だるく て 動け ない。 朝、体がだるくて動けないのは原因がある!昼寝がポイント!|シリモノ

毎朝体がだるい動けない…理由は○○かも?!原因と対処法をご紹介!

だるく て 動け ない

その体調不良は午前中の間続いて、ずっとぐったりしているかもしれません。 いざ立ち上がっても、めまいがしてしまうこともあると思います。 体調が悪いため、学校に遅刻してしまったり、休んでしまったりすることもあるかもしれません。 そうすると、先生や友達にどう思われるか心配になってしまいますよね。 本当に具合が悪いのに、親からも学校にきちんと行くようプレッシャーをかけられることもあるでしょう。 でも、もしかするとその朝や午前中のだるさは、病気が原因かもしれません。 午前中はずっとだるくて、動けない! 高校三年生の女の子は半年くらい前から、下半身がどうしてもだるく、ぐったりで 午前中はほとんど動けないという問題を抱えています。 なんとか学校に行ったとしても、授業に集中しているのが難しかったり、あまりのだるさのために机に突っ伏してしまったりします。 休み時間になって友達と話していても、下半身が重く感じられて、体がフラフラとしてしまい、すぐに座ってしまうのです。 体育の授業も午後にあれば問題はないのですが、午前にあると、少し動いただけで、頭がきーんと痛くなり冷や汗が出てきて動けなくなってしまいます。 次第にはめまいまで感じて、体が勝手に倒れてしまうことも。 そうすると、保健室に行ってずっと横になっていたり、体調が悪いときは早退することになってしまいます。 朝目が覚めたときは、頭の中は元気なのですが、体はフラフラで、学校に行きたい、学校に行かなきゃだめだとどんなに頭の中で思っても、 体はだるくて、なかなか起き上がることができないのです。 学校の先生からも最近は、もういい加減にしたらどうなんだと言われますし、自分でも受験の一次試験が終わり、二次試験が近いためになんとかしなくちゃいけないとは思っています。 この体調が悪いことが原因がなんなのか本当に不思議に思っているようです。 朝になると、倦怠感で体がふらふら… 中学校1年生の男の子は、運動が大好きな子供でしたが、最近一ヶ月は体がフラフラして 午前中は学校を休んだり、体がだるくて体育の授業を欠席したりしています。 この症状が出る前までは、始まったばかりの中学の部活動に打ち込んで、練習や大会にも積極的に出ていました。 特に、週末の大会では、一年生ながら先発メンバーに選ばれたりするほどの頑張り屋さんでした。 しかし、朝に体が動かなくなるようになると、部活動にも出られない日が多くなってきています。 そもそも、学校自体にもいけないことが増えてきて、夜に学校に行って、勉強をしたりしているのです。 午前中の間はだるい状態が続いて、体調がいいと午後の授業から出ることができる日もありますが、体調が悪いと午後16時くらいまではベッドから抜け出すことができません。 そうすると、夜に学校に行き、先生から教えてもらったり、友達のノートを写したりしています。 この症状は最近出てきたものですが、考えてみると小学校のときにも 突然午前中にフラフラしてしまい、体育の授業中に靱帯を損傷したり、骨折したりしたことがありました。 小学校6年間でこの2回だけだったので親も心配しませんでしたが、もしかしたら同じような症状が出ていたのかもしれません。 朝や午前中の体調不良、この病気が原因かも? ・内臓の病気? こういった症状の原因は何なのでしょうか。 一般的に考えられるのは内臓の病気です。 例えば、肝炎の場合、最初はフラフラしたり倦怠感があったりして、比較的風邪に似た症状が出てきます。 その後は、全身が痛くなったり、腹痛になったり、下痢や吐き気など消化器系の症状が出てきます。 さらに、体が十分なビタミンB1を作り出せない、潜在的ビタミンB1欠乏症ということも考えられるでしょう。 好き嫌いの多い食事をしていたりすると、体に必要なビタミンB1が不足して、体がだるくなったり、動悸息切れがひどくなったりします。 さらには、膵臓で作られるインシュリンの分泌が不十分になってしまう 若年性糖尿病などの原因も考えられます。 しかし、 午前中のフラフラした感覚や倦怠感に加えて、お風呂に入っているときに気分が悪くなったり、夜寝付けないなどの症状があるなら起立性調節障害と考えることもできるかもしれません。 以下のどれかの症状にも心当たりがあるのであれば、なおさらその可能性は高いです。 そして起立性調節障害であれば簡単な対策方法もあって、意外と簡単に楽になれるかもしれません。 詳しくは以下の記事でご紹介しているので、良ければ読んでみてください。

