画像 編集 モザイク。 モザイク(ぼかし)をかけるならペイントで

簡単に使える画像編集ツール・ソフト9選|無料から有料まで機能を紹介

画像 編集 モザイク

自分で撮影した動画をSNS・YouTube等のフォーマットにアップロードする前、自分の顔、第三者の顔、または他人に見せたくないものを隠したい時はありませんか? そういう時、動画編集でモザイクをかけるのは一般のやり方です。 でも、Windows10 PCで動画にモザイクを入れたいけど、どうすればいいかわからない人がたくさんいるようです。 実は動画にモザイクをかける機能が付いている動画編集ソフトがあれば簡単です。 というわけで、今回は Windows10 PCでも動画にモザイクを簡単にかけれる動画編集ソフト3選を紹介していきます。 動画編集でモザイクを入れる操作手順も紹介したので、動画内の顔や見せたくないものを隠したい時にとても役立ちます。 AviUtlはAVIファイル形式の動画編集ソフトとして、カット、トリミング、回転、反転、合成、エフェクト、音の加工等、各種の動画編集機能を搭載しています。 その中に、「部分フィルタ」という機能があります。 それを使用して、 動画の一部分のみにモザイクをかけたり、ぼかしをかけたりできます。 また、AviUtlで移動する対象にモザイクをかけることもできます。 動画内の顔や、他人に見せたくないものをモザイクで隠したい時、AviUtlを使うと実現することができます。 AviUtlの使い方はそう難しいものではありませんが、動画編集の初心者にとって、扱いづらいところがあります。 でも、今のインターネットではAviUtlの使い方についての内容は結構多いから、やりたい編集を調べて、手順の説明を照らして操作すれば問題ないかもしれません。 【AviUtlで動画にモザイクをかける方法】 STEP1. AviUtlと拡張編集プラグインの最新版をAviUtlのお部屋からダウンロードとインストールします。 STEP2. そうすると、部分フィルタが追加されます。 また、メインウィンドウの動画内には四角い点線枠が表示されます。 Video Padを利用して、 動画画面の一部にモザイクやぼかしを入れる機能も備わっているだけではなく、特定の対象を追従してモザイクを追加することも可能です。 ビデオの対応フォーマットも豊富なので、ビデオで撮影した動画をWeb等で公開するときや、知人に配布する場合に、公開してはいけない場面やしたくない場面、Video Padを利用すれば、見られたくない部分にモザイクを超簡単にかけることができます。 ただ、現在の「Video Pad」の無料版は、「試用版」として期限が設けられています。 興味があったら、そのままダウンロードして試しましょう。 【Video Padで動画にモザイクをかける方法】 STEP1. Video Padの本家サイトからソフトをお使いのWindows10 PCにダウンロードとインストールします。 STEP2. BeeCutは モザイクの追加、画像・スタンプの追加、動画のカットとトリミング、字幕・BGM・テキストの追加、フィルタとエフェクトの適用、結合、逆再生など、多様な編集機能が一通り備われています。 動画内の顔や他人に見せたくないものを隠したいとき、BeeCutの動画編集でモザイクをかけることができます。 ただ、無料で利用することができますが、ロゴが入ってしまいます。 それを気にならなければそのまま無料利用も可能です。 【BeeCutで動画にモザイクをかける方法】 STEP1. BeeCutを無料でダウンロードとインストールした後、ソフトが起動します。 STEP2. 起動画面では作成する動画のアスペクト比を選び、「試用する」をクリックしてOKです STEP3. モザイクをかけたい動画を画面左上にドラッグしてインポートした後、その動画を画面下側のタイムラインにドラッグします。 だから、上述の動画モザイク編集のおすすめソフトの他に、画像の追加で動画の顔等を隠すことができる「VideoProc」という動画編集ソフトもおすすめしたいです。 初心者向けの多機能な動画編集ソフトで、 クロップ、トリミング、回転、結合、透かし、効果追加、GIF作成、再生速度の調整、音声の編集等の基本編集機能が殆ど備わっています。 VideoProcの 透かし機能を利用すれば、画像の追加で動画の顔などを簡単に隠すことができます。 操作はすごく簡単です。 動画の公開で個人情報の漏れやプライバシーの侵害を心配しているなら、VideoProcで動画に画像を追加して顔や見せたくないものを隠してみましょう。

