スキン ヘッド 用 カミソリ。 男性用スキンケアブランドが開発。“孟宗竹のカミソリ”に創設者が込めた想い

カミソリおすすめ19選|男性美容研究家によるランキング!カミソリ負けの対処法も

スキン ヘッド 用 カミソリ

昨日紹介しましたスキンヘッド用のカミソリ。 今日使ってみました。 が、うーん。。。。 かなぁ~。 まあ、慣れの問題もあるんでしょうけど、使えなくもないけど、T字剃刀のほうがいいかなぁ~ってのが率直な感想ですね。 切れ味が悪いわけではないですが、特に良くもないもんで、これはおススメ!という感じにはならなかったです。 もう少し慣れると感想も変わってくるかもしれませんけどね。 上の写真のように、脚とかの毛を剃るにはいいかもしれませんね。 考えてみればスキンヘッドにはこれが最適!って代物ならもっと普及しているはずですもんね。 この製品なんといっても生産が中止になってるくらいだから、当然の感想ということになるのかもしれません。 ま、もう少し使ってみます。

次の

シック(Schick)の男性用カミソリおすすめ9選

スキン ヘッド 用 カミソリ

【 目次 】• 唯一のメンズ ボディ カミソリ「シック ハイドロ ボディ」 実はこれまで女性用のボディ用カミソリはありましたが、男性用はありませんでした。 それが「 」です。 潤いを保ちながら剃り上げる「ハイドロシリーズ」 シックといえばハイドロシリーズといっていいほど、一度はCMやお店で見かけたことがあるかと思います。 一言で説明するならば、「 潤いを保ちながらシェービングができる」カミソリがハイドロシリーズです。 ハイドロシリーズの中にも5枚刃のモデルがあったり、アロエ成分がヘッドに付いていたり、多種多様なものが発売されていますが、「 シック ハイドロ ボディ」はその中でも、 体毛に特化したモデルになります。 スペックから見る「シック ハイドロ ボディ」」 お次は実際にどんな仕様なのかスペックからみてみましょう。 お尻も剃りやすい!?「両方向に剃れるカミソリ」 手が届きにくいところをカミソリでそるのは怖いですよね。 とはいっても、剃り残しをするのは嫌だし、できれば安全に簡単に剃りたい、という人にうってつけの機能が、両方向に剃れるカミソリです。 5枚刃中、全部を一方向に並べるのではなく、2枚+3枚を対局に刃先を並べることによって、両方向に剃れるようになっています。 特におしりなどのデリケートな場所を剃るときにはオススメです。 敏感肌にはうれしい「ジェル&スキンガード」 たいていのカミソリのヘッド部分にはジェルが付いていますが、「」のジェルは刃を挟むように2箇所に搭載しています。 粘度も充分あるので、ひげ剃り用のカミソリとは違うのを使っているように思います。 しかし、 シェービングフォームが必要ではないというわけではありませんので、ご注意ください。 また刃と刃の間に肌への負担を減らす独自の「 スキンガード」を搭載されているので、普通の5枚刃よりも、肌に優しい仕様になっています。 「シック ハイドロ ボディ」を実際に使ってみた感想 一通り身体の色々なパーツを剃ってみたのでレビューしていきます。 毛詰まりしにくい「両方向カミソリ」 男性が体毛を剃るにあたり、女性と大きく異るのが、毛の太さだと思います。 しかし、「」は両方向に剃れるということもあって、毛が詰まりにくかったのには感動しました。 片方に毛が詰まっても、もう片方に動かすと、詰まっていた毛が刃先から抜けるので、ある程度緩和されるようです。 また、女性用カミソリに比べて、刃の間隔も広いように感じました。 それも相成って詰まりにくいのかなと思います。 驚異の可動域で肌当たり柔らか! スペックでは説明しておりませんでしたが(パッケージの裏側でもあまり紹介されていませんでした。 )、柄がかなり曲がります。 ちょっと強めに圧をかけてしまったとしても、 柄が力を吸収し、適切な角度にヘッドを調節してくれるので、剃刀負けの原因を軽減してくれます。 身体は顔と違い、曲線が多いので、可動域が大きいのは高評価です! ムダ毛に威力を発揮!毛足が長いすね毛には不向き!? とにかく毛詰まりしにくいので、へそ周りやお尻、内ももなどの比較的細い毛は、するする剃れます。 手の届きにくい箇所も、両方向カミソリのお陰で、身体を洗うときのように、上下にカミソリを移動するだけで、簡単に剃れるので、不器用な方でも安心! しかし、さすがに すね毛や、Vラインなどの毛足が長いところを剃るには、毛が詰まってしまうので、「 」一本で全身を剃るのは不可能です。 「シック ハイドロ ボディ」と電動シェーバーの二刀流がおすすめ! 毛足が長い毛を剃る場合、 一度電動シェーバーである程度短く剃ってから、カミソリで剃るのがおすすめです。 その方が毛詰まりもしませんし、何より毛が引っかかりにくいので、カミソリ負けを予防できます。 また、Vラインなどツルツルにはしたくない部位は、電動シェーバーで整えるだけ、胸毛やへそ毛などのツルツルにしたい部位はカミソリで剃るなど、使い分けするのもオススメです。 ちょっと気になった毛があったときに、お風呂場に一本あるとかなり重宝するので、男性にはマストアイテムです!.

