コロニアル グラッサ。 コロニアルの耐用年数 耐久性とメンテナンス

コロニアルの耐用年数 耐久性とメンテナンス

コロニアル グラッサ

宮崎市、日南市、都城市など宮崎、東諸地区を中心に宮崎県全域が対応エリアとなっております。 その他の地域の方もお気軽にご相談ください!• 宮崎・東諸地区• 宮崎市 東諸県郡国富町 東諸県郡綾町• 日南・串間地区• 日南市 串間市• 都城・北諸地区• 都城市 北諸県郡三股町• 西諸地区• 小林市 えびの市 西諸県郡高原町• 西都・児湯地区• 西都市 児湯郡高鍋町 児湯郡新富町 児湯郡西米良村 児湯郡木城町 児湯郡川南町 児湯郡都農町• 宮崎県北部地区• 日向市 延岡市 東臼杵郡門川町 東臼杵郡諸塚村 東臼杵郡椎葉村 東臼杵郡美郷町 西臼杵郡高千穂町 西臼杵郡日之影町 西臼杵郡五ヶ瀬町.

次の

カラーベスト(スレート屋根)へ葺き替える費用とその施工方法

コロニアル グラッサ

そもそも「コロニアル」とは? コロニアルとはどんな建材のことを言うのでしょうか。 ここでは、コロニアルとは何かといった基本的なことをお伝えしていきます。 コロニアルとはどんな屋根材? コロニアルとは、 ケイミューという建材を販売している会社の屋根材のことを指します。 様々な種類があり、種類ごとに特徴が違います。 また歴史がある屋根材でもあるので、現在では販売されていない商品もあるのが特徴です。 次項からは、コロニアルの種類や特徴などについてお伝えしていきます。 コロニアルの種類 コロニアルは歴史のある屋根材なので、過去から現在まで様々な種類の商品が販売されています。 現在まで販売されている主なコロニアルの種類は、 ニューコロニアル、コロニアルNEO、コロニアルクァッド、コロニアルグラッサです。 ニューコロニアルは、過去に販売されていた商品でアスベストを含みます。 アスベストは人体に有害な成分なので、現在では生産中止となっている商品です。 コロニアルNEOは、アスベストを含まない商品ですが、耐久性に問題があるためこちらも現在は生産停止になっています。 一方コロニアルクァッドは、現在主流になっているコロニアルです。 アスベストを含まず、耐久性がコロニアルNEOよりも向上しているのが特徴です。 また、コロニアルグラッサは、コロニアルクァッドよりも品質が高い商品で、現在も製造されています。 「外壁塗装ほっとらいん」では、 あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。 もちろんチェックは完全無料&匿名。 いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、 ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね! コロニアルグラッサの基礎知識 コロニアルグラッサは、コロニアルの中では性能が高い部類に入り来ます。 ここでは、コロニアルグラッサの基礎知識などについてお伝えしていきます。 コロニアルグラッサとは? コロニアルグラッサとは、 アスベストを含まない屋根材です。 コロニアルシリーズの中では耐久性などの点で優れいます。 「グラッサコート」という特殊塗装により色褪せに強くなっているほか、遮熱性能に優れる「遮熱グラッサ」や、石目調の「プレミアムグラッサ」、木目調の「グランデグラッサ」などが存在します。 コロニアルグラッサの耐用年数 コロニアルグラッサの 耐用年数は、約30年と言われています。 環境や状況によっても左右されるので、耐用年数を経過する前にメンテナンスや点検をした方が安心です。 メンテナンスは色の塗り直しを含めて、10年に1度は行った方が良いでしょう。 また色褪せのほか、剥がれやふくれなどが発生した場合は、メンテナンスの時期を待たずに早急に補修するようにしてください。 コロニアルグラッサの目安価格 1坪あたりの目安単価は、 税抜きで12,800円から15,800円ほどです。 コロニアルグラッサの中にも種類があり、種類ごとに価格は異なります。 コロニアルから屋根材を選ぶときは、目的とコストに見合ったものを選んで使用すると良いでしょう。 デザイン性が豊富という特徴があるので、デザインにこだわりのある方はおすすめです。 