競艇 ツール。 競艇の3連複で投資を成功させる方法

競艇の基礎を学ぶ!競艇のルールや賭け方、舟券の種類、競艇選手のボートについて。

競艇 ツール

こんにちは、の川田です。 競艇では単勝式や複勝式の舟券は、オッズの歪みが発生しやすく儲けやすいのに、なぜか誰も買わないし主催者も売ろうとしない。 知らない人も多いのですが、ボートレースではちゃんと単勝式(1着を当てる舟券)と複勝式(2着までに入る選手を当てる舟券)も売ってるんです。 ただ、場間場外発売やボートピア・オラレなどでは単勝・複勝は買えないし、本場でも隅っこのわかりづらいところに窓口が1つある程度です。 インターネット投票では単勝式も複勝式もちゃんと買えますから、現在一番現実的な方法はネット投票でしょうね。 さて、この単勝式と複勝式の舟券ですが、どうして人気が無いかと言うと…• 組み合わせ数が少ないので配当が安い場合が多い• 売れる票数が少なく、オッズが1. 0になるのでドカンと大金勝負できない• 窓口が少ないし、主催者が積極的に売らないから 売れないから売らない、売らないから売れないと言う負のスパイラルが起きているわけですね。 競艇ファンの多くはイメージで「単勝・複勝は安い」と思いがちですが、 実際には多くの人が「当たって損」みたいな舟券を3連単や2連単で買ってしまっているのが現状なので、 はっきり言って必然的に1点買いになる単勝・複勝は「絶対取って損にならない舟券」ですから、 下手に2連単や3連単を買うよりも安全な場合も多いわけです。 ページ内の目次• 単勝と複勝の配当逆転現象もあります これを書いている現在、科学の業界ではSTAP細胞があるのかないのか、なんて論争が起きていますが、 単勝と複勝の配当が逆転する現象は結構頻繁にあります。 これは2連単と2連複の関係を思い出してみれば、それほど不思議な事では無いと思います。 2連単の折り返しを買うよりも2連複1点の方が結果的にはお得だった…と言う話はいくらでもあります。 例えば2014年の5月26日の戸田競艇11レースでは、単勝140円の選手の複勝が210円もついていました。 このようにオッズの歪みが発生しやすいので、儲けるチャンスも多いのが単勝・複勝の特徴なんですよね。 でもオッズの歪みに関する話を書いているので読んでみてください。 私が競艇で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。

次の

競艇予想のサイト・ブログ・ソフト・ツール・SNS…結局当たりやすいのはどれ?

