パージ エクスペリメント。 予告!その夜、パージが始まり、人類が終わる…大ヒットシリーズ最新作はその物語の始まりを描く!“戦慄の実験”開始!『パージ:エクスペリメント』

映画「パージ4エクスペリメント 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

パージ エクスペリメント

1の大ヒットを記録。 以降、『パージ:アナーキー』、『パージ:大統領令』が公開され、いずれもアメリカをはじめ世界で大ヒット、最新作の公開に併せて全10話のテレビシリーズ「ザ・パージ」も放映された超人気シリーズとなっている。 そしてこの度全ての物語の始まりを描く『パージ:エクスペリメント』がついに日本上陸! 島という閉鎖空間で突如行われる恐るべき実験の中で明かされるパージ法制定の秘密とは…。 その背後には炎上しているバスが写る。 今まさに人類史上初のパージが始まろうとしている。 「国家のために怒りを解放しましょう。 その言葉の通り怒りを他人へ向け暴徒と化す市民たち…。 それに対し「俺たちで善良な住民を守る。 」と立ち上がるイラン・ノエル演じるディミトリ。 住民たちの祈りも虚しく、残酷にも世界初となるパージ開始のサイレンが島中に響き渡る…。 もはやパーティかのような格好と物騒な武器で暴れまくるパージ賛成派の暴徒たち。 ディミトリの乗る車に、炎に包まれた車が真横から突っ込む衝撃的なシーンも。 youtube. 島の住民たちは不安を抱えながらパージ当日を迎える。 島を愛するディミトリー(イラン・ノエル)は、愛する人を守るために島に残ることを決意。

