ライトコイン 種類。 ライトコイン(Litecoin/LTC)の特徴とは?今後の将来性や購入方法を解説

ライトコインの2020年を徹底予測!半減期を終えたライトコインはまた上昇するのか?

ライトコイン 種類

・取引所 ・ ・ ・ ・ オンラインウォレット、ローカルウォレットは、オンライン上の管理となるため送金がしやすいというメリットがあります。 その一方で、ハッキングリスクに晒される事になり、安全性はハードウェアウォレットやペーパーウォレットに劣ると言えます。 ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットは、オフラインで秘密鍵を管理するため安全性が非常に高いというメリットがあります。 その一方で、コインの送金に手間がかかるというデメリットがあります。 ライトコインの保管には、下記のようにウォレットを使い分けると良いでしょう。 ライトコインのウォレット一覧 ライトコインに対応しているウォレットを以下に一覧表でまとめ、日本語対応の有無、種類、料金などを比較しています。 ウォレット名 説明 【種類】 取引所 【価格】 無料 【日本語対応】 あり 【説明】 ・資本金、取引量、ユーザー数で三冠達成 ・初心者に使いやすく、セキュリティが強い Litecoin Electrum 【種類】 ローカルウォレット(デスクトップウォレット) 【価格】 無料 【日本語対応】 あり 【説明】 ・ライトコイン、に対応 ・Windows、Mac、Linuxに対応 Litecoin Core 【種類】 ローカルウォレット(デスクトップウォレット)【価格】無料 【日本語対応】 あり 【説明】 ・ライトコインの公式ウォレット ・フルノード対応 ・Windows、Mac、Linuxに対応 EXODUS 【種類】 ローカルウォレット(デスクトップウォレット) 【価格】 無料 【日本語対応】 なし 【説明】 ・約30種類の通貨に対応 ・Windows、Mac、Linuxに対応 Jaxx 【種類】 ローカルウォレット(モバイルウォレット) 【価格】 無料 【日本語対応】 なし 【説明】 ・50種類以上の通貨に対応 ・iOS、Androidに対応 ・PCでも利用可能(Windows、Mac、Linux) LoafWallet 【種類】 ローカルウォレット(モバイルウォレット) 【価格】 無料 【日本語対応】 あり 【説明】 ・ライトコイン専用のウォレット ・iOS版のみ 【種類】 ローカルウォレット(モバイルウォレット) 【価格】 無料 【日本語対応】 なし 【説明】 ・90種類以上の通貨に対応 ・iOS、Androidに対応 Bitpie 【種類】 ローカルウォレット(モバイルウォレット) 【価格】 無料 【日本語対応】 あり 【説明】 ・約50種類の通貨に対応 ・iOS、Androidに対応 Ledger Nano S 【種類】 ハードウェアウォレット 【価格】 1万円~2万円 【日本語対応】 なし 【説明】 ・30種類の通貨に対応 ・Windows、Mac、Linuxに対応 KeepKey 【種類】 ハードウェアウォレット 【価格】 1万円~2万円 【日本語対応】 なし 【説明】 ・7種類の通貨に対応 ・Windows、Mac、Linuxに対応 TREZOR 【種類】 ハードウェアウォレット 【価格】 1万円~2万円 【日本語対応】 なし 【説明】 ・7種類の通貨に対応 ・通貨ごとに最大10個にアカウントが作成可能 ・Windows、Mac、Linuxに対応 liteaddress 【種類】 ペーパーウォレット 【価格】 無料 【日本語対応】 あり 【説明】 ・ライトコイン専用のペーパーウォレット ライトコインにおすすめのウォレット ライトコイン公式ウォレット ライトコイン公式ウォレットにはがあり、公式サイトから無料でダウンロードできます。 マルチシグに対応しているデスクトップウォレットなので安全性が高く、フルノード版を利用できるのでマイニングにも対応できます。 をダウンロードするので設定に時間が掛かり、容量も大きいので、ダウンロードする時はそれを念頭に置きましょう。 【2位】 最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所 【急上昇!】 東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる! 【1位】 現在レバレッジ取引で最大10,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。 取引手数料無料! 【2位】 ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所! 【3位】 一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単に リップルなどの人気銘柄の売買ができる!.

