ヤングジャンプ マンガバンク。 凡庸な野球マンガになり果ててしまったBUNGO

漫画バンク ジャンプ

ヤングジャンプ マンガバンク

明確な目的を持つと人間って変わるんですね。 これ凄く大事なことですね。 ただ、その目的によって、自分の未来が決定されるわけですから、できれば、正しい目的を選び取りたいですね。 狂四郎は、志乃に会いたいという目的のために、 試練を乗り越えていきます。 狂四郎は、元から強かったですが、敵も、強い。 いつも、ギリギリでの勝利です。 試練は、平等に与えられる。 その試練は、自分で決断して、その責任を、 全て自分で抱えこむことができること、 その時に、本当の目的が生まれる。 そして自信が生まれる。 ただ、それは苦しみの始まりでもある。 本当にこれは、厄介なことだけど、 目的を持った人生って、こういうこと!だからな。 本巻で八木編が完結する。 遺伝子工学の飛躍的な発展により、20世紀の悪夢であった優生思想が、21世紀、装いを新たに登場する危険性が高まりつつある。 確かに遺伝子工学は無限の可能性と無限の危険性を秘めている。 世界の食糧問題を一挙に解決する力もあるが、クローン人間や人為的「天才」など神の領域を侵犯する行為を可能にする恐ろしい側面を持つ。 クローン羊や天才ネズミ一定の成果を見られた現在、この悪夢は明日にでも現実のものとなりかねない。 天才児求めて精子バンクに通う女性たちがいる今日、死んだ息子の代わりを求めてクローン人間を作ろうとする親 『鉄腕アトム』だ! たちが現れることを考えるのは決して荒唐無稽な想像ではないだろう。 天才児創出の最大の恐怖は人間のランク付けにつながる点だ。 天才児「生産」が普及すれば、精神障害者への差別はより強力なものとなるだろう。 社会的ダーウィニズムの復活だ。 あいつは使える、あいつは使えないなどと、人間に他人の価値を決定する権利などあるだろうか? 名作『アルジャーノンに花束を』の主人公、白痴の大人チャーリイ・ゴードンは言った。 「昔 天才になる前)の僕は人間ではなかったというのか?」と。 遺伝子工学によって人工的に生み出された「完璧な人間」八木少将は、まさしく優生思想の申し子だ。 八木の邪悪は、優生思想にとりつかれた愚かな人々の醜悪さをそのまま反映している。 これほど痛烈な優生思想批判を、私は知らない。 ダニエル・キイスは言っている。 「思いやりなき知性は無意味だ」。 八木の美徳は、天才としての能力にではなく、普通の人間としての思いやりに備わっていたのであった。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition.

次の

復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する|ヤンジャン!|週刊ヤングジャンプの公式マンガアプリ

ヤングジャンプ マンガバンク

原泰久のマンガ作品。 中国の春秋戦国時代を舞台にしたもので、「週刊ヤングジャンプ」 集英社 の2006年9号から連載が開始された。 単行本は15年7月に39巻を発売。 38巻までで累計発行部数は1200万部を超えている。 原泰久 1975年~ は、九州工科大学を卒業後、システムエンジニアを経て2003年にマンガ家デビューした。 『キングダム』が連載マンガとしては最初の作品でもある。 ストーリーは、動乱期である中国の春秋戦国時代に、戦争で孤児となりながらも「の大将軍」を目指す少年・信と、後の始皇帝となる秦王・政 せい の成長と活躍を描いたもの。 領土や権力を巡って ちょう ・魏 ぎ ・楚 そ を始めとする国々と合戦を重ねる中、信が率いる「飛信隊」は各地で武功を挙げ、信は立出世を遂げていく。 中国統一を志すその過程は、基本的には中国の歴史書『史記』や『戦国策』に記されている史実に沿いながらも、一部には創作も加えている。 13年には「第17回手塚治虫文化賞」のマンガ大賞を受賞した。 テレビアニメ化もされ、NHK BSプレミアムで12年6月~13年2月に第1シリーズ全38話が、13年6月~14年3月には第2シリーズ全39話が放送された。 その後、NHKの地上波でも第1シリーズが13年4月~14年1月に、第2シリーズが14年4月~15年3月に放送されている。 また、15年3月にはスマート向けアプリ「キングダム -英雄の系譜-」がディー・エヌ・エーから配信開始された。 春秋戦国時代の君主の一人となって、大将軍を目指すというシミュレーションRPG である。 松岡 理絵 フリーランスライター/2015年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説.

