メダカ 水槽 掃除。 メダカの底砂の掃除方法!掃除に便利なアイテムと水槽の掃除手順

メダカの赤玉土の掃除の方法!頻度・やり方・メリットとは?

メダカ 水槽 掃除

フィルター設置のメリットとデメリット メリットとデメリットを考えてみました。 使うメリット• 水質管理の手間があまりかからない• 飼育水が循環するので、酸素の供給率が良い 水質管理の手間がかからないというのは魅力的ですね。 水換えってけっこう大変な場合があるので。 酸素供給の面でも夏場は高水温で酸欠になりがちなので良さそうです。 しかしながら僕の経験では、フィルターなしで頻繁に水換えしなくても生き生きしています。 冬場なんかはメダカの活動が低下するので、飼育水もそんなに汚れず、ヒーターを入れない限り、数ヵ月水かえしなくても(注:水足しはします)メダカはイキイキしてました。 使うことのデメリット• フィルター交換の費用がかかる• ポンプの音が気になる• メダカには水流が強い場合がある(調節できない場合) 3の水流に関しては、コックを使ったり、パイプユニットというものを使用して、排出の向きの調節でどうにかなる場合もあります。 ポンプによる騒音はけっこう厄介です。 ブーンという人工的な音が人にもメダカにもストレスになりはしないかと。 水槽の中にもけっこう響くんですよね。 静音で有名な「水心」というポンプがあるそのですが、どうなんでしょうか? 説明を読むとポンプ自体の音もさることながら、本体の振動を抑える「足」のゴムにもこだわることによって、置いたときの振動音も抑制されるようです。 僕は実際に使ったことはないので、紹介にとどめておきます。 あと、ポンプ本体自体は静かでも、ポンプから出てくる空気に、ポンプ内部の音がエアチューブを伝ってフィルターに達したときに出てくる音がうるさかったりします。 【追記】ポンプから排出される音を軽減する方法をみつけました! 止水飼育の注意点 上記のメリット、デメリットから僕はフィルターは必要なしと考えて、止水飼育メインでメダカの飼育をしています。 ただ、止水飼育ではいくつかの注意点があります。 過密飼育に注意 メダカの飼育では、メダカ1匹につき1Lの水が基本です。 10Lなら10匹まで。 コケ取り用にエビなどを入れる場合は、もっと余裕をみないといけません。 それを超えると過密飼育になってしまい、止水飼育では水質がきれいに保てません。 過密飼育するとこんなことになってしまいます。 あと、フィルター等を使わない止水飼育では、飼育水が循環しないので油膜が発生しやすいです。 油膜とは水面に薄く膜を張っているあれです。 主に餌の油分が原因です。 油膜が張ると水に酸素がいきわたらなくなるので、メダカや水質を良好に保ってくれる好気性バクテリアが酸欠するおそれがあります。 油膜はティッシュペーパーを水面に広げ、取り除くと除去できます。 まとめ 基本的にはメダカはフィルターなしでも飼育できますが、忙しくて手間をあまりかけられない、心配な方はフィルターを導入するのも良いかと思います。 フィルターは絶対必要ない!というのではなく、ご自分の生活スタイルから選択されると良いと思います。 【参考】.

次の

メダカの水槽の掃除の方法!初心者でも簡単にできる方法とは?

