グータン ヌーボ 新 メンバー。 【動画】グータンヌーボ2に新MCとして満島真之介が選ばれた理由は?初登場シーンや見逃し配信についても(2020年1月4日)

つまらなくなったと酷評のグータンヌーボ2!やっぱり女だけの方がいい!?

グータン ヌーボ 新 メンバー

収録を終えた今でも、まだドッキリなんじゃないかって思ってるぐらい(笑)。 まさか男の人がグータンに出演するとは。 人生何があるか分からないな、と改めて思いました」と驚いた様子。 女性MCメンバーの印象については「皆さん、イメージ通りでした。 長谷川さんも、田中さんも、西野さんもみんな、違うエネルギーと違うパワーを持ってるので、面白い。 これからもっと人となりを知っていきたいし、僕の事も知ってもらいたいですね。 これからどうなっていくのか、とっても楽しみです」とコメントした。 今回のスペシャルでは社会学者の、ピースのと初のロケにも挑戦。 今後話してみたいゲストは「自分の会わない畑の人達に会ってみたい」といい、「スポーツ選手だったり、音楽関係の人達だったり。 会う機会のない人達の話を聞いてみたいです。 俺1人だけ男で、ゲストは女2人ってのもアリかな? それも楽しい気がするなあって。 男側の意見と女側の意見と、見えてくる違いもあるかもしれないし、ちょっと時間経ったらそういうグータンもやってみたいですね」と意気込んだ。 (編集部・中山雄一朗).

次の

『グータン』滝沢カレンに代わる新MC登場 田中みな実が驚き「そのパターンありなの!?」

グータン ヌーボ 新 メンバー

目次 グータンヌーボ2に満島真之介が新MCとして選ばれた理由は? 今回、新MCとして登場したのが、俳優の 満島真之介です。 満島真之介の簡単なプロフィール 沖縄県生まれ。 2009年に上京し、翌年の舞台『おそるべき親たち』で俳優デビュー。 2014年末に一般女性と結婚(姉で女優の満島ひかりのマネージャーで7歳年上の女性) 2017年6月に離婚 子どもはいません。 2019年6月3日、満島真之介さんは所属事務所から独立し、新事務所への移籍を発表しています。 番組的に視聴率を上げるためにも 男グータンを定期的に放送するための男性新メンバーを加入という意図でしょう。 mitsushimax がシェアした投稿 — 2019年12月月15日午前6時00分PST 2019年も映画やドラマなど様々など活躍している中、新事務所の設立などをされた2019年ということで2020年はMCという新しい分野での挑戦という試みもあるのではないでしょうか?• キングダム(2019年4月19日公開) — 壁 役• 大河ドラマ いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年、NHK) — 吉岡信敬 役• 白い巨塔(2019年5月22日 — 26日、テレビ朝日) — 柳原正博 役• 全裸監督(2019年8月8日 全話配信、Netflix) — 荒井トシ 役• グータンヌーボ2に満島真之介が新MCに対するネットの反応は? 満島真之介さんと長谷川京子さんが親しいので、七瀬さんも安心かな~。 コミュ力も高い。 番組として、シーズン2にもなるのでとても興味深い。 これは一波乱ある。 しかも弟キャラ。 妹キャラの と どういう感じになるか 予想つかん。 — 株リンア宮殿 wantpalace07 好きなんよなー 満島真之介!! めっちゃ嬉しいわー ん?てことは 男バージョンも今後あるん!? — fRey IROIROIDO 滝沢カレンから満島真之介とは 誰も予想しないでしょう🤣 — ちゃか。

次の

滝沢カレンのグータンヌーボ2の卒業理由は?後任は誰になるのか?予測についても

グータン ヌーボ 新 メンバー

収録を終えた今でも、まだドッキリなんじゃないかって思ってるぐらい(笑)。 まさか男の人がグータンに出演するとは。 人生何があるか分からないな、と改めて思いました」と驚いた様子。 女性MCメンバーの印象については「皆さん、イメージ通りでした。 長谷川さんも、田中さんも、西野さんもみんな、違うエネルギーと違うパワーを持ってるので、面白い。 これからもっと人となりを知っていきたいし、僕の事も知ってもらいたいですね。 これからどうなっていくのか、とっても楽しみです」とコメントした。 今回のスペシャルでは社会学者の、ピースのと初のロケにも挑戦。 今後話してみたいゲストは「自分の会わない畑の人達に会ってみたい」といい、「スポーツ選手だったり、音楽関係の人達だったり。 会う機会のない人達の話を聞いてみたいです。 俺1人だけ男で、ゲストは女2人ってのもアリかな? それも楽しい気がするなあって。 男側の意見と女側の意見と、見えてくる違いもあるかもしれないし、ちょっと時間経ったらそういうグータンもやってみたいですね」と意気込んだ。 (編集部・中山雄一朗).

次の