エクセル セル の 固定。 第十九回 基本中の基本「ウィンドウ枠の固定」 ご存じですよね?

エクセルのセル(行、列)をスクロールしても固定にする!

エクセル セル の 固定

数式の修正とコピー セル参照を固定したまま数式をコピーする セル参照の形式が相対参照の場合、数式を含んだセルをコピーすると、数式中のセル参照がコピー先の位置に合わせて変更されます。 しかし、どの数式からも特定の同じセルを参照したい場合には、セル参照が変更されてしまうと正しい結果が得られません。 そのような場合、セル参照の形式を絶対参照にしておけば、数式をコピーしてもセル参照が変更されないようになります。 このようなセル参照の形式を「 絶対参照」といいます。 数式中のセル参照の部分にカーソルを位置付け、[F4]キーを押すと、相対参照と絶対参照が切り替えられます。 関連記事• 著者プロフィール 羽山 博(はやま ひろし) 京都大学文学部哲学科(心理学専攻)卒業後、NECでユーザー教育や社内SE教育を担当したのち、ライターとして独立。 ソフトウェアの基本からプログラミング、認知科学、統計学まで幅広く執筆。 読者の側に立った分かりやすい表現を心がけている。 2006年に東京大学大学院学際情報学府博士課程を単位取得後退学。 現在、有限会社ローグ・インターナショナル代表取締役、日本大学、青山学院大学、お茶の水女子大学講師。 吉川 明広(よしかわ あきひろ) 芝浦工業大学工学部電子工学科卒業後、特許事務所勤務を経て株式会社アスキーに入社。 パソコン関連記事の執筆・編集に従事したのち、フリーランスの翻訳編集者として独立。 コンピューターとネットワーク分野を対象に、書籍や雑誌の執筆・翻訳・編集を手がけている。 どんな難解な技術も中学3年生が理解できる言葉で表現することが目標。 2000年〜2003年、国土交通省航空保安大学校講師。 2004年~現在、お茶の水女子大学講師。 close 閉じる.

次の

エクセルのウィンドウ枠の固定で複数の行や列をロックして表示する

エクセル セル の 固定

Excelで 行・列を固定・解除する方法 それではさっそく、Excelの行・列を固定・解除してみましょう! Excelの行・列を固定するには、「ウィンドウ枠の固定」を使います。 今回はこのような縦・横に長いデータのあるExcelの行列を固定することで見やすくしていきます。 行を固定する まずはExcelの 行を固定します。 固定化したい行の 下の行を1行選択します。 ここでは2行目までを固定したいので、3行目を選択します。 「表示」タブにある「ウインドウ枠の固定」をおします。 これで1,2行目を固定することができました。 縦スクロールしても3行目以降はスクロールしますが、固定した2行は残ったままになりました。 列を固定する 次に、Excelの 列を固定してみましょう! まずは、固定したい列の右の列を1列選択します。 ここではB列までを残したいので、C列を選択します。 「表示」タブにある「ウインドウ枠の固定」をおします。 これでA列・B列を固定することができました。 横スクロールしてもこの2列は残ったままになりました。 行列を固定する 次に、Excelの 行列を固定してみましょう! まずは、固定したい行の下の行、そして固定したい列の右の列を1列の先頭セルを選択します。 ここでは2行B列目までを固定化したいので、3行C列の「C3セル」を選択します。 これで行と列をまとめて固定することができました。 スクロールしても、A列B列と1行目2行目は固定されて残ったままになりました。 行・列の固定を解除する 行・列の固定は 解除することができます。 これだけです。 これで、行・列の固定を解除することができました。 このように、Excelの行や列は任意の位置で固定し、見やすくすることができます。 ウィンドウ枠の固定を上手に使って、Excelを扱いやすくしてみてください。 Officeヘルプ: 以上、Excelの行・列を固定・解除する方法でした。

次の

ウィンドウ枠の固定【Excel・エクセル】

エクセル セル の 固定

数式の修正とコピー セル参照を固定したまま数式をコピーする セル参照の形式が相対参照の場合、数式を含んだセルをコピーすると、数式中のセル参照がコピー先の位置に合わせて変更されます。 しかし、どの数式からも特定の同じセルを参照したい場合には、セル参照が変更されてしまうと正しい結果が得られません。 そのような場合、セル参照の形式を絶対参照にしておけば、数式をコピーしてもセル参照が変更されないようになります。 このようなセル参照の形式を「 絶対参照」といいます。 数式中のセル参照の部分にカーソルを位置付け、[F4]キーを押すと、相対参照と絶対参照が切り替えられます。 関連記事• 著者プロフィール 羽山 博(はやま ひろし) 京都大学文学部哲学科(心理学専攻)卒業後、NECでユーザー教育や社内SE教育を担当したのち、ライターとして独立。 ソフトウェアの基本からプログラミング、認知科学、統計学まで幅広く執筆。 読者の側に立った分かりやすい表現を心がけている。 2006年に東京大学大学院学際情報学府博士課程を単位取得後退学。 現在、有限会社ローグ・インターナショナル代表取締役、日本大学、青山学院大学、お茶の水女子大学講師。 吉川 明広(よしかわ あきひろ) 芝浦工業大学工学部電子工学科卒業後、特許事務所勤務を経て株式会社アスキーに入社。 パソコン関連記事の執筆・編集に従事したのち、フリーランスの翻訳編集者として独立。 コンピューターとネットワーク分野を対象に、書籍や雑誌の執筆・翻訳・編集を手がけている。 どんな難解な技術も中学3年生が理解できる言葉で表現することが目標。 2000年〜2003年、国土交通省航空保安大学校講師。 2004年~現在、お茶の水女子大学講師。 close 閉じる.

次の