次の

ライトコイン(LTC)の長期チャート分析

ライトコイン 種類

仮想通貨のライトコインとは? 仮想通貨は様々な特徴を一つ一つ持っていて、 その特徴はどれも異なります。 それでは、 仮想通貨のライトコインを、 紹介していきます。 是非、参考にしてみてくださいね。 仮想通貨ライトコインの特徴 参照元URL genxnotes. com ライトコインは 2011年10月に誕生した、 仮想通貨の中の一つです。 発行枚数の上限は、 8,400万枚で、 時価総額は1,790億円で7位になっています。 そして、仮想通貨としてのライトコインは、 決済用のコインとして活用されます。 商品を買うときなどの、 支払いの時に使用することができます。 イーサリアムなのように記録を主な機能としたものではなく、 ビットコインと同様に、 お金の代わりに利用される目的で作成されました また、ライトコインは、 管理する団体や組織はありません。 ビットコインのように マイニングによって採掘され、 不特定多数のマイナーが存在します。 そのマイニング参加者が、 ライトコインのブロックチェーンを作成していきます。 よって、政府などの中央管理の意向に、 左右されない仮想通貨ということになります。 また、世界中のどこでも誰にでも送金することができます。 クレジットカードや、銀行送金の手数料に比べ圧倒的に安く、 海外送金でも数秒で完了させることができます。 メールを送るのと同じくらい簡単で、 安全なソフトウェアを活用しています。 Sponsored Link 仮想通貨ライトコインの将来性! 参照元URL jp. pinterest. com ライトコインの時価総額は順調に増え、 現在、 ランキング7位に位置しています。 ビットコインの時価総額は5兆円間近なので、 ビットコインに比べると少ないですが、 まだまだ伸びる 可能性のある仮想通貨です。 ライトコインはビットコインと同じく、 決済用に使われる仮想通貨の種類です。 しかし、ビットコインとの違いは、 トランザクションの時間です。 トランザクションの時間とは、 取引が完了するまでに要する時間です。 ビットコインの場合においては、 取引がブロックチェーンに記録されるまでに、 最低でも約10分かかるように作られています。 ブロックチェーンに記録されなければ、 その取引は成立したことにはなりません。 ライトコインの場合では、 このブロックチェーンに記録されるまでの時間が、 2,5分で完了することができます。 ビットコインよりもライトコインの方が早いので、 迅速な取引が可能になっています。 前述している通り、ライトコインの発行枚数は、 ビットコインの2,100万枚に対して、 約4倍の8,400万枚の発行量となります。 そして、取引の時間がビットコインに比べて、 4倍速に当たる2,5分ということになっています。 以上のことから、仮想通貨のライトコインは、 ビットコインを補完する仮想通貨と言われています。 仮想通貨ライトコインの価値 参照元URL investopedia. com ライトコインにはビットコインと違い、 明確な開発者がいるという点です。 ライトコインの開発者は、 チャーリー・リーという人物です。 チャーリー・リー氏曰く、 ビットコインが金とするならば、 ライトコインは銀を目指すと言っています。 仮想通貨としての目的はほぼ同じで、 ライトコインはビットコインよりも発行量が多く、 採掘や取引もしやすくなっています。 つまり、希少価値はビットコインよりも低いが、 利用しやすいのがライトコインということです。 ビットコインの価値が上がるにつれて、 同じようにライトコインの価値も上がっていますね。 セキュリティ面での強化ができれば、 今後も実用性が出てくるのではないでしょうか。 今回は、 仮想通貨ライトコインの、 将来性や特徴を紹介しました。 公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中! LINE@の友だちには、 最新の情報や、 ブログでは公開できない 裏情報なども配信致します。 このLINE だけのサービスやキャンペーンも行うので、 是非、登録をしておいてくださいませ。 クリックしてQRコードを読み取るか、 LINE IDで検索して頂き、お友達申請をしてくださいませ。

次の

【ビットコイン】暗号通貨とは?種類がたくさん有って選べない!イーサリアム?リップル?モナコイン??

