどの硬い素材で磨くと表面に傷がついてしまう恐れがあるので注意してください。 「内釜を洗うときに洗剤を使うと、においがついてしまうのではないか」という理由で敬遠される方もいるかもしれませんが、炊飯器メーカーはスポンジと洗剤で洗うことを推奨しています。 内釜は使用するたびに洗剤洗いして、いつもきれいな状態に保ちましょう。 においが気になる場合はすすぎをしっかりして、においを残さないようにしてください。 2-2. 内蓋も丁寧に洗おう 内蓋もスポンジと台所用洗剤で洗います。 ぬるま湯に浸してから洗うと、こびりついた汚れも落としやすくなります。 隙間に汚れが入り込んでいる場合は竹串やつまようじで取り除きましょう。 炊飯釜はご飯を炊くたびに洗う方が大半かと思いますが、内蓋の掃除は忘れがちです。 米が付着する機会も多いので、内蓋をよく洗って清潔に保ちましょう。 特に炊き込みご飯をした後は 調味料が蒸発して、内蓋や内蓋の裏側に汚れが入り込んでしまいます。 また、もち米は粘りがあるため、おこわを炊いたときは普通のお米を炊いた後よりも汚れがひどくなってしまいます。 毎日洗えないという方でも、炊き込みご飯やおこわを炊いた日は内蓋まで洗うことをおすすめします。 2-3. 蒸気口の掃除も忘れずに 蒸気口は取り外せる場合は取り外して、 スポンジと台所用洗剤で洗いましょう。 蒸気口の中が汚れていると、炊き上がったお米に嫌なにおいがついてしまうことがあります。 吹きこぼれたり蓋を開けたときに水が垂れたりする恐れもあるので、使うたびに手入れしておきましょう。 2-4. パッキンは別途購入も可能 パッキンとは 炊飯器の内蓋を囲むようについているゴムのことです。 この部分にも汚れや細菌が付着していることがあります。 古くなって変形すると、吹きこぼれの原因になることも。 汚れや消耗がひどい場合は、新しいパッキンを購入しても良いかもしれません。 炊飯器の部品は食洗機で洗える? 家に食洗器(食器洗い機)がある場合、食洗器で炊飯器を洗えれば便利ですよね。 果たして炊飯器の内釜や内蓋は食洗器で洗っても大丈夫なのでしょうか。 食洗器は炊飯器の内蓋や内釜などを洗うことには対応していません。 食洗器に含まれている研磨剤や急激な温度変化によって変色や傷、ひびができる恐れがあります。 またフッ素加工を傷めてしまうこともあるようです。 食洗器は50度~80度の温水を勢いよく噴射して洗浄します。 使用する洗剤も手洗い用のものより強いタイプです。 洗い上がりは手洗いよりもきれいですが、入れるものによっては劣化が早まることがあります。 炊飯器を洗うときは食洗器を使わず、手洗いにしましょう。 炊飯器にはカビが繁殖しやすい 炊飯器にカビが発生するというイメージはあまりないかもしれませんが、実は炊飯器はカビが好みやすい環境です。 長く手入れしていなければ雑菌の温床になりかねません。 4-1. 炊飯器はカビが好む環境 炊飯器は、中に入っている水を沸騰させてご飯を炊く仕組みです。 内釜の温度や圧力を調整するために設けられている蒸気口には、米のでんぷん質を含んだ蒸気が付着するため、ねばりけのある液体がたまりやすい傾向にあります。 米に多く含まれるでんぷんはカビや細菌の好物。 長時間放置すると、カビや細菌がでんぷんをエサにして繁殖します。 見た目では汚れが分かりにくくても、カビや細菌を防ぐために汚れをきれいに取り除いておくことが重要です。 4-2. カビが生えてしまったら念入りに洗浄 炊いたお米を長期間放置してしまい、炊飯器の中にカビが発生してしまったら、念入りに掃除をしましょう。 まず、カビが生えてしまったご飯をビニール袋に入れて密封して捨てます。 それから 内釜や内蓋など取り外せる部品はすべて取り外して、洗剤でしっかり洗ってください。 次は本体の内側部分を掃除します。 水で薄めた洗剤で布巾を濡らして拭き、最後にアルコールスプレーをかけておくと安心です。