次の

『パージ』シリーズ最新作『ザ・フォーエバー・パージ』米公開延期が決定

パージ エクスペリメント

私は結構〜「パージ」ファンですけど、これはビミョ〜かなぁ………。 所謂、前日譚なんですけど…このタイミングでこんな感じに描かなくても良かったのかぁ?っとか。 KKK団も投入され、黒人を殺しまくる構図は観ていて余り良い気持ちがしなかったかな。 人口が増え過ぎたからとか、それっぽいこと言ってるけど、結局は黒人の貧困層イラネが出発点のパージ。 まぁ、元々はそこから始まったんだよ的なことなのかもだけど、だったらそれ以前の「パージ」とは余り繋がらない気もするしな。 世界の人口は、色々なことが起きて増えたり減ったりしているので、アメリカがイチイチ手を下さなくても大丈夫です。 1〜3作目を見てる人にとって、パージの目的が「貧乏人の抹殺」なのは分かりきってる話なので、本作に「新しい何か」を求めてるのでは。 そういう意味で、マリサ・トメイ演じる考案者と、彼女の構想を実現した政治家の存在は「新しい要素」と言える存在になり得た。 つまり、考案者と政治家の対立があれば、新しい展開になっただろうが、本作では軽く触れられただけで、結局いつものマンネリ。 もうちょいマリサ・トメイの役割を増やしたらもっと面白くなっただろうに。 (例えば、気が変わって政治家を裏切って参加者に情報提供する、とかドローンを操縦して政治家を撃つ、とか自ら参加者を助けようとする、とかね) あるいは、アクションをナシにして、パージの開始までをポリティカル・サスペンス風に描く、とかね。 「パージ」の設定は荒唐無稽なんだけど、米国は国民皆保険制度が無いワケで、それってある意味「パージ」と同じなんだよね。 つまり、直接的に貧乏人を殺害する「パージ」と、 カネがなくて病院に行けない貧乏人を作り出す米国社会。 アプローチは違えど、結果は一緒。 パージの死者数と、保険が無いことで死亡する人数はおそらく、後者の方がずっと多くなりそう。 まぁ、ただのアクション映画に成り下がったなっていう。 前作 大統領令 まで、3部作としての完成度はけっこう高かったと思うんですよ。 1が個人の家庭内で起こること、2が地域社会で起こること、そして3が国家レベルでっていう。 それと比べると本作の練度ってのはやっぱり貧弱で、 当たった企画だからシリーズ作ろうっていう単純な商売っ気を強く感じちゃった。 本作が描くのはパージ前夜というか、 そもそもパージ法なんてのが施行される直前の社会実験なんだけど 「殺人含むずべての犯罪が合法」なんて、 そんな前代未聞の実験に巻き込まれた人たちの感情というか どんな行動に出ちゃうのかみたいな部分の考察が甘かったんじゃないのかな、と。 だから結果、ただのよくあるアクション映画というか、 終盤なんかは迫りくる殺人部隊と、それを迎え撃つ町のギャングっていう なんかどっかで見たことあるようなシーンの連続になっちゃったように思う。 まぁ今後に可能性があるとすれば、パージ法の裏に隠された政治的陰謀って部分なんでしょう。 そして本作でそこらへんに含みを持たせてるってことは、さらに続編つくるつもりなんでしょう。 とりあえず、どっかで見たようなパニック・アクションにならないように祈っときます。 ネタバレ! クリックして本文を読む ディミトリ(主人公)は、 パージを利用して、叛乱を起こしたキャピタルAとそのメンバー全員を処刑します。 イザヤは、お金(5000ドル)目当てにスタテン島に残ったので、怖い目に会っても自業自得です。 只の間抜け。 映画「バトル・ロワイアル」の劣化版のような映画でした。 ・パージの中を逃げ惑うナイアとイザヤの姉弟(生贄役) ・(姉弟を付け狙う)殺人狂のスケルター ・姉弟のナイト(騎士)役のディミトリ(ギャングのボス) ・パージを回す傭兵(NFFAが裏で投入していた) ・NFFA首席補佐官のサビアンと行動科学者のアプデール博士の対立(アプデール博士は抹殺される) ・・・ 【賛否両論チェック】 賛:「パージ法」成立に向けた実験を通して描かれる研究側や参加者の姿に、人間の本質を見るようで恐怖をも感じさせる。 生き残るために戦い続ける主人公達の活躍からも、目が離せない。 否:まるでホラー映画のように、急に驚かせるシーンが結構あるので、苦手な人には向かない。 ストーリーのツッコみどころも多く、グロシーンもあり。 人気シリーズ「パージ」の原点を描いた本作。 狂気の法律・パージ法がいかにして作られていったのか、その裏側にあった研究者の思惑や、それを利用しようと暗躍する政治家の姿、そして何よりパージによって露になる人間の本性に、決してフィクションでは片づけられない一種の恐ろしさを禁じえません。 また、日常を不条理な無法地帯にされながらも、貧困ゆえに巻き込まれてしまい、なんとか生き残ろうと奔走するナイア達や、自分達の居場所を守るために孤軍奮闘するディミトリ達、若気の至りからの現実を突きつけられて目を覚ますイザヤ等、ミクロな視点での人々の戦いが描かれていくのも印象的です。 ただ、そもそものストーリーがかなり荒唐無稽なのと、ホラー映画のように急に驚かせるシーンが多いのとで、好みは大きく分かれそうな作品でもあります。 それにしても、劇中に登場する隣人のドロレスを見ていると、いつの時代もどこの国でも、おばちゃんパワーはスゴいんだなって感心してしまいますね(笑)。 