外 村 美姫 ブログ。 エクステリア・ガーデン 人気ブログランキングとブログ検索

スケート・フィギュアスケート 人気ブログランキングとブログ検索

外 村 美姫 ブログ

こんばんは! 今日は雨の中、午前中は散歩に行って来ました。 10kmは歩きました。 ドトールでアイスコーヒーを頂き、サイゼリヤでサラダとペペロンチーノ、チョコレートケーキを食べて来ました。 昨年の痔の手術から丁度一年が経過しました。 長かった様な短かった様な。 結論から言うと、 とても調子が良い と言う事です。 痔に悩む事は完全に無くなりました。 岩垂先生にオペをして頂いて正解でした。 自分の選択は間違っていなかったです。 高齢になってから手術をするよりも、元気なうちに手術を済ませておく事はとても大事な事だと思います。 朝風呂入ってからスーツとネクタイをクリーニングに出して来ました。 汗抜き加工も頼んだので7千円位でした。 受付のいつも綺麗に化粧しているお姉さん?おばさん?がマスク越しでもスッピンなのが分かりました。 結構年齢行ってるなーとか思った。 女性は化粧しないと差が凄い。 大きなお世話か。 朝昼兼用でマイカリー食堂に初めて行って来ました。 松屋系列のカレー専門店ですね。 店内に入って券売機で注文した後は、席に着いて受付番号を呼ばれたら、厨房窓口まで受け取りに行くスタイルです。 そこでお冷や、福神漬け、割り箸、口拭きナプキンをセルフサービスで取って席に戻ります。 季節野菜のゴロ… こんばんは! 今日は帰りに雨が降り、風も強くて大変だった。 夕飯は吉野家の牛丼つゆだく大盛りBセットである。 Bセットはお新香と味噌汁付きの事である。 美味かった。 端っこでお爺さんがうつ向き加減で、さば味噌定食みたいなのを食べていた。 あれ今度食べてみようと思った。 あのお爺さんは将来の私の姿である。 お爺さんは独り者なのか家族が居るのかは知る由もない。 一人で生きて行くというのはそれなりに覚悟が必要なのである。 全てに於いてアンテナを張っておかなければならないのである。 自分はどうも自炊が苦手である。 面倒くさい。 嫁はいらんが家政婦が欲しい。 伝説の家政婦 志麻さんの様に手際良く美味しい料… 「病気ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順• 1年後の生存率は50%と言われているこの病気、一生の付き合いになります。 同じ病気で苦しんでいるワンちゃんの、体験記を一緒に作りませんか? その体験が、同じように苦しんでいるワンちゃんの参考になれば、 こんなに嬉しいことはないですよね。 もちろん、お互いに紹介するだけではなく、情報交換の場にしていただいて構いません。 相手を思いやる気持ちを忘れずに、交流をお願いします。 「胃粘膜下腫瘍」についてならどんな記事でもお気軽にTBして下さい。 この病名を告げられた人は、たいていは「1年に1回の胃カメラで経過観察で良い」と診断されますが、「細胞をとって生体検査をしても、粘膜の下までは組織が取れないから良性か悪性か診断がつかない」などと言われて、悪いかもしれないものを1年も放っておいていいのか…? といった疑問を抱いたりしていないでしょうか? 胃カメラで偶然見つかる事が多いようですが情報が少なく、大袈裟な病名に不安になる方も多いと思います。 