姓名判断健康運。 無料姓名判断【占いEYE】名前で運勢を占う、赤ちゃんの命名・名付け、改名に

【姓名判断】結婚後の運勢が凶になる場合の対処法とは

姓名判断健康運

姓名判断とは? 姓名判断とは、姓名から読み取れる人間の特徴を画数によって占うものです。 「名は体を表す」という言葉通り、気質や個性といった性格面や、恋愛運、仕事運、金運などの運勢を導き出すことができます。 そしてこれらを総合することで、幼年から晩年までの人生の運命がわかるのです。 占い方は、姓名を天格・人格・外格・地格・総格という5つの組み合わせに当てはめます。 その組み合わせで出る画数によって、さまざまな運命が見えてきます。 天格 天格は、姓の画数によって表され、その人が生まれ持つものがわかります。 先祖代々によって受け継がれてきた姓。 それを表す天格からは、一族・家族が持つ運命や環境を知ることができます。 姓は、自分の意志で自由に決めることのできない先天的なものです。 ですので、これだけで運の吉凶をジャッジすることはできません。 たとえ天格だけが悪かったとしても、さほど気にする必要はないといえます。 人格 人格は、姓の最後の一字と名の最初の一字から表され、その人の中心にある性格や運勢がわかります。 姓名の中心となる部分なので、非常に重要なポイントです。 具体的には、社会で生きていく上で重要な性格や才能の部分です。 人生の中年期に多大な影響を与え、結婚や仕事に大きくかかわります。 人格が良いとなれば、積極的で才能にあふれた中年期になり、反対に悪い場合は、消極的でマイナス思考なものになります。 地格 地格は、名前の画数によって表され、その人の基礎にある性格や才能がわかります。 また、幼年期の運勢も表しています。 基礎的な資質だけでなく、趣向、体質、生育環境、さらには親譲りの特徴までカバーしています。 その人が大人になっていく過程に大きく関わっているのが地格です。 吉数であれば、健康や環境に恵まれ、順調に育っていくでしょう。 ただし凶数となると、波乱に満ちた日々となります。 中年期になると影響は薄れますが、基礎的な資質は変わりません。 外格 姓名の最初と最後によって表され、姓が2字以下なら初めの一字を、3文字以上は初めの二字を使います。 名についても、2文字以下なら最後の一字を、3文字以上は最後の二字を使います。 外格は、その人の周囲を取り巻く環境がわかります。 人間関係はもちろん、その人自身の社交性も知ることがでるのです。 人生を歩んでいくためには、人との繋がりや周りの環境も重要です。 人格が内面の性格や運勢を表すのに対し、外格は外的要因を表します。 外格が良いと、良い人間関係に恵まれ、周囲からの援助も絶えません。 しかし悪い場合は、さまざまなトラブルに見舞われてしまいます。 総格 総格は、姓名の全画数によって表され、その人の一生涯にわたる運勢がわかります。 特に中年期以降、つまり晩年の運勢に大きく影響します。 すべての格を総決算したかのように、人生の行く末を表します。 総格が良ければ、今までの苦労が報われ、努力が実を結びます。 終わり良ければすべて良し、と思える人生になります。 悪ければ当然その逆で、晩年に波瀾万丈が待ち受けています。 健康運や金運の低下を意味するので、注意が必要です。 姓名判断でよくあるご質問 Q:ひらがなで占うことはできるの? A:漢字やひらがな、カタカナで鑑定いただくことができます。 ただし、「っ」などの小文字は大文字で「つ」と入力してください。 Q:子供の名前も占うことはできるの? A:お子様や赤ちゃんでも占えます。 将来の性格や適職・恋愛傾向を見てあげてください。 Q:旧字体や「々」など、繰り返し使っている漢字はどうなるの? A:旧字体は、新字体でご利用ください。 また、「々」はそのまま入力してください。 Q:画数が多い漢字でも占えるの? A:姓と名がそれぞれで69画まで、姓名すべてを合計した(総格)81画までとなります。 総格が81画を越えた場合は、1へと回帰します。 Q:旧姓と、今の姓どちらで占えばいいの? A:今のお名前で占ってください。 姓が変わると運命も変わっていきます。 Q:源氏名で占うことはできるの? A:源氏名でも占えます。