12時間殺人が合法化する、と聞くだけで怖いです。 もし、実際にパージ法が日本にもあったら、僕だったらとりあえず逃げます。 見つからないように隠れます。 この映画は、戦争でした。 お金の為に人を殺す映画でした。 サイレンが鳴ったら逃げるか、殺し合うか、緊張感抜群のホラー映画でした。 てか、これってホラー映画なの?!それともアクション?サスペンス?どういうジャンルだろう?TSUTAYAにはサスペンスコーナーの所にあったけど。 3作目まではDVDでレンタルしましたが、今作初めて映画館で観ました。 今作もレンタルになるのかな~?!って思っていましたが。 映画館で観られてよかったです。 迫力がありました。 今作も、銃弾の嵐でした。 少し、笑えるセリフもありました。 パンフレット、あってよかったです。 もう一つ観たかった「ハウス・ジャック・ビルド」の方は父に止められて結局観られなかったが。 それは少し残念でしたが。 またそれは、父に内緒でDVDレンタルします。 そういう事で、以上。 <2019・6・22鑑賞> ネタバレ! クリックして本文を読む パージシリーズ4作目は初めてパージが行われる実験と言う内容。 だいたいシリーズ原点回帰物は後付け感がある駄作が多いがこの作品も例に漏れず。 パージシリーズと言えばキワモノ系の仮面をつけたイカれた人間の不気味な一面が見どころだが今回は仮面はとってつけたような感じで恐ろしさも特にはなく、キワモノ形キャラのぬいぐるみババア2人は特に目立つ出番もなくフェードアウト。 気狂いヤク中もオープニングから思わせぶりな展開でこれは一波乱あるぞなんて期待してみても途中あっさり退場、終盤謎の復活もとくに見どころなし。 ギャングのボスのチート感のやばさたるや筋骨隆々、ナイフ捌きや銃の扱いもプロ顔負けで軍人や裏稼業のチームをバタバタなぎ倒す 元CIAですか? しかしドローンもあれはなしでしょ、1人で特攻させるシーン撮りたいのはわかるが冷めます 1. 3はそれなりにテーマがあって感情移入できる人物がいたが、今回は人物の行動もブレブレ、どうにかまとめて大団円 みたいな空気だしてたけど色々とガッカリ 音楽は良かった、時折流れるヒップホップがマッチしていました 安全なはずの富裕一家が味わった予想外の恐怖、貧民層だからこその街中に狙われる恐怖、イカれた法に向かって立ち上がる国民の逆襲と3作続き、4作目ではじまりを描くときた。 もう年に一本製作して毎年同じ日に新作を公開してほしい。 ネタ切れとか言わないで、細かいところから話を広げて製作してくれ! 同じパージナイトでも降りかかるアクシデントは人それぞれ。 大好きアナーキーのコピーみたいなやつでいいからやろうよ!パージ祭りやろうよ!やろうよ!!お願いします!!! 実験と銘打っているからかなんだかハイテク。 猛獣の如く眼を光らせ獲物を漁る捕食者に問答無用で慄いてしまう。 「攻撃的参加者」の区別がすぐついてしまうのは恐怖の薄れに繋がるけど。 知っている人もすぐ隣にいる人も信用できない、いつ誰に襲われてもおかしくないその慢性的な恐怖が一番の魅力なのに。 人によって色が違うのがちょっと凝ってて好き。 何バリエーション増やしてんのよ。 マスクはこの時の参加者から自然に広まったのね。 不気味な造形、顔が見えないだけで増す殺戮者感。 今回のお気に入りは地下の変態のキモキモマスク。 溶けたひょっとこみたいだった。 学者の目論見としては何をもって「実験成功」だったんだろう。 NFFAの目的はよく伝わってくるけど。 ああ、ここからすべてが始まったんだなと感無量である。 バイクの轟音は本当に怖い。 銃弾シャワーも怖い。 ぬいぐるみババアも怖い。 スケルター怖い。 しかし初めてのパージなので一般人の暴れ方が薄い。 結局テコ入れの対政府陣になってしまうのか…と少しがっかり。 素人のめちゃくちゃなやり方の合法極悪犯罪がもっともっと観たかった。 怒りのパワーをもっと頂戴。 狂人スケルターの使い方もイマイチだった。 序盤の犯しっぷりは良かったけど。 ラスボスとしてギトギトにやってくれるんだろうなーとゾワゾワして待ってたのに…。 あの注射針は絶対クスリ入りよね?だったら即殺しちゃだめでしょ!ちょっとラリるの待ってくれ! えげつないドレッドヘアのお姉ちゃんナイアと、生活のために良くない道に進むことしか選べない不器用な弟イザヤ。 超絶強すぎギャングのDとぺちゃくちゃお調子者お姉さんのドロレス。 各キャラクターのほどよい個性が心地良い。 正義のギャングとして大活躍だけど誰よりも殺してるの好き。 守りの大義名分って最強だよね。 合法で良かったね。 カメラに血が付く演出でテンション上がった。 黒人メインの登場人物、音楽がノリノリのヒップホップで楽しかった。 パーティーのシーンめちゃくちゃ好き。 パージに慣れてないとはいえ馬鹿すぎでしょ。 初心者かわいいねえ。 ちょっとした文句は垂れつつやっぱりパージ大好き。 安定して面白い。 貧民層なもので、自分に当てはめるとまた一気に面白さが増してくる。 そしてこのめちゃくちゃな法に怒りが湧いたり。 映画で良かった。 今の家に住んでたらあっさり滅殺されちゃうよ…絶対に嫌だ。 最強の守り人が必要。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