競艇 ツール

競艇の3連複を投資のツールにする? 競艇を投資として成功させたいと思っている人に、日々競艇の研究(?)をしているヒゲじじいの投資術をちょっとだけヒントを差し上げちゃいましょう。 競艇の投資のしかたについては、いろいろなブログなどで講じられていますが、ヒゲじじいの競艇投資術の方法はズバリ3連複勝ち逃げ法! あなたは「3連複は当てやすいけど配当がイマイチ」と思っていませんか? 確かに本命すじで決まってしまえば2倍を割り込んでしまう配当もあります。 また、多くの配当は2~4倍台くらいなので、3連単から比べると、どうしても敬遠しがちななってしまうのもうなずけます。 しかし、やり方によっては3連複でも、3連単に負けない儲けを出すことができます。 競艇3連複の投資方法 よく競艇は買い目が少ないから当てやすいということが言われています。 確かに競艇は競馬や競輪、オートレースといった公営ギャンブルの中でも、競争する人数が6人と少なく、3連単にしても120通りとどのギャンブルよりも買い目は少ない競技です。 しかし、買い目は少なくても漠然と舟券を購入していたら、他のギャンブルと同様にそうそう勝てるものではありません。 そこでプロの予想屋はどうするかというと、レースをしぼって狙い撃ちをかけています。 その多くの予想方法は、競艇で絶対有利な1号艇が信頼できそうなレースを選りすぐり、1号艇のアタマから流していくといった方法です。 そしてその買い方は、3連単、2連単、そして3連複といった舟券で勝負していきます。 得意3連単は配当がいいので多くの予想屋さんが推奨しています。 また、2連単も買い目が絞れるので的中率はそれなりに期待できます。 ヒゲじじいが競艇を投資として成功させるために推奨するのは、この20通りの買い目しかなく的中率の高い3連複です。 テレボートのマイ予想で3連複予想 ちょっと引っ張りすぎましたが、ヒゲじじいの競艇3連複投資法をご紹介しましょう。 舟券の券種は3連複で、購入数は基本2点買いです。 (レース又は、オッズによって3点買い進場合もあります) そして、予想には無料のツールを使います。 そのツールは、競艇のオフィシャルサイト「テレボート」に設置されている「マイ予想」というツールです。 この「マイ予想」については他のページでご紹介していますので、ここでは割愛させていただきます。 以下の「参考」記事をご覧ください。 1号艇がらみの3連複勝負 ヒゲじじいの競艇予想は1号艇絶対主義。 3連単の場合にはコレだ!という1号艇を頭にしてヒモに流すスタイルです。 しかし、この投資としての競艇予想方法では、1号艇を軸とすることは変わりませんが、3連単の時ほどはレースを選びません。 ほぼ全レースを狙ったローラー作戦に近い感じです。 というのも、多くのレース結果を見ているとわかりますが、1号艇が3着以内に入ってくる確率が非常に多く、12レース全部3着以内に絡んでくることも稀ではありません。 そんな1号艇を見逃すわけにはいきません。 基本的には1号艇がらみの3連単で勝負していきます。 3連複勝ち逃げスタイル 購入スタイルは1競艇場のレースを1レースから3連単2点で購入し続け、どこかでプラスがでたらその場で勝ち逃げです。 時によってはプラマイ0でも、多少負けていてもそこで勝負を終えてトンヅラです。 また、追い上げ式の購入ではなく、1レースごと均等に舟券を購入していきます。 そして、1日だけでは勝負はつきません。 できれば開催初日から最終日までを1クールとし、各開催日の払い戻し金額を合計して損得を見ていきます。 その際、目標の儲けを決めておき、その目標に達したらそのクールは最終日を待たずに終了してしまいます。 ここでも、後ろ髪は引かれるかもしれませんが、勝ち逃げスタイルを貫きましょう。 競艇3連複2点買いの妙味 3連複は3連単に比べると、配当面からするとかなりうま味はありませんが、その分リスクがかなり減る買い方です。 だから2点買いと買い目をしぼることができます。 配当が2倍を切ってしまうしまうこともたまにはありますが、1番人気でも3~4倍といった配当が付くレースは結構多いものです。 2点買いでこのあたりが的中すればどうでしょう?3倍としても、2点買いなら1. 5倍(150%)になります。 たとえば、3連単で4点買いして8倍の配当をゲットしても、配当金は2倍(200%)です。 5倍の差はリスクから考えれば十分受け入れられる範疇ではないでしょうか? また、2点買いの比率を2:1として、低いオッズをもう一つの買い目の2倍購入しておくといった買い方をすればどうでしょう? 例えば、狙う2点のオッズが3倍(A)と5倍(B)というような場合なら、Aに200円、Bに100円というように購入すれば、Aが当たれば600円、100円買いのBが当たっても500円、それぞれAなら2倍(200%)、Bでも1. 67倍(167%)という結果です。 3連単は配当が大きいとは言え、本命筋から数点買いすれば、200%を割ってしまうことも珍しくありません。 それを考えると、この配当は妙味あるものと言えるのではないでしょうか? もちろん、すべてが1レース目からいきなり当たるものではありませんが、当たるまで買い続ければプラス、またはプラマイ0といったところまで結構来るものです。 買い続けた結果、その日の配当がマイナスになった場合でも、軍資金の60~70%の払い戻しが残れば次の日のレースに投資でき、それを繰り返していれば、ヒゲじじいの経験から行けば最終的にプラスを計上できています。 最初はなかなか小さなプラスでは、舟券の購入を切り上げる(勝ち逃げ)ことが難しいかもしれませんが、それを繰り返していくことで、徐々に元金が膨らんでくると、競艇が投資になることが実感できると思います。 それでは次のページで、実際の投資結果をご紹介していくことにしましょう。 関連記事一覧.

次の

競艇予想のサイト・ブログ・ソフト・ツール・SNS…結局当たりやすいのはどれ?