メダカ 水槽 掃除

メダカの底砂!選定ポイント メダカの底砂の選定ポイントは大きく分けて「 飼育」「 繁殖」「 観賞」の3つです。 快適に飼育したい場合はメンテナンスがしやすく水質が安定する底砂をおすすめします。 メダカを積極的に繁殖させたいのであれば、餌となるプランクトンの発生を促す栄養を含んだものが効果的です。 また、きれいなメダカをより際立たせたい場合は体色によって、黒やブラウン、白といったカラーを使い分ける必要があります。 メダカ水槽におすすめの底砂5選 メダカ水槽におすすめの底砂を5つご紹介します。 目的に応じて適した底砂をピックアップしているので、底砂選びの参考にしてみてください。 飼育なら!田砂 観賞がメインであれば「 化粧砂」をおすすめします。 見た目が美しく、粒のサイズやカラーバリエーションが豊富でメダカの魅力をより一層際立たせることが可能です。 特に室内飼育など、見た目を重視したい場合にこの底砂が重宝します。 粒が崩れたりしないので、長期間使用できるのも嬉しい点です。 ただし、ソイルの栄養やゼオライトのような吸着といった効果は期待できないため、水質に関してはあまりメリットがありません。 また、色合いが明るめなものも多いこともあって、汚れが目立つので定期的なメンテナンスが必要です。 砂利の種類別!掃除方法 砂利の種類別に掃除方法をご紹介します。 粒の形状や崩れやすさによって掃除方法が異なるので気を付けましょう。 また、水質に影響を与えるタイプであれば、効果が望めなくなったタイミングで交換する必要があるので、合わせてチェックしてみてください。 砂利・田砂の場合 田砂はやや通水性が悪いので、室内でのフィルターを使った水槽飼育の場合はプロホースなどを使用してしっかり掃除しましょう。 大磯砂や化粧砂の場合は通水性は良いものの、隙間に食べ残しやフンなどのゴミが溜まりやすいので定期的に掃除する必要があります。 ただ、粒が崩れる心配がないため、病気が蔓延したり汚れが落ちなくなったりしない限り交換する必要はありません。 崩れてしまうと隙間がなくなり通水性が悪くなるだけでなく見た目も良くないので、過度に手を加えて崩してしまわないよう心がけましょう。 掃除する際も崩さないように優しく汚れを吸い出します。 通常のプロホースでも問題ありませんが、「ソイルの目詰まり用クリーナー」を使用するとより効果的です。 ソイルを崩しにくく、崩れてしまった泥状のソイルを効率よく吸い出すことができます。