次の

シック(Schick)の男性用カミソリおすすめ9選

スキン ヘッド 用 カミソリ

【 目次 】• 唯一のメンズ ボディ カミソリ「シック ハイドロ ボディ」 実はこれまで女性用のボディ用カミソリはありましたが、男性用はありませんでした。 それが「 」です。 潤いを保ちながら剃り上げる「ハイドロシリーズ」 シックといえばハイドロシリーズといっていいほど、一度はCMやお店で見かけたことがあるかと思います。 一言で説明するならば、「 潤いを保ちながらシェービングができる」カミソリがハイドロシリーズです。 ハイドロシリーズの中にも5枚刃のモデルがあったり、アロエ成分がヘッドに付いていたり、多種多様なものが発売されていますが、「 シック ハイドロ ボディ」はその中でも、 体毛に特化したモデルになります。 スペックから見る「シック ハイドロ ボディ」」 お次は実際にどんな仕様なのかスペックからみてみましょう。 お尻も剃りやすい!?「両方向に剃れるカミソリ」 手が届きにくいところをカミソリでそるのは怖いですよね。 とはいっても、剃り残しをするのは嫌だし、できれば安全に簡単に剃りたい、という人にうってつけの機能が、両方向に剃れるカミソリです。 5枚刃中、全部を一方向に並べるのではなく、2枚+3枚を対局に刃先を並べることによって、両方向に剃れるようになっています。 特におしりなどのデリケートな場所を剃るときにはオススメです。 敏感肌にはうれしい「ジェル&スキンガード」 たいていのカミソリのヘッド部分にはジェルが付いていますが、「」のジェルは刃を挟むように2箇所に搭載しています。 粘度も充分あるので、ひげ剃り用のカミソリとは違うのを使っているように思います。 しかし、 シェービングフォームが必要ではないというわけではありませんので、ご注意ください。 また刃と刃の間に肌への負担を減らす独自の「 スキンガード」を搭載されているので、普通の5枚刃よりも、肌に優しい仕様になっています。 「シック ハイドロ ボディ」を実際に使ってみた感想 一通り身体の色々なパーツを剃ってみたのでレビューしていきます。 毛詰まりしにくい「両方向カミソリ」 男性が体毛を剃るにあたり、女性と大きく異るのが、毛の太さだと思います。 しかし、「」は両方向に剃れるということもあって、毛が詰まりにくかったのには感動しました。 片方に毛が詰まっても、もう片方に動かすと、詰まっていた毛が刃先から抜けるので、ある程度緩和されるようです。 また、女性用カミソリに比べて、刃の間隔も広いように感じました。 それも相成って詰まりにくいのかなと思います。 驚異の可動域で肌当たり柔らか! スペックでは説明しておりませんでしたが(パッケージの裏側でもあまり紹介されていませんでした。 )、柄がかなり曲がります。 ちょっと強めに圧をかけてしまったとしても、 柄が力を吸収し、適切な角度にヘッドを調節してくれるので、剃刀負けの原因を軽減してくれます。 身体は顔と違い、曲線が多いので、可動域が大きいのは高評価です! ムダ毛に威力を発揮!毛足が長いすね毛には不向き!? とにかく毛詰まりしにくいので、へそ周りやお尻、内ももなどの比較的細い毛は、するする剃れます。 手の届きにくい箇所も、両方向カミソリのお陰で、身体を洗うときのように、上下にカミソリを移動するだけで、簡単に剃れるので、不器用な方でも安心! しかし、さすがに すね毛や、Vラインなどの毛足が長いところを剃るには、毛が詰まってしまうので、「 」一本で全身を剃るのは不可能です。 「シック ハイドロ ボディ」と電動シェーバーの二刀流がおすすめ! 毛足が長い毛を剃る場合、 一度電動シェーバーである程度短く剃ってから、カミソリで剃るのがおすすめです。 その方が毛詰まりもしませんし、何より毛が引っかかりにくいので、カミソリ負けを予防できます。 また、Vラインなどツルツルにはしたくない部位は、電動シェーバーで整えるだけ、胸毛やへそ毛などのツルツルにしたい部位はカミソリで剃るなど、使い分けするのもオススメです。 ちょっと気になった毛があったときに、お風呂場に一本あるとかなり重宝するので、男性にはマストアイテムです!.

次の