このトラコミュは、同じ「胃粘膜下腫瘍」を持っている人同士で情報交換ができれば……という思いから作成しました。 「胃粘膜下腫瘍」とは…… 胃の粘膜層よりも深いところにある胃壁内の病変によって、粘膜が胃の内腔に突出した隆起のことをいいます。 (中略) 一般に、腫瘍が小さい場合はほとんど無症状で、多くは健診などで偶然発見されています。 時に心窩部痛 しんかぶつう や腹部不快感を伴う場合があります。 (『gooヘルスケア』より抜粋) キーワード:胃粘膜下腫瘍、胃カメラ、経過観察、GIST• 病気になったり、体のトラブルで悩んだり、怪我をしたり・・・そういう時に医者へ行く、薬を処方してもらうというのももちろんですが、台所にある食材や身近にある植物を使って対処することも多いと思います。 風邪に玉子酒、便秘にヤーコン、下痢にはゲンノショウコ、ひび、あかぎれには柚子などなど。 辛い深刻な病気でも、医学に加えて、家庭の台所からのサポートが相乗効果をもたらすこともあるでしょう。 台所や身近にあるもので元気に暮らそう! というポリシーに基づいた知恵や経験談、トラックバックしてみませんか(台所にあるものとは、ふだんの料理のためにふつうに台所にあるものを対象としています。 そうでない健康食品、サプリメントなどの利用に関するものはご遠慮下さい)。 インフルエンザ(Influenza)はインフルエンザウイルスによる急性感染症の一種で、流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、略称・流感(りゅうかん)とも言う。 又、1795年1月9日、名横綱・谷風梶之助がインフルエンザで亡くなったことから、「谷風」と呼ぶ。 発病すると、高熱、筋肉痛などを伴う風邪の様な症状があらわれる(詳細は症状の節を参照)。 ごくまれに急性脳症や二次感染により死亡することもある。 インフルエンザとヒトとの関わりは古く、古代エジプトにはすでにインフルエンザと見られる病気の記録が残っている。 最も重大な転機は1918年から1919年にかけて発生したスペインかぜの世界的な大流行(パンデミック)である。 これは規模、死亡率の点で強力で、感染者数6億人、死亡者数 4000万 - 5000万人(さらに多いという説もある)にのぼり、第一次世界大戦終結の遠因ともいわれる。 このスペインかぜ以降、インフルエンザは毎年継続してパンデミックを起こしている状態にある。 また、さらに数年から数十年ごとに、新型のヒトインフルエンザの出現とその新型ウイルスのパンデミックが起こっており、毒性の強い場合は多数の死者がでる。 近年は新型ヒトインフルエンザのパンデミックが数十年起こっていないこと、死亡率の減少などから、「インフルエンザは風邪の一種、恐れる病気にあらず」と捉える人が多くなったが、これは誤解である。 インフルエンザの症状はいわゆる風邪と呼ばれる症状の中でも別格と言えるほど重く、区別して扱う事も多い。 またパンデミック化したインフルエンザは人類にとって危険なウイルスである。 日本などの温帯では、冬期に毎年のように流行する。 通常、11月下旬〜12月上旬頃に最初の発生、12月下旬に小ピーク。 学校が冬休みの間は小康状態で、翌年の1-3月頃にその数が増加しピークを迎えて、4-5月には流行は収まるパターンである。