競艇 ツール

競艇レースの予想の仕方 競艇のレースには、競馬や競輪以上に抑えるべきポイントが数多くあります。 そのため予想しやすいレースもあり、そういったレースは勝ちが拾いやすいという面もあるので、覚えてしまえば予想することが楽しくなってくるはずです。 それでは、競艇レースの予想のポイントを順番に説明していきますね! コース取りが着順に大きく影響! 競艇のコースはイン側から1コース、外へ向かって6コースまであります。 そして、レースにおいては1コースが圧倒的に有利なポジションであり、 外へいくほど着順に不利なものとなっていることが特徴です。 実際に1コース・2コースのボートの連対率は高いものとなっていますので、 予想の仕方のコツとして抑えておくべきポイントになります。 しかし、 スタートの良し悪しやレース時の環境によっては外側が有利になることもあるので、1号艇だから堅いとも言い切れないので注意しましょう。 モーターの調子をチェックしよう モーターは会場ごとに用意されたものが抽選により選手へ割り当てられるので、モーター自体の戦績を調べれば、どんなモーターなのかをある程度は把握することができます。 しかし、勝率が高いモーターといっても、 前任者の実力や整備力も含めたものなので過信は禁物です。 なお、モーターの戦績については各競艇場の公式HPなどで公開されています。 簡単にチェックすることができるので、きっとあなたの予想の助けになることでしょう。 ペラはモーターの性能を引き出す重要パーツ ペラとは、 ボートを漕ぎだすためのプロペラのことです。 ペラの調整がいいと速度のノリが速かったり伸びが良く、 ターンで放された挺身をストレートでまた詰め直すことに繋がるため、非常に重要なパーツなんです。 ペラはモーターとセットで割り当てられ、選手はレース開催前から最終日までの間にモーターと合わせてペラを調整していきます。 競艇は会場ごとにクセが違う 日本には24か所に競艇場があり、 会場によっては風が強いとか波が堅いなどといった特徴があります。 これによって1コースが有利とされていても、風向きが追い風か向かい風かといったことひとつで不利になってしまうこともあります。 こうした会場ごとの水質や水面の状況、季節や当日の風向きや強さなどといった情報は各会場のHPでも確認できますので、レース予想の際にはぜひチェックしてみてください。 選手の情報や戦績をチェック! 各競艇会場のHPを見ると、地元選手や開催中のレース参加選手の情報を見ることができます。 ひとつのレースの中でも階級が違ったり、若手からベテランまでいるので、どういった選手が乗っているのかは予想するにあたってチェックしておくべきでしょう。 階級に加えて近況戦績などを見て連対率に注目したいところですが、 シリーズの変わり目では会場やモーターなども変わるため、あくまで参考程度に留めておくとよいでしょう。 スタート隊形からレース展開を予想 スタートライン通過時のバラつきをスタート隊形といい、この時のボートの並びである程度レースの展開が読めることになります。 インが有利な隊形ならば堅いレースになりやすく、アウト側が有利な隊形ですと高配当の結果になりやすいといったことが予想されます。 スタート展示は必ずチェック! スタート展示は、ボートの出足やスタート時の進入コースといった情報を事前に得られる予想に欠かせないものとなっており、同時に選手のスタート練習も兼ねています。 展示タイムは直線でのスピードを測るものなので、ここで モーターやペラの調子を参考程度ですが得る事ができます。 しかし、 進入コースに関しては必ずしも展示と本番が同じとは言えないので、あくまで参考程度に見ておきましょう。 勝率の高い買い方・予想のコツ ここまではボートレースに関する予想の仕方のコツを紹介してきましたが、次は 買い方のコツについて紹介したいと思います。 競馬などと同じく、競艇にも単勝や3連単などといった複数の買い方がありますが、まず念頭に置いておきたいことは 「競艇はインコースの連対率が高い」ということ。 これはどこの会場においても同じことが言えます。 特に、1コースからスタートするボートの連対率が高いです。 的中率と回収率 勝率を上げるには、連対率を重視することが重要です。 しかし、単勝買いでなければ2着や3着までのボートまで予想しないといけません。 かといって、的中率を上げるために買い目をやたらと増やしてしまえば、 的中しても回収率は低くなってしまいます。 的中率を上げると必然的に回収率は下がるので、 しっかりと買い目を絞り込む事が勝率を上げるコツになります。 例えば、オッズが低めのレースだと回収率は下がってしまうので、あまりにもガチガチのレースなら1点買いで勝負する方が良いかと思います。 また、グレードの高いレースになると人気が散らばりやすいので、 全体的にオッズが高めになる傾向にあります。 こういったレースですと回収率も上がりますので、狙ってみると良いでしょう。 予想を仕入れる ただむやみに大穴狙いをしてもうまくいかないのは何度かやっていくとわかります。 そこで利用したいのが一般に競艇予想サイトと呼ばれる競艇予想サービスです。 競艇予想サイトでは、その日のレースの勝敗が決定する要因を解析して大穴が出るレースを洗い出してくれます。 無料情報で勉強して自分で時間を使い場数を踏んで得意な競艇場や勝ちパターンを作ることも大事ですが、競艇予想サイトを活用するのも時間短縮して稼ぐ確率を高める一つの方法です。 3つの競艇予想サイトの予想結果 今回、実際に使った評判のいい競艇予想サイトの 実績結果を掲載します。 2019年9〜10月に実際に競艇予想サイトを使った内容になります。 注意)競艇予想サイトは手を抜いた予想を出してくるところもたくさんありますので、きちんと理論と経験、足を使って調査してくれる予想サイトを選ばないといけません。

次の