映画「パージ:エクスペリメント」パージの前日譚!あらすじ・感想

パージ エクスペリメント

パージ:エクスペリメントのキャスト・登場人物一覧まとめ ドミトリ役【イラン・ノエル】 映画の中で、スタテン島のギャングのボスが登場しました。 彼の名は「ドミトリ」。 政府の為に用意された「虐殺しても許されるパージ法の実験」に参加することになったドミトリですが、パージ法の実態や深層が把握できていないので、パージ法には乗り気ではありません。 ドミトリは、自分たちを守る為、「争いごとに参加するな」とギャングの手下に言って聞かせます。 そんなドミトリ役を演じたのは、新世代の名優と言われるイラン・ノエルという俳優でした。 2012年から俳優活動をしており、アメリカのテレビドラマや、ピザ屋が舞台のホラー映画「Slice」などに出演しています。 彼は映画のロケ地であるスタテン島のすぐとなりの、ニューヨーク・ブルックリンに生まれ、その後、ジャマイカ、アメリカ・クイーンズ区、アメリカ・ジョージア州で育っています。 パージ:エクスペリメントの映画で演じたことで、ドミトリが経験している生理学的なことが自分のキャラになってきていると感じると言っています。 ナイア役【 レックス・スコット・デイビス】 映画の中で、パージ法のデモ運動に積極的に参加していた、長いブレイズヘアーの女性が登場しています。 その子の名はナイア。 自分の立ち位置を必死に探している弟を持ち、ギャングのドミトリと一緒に、政府から身を守り、主要登場人物の1人です。 ナイアを演じているのは、レックス・スコット・デイビス。 レックスは、2015年のトニー・ブラクストンの伝記テレビ映画「トニー・ブラクストン アンブレイク・マイ・ハート」でデビューしています。 彼女はアメリカ・ボルチモア出身で、ライフコーチをする母親と、不動産会社を経営する父親がいて、ニューヨークフィルムアカデミーという映画学校を卒業しています。 3歳の頃からダンスと演技をしていたそうです。 アザイア役【ジョイバン・ウェイド】 ナイアの弟として登場した男の子は、アザイア。 お金の為にドミトリのギャング組織の下の方で薬を売っていましたが、気が狂っている麻薬常習犯の男に絡まれてしまいます。 その仕返しをしようと、極秘でパージに参戦することにしたのですが、結局姉やドミトリに助けられることとなります。 彼の名は、ジョイバン・ウェイド。 イギリス俳優です。 ジョイバンは、「タイタンズ」という人気テレビドラマシリーズの後日譚として今年公開される「ドゥーム・パトロール」にも出演しています。 2012年から俳優業を始めており、「ザ・ウィークエンド」という映画や、「イーストエンダーズ」などのテレビドラマシリーズに出演しています。 ジョイバンは、イギリス・ロンドン出身で、3人兄弟の真ん中なんだとか。 スケルター役【ローティミ・ポール】 映画の最初で、おでこと頬に大きな傷跡がある黒人の男の人が登場します。 彼の名は「スケルター」。 薬物に手を出していて、全ての人、全ての物が大っ嫌いだと怒りをあらわにしています。 辛い経験をしたのか、心の痛みが限界となり、それが周りへの怒りとなって、世の中を強く強く憎んでいます。 そんな薬でおかしくなっている怒りに満ちた恐ろしいスケルターを演じていたのは、ローティミ・ポールという男性でした。 彼は、俳優でありながら、プロデューサーでもあります。 過去には、「Datch kills(2015)」や、「Ship of fools・愚か者の船(2014)」という映画に出演しています。 また、189㎝と身長も高く、モデルをしたこともあるようです。 アップデール役【マリサ・トメイ】 パージ法を考案した行動科学者の白人女性が映画に登場していますが、彼女の名前はアップデールと言います。 メディアの記者からのインタビューに対し、「私は、政府の為に働いているのではない。 責任を問われない暴力を解放することで、暴力を起こす人は減るという心理を期待している」と答えます。 アップデールを演じているのは、マリサ・トメイというアメリカ女優です。 マリサもスタテン島のとなり、ブルックリン出身で、イタリア系アメリカ人の血が入っています。 演劇好きな両親のもと、早い時期から女優になりたいと思っていたそうです。 1984年に「フラミンゴキッド」という映画でデビューしてから、1992年の「いとこのビニー」でアカデミー助演女優賞を獲得して有名になります。 その後も、「イン・ザ・ベッドルーム(2001)」や「レスラー(2008)」「スパイダーマン・ホームカミング(2017)」「アベンジャーズ・エンドゲーム(2019)」「スパイダーマン・ファー・フロム・ホーム(2019)」などに出演しています。 その他キャスト・登場人物一覧• 古いアパートに頭に来ているアパートの住人ドロレス役・・・ムガ(Mugga)• アップデールと一緒にインタビューに答えていた白人アルロ・サビアン役・・・パッチ・ダラッグ• お金が無くて島を出られなかったルイーザ役・・・ ローレン・ヴェレス• ルイーザの娘セリーナ役・・・クリステン・ソリス• ドミトリの手下ローレンゾ役・・・ジェルメル・ハワード• ドミトリチームの中の唯一の女ブレイズ役・・・シヤ(Siya)• NFAA大統領役・・・イアン・ブラックマン• 心理学者役・・・マシュー・目スラー• 心理学者役・・・ジェフ・シュパート• 心理学者役・・・デイドラ・グッドウィン• 心理学者役・・・ナンシー・レメネイジャー• クリスチャン・ロビンソン• スティーヴ・ハリス• デレック・バスコ• ドック・バウザー• ミッチェル・エドワーズ• マリアン・リベア• チャイナ・レイン• メロニー・ディアス• ナジール・ナンス• ピーター・ジョンソン• スザンナ・グズマン• オリビア・フランシス・ウィリアムズ• ニール・グプタ• リッキー・ニーダム• アンソニー・リー。 メディナ• マイク・キャベロン• レヴィ・トラン など まとめ パージ:エクスペリメントに今回出演している多くの俳優が、撮影舞台となっているアメリカ・ニューヨークのスタテン島の近くの出身であることが分かりました。 今回の映画のオーディションで大抜擢された俳優たちですが、今後の活躍に期待ですね。

次の