次の

自称しまむらの達人という悪質ブロガー外村美姫という方についてです。毎日のよ...

外 村 美姫 ブログ

外村美姫さんは、こんな人 「しまむらの達人」と呼ばれている外村美姫さんは、イベント企画運営・ブロガー・グルメレポーターとして活躍しながら、モデルとしての一面もある多才な43歳。 フェミニンで若々しくやさしい印象の笑顔と、プチプチなアイテムで作り出すファッションセンスの良さが魅力です。 そのうえ外村さんはお買い物上手。 ただでさえコスパ力抜群のしまむらやGUなどのプチプラブランドですが、素敵な掘り出しものを見つけて着こなしています。 お買い物の内容だけでなく、着こなしや暮らしぶりまで気になる外村美姫さんのブログ「ぱんだのぶろぐ」から、お得な情報を紹介します。 夏らしいサックスブルーのストライプ柄。 ひざ下丈なので大人でも着こなしやすく、小さめのフレンチスリーブは気になる二の腕をカバーしてくれます。 外村さんはベルトをプラスしたり、ストールやカーディガンを重ねたりして、おでかけにも着る予定だとか。 このお値段なら遠慮せずガンガン着られそうですね。 ママの強い味方です。 ポリエステル素材でお手入れも楽ちん。 同じデザインでもサイズによって着たときの印象が大きく変わるので、試着も忘れずにしましょう。 コーデを考えるのが苦手なママもこれなら一気に雰囲気を作れそうです。 パール系のアクセサリーを選べば、学校行事にも対応できるきちんと感が出せますね。 ウエストをブラウジングして着るタイプなので、おなか周りがふんわり。 ゆったりとしたラインは着やせ効果も抜群です。 もともとお手頃価格なのにさらに安くゲットできるので、見かけたらぜひチェックしたいですね。 まだまだ続いているスカートブームですが、長めの丈が上品で着こなしやすいロングスカート。 上品なベージュは特に合わせやすいカラーです。 ウエストギャザーで着心地も良く、ボリュームのあるシルエットで下半身の着やせ効果も期待できます。 タグによると、縫い目がほどけているところがあるとのことで、外村さんも店員さんと一緒に確認しようと探したのですが見つからなかったのだとか。 小さなシミやほつれくらいなら着ていても気にならないかもしれません。 アウトレット目当てでGUパト、行きたくなりますね。 使っているカラーはベージュと白の2色で、とてもシンプル。 ZARAのクリアバッグに入れたパンダのポーチに遊び心が光ります。 シンプルにまとめすぎると寂しいコーデになってしまいますが、遊び心のあるアイテムをプラスすることでアクセントになり、コーデにメリハリが生まれます。 1年を通じて参考にできそうですね。 プチプラブランドは週末がお得 最近は、インテリアグッズやファッション小物も充実しているしまむらやGU。 トレンド感がありながらも気軽に取り入れられるので、ママにとってはありがたいですよね。 外村さんも活用しているとのこと。 ほかにもGUやしまむらでお得に購入したものがあるので紹介します。 デイリーユースのアイテムはできるだけ予算を抑えたいものですよね。 GUやしまむらなら週末セールもあり、家族の分の服や小物が1箇所でそろうので、忙しい週末も大助かり。 まとめ買いしたいときは、週末がおすすめです。 今年のトレンド、ギンガムチェックに大きめリボンで足元をかわいく演出できそうです。 柄小物は取り入れ方に迷うものですが、ギンガムチェックならスカートに合わせてフェミニンスタイルにも、オールブラックコーデのアクセントにも合わせられてとても便利。 今年の夏、ぜひ取り入れてみてください。 ワンコインの500円で購入したそうです。 ルームウェアとしても、外村さんのようにカーディガンやパーカーを合わせてちょっとそこまでのワンマイルウェアとしても着られて、1枚あるととても便利。 外村さんはプチプラブランドのアイテムを上手に取り入れているというだけでなく、その中から特にお買い得なアイテムを見つけて、普段使いのコーデに取り入れているので、とても参考になります。 素敵なアイテムを見つける目と買い物上手なセンスを外村さんのブログから身につけて、賢くファッションを楽しみたいですね。