ライトコイン 種類

この記事の概要 仮想通貨といえば、ビットコインがとても有名です。 やはり、最初に世の中に出てきて世界に広まるというのは、先行者利益があるのでしょう。 このため、「仮想通貨といえば、ビットコイン」「ビットコインといえば、仮想通貨」というイメージさえあるかもしれません。 しかし、世の中にはビットコイン以外にも数多くの仮想通貨があります。 ビットコイン以外の仮想通貨をまとめて アルトコイン(altcoin)と呼びます。 日本語にすると「その他の通貨」という意味になります。 では、なぜアルトコインの種類が多く、現在も増え続けるのでしょうか? この記事では、数多くあるアルトコインの中から、有望性が高いと思える種類を考えながら、その特徴や購入できる取引所・販売所をご案内します。 アルトコインはなぜ乱立しているのか 理由は簡単です。 「ビットコインのプログラムはすべてが公開されているから」です。 ビットコインはP2Pの環境で稼働しています。 すなわち、中央管理者がなく、ビットコインのネットワークに参加しているコンピュータ(ノードと呼ばれます)一つ一つにプログラムをインストールして稼働させています。 そこで、ビットコインのプログラムを調べて手を加えれば、技術のある人ならば新しい仮想通貨を作ることができます。 新しいアルトコインを作る理由 技術者が新しい仮想通貨(アルトコイン)を作る理由は、ズバリ 「儲かる可能性があるから」でしょう。 仮想通貨のプログラミングができる人は、全世界を見渡しても極めてレアです。 そして、仮想通貨を作って成功すれば、わずかな期間で使いきれないほど儲かります。 これほど夢のあるビジネスは、なかなかありません。 さらに、「仮想通貨を使えば、今までできなかった新しいことができる」という理由もあるでしょう。 新しいことをしたいけれども、既存の仮想通貨では実現できない場合、新しく作ろうという話になります(あるいは、既存の仮想通貨でもできるけれど、旨味が少ない場合は、自分で新規に作ろうという話になります)。 アルトコインの種類 では、そのような仮想通貨は全部で何種類あるのでしょうか。 これを特定することはとても難しいです。 というのは、今この瞬間にも新しい仮想通貨が公開されているかもしれませんし、誰にも知られずにいる仮想通貨もあるのでは?と予想できるからです。 少なく見積もって 2,000種類はあると予想できます。 2,000種類もあったら、いったいどんな仮想通貨があるのかという把握さえ難しいでしょう。 しかし、実際に送金したりトレードしたりしようとすると、選択肢はとても小さくなります。 というのは、広く一般に活発に使われていないと実行できないからです。 私たちがアルトコインに投資する場合、この先有望と思えるアルトコインを選びたいです。 しかし、数千種類もある中から『有望』を見極めるのはとても難しいです。 そこで、一つの目安として『時価総額』に注目してみましょう。 今後の展開を予測できるとまでは行きませんが、少なくとも「人気」という点において確認できるでしょう。 アルトコインの時価総額トップ10【2019年9月時点】 ビットコインに加えて、取引量が多い(すなわち、人気の高い)仮想通貨は以下の通りです。 時価総額の多い順に10通貨を掲載しています(2019年9月時点)。 からの引用です。 上の表を見ますと、 ビットコインの時価総額が圧倒的だと分かります。 しかし、5年~10年経過したのちも同じ状況かどうかは分かりません。 そこで、比較的取引量の多いアルトコインについては、名前くらいは知っておいても良いかもしれません。 10通貨の名称と取引する際の単位を表にしておきます。 名称 単位 Bitcoin(ビットコイン) BTC Ethereum(イーサリアム) ETH Ripple(リップル) XRP Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ) BCH Litecoin(ライトコイン) LTC Tether(テザー) USDT Binance Coin(バイナンスコイン) BNB EOS(イオス) EOS Bitcoin SV(ビットコインエスブイ) BSV Monero(モネロ) XMR また、上の画像にある仮想通貨を四角で囲みました。 これらの仮想通貨については、 日本の取引所で売買できます。 アルトコインは数多くあり、また、時価総額の順位変動も大きいです。 このため、上位10傑の中で、日本では取引できない仮想通貨が出てきます。 しかし、上位5種類については売買できます。 時価総額(一番上の画像の"Market Cap"部分)を見ましても、上位と下位では、大きな差があります。 日本の取引所は、押さえるべきアルトコインはちゃんと押さえていると評価できそうです。 また、取引所で売買可能なアルトコインは徐々に増えています。 今後の取引所の経営努力に期待しましょう。 2018年3月の上位10通貨 参考までに、2018年3月時点における、上位10通貨を確認しましょう。 下の表の通りです。 上位5通貨の顔ぶれが全く同じだと分かります(赤枠で囲った部分)。 一方、6位以下の変動が大きいです。 上位10傑から消えてしまった仮想通貨は、これからどうなるでしょうか。 復活・発展するならば問題ありませんが、このまま衰退するかもしれません。 衰退するとはすなわち、価格の低迷(悪くすると、無価値も同然)につながります。 取引所としては、発展リスクと衰退リスクのバランスを考えながら、顧客にサービスを提供することになります。 すると、安全重視の選択になります。 「日本の取引所は、取引可能な仮想通貨が少なくて…」という不満が、時折聞こえてきます。 有望なアルトコインの価格推移 現在の時価総額の上位5通貨(ビットコインは除く)を『有望』と考えた場合、価格推移はどうなっているでしょうか。 