次の

画像や動画にモザイク加工できるソフトの紹介

画像 編集 モザイク

Windows10で使える画像編集加工ソフトおすすめ 画像編集には編集加工ソフトが便利 スマートフォンが急速に広まったことから、画像や動画の編集が以前よりも身近になり、最近ますます需要が増えています。 それと同時に便利になっているのが 画像編集のソフト。 こうしたソフトが手元にあれば、画像を編集して自分の理想に近付けることができます。 そこで今回は、Windows10で使えるおすすめの 画像編集加工ソフトをご紹介します。 Windows10で使える画像編集加工ソフトおすすめ おすすめの写真加工ソフト1位「Fotophire」 Windows10で利用できる加工ソフトとして一番おすすめなのが、これまでに数々の編集加工ソフトを展開しているWondershareから登場した「」です。 軽いタッチで背景部分をマークして除外できる「フォトカッター」に加え、「フォトイレイサー」では画像内に映り込んでしまったオブジェクトをまるで消しゴムのように消せます。 さらに、ユーザー好みのスタイルに加工できる「フォトエディター」の機能が揃い、こうした極めてシンプルな機能を使うだけで、通常の写真もあっという間にプロのような写真に。 ペンを使ってマークすることで、背景カットも自在に行えます。 windows画像編集ソフトの「Fotophire」は現時点でwindows版のみの対応となっており、Windowsユーザーには嬉しいソフト。 初めてでも取り扱いやすい仕様で、思い描く通りの画像を手軽に完成できます。 おすすめ写真加工ソフト2位~5位 2位、高機能を誇り無料で利用できる「GIMP」 「GIMP」はオープンソースにより開発されている画像加工ソフトで、無料で利用できますが有料の 画像編集ソフトと比較しても遜色ないほどの高い性能を備えています。 レイヤーやトーンカーブ、ヒストグラムやブラシエディタ、パスの編集などの他に、多彩なプラグインが充実。 モザイク編集を行ったり、画像の形状から切り抜く作業も簡単ですし、アニメーション合成を行えるフィルタ機能も沢山備えている点が特徴です。 これ一つで、Windows8のコンピュータ上で殆どの編集作業は行えるでしょう。 3位、パワフルな加工機能を搭載している「Fotor」 「Fotor」は手軽さだけでなく強力な加工機能を備えた編集ソフト。 iPhone端末やAndrod端末で使用できるスマートフォンのアプリ版と、ソフトのダウンロードが不要なパソコンブラウザー版が用意されています。 無料で使用できるベーシックとアップグレード版であるPROがあり、無料版でも加工やエフェクト、美肌効果やHDRの機能などの使用が可能です。 写真の編集処理では、大きさや傾き、光量などの調整ができます。 色合いの調整に関しても多種多様な種類のフィルターが準備されており、ユーザーはそれらを選ぶだけでセンスの良い写真に編集することができます。 さらに、コラージュ機能では、複数の画像を集約して一つの画像の作成が可能です。 そして、他の編集ソフトとは違う最大の特徴は、コンテンツ群が毎月アップデートされる点です。 Fotor独自のスタンプやテンプレート素材、フレームなどを駆使して色々な雰囲気にデザインすることができます。 4位、使いやすさが魅力の「Photoscape」 「Photoscape」はビギナーの方におすすめのソフトで、シンプルかつ使いやすい仕様になっています。 GIMPなど高い機能を備えたソフトに比べると多少機能が劣りますが、一般的な編集加工機能はしっかり揃っていますので、まだ加工ソフトを使ったことがない方には適しているでしょう。 5位、初心者でも色々な効果が適用できる「Jtrim」 もう一つ、簡単な操作で画像加工できるソフトが「Jtrim」です。 透過や切り抜き、テクスチャやカラー、ぼかしや合成など、様々な効果を画像に適用できます。 こちらはインストールタイプのソフトなのでオフラインでも使える点がポイントです。 Windows10画像編集ソフトを5つご紹介しましたが、いかがでしたか。 高い機能を誇り、プロのような雰囲気に仕上げたい時に最適なのが「」ですが、今まで一度も写真の加工に携わったことがない方でも使いやすい点が魅力です。 なお、ご紹介したソフトの中には、ビギナー向けのシンプルな加工ができるソフトもありますので、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。