次の

妊娠初期はだるくて動けない!仕事は休んでも良い?|Yasuのお役立ち情報

だるく て 動け ない

自律神経失調症とは 自律神経のバランスが乱れることによる症状 人体にはたくさんの神経が張り巡らされています。 脳や脊髄に張り巡らされているのが「中枢神経」、体中に張り巡らされているのが「末梢神経」です。 末梢神経は、さらに体性神経と自律神経に分けられます。 体性神経というのは、意思によって体の各部を動かす神経、 意思に関係なく刺激に反応して身体の機能を調整するのが自律神経です。 夏の日差しを避けようとして手をかざす動きをするのが体性神経、汗がでてくるのは自律神経の働きによるものですが、自律神経は、さらに交感神経と副交感神経に分けられます。 交感神経は、体を活発に動かすときに働き、副交感神経は、体を休めるときに働きます。 交感神経をアクセルに例えるならば、副交感神経はブレーキの役割を担った神経です。 通常では、この二つの神経がバランスをとりながら体の状態を調節していますが、強いストレスなどを受けるとこのバランスが崩れることがあります。 このときにあらわれてくる様々な症状が、自律神経失調症とよばれる症状群です。 あらわれる症状は多種多様 自律神経失調症によってあらわれる症状は様々です。 身体的な症状もあれば精神的な症状もあります。 具体的な症状は後でふれるとして、自律神経失調症の4つのタイプを押さえておきましょう。 ストレス、生活リズムの乱れが要因 自律神経失調症の原因の大半は、ストレスと生活のリズムの乱れによるものです。 職場におけるストレス、うまくいかない人間関係によるストレス、環境の変化に適応できないストレスなどは、自律神経失調症の元凶です。 夜間勤務の人、あるいは夜更かしする夜型人間など、人体のリズムに逆らったような生活習慣も自律神経失調症を引き起こします。 体質的、あるいは性格的にストレスに弱いタイプの人もなりやすい。 先にあげた本態性型の自律神経失調症です。 このほか、一生を通じてホルモンのリズムが変化しつづける女性は、女性ホルモンの変化の時期になりやすいとされています。 うつ病などを誘発することも 憂うつな気分に支配され、意力と気力が失われるといったうつ病に似た症状があらわれることがあります。 先にあげた4つのタイプの中の心身症型や抑うつ型の症状です。 ですから、自分勝手に自律神経失調症をうつ病と思い込んだり、あるいはその逆であったりという誤認のケースが少なくありません。 症状がひどいようならば、専門の医療機関に相談し、正確な診断を仰ぐようにしてください。 ・疲れやすい、微熱、倦怠感、疲労感、不眠、大量の発汗や冷や汗、震えなど。 ・頭痛、偏頭痛、頭重感、筋緊張性頭痛、脱毛など。 ・疲れ目、まぶたのけいれん、ドライアイ、なみだ目、目がしょぼしょぼするなど。 ・耳鳴り、耳に何かが詰まっているような閉塞感、めまいなど。 ・食事をするときに喉に感じる異物感、のどの奥がイガイガするなど。 ・口の渇き、口の中の痛み、味覚障害など。 ・動悸、胸の圧迫感、めまい、たちくらみ、手足のほてり、大量発汗、不整脈など。 ・過食、食欲不振、慢性胃炎、神経性胃炎、過敏性腸症候群、下腹部の張り、食欲低下、便秘など。 ・皮膚の乾燥・かゆみ、多汗、冷や汗など。 ・頻尿、残尿感など。 ・生理不順、インポテンツ、外陰部のかゆみなど。 ・筋肉・関節の痛み、関節のだるさ。 ・手や足の痛み、足のふらつきなど。 症状が変化することも 精神面と身体の様々な場所に症状があらわれてきますが、自律神経失調症の特徴は、同時にいくつもの症状があらわれ、時間とともに症状が変わってくるということです。 たとえば、頭痛やめまいの症状がおさまったと思ったら、じんましんがでてきたといった具合です。 ・ストレスがたまったらカラオケなどで発散す。 ・スポーツなどで汗を流し、体調を整える。 ・趣味を見つけ、没頭する。 生活リズムを規則正しいものにする 人体の自然の理にかなった規則正しい生活をするは、自律神経失調症だけではなく、あらゆる病気を予防するための大前提です。 実際、生活のリズムの乱れによる身体と精神への負担は、本人が思っている以上に大きいということを銘記しましょう。 医療機関にかかってのカウンセリング、精神療法 身体の様々な場所に症状があらわれているのに検査しても異常が見られない、というのが自律神経失調症です。 異常がみられないからといって、自然に治るものでもありません。 症状が長く続き、ひどくなってきたら、 専門の医療機関で、診断を受けて治療に取り組んでください。 心療内科か精神科では、それぞれの症状に応じて、抗うつ薬や漢方薬などを投薬する薬物療法と精神療法が行われます。 精神療法というのは、カウンセリングなどを通して、ストレスに過度に反応している考え方や心理を改善する療法です。 「なんだかだるいだけ」とあなどらない けだるいというのは、病気とまでは言えない体の不調です。 あるいは、頑張ればできる、という状態です。 しかし、ほおっておくと、症状が変化し、うつ病などの精神疾患を誘発するリスクを孕んでいます。 だるさや倦怠感を侮らずに、症状が長引いているようなら医療機関での治療を考えるべきでしょう。