次の

しまむらファッション 人気ブログランキングとブログ検索

外 村 美姫 ブログ

こんばんは! 今日は雨の中、午前中は散歩に行って来ました。 10kmは歩きました。 ドトールでアイスコーヒーを頂き、サイゼリヤでサラダとペペロンチーノ、チョコレートケーキを食べて来ました。 昨年の痔の手術から丁度一年が経過しました。 長かった様な短かった様な。 結論から言うと、 とても調子が良い と言う事です。 痔に悩む事は完全に無くなりました。 岩垂先生にオペをして頂いて正解でした。 自分の選択は間違っていなかったです。 高齢になってから手術をするよりも、元気なうちに手術を済ませておく事はとても大事な事だと思います。 朝風呂入ってからスーツとネクタイをクリーニングに出して来ました。 汗抜き加工も頼んだので7千円位でした。 受付のいつも綺麗に化粧しているお姉さん?おばさん?がマスク越しでもスッピンなのが分かりました。 結構年齢行ってるなーとか思った。 女性は化粧しないと差が凄い。 大きなお世話か。 朝昼兼用でマイカリー食堂に初めて行って来ました。 松屋系列のカレー専門店ですね。 店内に入って券売機で注文した後は、席に着いて受付番号を呼ばれたら、厨房窓口まで受け取りに行くスタイルです。 そこでお冷や、福神漬け、割り箸、口拭きナプキンをセルフサービスで取って席に戻ります。 季節野菜のゴロ… こんばんは! 今日は帰りに雨が降り、風も強くて大変だった。 夕飯は吉野家の牛丼つゆだく大盛りBセットである。 Bセットはお新香と味噌汁付きの事である。 美味かった。 端っこでお爺さんがうつ向き加減で、さば味噌定食みたいなのを食べていた。 あれ今度食べてみようと思った。 あのお爺さんは将来の私の姿である。 お爺さんは独り者なのか家族が居るのかは知る由もない。 一人で生きて行くというのはそれなりに覚悟が必要なのである。 全てに於いてアンテナを張っておかなければならないのである。 自分はどうも自炊が苦手である。 面倒くさい。 嫁はいらんが家政婦が欲しい。 伝説の家政婦 志麻さんの様に手際良く美味しい料… 「病気ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順• 1年後の生存率は50%と言われているこの病気、一生の付き合いになります。 同じ病気で苦しんでいるワンちゃんの、体験記を一緒に作りませんか? その体験が、同じように苦しんでいるワンちゃんの参考になれば、 こんなに嬉しいことはないですよね。 もちろん、お互いに紹介するだけではなく、情報交換の場にしていただいて構いません。 相手を思いやる気持ちを忘れずに、交流をお願いします。 「胃粘膜下腫瘍」についてならどんな記事でもお気軽にTBして下さい。 この病名を告げられた人は、たいていは「1年に1回の胃カメラで経過観察で良い」と診断されますが、「細胞をとって生体検査をしても、粘膜の下までは組織が取れないから良性か悪性か診断がつかない」などと言われて、悪いかもしれないものを1年も放っておいていいのか…? といった疑問を抱いたりしていないでしょうか? 胃カメラで偶然見つかる事が多いようですが情報が少なく、大袈裟な病名に不安になる方も多いと思います。 このトラコミュは、同じ「胃粘膜下腫瘍」を持っている人同士で情報交換ができれば……という思いから作成しました。 「胃粘膜下腫瘍」とは…… 胃の粘膜層よりも深いところにある胃壁内の病変によって、粘膜が胃の内腔に突出した隆起のことをいいます。 (中略) 一般に、腫瘍が小さい場合はほとんど無症状で、多くは健診などで偶然発見されています。 時に心窩部痛 しんかぶつう や腹部不快感を伴う場合があります。 (『gooヘルスケア』より抜粋) キーワード:胃粘膜下腫瘍、胃カメラ、経過観察、GIST• 病気になったり、体のトラブルで悩んだり、怪我をしたり・・・そういう時に医者へ行く、薬を処方してもらうというのももちろんですが、台所にある食材や身近にある植物を使って対処することも多いと思います。 風邪に玉子酒、便秘にヤーコン、下痢にはゲンノショウコ、ひび、あかぎれには柚子などなど。 辛い深刻な病気でも、医学に加えて、家庭の台所からのサポートが相乗効果をもたらすこともあるでしょう。 台所や身近にあるもので元気に暮らそう! というポリシーに基づいた知恵や経験談、トラックバックしてみませんか(台所にあるものとは、ふだんの料理のためにふつうに台所にあるものを対象としています。 そうでない健康食品、サプリメントなどの利用に関するものはご遠慮下さい)。 インフルエンザ(Influenza)はインフルエンザウイルスによる急性感染症の一種で、流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、略称・流感(りゅうかん)とも言う。 又、1795年1月9日、名横綱・谷風梶之助がインフルエンザで亡くなったことから、「谷風」と呼ぶ。 発病すると、高熱、筋肉痛などを伴う風邪の様な症状があらわれる(詳細は症状の節を参照)。 ごくまれに急性脳症や二次感染により死亡することもある。 インフルエンザとヒトとの関わりは古く、古代エジプトにはすでにインフルエンザと見られる病気の記録が残っている。 最も重大な転機は1918年から1919年にかけて発生したスペインかぜの世界的な大流行(パンデミック)である。 これは規模、死亡率の点で強力で、感染者数6億人、死亡者数 4000万 - 5000万人(さらに多いという説もある)にのぼり、第一次世界大戦終結の遠因ともいわれる。 このスペインかぜ以降、インフルエンザは毎年継続してパンデミックを起こしている状態にある。 また、さらに数年から数十年ごとに、新型のヒトインフルエンザの出現とその新型ウイルスのパンデミックが起こっており、毒性の強い場合は多数の死者がでる。 近年は新型ヒトインフルエンザのパンデミックが数十年起こっていないこと、死亡率の減少などから、「インフルエンザは風邪の一種、恐れる病気にあらず」と捉える人が多くなったが、これは誤解である。 インフルエンザの症状はいわゆる風邪と呼ばれる症状の中でも別格と言えるほど重く、区別して扱う事も多い。 またパンデミック化したインフルエンザは人類にとって危険なウイルスである。 日本などの温帯では、冬期に毎年のように流行する。 通常、11月下旬〜12月上旬頃に最初の発生、12月下旬に小ピーク。 学校が冬休みの間は小康状態で、翌年の1-3月頃にその数が増加しピークを迎えて、4-5月には流行は収まるパターンである。

次の