次の

iPhoneの写真にモザイクをかける方法|普及率80%のあのアプリでできる

画像 編集 モザイク

画像編集ツール・ソフトを選ぶ際に着目するポイント 具体的なツール・ソフトの比較に入る前に、選ぶ際に着目すべきポイントを3つ説明します。 ブラウザ型か?インストール型か? 画像編集ツール・ソフトは主に「ブラウザ型」と「インストール型」に分けられます。 初めて使う場合は、まずブラウザ型を試されるとよいでしょう。 ブラウザ型 ブラウザ型は、ブラウザ上で操作できるツール・ソフトなので、インターネット接続ができるところであれば、どこでも使用できます。 PC上での特別な設定は必要ありません。 設定時に専門的な知識は必要なく、低コストで手軽に始められます。 解約手続きも簡単です。 「ひとまず始めてみよう」といった方におすすめします。 インストール型 インストール型は、PCにインストールする必要のあるソフトで、必要なデータがすべてPC内に保存されます。 そのためインターネット接続がなくても使用できます。 設定時に専門的な知識が必要となる場合もありますが、カスタマイズ機能があり、セキュリティ・サポート共に万全です。 よく検討の上、数年以上は使用しそうな予定がある場合におすすめします。 使用目的に合った編集機能が備わっているか? 画像編集ツール・ソフトの種類は 「画像補正型」と 「イラスト作成型」の2つに大きく分けられます。 どちらのツール・ソフトが必要かをよく検討してください 画像補正型 画像の大きさの変更をしたい、明るくしたい、必要な部分のみをカットしたい、合成したいなどの目的が生じた際には、画像補正・編集機能が必要になります。 イラスト作成型 絵を描きたい、イラストを描きたい、ロゴを作成したいなどの目的が生じた際には、イラスト作成機能が必要となります。 無料でどこまで使えるか? 画像編集ツール・ソフトには無料版と有料版があり、それぞれ使用できる機能が異なります。 これから使用するにあたって必要な機能が無料版にあるかどうかはよく確認し、選択しましょう。 無料でPhotoshop並みの高品質な加工・編集が可能なツール・ソフトもありますが、画質が有料版より悪い場合があります。 まずは無料版で試して、画質の確認をするのもいいでしょう。 定番の画像編集ツール・ソフト9選 1. ブラウザ上で簡単な画像編集をしたいときにおすすめの「」 概要 PIXLR EDITORは、ブラウザベースの無料画像編集ツールです。 ツールのダウンロードは不要ですが、Flash playerのダウンロードが必要となります。 Photoshop並みの高品質な加工・編集が可能で、豊富な機能も備わっています。 専用アカウントを作成するとFacebookやFlickrなどですぐに共有できます。 タイプ ブラウザ上で使用 特徴• Flash playerのダウンロードが必要となります。 画像の切り取り・サイズ変更・明るさ調整・塗りつぶしなど、基本的な画像編集は全てできます。 Photoshopなどで作成したPSDを編集できます。 FacebookやFlickrなどでの共有ができます。 日本語に対応しています。 価格 無料 こんな人にオススメ ブラウザ上で簡単な画像編集をしたい方 ツールの詳細な使い方については、以下記事で解説されているので参考にしてみてください。 参考: 2. とにかく操作が簡単なツールをお探しの方にオススメの「 」 概要 Fotorは、ブラウザベースの無料画像編集ツールです。 アカウントを作成してログインすれば、編集中のものをクラウド上に保存できるので、どの端末からでもアクセスできて便利です。 主な機能としては「編集」「コラージュ」「デザイン」の3つがあります。 無料ですが、Photoshop同様の機能が使えます。 タイプ ブラウザ上で使用 特徴• シンプルで簡単に操作できますが、切り取り・透過・モザイク・写真の一部を消すなど基本的な機能は完備されています。 デザインのテンプレートが完備されているため、デザイナーがいなくても一定レベルのものが作成できます。 美顔機能があり、しわの消去、アイシャドウ、アイライン、マスカラ、チーク、口紅等の加工が可能です。 日本語に対応しています。 無料版 0円• 有料版 8. 画像効果、テンプレなどが増え、無料版よりも美しい画像処理が可能になります。 こんな人にオススメ 操作が簡単なツールをお探しの方 ツールの詳細な使い方については、以下記事で解説されているので参考にしてみてください。 参考: 3. 複数の写真を組み合わせた画像が簡単に作成できる「」 概要 befunkyは、ブラウザ上で使える無料画像編集ツールです。 切り取り、ぼかし、明るさ・色調補正など、基本的な機能は一通り備わっています。 大きな特徴として、複数の写真を組み合わせた画像が簡単に作成できるという点があります。 ドラッグするだけで、簡単に複数の写真を組み合わせられます。 