知らなくていいこと 最終回 動画。 柄本佑“尾高”のキスに大反響 重岡大毅“野中”まさかのラストも話題に…「知らなくていいコト」最終回

知らなくていいコト10話(最終回)の動画を無料で!あらすじネタバレと感想

知らなくていいこと 最終回 動画

ケイトは、かつて世間を騒がせた殺人犯とされる乃十阿()が父親だと判明し、仕事に恋に順風満帆だったはずの人生が一転。 傷つきながら真実を追い求めようとするケイトを、尾高はどんなことがあっても支え続けていた。 そして、お互いに惹かれ合う2人は不倫の関係となってしまう。 2人は一体どうなる!? - C 日本テレビ これまでの放送で、尾高の包み込むような優しさあふれる言動に「尾高さん」ファンが急増。 ドラマ放送中には、ドラマタイトルや「尾高さん」がTwitterのトレンドになるなど話題となっている。 最終回の予告では、「真実に突っ込んでいくケイトが好きなんだ。 結婚しよう」と尾高が告白するシーンが。 このセリフに、「一体どうなるの?」「ハッピーエンドにして」「二人が結ばれないフラグ?」といったコメントや言葉にならない叫びがSNS上に多数投稿されている。 また、次回が最終回であることから「尾高さんロス」「終わってほしくない」といった声も上がっている。 (編集部・梅山富美子) ドラマ「知らなくていいコト」最終回は日本テレビ系にて3月11日よる10時~放送.

次の

今夜の『知らなくていいコト』最終回 柄本佑「話したいことがある」 吉高由里子を呼び… /2020年3月11日 1ページ目

知らなくていいこと 最終回 動画

吉高由里子、柄本佑、重岡大毅らが出演する「知らなくていいコト」が3月11日の放送で最終回を迎えた。 ケイトに振られ今は妻と子がいる身ながらケイトと再び関係を深めてしまう尾高由一郎に柄本さん。 ケイトが乃十阿の娘だと知り婚約破棄、さらにケイトの秘密を他誌に売ってしまう中春樹に重岡さん。 野中と交際していたがいまでは避けている小泉愛花に関水渚。 ケイトが所属する「週刊イースト」編集長・岩谷進に佐々木蔵之介。 正妻の息子をかばうため殺人犯として生き続ける乃十阿徹に小林薫といったキャスト。 ご注意ください。 乃十阿が息子をかばった可能性を知ったケイトは、ドイツで乃十阿の息子に会うが、幼い子供をあやすその姿を見て事件のことを言い出せず帰国。 岩谷は帰国したケイトに事件の真相についての手記を書くよう再度説得するが、ケイトは乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗する。 すると岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と特別班を編成。 30年前の事件の真相を取材、証拠を集める。 数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く。 結局ケイトは自分で記事を書くことを選択するが、上層部からストップがかかり記事はお蔵入りしてしまう…というのが今回のあらすじ。 尾高から結婚しようと言われるも、「子どもを見捨てないで欲しい。 子どもを手放さないで」と再び尾高を振るケイト。 《笠緒》.

次の

柄本佑“尾高”のキスに大反響 重岡大毅“野中”まさかのラストも話題に…「知らなくていいコト」最終回

知らなくていいこと 最終回 動画

吉高由里子、柄本佑、重岡大毅らが出演する「知らなくていいコト」が3月11日の放送で最終回を迎えた。 ケイトに振られ今は妻と子がいる身ながらケイトと再び関係を深めてしまう尾高由一郎に柄本さん。 ケイトが乃十阿の娘だと知り婚約破棄、さらにケイトの秘密を他誌に売ってしまう中春樹に重岡さん。 野中と交際していたがいまでは避けている小泉愛花に関水渚。 ケイトが所属する「週刊イースト」編集長・岩谷進に佐々木蔵之介。 正妻の息子をかばうため殺人犯として生き続ける乃十阿徹に小林薫といったキャスト。 ご注意ください。 乃十阿が息子をかばった可能性を知ったケイトは、ドイツで乃十阿の息子に会うが、幼い子供をあやすその姿を見て事件のことを言い出せず帰国。 岩谷は帰国したケイトに事件の真相についての手記を書くよう再度説得するが、ケイトは乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗する。 すると岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と特別班を編成。 30年前の事件の真相を取材、証拠を集める。 数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く。 結局ケイトは自分で記事を書くことを選択するが、上層部からストップがかかり記事はお蔵入りしてしまう…というのが今回のあらすじ。 尾高から結婚しようと言われるも、「子どもを見捨てないで欲しい。 子どもを手放さないで」と再び尾高を振るケイト。 《笠緒》.

次の