コロニアルグラッサはアスベストを含まず、耐久性に優れている• 「グラッサコート」で色褪せしにくい• 遮熱グラッサや、石目調のプレミアムグラッサ、木目調のグランデグラッサなどがある• 耐用年数は約30年と言われている• 1坪あたりの目安単価は税抜きで12,800円から15,800円ほど コロニアルクァッドの基礎知識 コロニアルクァッドは、コロニアルグラッサよりも価格が安価な屋根材です。 ここでは、コロニアルクァッドの基礎知識についてお伝えしていきます。 コロニアルクァッドとは? コロニアルクァッドとは、アスベストを含まず コロニアルNEOよりも耐久性が向上した屋根材です。 現在のスレートの主流素材と言われています。 先ほどご紹介したコロニアルグラッサよりも価格が安く、使用しやすい屋根材です。 また施工しやすい屋根材なので、多くの業者が扱うことができます。 そのほか、デザインはグラッサに比べると種類が少なくなっています。 そのためデザインよりコストを重視する場合はクァッドの方がおすすめです。 コロニアルクァッドの耐用年数 コロニアルクァッドの 耐用年数は、約30年ほどと言われています。 コロニアルグラッサも同じく30年ほどなので、耐用年数についてはそれほど差がないでしょう。 ただし、環境や状況によっては耐用年数よりも早く劣化してしまうことがあります。 10年に1度は破損個所の点検などをして、メンテナンスを定期的に行う方が安心です。 コロニアルクァッドの目安価格 コロニアルクァッドの 1坪あたりの価格は、11,800円ほどです。 コロニアルグラッサに比べると安価なので、価格的にも使用しやすい屋根材となっています。 先ほどもお伝えしましたが、コストを抑えて建物を建てたい場合は、コロニアルクァッドの方がおすすめです。 ただしデザインにこだわりがある場合は、グラッサの方が満足度が高いでしょう。 コロニアルクァッドはアスベストを含まない屋根材でグラッサより安価• コロニアルNEOよりも耐久性に優れている• コロニアルの中で主流の商品• 耐用年数は約30年と言われている• 1坪あたりの目安単価は税抜きで11,800円ほど コロニアルグラッサとコロニアルクァッドを徹底比較 コロニアルグラッサとコロニアルクァッドは比較されることの多い屋根材です。 では具体的に、どのような違いがあるのでしょうか。 ここでは、コロニアルグラッサとコロニアルクァッドの特徴について比較していきます。 価格はコロニアルクァッドの方が安い コロニアルグラッサとコロニアルクァッドでは、 コロニアルクァッドの方が価格が安価です。 コストを重視する場合は、コロニアルクァッドを使用した方が良いでしょう。 またコロニアルの主流なので、施工数が多くあります。 複数の業者を比較検討して依頼する業者を選ぶことが可能なので、優良業者に委託したい場合にもおすすめです。 耐用年数はあまり変わらない 耐用年数はコロニアルグラッサ、コロニアルクァッド 双方とも30年ほどと言われています。 環境によっては変動することもありますが、耐用年数ではそれほど差がないようです。 ただしグラッサの方が、特定の条件に特化したシリーズが販売されています。 特定の機能を強化したい場合は、グラッサの方を検討すると満足度が高くなるかもしれません。 カラーやデザインはグラッサの方が豊富 カラーやデザインに関しては、 コロニアルグラッサの方が豊富です。 カラーはコロニアルグラッサが通常タイプのカラーバリエーションで16色なのに対し、コロニアルクァッドは12色となっています。 デザインの種類は、コロニアルグラッサの方が遮熱、グランデ、プレミアムを含めて13種類あるのに対し、コロニアルクァッドは1種類です。 グラッサ クァッド 価格 1坪あたり12,800円から15,800円ほど 1坪あたり11,800円ほど 耐用年数 30年と言われている 30年と言われている カラー 16色 12色 デザイン 13種類 1種類 コスト重視ならクァッド、デザイン重視ならグラッサ コロニアルは大手建材会社のケイミューが販売している屋根材の名前です。 コロニアルは歴史がある商品なので、現在は販売していない商品もあります。 現在主流となっているのは、 コロニアルクァッドとコロニアルグラッサとなっており、コストを重視するならクァッド、デザインを重視するならグラッサがおすすめです。 コロニアルシリーズは安価で施工しやすいため、 多くの住宅で使用されている人気の屋根材となっています。 目的に合ったタイプのコロニアルを選んで、満足度の高い屋根に仕上げてくださいね!.