参考: 4. スクリーンショットを編集したいMacユーザーにオススメの「」 概要 Skitchは、インストール型の無料画像編集ツールです。 モザイク・書き込みなど、必要最低限の機能が揃っています。 スクリーンショットを撮影してそのまま編集できる機能がついているのが特徴です。 またEvernoteの一機能という位置づけなため、編集した画像をそのままEvernoteに保存もできます。 ただ、現在はWindows版の提供を終了している、という点で注意が必要です。 タイプ インストールして使用 特徴• スクリーンショットを撮ってそのまま編集できる• 編集した画像をそのままEvernoteに保存できる 価格 要問合せ こんな人にオススメ Macユーザーで、スクリーンショットを編集する機会が多い方 ツールの詳細な使い方については、以下記事で解説されているので参考にしてみてください。 参考: 5. 無料で手軽に画像編集ができる「」 概要 SUMO Paintは、ブラウザベースの無料画像編集ツールです。 ツールのダウンロードは不要ですが、Flash playerのダウンロードが必要となります。 インストールしての使用もできます。 メニューは英語ですが、Photoshopの基本機能を備えていますし、ショートカットキー操作が利用できますのでとても便利です。 タイプ ブラウザ上でもインストールでも使用可 特徴• シンプルで簡単に操作できますが、切り取り・透過・モザイク・写真の一部を消すなど基本的な機能が完備• Chromeの拡張機能あり• 使用感がPhotoshopに近い• 日本語対応なしで、英語のみ 価格• 無料版 無料• 無料だが本格的な画像編集が可能な「」 概要 GIMPは、オープンソースで開発されている画像処理ソフトで、ソフトのインストールが必要です。 画像編集ソフトの中では歴史が長く、初心者から上級者まで幅広く活用されています。 Photoshop並みの高品質な加工・編集が可能です。 タイプ インストールして使用 特徴• Photoshop並みの高品質な加工・編集が可能• オープンソースなので完全無料• PCへのインストールが必要• Windowsユーザー、Macユーザー、共に使用できます• 日本語に対応 価格 無料 こんな人にオススメ 本格的な画像編集を無料で利用したい方 ツールの詳細な使い方については、以下記事で解説されているので参考にしてみてください。 参考: 7. テーマに応じた加工・編集が簡単にできる「」 概要 PicMonkeyは、ブラウザベースの画像編集ツールです。 透過や文字の挿入など、基本的な編集機能は備わっています。 特筆すべきはエフェクト機能です。 クリスマスやハロウィンなど特定のテーマを選択すると、そのテーマに応じたエフェクトを適用してくれます。 タイプ ブラウザ上で使用 特徴 ・クリスマスやハロウィンなど特定のテーマを選択すると、そのテーマに応じたエフェクトを適用してくれる 価格• 無料トライアル版• Premium:容量制限あり 月額5. Supremium:容量制限なし 月額8. 参考: 8. 120種類以上のフィルターが備わっている「」 概要 Picozuは、ブラウザベースの画像編集ツールです。 切り抜き・文字入れ・ブラシなど、基本的な画像編集機能は備わっています。 フィルター機能の種類が多いのが特徴で、120種類以上のフィルターが用意されており、選択するだけで簡単に画像に適用できます。 タイプ ブラウザ上で使用 特徴 ・120種類以上のフィルターが備わっており、選択するだけで簡単に画像に適用できる。 SUNRISE:月払いプラン 29. SUNBURST:年払いプラン 199. SUNFLOWER:半年プラン払い 139. 参考: 9. ヴィンテージ風画像が簡単に作成できる「」 概要 XnRetroは、インストール型の画像編集ツールです。 他のツールと比べて一風変わった画像編集ソフトで、基本的にはレトロ風なエフェクトをかけるという機能に特化したソフトになります。 いわゆる加工や切り抜きなどを行う画像編集ソフトではないですが、ヴィンテージ感のある画像に仕上げたいという時には非常に役立つソフトです。 タイプ インストールして使用 特徴 ・レトロ感のあるヴィンテージ風画像に仕立て上げる機能に特化している 価格 無料 こんな人にオススメ レトロ感のあるヴィンテージ風画像を仕立て上げたい方 ツールの詳細な使い方については、以下記事で解説されているので参考にしてみてください。 参考: まとめ いかがでしたか? 日本語対応していないツール・ソフトもありますが、Youtubeなどの動画サイトにツール・ソフトの使い方が掲載されているものも多いので、そちらもご活用ください。 本記事を参考に、ご自身の用途に一番合う画像編集ツール・ソフトを探し出し、ビジネスに役立てていただけると幸いです。 参考: 参考: 参考: 参考: 参考: 参考: 参考: おまけ:出現頻度が低かったサービス一覧• 参考にしたサイト.

次の