次の

ジャー炊飯器

炊飯器 窯

日本人の主食として、食生活には欠かせない「お米」。 毎日口にする家庭もいらっしゃるからこそ、炊飯器にこだわりたい方も多いはず。 けれど、「種類が多すぎて、実際はどの炊飯器を選べばいいのか分からない... 」と頭を抱えてしまう人もいることでしょう。 そこで今回は、 炊飯器の主な種類や上手な選び方から、加熱方式に応じたおすすめアイテムまで詳しく解説していきます。 日々の食事を有意義で美味しく過ごすためにも、自分の好みや生活スタイルにマッチした商品をセレクトするのが重要です。 それではまず、おすすめアイテムをご紹介していく前に、炊飯器の主な種類についてチェックしていきましょう! 炊飯器の加熱方式は、大きく分けて4パターンに分類されます。 ご飯を好んで食べる日本では、そんな消費者のニーズに合わせて炊飯器も毎年最新モデルが多くのメーカーより発売されます。 2020年の現在も多種多様なデザインの炊飯器から機能性に富んだジャーまで幅広く展開されておりますが、炊飯器の購入を検討している方は、まず「 炊飯器の加熱方式」はチェックするようにしましょう。 そんな炊飯器の加熱方式とは大きく、• IH炊飯器• 圧力IH炊飯器• マイコン炊飯器• ガス炊飯器 の4つに分類され、タイプによって特徴も様々です。 そのため、ここからは各加熱方式の特徴について詳しく解説するので、「自分にはどの加熱方式がマッチするのか?」自身のライフスタイルや家族の好みを照らし合わせながら、どの加熱方式の炊飯器にするか決めるようにしましょう! 加熱方式1. IH炊飯器 現在発売されている炊飯器において、最も主流の加熱方式と言われているのが「IH炊飯器」です。 電磁力で内釜そのものを直接加熱することにより、従来のジャーより強い火力を発揮し、 短時間で一気にお米の芯までムラなく炊けるのが特徴です。 また、全体的にふっくらと柔らかいお米が炊き上がるため、柔らかいお米を好む家族におすすめと言えるでしょう。 もちろん、水の量や蒸らしの度合いによって硬めにも炊けます。 さらには、安いコスパ最強のジャーから高級モデルまで、商品のバリエーションも幅広いため、自分好みの炊飯器が探しやすいのもIH炊飯器の魅力です。 加熱方式2. 圧力IH炊飯器 現代のトレンドといっても過言ではないのが、「圧力IH炊飯器」です。 大手メーカー東芝の「羽釜」やパナソニックの「Wおどり炊き」など、多くのヒット商品が生まれており、多くの方に選ばれている人気の炊飯器と言えます。 また、圧力が高くなるほど炊きあがったお米がモッチリとした口触りになるのも特徴と言えるでしょう。 加熱方式3. マイコン炊飯器 内釜の下部分を発熱させ、その熱で釜を温めて炊飯する、マイコン炊飯器。 底部から徐々に熱していくため、内釜は熱伝導率を上げるためアルミ釜を用いるケースが多いのも特徴です。 ただし、最近では上蓋や側面にもヒーターを設置して、火力を強化したモデルも展開されるなど2020年の現在も数多くの改良が重ねられている人気の加熱方式と言えます。 シンプルな構造設計でトラブルや故障も起こしにくく、お手入れが楽チンなのもマイコン炊飯器の嬉しいメリット。 内釜も軽量設計なので、女性でも洗いやすいのも魅力。 多くの家電メーカーが販売しており、機種によっては一万円未満と非常に安い価格で購入できるため、「とりあえずご飯が炊ければ良い」という方は、お手頃価格でコスパ良く買えるマイコン炊飯器がおすすめですよ。 加熱方式4. ガス炊飯器 使用人数が5人を上回る場合は1升炊きの炊飯器がおすすめです。 1升はおよそ10合で、重さでいうと1. 5kgです。 「1升も炊いたところで残飯になりそう」とおっしゃる方も多いと思いますが、心配なさらなくても大丈夫ですよ。 育ち盛りのお子さんや男性がいるご家庭なら、意外とすぐに消費できるのでご安心を。 また、容量の小さい炊飯器よりも一度に炊いた方がエコにも繋がるので、5人家族以上の方は思い切って1升炊きの炊飯器を購入してみるのもおすすめですよ。 それでも万が一ご飯が残ってしまった場合は、すぐに食べるなら保温、食べきれなさそうな場合は冷凍保存と早めで判断を下すなどして、速やかに対応しましょう。