それぞれのアルトコインの価格推移を比較してみましょう。 これを調べるのに素晴らしいツールがあります。 DMM Bitcoinの「比較チャート」です。 下の日足チャートをご覧ください。 4つのアルトコインの値動きを比較しました。 黒:イーサリアム• 緑:リップル• 紫:ライトコイン• このツールを使いますと、仮想通貨の価格水準に惑わされず、 どの仮想通貨の上昇率が大きいかなどを調べることができます。 価格上昇率 さて、上の4つのアルトコインを見ますと、全般的にライトコインの価格上昇率が高いと分かります。 しかし、それよりも重要なのは、 「どのアルトコインも値動きが似ている」という点でしょう。 差はありますが、上昇するときは全部上昇、下落する時も、全部下落です。 すなわち、値動きという点では、特徴があまりないと言えそうです。 価格が跳ね上がるアルトコインは? アルトコインの値動きに差が出るときは、どのような場合でしょうか。 予想しますと、特定のファンだけでなく、広く一般に有効性が認識されると、そのアルトコインの価格がピョンと跳ね上がる可能性があるでしょう。 さて、そのようなアルトコインは、どれになるでしょうか。 そういう視点からもアルトコインを眺めると、興味深いかもしれません。 仮想通貨間の価格変動比較をしたい場合、DMM Bitcoinがおすすめです。 簡単で、しかも分かりやすいです。 ビットコインとアルトコインの違い 一般的には、お金(円)を使って仮想通貨を買うことが多いでしょう。 しかし、 ビットコインを使ってアルトコインを買うこともできます。 手元にビットコインがあって、何か有望なアルトコインを見つけたとしましょう。 そして、自己資金(円)を使うのはもったいない…と感じる場合、ビットコインで買いましょう。 ビットコインは、 仮想通貨間の交換を仲介する役割も担っています。 次に、ビットコインとアルトコインの違いについて概観しましょう。 プログラマーがアルトコインを開発する際、ビットコインと全く同じ特徴の仮想通貨を作ることはないでしょう。 ビットコインと同じならば、わざわざアルトコインを使う必要はないからです。 このため、アルトコインの特徴を一言で書くなら、 「ビットコインとは違うというのが特徴だ」ということになります。 では、具体的にどのような点が違うでしょうか。 例えば、 ビットコインの欠点を改善することにより、違いを出しているアルトコインがあります。 ビットコインで指摘されている懸念は、例えば以下の通りです。 ビットコインの懸念事項• ブロックチェーン作成のペースが10分に1回しかない・・・即時支払いをするには不便です• 採掘(マイニング)をするのに巨大な電力と計算力を使用する・・・資源の無駄では? これを改善して、「ブロックチェーン作成ペースは数分に1回」「採掘に要するエネルギーはわずか」という違いを出しているアルトコインがあります。 ここでは、代表的なアルトコインをいくつか確認しましょう。 リップル(XRP) リップル社が開発している仮想通貨です。 特定の一社が開発しているという点で、ビットコインとは性格が大きく異なります。 ビットコインは銀行システムとは独立した存在ですが、リップルは銀行システムを改善しようとするシステムです。 詳細は別記事「」でご確認ください。 イーサリアム(ETH) アルトコインの代表格といえるのが、このイーサリアムです。 イーサリアムのシステムを利用して、別のビジネスを開発・展開できるのが特徴です。 投資資金を集める仕組み「ICO」において、イーサリアムを使う例が多数あります。 詳細は別記事「」でご確認ください。 モナコイン(MONA) アスキーアートでおなじみの「オマエモナー」をモチーフにした仮想通貨です。 すなわち、日本で開発された仮想通貨です。 モナコインの場合、仮想通貨の売買にとどまらず、モナコインそのものを楽しもうという人々が多いのが特徴です。 開発者は、1円ももらっていませんし、あらかじめモナコインを取得することもありませんでした。 この点で、MONAは全員に公平な仮想通貨という特異性を持っています。 詳細は「」の記事をご確認ください。 アルトコイン取引所・販売所 日本でも、取引所・販売所の数が増えてきました。 数が増えると、各取引所は、他社と異なる独自性をアピールする必要が出てきます。 独自性がないと、顧客は魅力的な他社に移動してしまうからです。 そこで、各取引所では、取引可能なアルトコインの種類が徐々に増えています。 一番上の表で、上位5傑を赤枠で囲みました。 これらの仮想通貨を売買できる取引所・販売所例は以下の通りです。 ディーカレット• GMOコイン• コインチェック なお、 DMM Bitcoinは独自性を強く意識しているかもしれません。 というのは、数多くの仮想通貨で「レバレッジ取引が可能」だからです。 ビットコインならば、レバレッジ取引は一般的に可能です。 しかし、DMM Bitcoinなら、10以上の通貨ペアでレバレッジ取引が可能です。 DMM Bitcoinでだけ取引できるというのは、有力な独自性です。 レバレッジ取引ができるということは、価格下落局面でも積極的に利食いを狙えるということです。 価格下落中は「反転してくれ・・・」と祈るだけだったのに、今ではアルトコインの下落局面で利食いを狙えるようになりました。 DMM Bitcoinの企業努力に感謝しつつ、取引を楽しみましょう。 アルトコイン取引所の比較 それぞれの取引所は以上のとおりですが、では、どの取引所でどんな仮想通貨を売買できるでしょうか。 一覧にまとめていますので、別記事「」でご確認ください。 アルトコインは、円を使って売買できるのはもちろんのこと、ビットコインを使って売買することもできます。

次の