次の

【姓名判断】結婚後の運勢が凶になる場合の対処法とは

姓名判断健康運

姓名判断で健康を見る方法をご紹介します。 この方法を知ることであなたの中に潜む の弱点の箇所がズバッとわかります! 現在症状が出ていない場合でも、早期発見に備えることができます。 方法は2つあります。 数値が2桁の場合は1桁になるまで足し算をして1桁にする 1桁の数字出たからあなたの健康運に影響がありそうな部分がわかります。 【数字が示す体の部位と症例】 数字が「1」or「3」の場合は「手足」の健康に注意 怪我、骨折、筋炎、腱炎、神経痛、リューマチ、関節炎、腫瘍、奇形に注意が必要です。 数字が「2」or「6」の場合は「腹部」の健康に注意 下痢、十二指腸潰瘍、虫垂炎、胆のう疾患、腎臓病、肝臓病、盲腸、大腸疾患、小腸疾患に注意が必要です。 数字が「4」の場合は「胃部」の健康に注意 胃がん、胃潰瘍、胃下垂、慢性胃弱、食道疾患、膵臓病に注意が必要です。 数字が「5」or「7」の場合は「胸部」の健康に注意 呼吸器疾患、結核、助膜疾患、肺がん、心臓病、脊髄疾患に注意が必要です。 数字が「8」の場合は「腰部」の健康に注意 腰痛、椎間板ヘルニア、泌尿器系疾患、痔病、性病、婦人病に注意が必要です。 数字が「9」の場合は「頭部」の健康に注意 外傷、頭痛、脳性疾患、めまい、耳病、鼻病、歯病、喉頭病、躁鬱病、貧血に注意が必要です。 五行陰陽を使って健康運をみる方法 五行陰陽を使う場合は、まずそれぞれの画数を確認します。 その数字から五行を導き出します。 五行とは「木火土金水」を指します。 下一桁の数字が「1・2」であれば、「木」 下一桁の数字が「3・4」であれば、「火」 下一桁の数字が「5・6」であれば、「土」 下一桁の数字が「7・8」であれば、「金」 下一桁の数字が「9・0」であれば「水」となります。 【数字が示す体の部位と症例】 【木】の場合は、肝臓、自律神経、手足、事故に注意が必要です。 【火】頭部、心臓、血圧、情熱、離婚に注意が必要です。 【土】の場合は、消化器系、皮膚に注意が必要です。 【金】の場合は、呼吸器系、腰、骨に注意が必要です。 【水】の場合は、婦人科系、泌尿器系に注意が必要です。 この5つの結果と最初の1つを合計します。 その結果から一番数が多いものが姓名判断で見た上であなたの気をつけるべきカラダの箇所になります。 まとめ 姓名判断で見る健康運は、総画のみを使ったやり方と五行陰陽を使ったやり方でした。 私が実際に鑑定しているときにももちいているやりかたの一つです。 私の場合は更にあなたの生まれた誕生日を使うなど更に細かく分析した結果をお伝えしております。

次の

【姓名判断】結婚後の運勢が凶になる場合の対処法とは

姓名判断健康運

 姓名判断について 姓名判断は古くは1700年代には日本で運気を診るために使われていました。 一般的に広まったのは明治時代といわれていて庶民にも姓を使うことが定められてからのことです。 吉凶をみるために姓名の画数を出し五つの格に分類していきます。 この画数から導き出された五行配置をもとに運気を当てはめてます。 姓名判断に期待する内容として成功運、金運、恋愛運、結婚運、健康運、趣味や性格の特徴があります。 この鑑定結果の活かし方は良いところは伸ばして、人生に不利になる結果なら改善していくことです。 性格だからとあきらめず、大凶であっても少しでも吉となるように行動するとこで不運によるダメージを減らすことができるでしょう。 子供の名前を付ける場合:赤ちゃんの名付けで画数のいい名前を考えているなら、ぜひ、耳障りの言い名前にすることをおすすめします。 難解な漢字や発音しにくい名前、濁音のある名前は避ける方が無難です。 毎日呼ばれる名前はしっかりと安定したものがよいでしょう。。 免責事項:当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

次の