次の

妊娠初期はだるくて動けない!仕事は休んでも良い?|Yasuのお役立ち情報

だるく て 動け ない

朝から動けない。。 …その原因はなに? 朝起きられないのには、いくつか原因が考えられます。 まずは「精神的・即時的な理由」。 大変な仕事やテストがあるなど、「今日はこんな嫌なことがある」と考えて起きるのが億劫になってしまうというもの。 他にも、「寒い」「なんとなく起きるのがだるい」などもこれに含まれます。 周りから、起きられないのは気合が足りないからだ!などと言われてしまうことが多いのがこのタイプです。 次に、「病気」。 症状として、朝起きられなくなる病気がいくつか存在します。 この場合、自力でなんとかしたり、頑張って解決するということは非常に難しいので、医療機関を受診するのがいいでしょう。 そして「不眠・睡眠不足」。 これは、精神的なものや病気とも関わってくるのですが、単純に言えば「夜に寝られない・寝る時間が遅いから朝起きられない」というのが原因なので、早く寝る術を身に着けられれば解決します。 「いい睡眠」をとるには? 朝気持ちよく目覚めるためには、やはり良質な睡眠をとることが不可欠です。 では、快眠のためにはどんなことをすればいいのでしょうか。 枕一つとっても、低反発ウレタンやビーズ、そば殻と色々な種類がありますし、マットレスやシーツも体に合ったものを使うことで快眠に繋がります。 寝る直前の食事やスマホは、目が冴えてしまったり内臓の働きが活発になり、疲れが抜けにくい睡眠になると言われています。 また、熱い風呂や、冷たい飲み物も体に負担がかかります。 ぬるめの風呂に入ったり、ホットミルクを飲んだりして、体をリラックスさせた状態で眠るのが理想的です。 そんな時、やることをたくさん残した状態で寝てしまうと起きた時のやる気もなくなり、朝動けないということになりがちです。 まずは、朝、日の光が入る部屋で寝ると目覚めがよくなるそうです。 わたしは、朝なるべく行動が少なくて済むように、次の日の持ち物や服まで全て寝る前に準備してから寝るようにしていました。 このように、ベッド周りの環境を整えたり、前日に出来る支度はやっておくということを心掛けるのもおすすめです。 朝動けないのは病気のせいかも。。 ? 寝具や環境、生活習慣を見直しても目覚めが改善されない場合、病気の可能性があります。 朝すぐに動けない症状というのは実際にあるのです。 他にも、「疲れやすい」「立ちくらみがする」などの症状もあります。 比較的若い女性に多く、基準としては最高血圧が100より低い状態を指します。 薬や食生活で改善していくのが一般的で、緑茶やチーズなどは低血圧を改善する働きがあります。 この病気は、ストレスの蓄積などで発症し、症状や改善ペースも大きく個人差があるので、一概にこうすれば治る、というものではありませんが、辛い環境に身を置き続けると自分でも知らないうちに心が疲弊し、身体的な症状として表れてしまうこともあると思います。 思春期の子供に多く見られ、その症状から怠けやさぼりを疑われて辛い思いをする子もいます。 原因は複数あり、交感神経がうまく活動しなかったり、水分の摂取不足のほか、「学校に行きたくない」という社会的ストレスも関わっています。 薬だけの治療では効果が少ないと言われており、心理療法など周りの手助けが不可欠な病気です。 朝動けないときにはどうするかのまとめ 一口に「朝動けない」と言っても、原因はいくつかあり、それによって対応も変えなければ改善することが出来ません。 わたしは夜に勉強をする方がはかどるので、テスト前などはよく徹夜で勉強などをしていましたが、暗記などの効率を鑑みると、早く寝て朝に勉強した方がいいらしいです。 もちろん原因は本記事で挙げたもの以外にもありますし、病気が原因の場合もありますので、朝動けなくてつらいと感じる方は病院でしっかりとした診断を受けてくださいね! もしかしたら、ちょっとした工夫で朝から元気に動けるようになるかもしれません。

次の