次の

メダカの水槽の掃除方法!糞を残さず取るには?水をきれいに保つコツ

メダカ 水槽 掃除

メダカの水槽が臭う原因 アクアリウム経験が長い方なら分かると思いますが、水槽って長期間使用していると、独特のニオイがありますよね。 そう、アクアショップに入ると感じる、あの独特なニオイ。 臭いわけではないけれど、水の独特のニオイがわかる方は多いでしょう。 メダカ飼育でも水槽の水のニオイがすることがありますが 、「 臭い」と感じるようになったら要注意 ! それ、もしかしたら水質悪化や水槽内のごみなどが原因かもしれません。 メダカ水槽が臭う原因は、主に以下のようなものが考えられます。 掃除不足で飼育水が富栄養化している メダカは食欲旺盛で、食べる量が多いとフンも多くなりますよね。 餌の量が少なくても、食べ物を食べればフンが出るのは、どんな生き物でも一緒です。 水槽の掃除をマメにしていても、メダカのフンや餌の食べ残しはとても小さいため底砂を敷いていると見逃してしまいがち。 水槽内の見た目がきれいだからと定期的な掃除を先延ばしにしたりしていると、底にたまったフンや餌の食べ残しから水中ににじみ出た栄養分が原因で、富栄養化してしまうんです。 富栄養化した飼育水は色がだんだんと黄ばんでいき、色が濃くなるにつれ臭いが強くなっていきます。 フィルターが汚れている フィルターを使用している場合、フィルター自体が汚れていると目詰まりを起こしていることがあります。 軽い目詰まりならまだしも、放置していてゴミの量が増えていくと、流量が下がっていきろ過能力もガタ落ちしてしまうんです。 それだけでなく溜まったゴミが腐敗していき、悪臭を放つ原因にもなりますし、ろ過しきれないゴミのせいで飼育水が富栄養化してしまうことも。 フィルターの目詰まりや流量に関しては、こちらの記事が参考になりますよ! 水が減って、水槽の汚れが露出している 透 明に見える水槽の側面、意外に肉眼では見えにくい汚れなどもたくさんついているんです。 コケやバクテリアのヌメリなどが、水位が下がることで空気中に露出されると、とても嫌な臭いを発するの知ってましたか? もしも水槽の水位が下がってコケや汚れが原因で臭う場合は、足し水をして水中に汚れ部分を入れてしまえば臭いが収まることが多いですが、しっかり汚れを取ったほうが気にならなくなりますよ。 メダカ水槽の臭いに有効な掃除方法 水槽の臭いはあらかじめ対策を行うことで、臭いが発生するのを防ぐことが可能です! ここからはメダカ水槽の臭い対策に有効な掃除方法についてお話していくので、参考にしていただければと思います。 メダカの飼育数が多い場合 飼育している水槽内のメダカの数が多い場合は、底砂もきちんと掃除しましょう ! プロホースを使えば割と簡単に、あまり手間をかけずに綺麗にゴミを取ることができます。 水槽内の掃除だけでなく水換えも重要で、 夏は水温が上がるので最低でも週に1回、3分の1程度の水換えを行うことで、飼育水の富栄養化を防ぐことができます。 秋口や冬など寒い時期はメダカの食欲は落ちるので、フンも自然と減るので夏ほど頻繁に水換えを行わなくても大丈夫です。 メダカの飼育数が少ない場合 水槽内のメダカの数が少ない場合は、掃除しすぎてしまうとバクテリアが餌にしている栄養分が減ってしまう恐れが! そのため 底砂は1回につき半分くらいの面積で掃除すると、バクテリアの減少を防ぐことができます。 メダカの数が少ない場合でも、水換えは定期的に行いましょう! 臭いや濁りには活性炭 ! 活性炭は普段の生活でも匂いや湿気取りなど、さまざまな効果があることが知られています。 アクアリウムでも水の黄ばみや臭いを除去してくれる効果があるんですよ! メダカの睡蓮鉢が臭い対策 メダカを水蓮鉢で飼育している方は多いですが、水連鉢はろ過機を使用しないので、水がよどんでいます。 そのため屋内でろ過機を使用しているものよりも、臭いが発生しやすいんですよ! あまり気にしたことがないという方も、これからお話する方法で水蓮鉢をメンテナンスして、臭い対策を行いましょう! 暑い季節はお掃除しよう! 水蓮鉢は夏の暑い時期以外は基本的には足し水で十分ですが、 メダカは水温が上がってくると動きが活発になり、たくさん食べてたくさんフンをするようになるんです。 こうなってくると水槽と同じように、どんどんフンが底に溜まっていきます。 そのため水蓮鉢も、きちんと底砂の掃除を行わないと臭ってくるんです。 水蓮鉢の底砂掃除は、水槽と同じようにプロホースなどでゴミやフンを吸い出すと楽ちんです。 さらに水換えをプラスすることで、臭いが発生しにくくなります。 水草を減らしてみよう 水槽内に水草が多すぎたり、トリミングをさぼっていたりしませんか? 水草自体も数が多いと独特の青臭いような臭いがすることがあります。 さらに水草が過密状態だと水中で腐敗した葉や茎に気づかず、嫌な臭いの発生源になることも。 もしも水草が多いと感じていたり、増えすぎているような場合には、 間引きやトリミングを行って水草の数を減らすといった臭い対策を行いましょう。 まとめ:メダカ水槽の臭いはメンテナンスて解決! メダカ水槽はきちんとろ過バクテリアがいて、ろ過機が正常に働き、適度なメンテナンスを行っていれば臭うことはありません。 もしもメダカ水槽から、生臭いニオイやカビ臭い臭いなど 「不快に感じるレベルの臭い」が発生していたら要注意! 今回お話した点をチェックして、発生源を突き止め水槽のメンテナンスを行いましょう! 仕事や学校で疲れたときはついついメンテナンスをさぼってしまいがちですが、臭いのせいで急にメンテナンスをしなければならなくなるのは嫌ですよね。 多少手間になると思っていても、普段からきちんとメダカ水槽をメンテナンスすることで、臭いは防ぐことができます。 快適なアクアライフを楽しむためにも、メンテナンスは定期的に行いましょう!.

次の