次の

【5分でわかる】カラーベストの特徴&種類&選ぶ際のポイント

コロニアル グラッサ

カラーベスト・グラッサについて ケイミューの販売する屋根材に「グラッサ」の名称が付く商品がたくさんあります。 「コロニアルグラッサ」「スペリアルIIグラッサ」「セイバリーグラッサ」「コロニアル遮熱グラッサ」「グランデグラッサ」「プラウドナチュラルグラッサ」などです。 実は「コロニアルクァッド」以外の商品名には「グラッサ」の名称が付いてます。 「グラッサ」とは「グラッサコート」の略称で、屋根表面の特殊塗膜のことです。 グラッサコートを施した屋根は約30年が経過しても、色あせがしにくい優れた耐候性が確認(ケイミュー独自試験)されています。 コロニアルクァッドの塗膜は2層構造ですが、グラッサコートの塗膜は3層構造になっています。 「コロニアルクァッド」の色あせ保証が2年であるのに対し、「グラッサコートされたカラーベスト」の色あせ保証は10年となっています。 カラーべストの耐久性や塗装について 3-1. カラーベストの耐久性 「コロニアルクァッド」と「コロニアルグラッサ」の屋根機能の耐用年数は変わりません。 メンテナンススケジュール表には「コロニアルクァッド」も「コロニアルグラッサ」も10年ごとのメンテナンスが推奨されています。 参考サイト 3-2. カラーベストの色あせ 「コロニアルクァッド」は数年で色があせます。 10年を過ぎると建築当初の美観は期待ができません。 一方、カラーベストグラッサはどうでしょうか。 「カラーベストグラッサは塗り替えの必要がないのか?」とお客様に聞かれることがあります。 たしかに、グラッサコートは色あせがしにくいとはいえ、20年後30年後の屋根の様子が気になります。 しかし、この質問に対しては明確な答えが出せません。 理由は「グラッサコートされたカラーベスト」の販売開始は平成16年だからです。 まだまだな実績と検証を元に色あせがないかが実証されていません。 なお、グラッサコートの色あせ保証の10年は他の屋根材に比べて短い数字です。 たとえば、フッ素塗膜の金属屋根は20年の色あせ保証が付いています。 フッ素塗膜の金属屋根は昔からあり、色あせしにくいことは実証はされています。 スレート屋根への葺き替えをおすすめしない理由 「カラーベスト(スレート屋根)で屋根を葺(ふ)き替えるのはおすすめしますか?」とよく聞かれます。 原則、カラーベストを使って屋根を張り替えることはおすすめしません。 理由はカラーベストを葺き替えた場合はメーカー保証(色あせ保証を除く)が認められないからです。 カラーベストを使った工事は新築物件のみ保証が得られます。 つまり、カラーベストは新築の戸建て住宅専用屋根材と私たちは考えています。 屋根の葺き替えでは金属屋根(ガルバリウム鋼板もしくはSGL鋼板の屋根)がおすすめです。 金属屋根の多くは新築とリフォームを問わず、20年から30年の保証がメーカーから得られます。 4-2. スレート屋根の葺き替えには野地板の新設が必要 カラーベストはデリケートな屋根材です。 そのため、カラーベストを用いて葺き替えする場合、野地板(のじいた)を新しくする必要があります。 野地板とは屋根材の下に敷く下地材です。 一般的には厚さ12ミリの構造用合板(こうぞうようごうばん)が野地板として用いられます。 関連ページ 7. 30坪(約100㎡)のカラーベストのリフォーム価格相場 カラーベストをリフォームする場合の工事価格の目安(税抜)です。 工事価格に足場の金額は含まれておりません。 ガルバリウム鋼板は断熱材入りの横葺き屋根を想定しています。 板金交換は棟(むね)や軒先、ケラバ、谷、雨押えを含めた工事金額を想定しています。 カラーベスト(スレート屋根)のまとめ 重要なポイント カラーベストはケイミューが販売するスレート屋根のブランド名です。 カラーベストのラインナップのひとつ「コロニアル」が一番の人気商品です。 カラーベストは「スレート屋根」の他、「コロニアル」「平板スレート」「薄型スレート」「軽量スレート」など色々よび名があります。 カラーベストにはたくさんの商品があります。 「グラッサ」の名前がついた商品は耐候性に優れた特殊塗料(グラッサコート)が使われていて、色あせ10年保証が得られます。 カラーベストの色あせは美観上の問題であり、屋根の機能に影響はおよびません。 カラーベストは主に新築で使われる屋根材です。 原則、カラーベストを葺き替えで使う場合は野地板を新設する必要があり、工事費用が高くなります。 また、改修においてはメーカー保証が適用されません。 既存屋根がカラーベストの場合は金属屋根を重ねて張るカバー工法(重ね葺き)が選択できます。 ただし、既存屋根の劣化が進行している場合はカバー工法が適用できません。 葺き替えになります。 カバー工法も葺き替えも金属屋根を使用することをおすすめします。

次の