次の

炊飯器の内窯コーティングが剥がれても安全?原因と修理や交換の方法

炊飯器 窯

マイコン炊飯器• IH炊飯器• 圧力IH炊飯器• 火力は弱いですが、消費電力は少ないです。 また、3合までの少量炊き用の主流の方式で、 低価格の商品が多く種類が豊富です。 だから、高火力で短時間に炊くことができます。 これにより、ふっくらとしたご飯が炊けます。 LPガスや都市ガス用がありますが、 機種の種類は少ないようです。 マイコン炊飯器とIH炊飯器の違い マイコン炊飯器は釜底のヒーターだけで加熱しますが、 IH炊飯器は 内釜全体で加熱します。 だから、IH炊飯器のほうがむらなくまんべんに 加熱するので 早く美味しく炊き上げることができます。 また、保温時の 黄ばみも抑制されますよ。 IH炊飯器と圧力IH炊飯器の炊き上がりの違い IH炊飯器では内釜に圧力を加えることはできませんが、 圧力IH炊飯では、内釜に 圧力を加えることができる。 内釜に圧力を加えることによって 沸点が 変わり、 その違いにより以下のようになります。 圧力IH炊飯器 粘りがあるもっちりとしたご飯を炊き上がる IH炊飯器 しっかりとした粒感のある食感に炊き上がる 炊飯器を内釜で選ぶ 炊飯器の加熱方式を紹介しましたが、 それぞれのメーカーが競って独自の技術をいろいろと 開発していて選択肢が多く迷ってしまいますよね。 近頃、多くのメーカーが力を注いでいるのは 内釜なのですが、実はこれがお米を ふっくらと おいしく 炊き上げる大切なポイントなのです。 昔から かまどで炊いたごはんが おいしいと言われますよね。 この理由は、釜内に広がった 熱が外に 逃げにくいからなんです。 そんな かまどで炊いたときと 同じような おいしいお米が炊けるように各メーカーから いろいろな内釜を使った炊飯器が発売されています。 炊飯器の価格は 1万円くらいのものから、 高級なものは 10万円以上もしますが、 この価格の 違いは 内釜によるところが大きいのです。 では、この炊飯器の内釜の種類には どのようなものがあるのか紹介していきましょう。 内釜の種類 内釜の種類は主に「 素材」や「 構造」の 違いにより分けることができます。 鉄釜 ステンレス内釜よりも発熱性があり、 大きな火力で炊くことができます。 銅釜 釜全体を均一に素早く加熱することができる 熱伝導の高さが特徴です。 炭釜 熱伝導率も高く、遠赤外線の効果で むらなく加熱することができます。 土鍋 ゆっくりと熱が伝わるので蒸らし効果があるのと、 高い蓄熱性で冷めにくい特徴があります。 この他に熱伝導効率の良い素材を 混ぜているものもあります。 一般的には 上位機種になるほど特殊な素材が 多く使われ、内釜の 厚みも 増す傾向にあります。 メーカー間で簡単に内釜の厚さでの比較はできませんが、 メーカーごとに厚さで価格が違い、中間くらいの 機種でも内釜の厚いお得なモデルもあります。 厚釜 釜を厚くすることによって、 熱を蓄え包み込むように炊くことができます。 一般的にはだいたい2. 3mm以上の厚みがあると 「厚釜」と呼ばれています。 多層釜 銅・金・ダイヤモンドなどの熱伝導効率の高い素材を 7層・8層・9層などと層状に重ね合わせて、 より熱伝導を高めています。 真空釜 魔法瓶のように真空層を持つタイプで、熱が逃げにくく、 熱を早く内部に伝えることができます。 また、厚釜や多層釜と比べると重量が軽くて 扱いやすいのが特徴です。 蒸気の有無 炊飯器には、炊飯時に蒸気口から 蒸気を出す機種と 蒸気を出さない機種があります。 蒸気を出さない機種なら、 炊飯器の本体の 上部に スペースをあける必要がないので設置もラクです。 また、なかには蒸気を出す機種のうち、 蒸気の排出量を少なくする機能がついたものあります。 内釜洗米が可能か?どうか 最近の 内釜は 洗米できるタイプが多いようですが、 中には 洗米できないタイプもあります。 なるべく手間を省きたい方は、 内釜で洗米できる炊飯器を選びましょう。 内釜を長持ちさせたいのなら洗米は別容器で! 内釜を 長持ちさせたい方は、 お米を 別容器で洗うことをオススメします。 また、洗米による 磨耗だけでなく、洗米時に指輪や時計が 内釜にあたり キズが付いたりすることも防げますし、 傷からフッ素などが はがれることも防げます。 炊飯器の容量と消費電力 炊飯器の容量にはだいたい 「 3合」、「 5. 5合」、「 1升」があります。 人数に合った 容量の炊飯器を選ぶことで、 余分な消費電力も抑えられます。 2人くらいまでなら「3合炊き」、 3人~5人くらいまでなら「5. 5合炊き」、 それ以上なら「1升炊き」を選びましょう。 最後に 炊飯器を選ぶには、 内釜が一番の ポイントだと 思うのですが、素材や構造といっても いまひとつ分からないと思います。 だから、炊飯器を選ぶには、その内釜を使った炊飯器で どういった 炊き上がりになるのかが、カタログに 書いてあるので、それを参考にします。 そして、自分の 好みにより近い 炊き上がりの 炊飯器を選びましょう。 スポンサーリンク 関連コンテンツ.

次の