次の

キングダム 57/原 泰久

ヤングジャンプ マンガバンク

ヤングジャンプに連載している野球マンガの「BUNGO」。 地味ながら安定した人気があります。 最初は熱中して読んでいたんですが、連載が進むにつれて面白味がなくなり、凡庸な野球漫画になり果ててしまいました。 ちょっと面白そうだな、という要素を作者 or 編集がことごとく潰してしまい、ありきたり路線に持って行ってしまうのです。 展開もキャラも他のスポーツマンガで見たようなものばかりで、読んでいてわくわくする要素がありません。 逆にそのことによって、「普通に面白い」という安定した評価を獲得して連載が続いています。 発達障害の主人公BUNGO タイトルのBUNGOは、主人公の名前、石浜文吾 いしはまブンゴ から。 未経験ながら中学に入ってからシニアで野球を始め、めきめきと頭角を現していく、というストーリー展開になっています。 文吾の武器は、好きなことをとことんまで追求する、という性質。 1巻の最初は台風の日ですら壁当てでボールを投げ続ける、というシーンで始まり、そのことを象徴しています。 水槽の金魚育成だけに異常な集中力を発揮し、外に出ないことを心配した父と姉が文吾にグローブとボールを与えたら、それから3年間ただひたすらに壁当てをやり続けます。 どうみてもアスペルガーっぽい発達障害のある少年という描写でした。 枠の中に速いボールを投げ込むにはどうすればいいか、という課題にのみ没頭し続けた文吾。 文吾の投げる球に興味を持った名門シニア監督の息子との勝負を経て、中学に入ってからシニアに入門します。 ここまでは、なかなか魅せるなという雰囲気が漂っていました。 主人公が発達障害というのも新しい。 さらに、 それまで右で投げていた主人公が、実は左利きだったということが明らかとなり、ぎこちないフォームながらも右投げで鍛えられた筋肉から凄まじい回転数の球を左で投げられるということが明らかになり盛り上がってきます。 左利きだったのみ、右でボールを投げていたのは、父親が買ってきたグローブが右利き用だったから。 たくさんあるグローブでどれでもいいから適当に選んだと話す父。 インドアでスポーツを知らないからグローブがわからないという点は理解できるにしても、壁当てにはグローブ不要だし、2歳児や3歳児でも利き腕で投げるのが普通だということくらいわかりそうなものです。 この父親も明らかに何らかの学習障害で、親子で障害が遺伝したという設定なんでしょう。 広告 作者のやらかしネタバレ よくある野球マンガの主人公の型にはまっておらず、大きな可能性を感じさせますが、 ここで作者 or 編集がやらかしてしまいます。 1巻の表紙に左で投げる主人公を描いてしまいました。 1ページ目で、右で投げてひたすら壁当てをする描写があるというのに、読む前から表紙でネタバレされてしまう読者。 シニアに入り、魅力的なライバルや仲間たちが登場しますが、この魅力的なキャラってのがはっきり言って凡庸で全然面白くない。 死んだ兄の遺志を継いで野球を続けるも、女だから甲子園に出られないことを気にしている運動神経抜群のヒロイン• 監督の息子で、まじめで努力家で何の変哲もなく実力のあるライバル 潰れていく面白そうな要素 しかし、面白くなりそうな要素はそこかしこに散りばめられているのです。 ライバルという立場ながら主人公に惚れこんで、左では全力でストライクゾーンに投げられない文吾の練習に付き合い、デッドボールを受けまくるシーンなんかはそう。 狂気を孕んでいる一面があるのかと思わせますね。 いずれはプロになりたいだろうに、しょうもないケガのリスクを冒しすぎでしょ。 他にも、エースピッチャーが絶大なポテンシャルで「オブザーバー」とあだ名されるほど、打者の観察眼に優れ、投げる瞬間に打者を翻弄するために球種を変えるというキャッチャーいじめをしたり。 中学生ながら、将来を考えているのかどうか知りませんが、きわめて負担の大きい変化球であるスプリットを投げまくったり。 レギュラー決めで主人公の投げるチャンスが1回しかなくて、見せ場もなかったのに、選抜メンバーの4番目の投手枠に選ばれたり。 本来選ばれるはずの4番目の投手が、肘を痛めて辞退。 中学生投手で肘を痛めるほど投げるというシニアの闇が描かれていますね。 嫉妬渦巻くドロドロした展開があってもよかったのに。 お涙頂戴の、期待を背に受けて俺たち頑張るぜ的なやり取りは当たり前すぎていらない。 深く切り込めば面白そうな要素はありそうなのに、普通の熱血展開に持って行ってしまってます。 頭のおかしかった主人公も、キラキラした目で「甲子園を目指していれば、想像できない『本気』達とぶつかりあえる」と、猛者との戦いを追求する普通の挑戦者然とした思考回路になってしまいます。 違う、そうじゃないんです。 主人公のいるチームは、現在リトルシニア日本選手権の関東大会に挑んでいますが、とにかく普通、普通な展開で勝利していってます。 主人公の出番はとにかく少ない。 なぜなら、シニアでは連投したらダメだし、投球回数にも制限があるから。 タイトルに主人公の名前を付けて、投手にしたのは失敗じゃないの?と思わずにはいられません。 それでもまあ、主人公以外のキャラたちの熱いぶつかり合いという凡庸な野球マンガ的展開で今のところは続いています。 もっと、もっと狂った描写が欲しい。 熱血キャラばかりじゃなく、狂気を孕んだ発達障害キャラクターを出してほしい。 主人公は熱血キャラに変えないでほしかった、そう強く思います。 まだ主人公は中1なので、ここから成長して、巻き返す展開に期待しています。

次の