ライン モバイル cm。 LINEモバイルCMの女優(女の子)は誰?本田翼のダンスが可愛い格安スマホ

本田翼,ラインモバイル,CM,かわいい,最新,ダンス

ライン モバイル cm

『ダンスが変』『歌が下手』などの指摘 LINEモバイルのCMが嫌いな方が指摘されてるポイントは、• 歌とダンス についてです。 — ケンタロー kenbowjpn 本田翼は好きだけど、LINEモバイルのCMは嫌いだなーと思っていたら、上司がここ最近のお気に入りと言っていた。 …そうか。 女は誰かわからないけど、あのダンスがムカつく 夜マックも本田翼のLINEも大昔の[8時だよ全員集合]のED曲 いい湯だな から。 どっちも安直なんだよ 本田翼のLINEモバイル。 へんな踊り。 安っぽいCM。 実際の意見はこんな感じ。 踊りがヘンテコ• ドヤ顔が不快• 踊りがヘンテコ• 替え歌が嫌い• 変、ダサい、うざい• CMを見たくない と言った意見が見られます。 『CMの本田翼さんが可愛すぎる』という意見 また、『CMが嫌い』って意見の数倍、 CMの本田翼さんの圧倒的な可愛さをぼやく声も見られます。 ラインモバイルのCM全くもって意味が分からないけど本田翼が可愛すぎるのは分かる — M78ぺろーん星人 sk99fm ラインモバイルの本田翼可愛すぎ問題 — 蒼林檎 aoringomanzoku ラインモバイルの本田翼のCMほんとかわいいな! 広瀬すずとの格の違いを見せつけたな — マサヒト masahhito LINEモバイルのCM。 本田翼さんを使って全国民をキュン死に追いやろうとしているな! Tik Tokでみんなマネして踊り狂ってるんやろな。

次の

UQモバイルCMの三女役(三姉妹)の女優は誰?

ライン モバイル cm

誰でもみんな300円~」 ロックテイストの女性が踊りながら歌っています。 女性「ラインモバイル。 あの子も私も300円」 ナース服にチェンジしました。 コウペンちゃんも踊っています。 女性「ラインモバイル。 ほんとに、ほんとだよ!」 次は警官になって笛を鳴らしています。 女性「ラインモバイル。 検索~」 最後は主婦ですね。 この記事では、このLINEモバイルのCM女優は誰なのか? 他の出演作・オススメの映像などを紹介していきます。 まずはオンエア開始された、CMの公式動画を見てみましょう。 はしゃいだ感じがかわいいです。 全力ダンスですね。 コウペンちゃんも存在感があります。 相変わらず癒し系キャラクターですね。 この全力で歌って踊る女性はいったい誰なのでしょうか? この後、詳しく解説していきます。 2006年に、スカウトをきっかけにファッション雑誌『SEVENTEEN』の専属モデルとしてデビューしました。 2012年には『恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方』(TBS)でテレビドラマ初レギュラー出演、映画『FASHION STORY-Model-』で映画初主演・初出演を果たすなど女優業を本格化させています。 現在はYouTubeチャンネルを開設し、ゲーム実況の生配信及び動画投稿をするといった活動もされています。 最近で言えば、モデルの藤田ニコルさんがメイク動画のチャンネルを開設されていて、メイク系は話題になることが多いと思うのですが。 しかも、顔出し無し。 なんでも「ゲームしているときの顔は見られたくない」んだとか。 何やっていてもかわいいんだろうなと思いますけどね。 漫画が原作で、 診療放射線技師役の窪田正孝さんと放射線科医役の本田翼さんとの共演、また平成最後の月9ということで注目されています。 楽しみですね。 このCMは『誰でもみんな(お願い)』篇も作られています。 『誰でもみんな(お願い)』篇でも、主演の本田翼さんが楽しそうに全力で踊っているので、こちらもご覧ください。 クールな感じです。 そして、ナース服での「お願い」。 こんなふうにお願いされたら、聞いてあげたくなっちゃいます。 いろいろな表情、役柄を演じることができるんですね。 これからの本田翼さんの活躍に期待しましょう。

次の

LINEモバイルCMの女優(女の子)は誰?本田翼のダンスが可愛い格安スマホ

ライン モバイル cm

(C)まいじつ 本田翼が出演する『LINEモバイル』新CMの評価が、ネット上で真っ二つに割れている。 本田が同CMに起用されたのは昨年10月。 新たなバージョンのCMが公開されたのは去る2月20日のこと。 今回はおなじみのダンスに加えて、ナース、女性警官、主婦、ロック好き女子と4種類のコスプレも披露しており、ネット上では、 《なんなんだこの破壊力!》 《youtubeの広告全部これだったらスキップしないわ》 《踊るとき内股なのが最高にかわいい》 《すべてにおいてカワイイ。 もうカワイイがあふれ出まくってる》 《最近になって魅力が増してきた気がする》 などと絶賛の嵐が吹き荒れている。 「かわいい」と「あざとい」で評価拮抗 しかし一方で、「かわいい」と言わせたいことがにじみ出た振り付けやコスプレに、〝あざとい〟と苦言を呈す視聴者も一定数存在するよう。 《男に媚びることを強いられてるみたいでばっさーがかわいそう》 《本田翼ちゃん嫌いじゃないしかわいいんだけど あの曲と演出? あざとい感じが苦手…》 《過剰なかわいいアピールしてるみたいでムリだわ》 《お前らこういうのが好きなんだろ? って感じが出過ぎてる》 など、評価は真っ二つに分かれている。 「整ったルックスで高い男性人気を誇る本田ですが、『SEVENTEEN』や『ラブベリー』といった女性向けティーンズ誌出身モデルのため、元来の支持層は10代~20代の女性が中心でした。 しかし、近年はアニメやマンガ好きをアピールする〝オタク媚び〟に走るようになり、昨年にはYouTubeでゲーム実況も配信。 するとシンパシーを感じたオタク層からの人気が爆発し、各広告やCMでも男に媚びたようなキャラを演じさせられるようになってしまいました。 いわば、オタクに消費されることで〝嫌われ役〟までやらされた、ある種の被害者とも言えるでしょう」(芸能ライター) 特定の支持層へ向けたアピールが、また別の層から芳しくない評価を受ける要因になるとは…。 タレント商売は実に難しい。

次の