仏荒野顔。 荒野行動コントローラーのおすすめ4選。敵を倒してドン勝を目指せ

現在の、荒野行動の芝刈り機〆の脱退メンバーも含めた全員分の名前を...

仏荒野顔

荒野行動コントローラーとは? By: 現在、日本版の荒野行動は、家庭用ゲーム機で使われるようなゲームパッドに非対応となっています。 Google playで配信されている「Octopus」という外部アプリを使えばゲームパッドでも遊ぶことはできますが、規約違反に該当する可能性があるので推奨はできません。 そこで、おすすめなのが荒野行動コントローラーです。 人気ゲームアプリ『荒野行動』を遊びやすいようにカスタマイズされたアタッチメントで、スマートフォンに装着することで画面をタップしやすくなります。 もっとドン勝(最後の一人になるまで生き残ること)したいという方におすすめです。 荒野行動コントローラーの選び方 形状で選ぶ 荒野行動コントローラーは、形状によって「クリップ型」と「ハンドル型」、これらが一緒になった「セット型」の3種類に分けられます。 これとは別にBluetoothで接続する「ホールド型」もあるのですが、日本版荒野行動には対応していないので注意しましょう。 操作性が向上する「クリップ型」 By: クリップ型とは、スマートフォン本体にボタン付きクリップを装着するタイプのコントローラーです。 荒野行動はプレイ中にミスタップをしてしまうことも多いのですが、物理的なボタンを装着することで正確に操作できるようになります。 パーツが小さいのでポケットに入れて持ち運ぶことも可能。 電車の中などでサクッと遊びたい方におすすめです。 長時間プレイに便利な「ハンドル型」 By: ハンドル型とは、スマートフォン本体を握りやすくするためのグリップ(にぎり)を装着するタイプ。 安定感が増すのはもちろん、長時間プレイしても疲れにくいのがポイントです。 ただし、ボタン類は付属していないので操作性はほとんど変わりません。 あくまで持ちやすさだけを向上させるコントローラーです。 長時間プレイしたい方は装着時に充電ケーブルを差せるかどうかをチェックしましょう。 ボタンとハンドルを備えた「セット型」 By: ボタン付きの「クリップ型コントローラー」とフィット感を高める「ハンドル型コントローラー」をセットにしたタイプ。 操作性と快適性を両立しており、ゲームパッドに近い感覚でプレイすることができます。 腰をすえてじっくりと荒野行動で遊びたい方はもちろん、真剣にドン勝を狙いに行きたいプレイヤーにおすすめです。 荒野行動には不向きな「ホールド型」 By: ホールド型は、PS4やPS4コントローラーの上部にスマートフォンをセットするタイプ。 Bluetoothを介してワイヤレス操作できるのが特徴です。 荒野行動対応と謳われる製品もあるのですが、それは中国版荒野行動のことで、日本語版には対応していないケースがほとんど。 ほかのゲームをプレイするのならばよいのですが、荒野行動用としてはおすすめできません。 入力方式で選ぶ 誤射や無駄撃ちを防げる「ボタン式」 By: ボタン式とは、通常のゲームパッドのようにボタンを押し込むことによって、タッチパネルを作動させる入力方式です。 ボタンを押してからタッチパネルに触れるまでにタイムラグがあるため、入力速度や連射性能がやや劣ります。 ただし、ちょっと触れただけでは認識されないので誤射を抑えられるのは大きなメリットといえるでしょう。 反応に優れた「感応式」 By: 感応式とは、ボタンの代わりに銅などの金属板を使用した入力方式。 金属板に指が触れることで微弱な静電気が流れて、センサーに「画面にタッチした」と認識させる仕組みです。 タイムラグが少ないのが特徴で、一瞬の遅れで勝敗が決まってしまう荒野行動に向いています。 ただし、ちょっとでも触れると作動してしまうため、慣れるまでは誤射が多くなるので注意してください。 荒野行動コントローラーのおすすめモデル CASEBANK 荒野行動コントローラー 2018年7月モデル ボタン式の荒野行動コントローラー。 入力の際にはマウスのようにクリックする必要があるので、誤射や無駄撃ちを抑えられるのがポイントです。 ボディは画面が透過するスケルトンタイプを採用。 ボタンで隠れる面積を最小限に抑えています。 少しでも視野を広くしたい方におすすめです。 スマートフォン本体に挟むだけのクリップタイプなので、iPhoneとほとんどのAndroid端末に対応可能。 また、荒野行動だけではなく、PUBG mobileコントローラーとしても使えます。 収納ケースが付属しているので携帯性も良好。 価格も安いので、入門用としてもおすすめです。

次の

【荒野行動】仏さんが新たなチームに加入しました!

仏荒野顔

荒野行動コントローラーとは? By: 現在、日本版の荒野行動は、家庭用ゲーム機で使われるようなゲームパッドに非対応となっています。 Google playで配信されている「Octopus」という外部アプリを使えばゲームパッドでも遊ぶことはできますが、規約違反に該当する可能性があるので推奨はできません。 そこで、おすすめなのが荒野行動コントローラーです。 人気ゲームアプリ『荒野行動』を遊びやすいようにカスタマイズされたアタッチメントで、スマートフォンに装着することで画面をタップしやすくなります。 もっとドン勝(最後の一人になるまで生き残ること)したいという方におすすめです。 荒野行動コントローラーの選び方 形状で選ぶ 荒野行動コントローラーは、形状によって「クリップ型」と「ハンドル型」、これらが一緒になった「セット型」の3種類に分けられます。 これとは別にBluetoothで接続する「ホールド型」もあるのですが、日本版荒野行動には対応していないので注意しましょう。 操作性が向上する「クリップ型」 By: クリップ型とは、スマートフォン本体にボタン付きクリップを装着するタイプのコントローラーです。 荒野行動はプレイ中にミスタップをしてしまうことも多いのですが、物理的なボタンを装着することで正確に操作できるようになります。 パーツが小さいのでポケットに入れて持ち運ぶことも可能。 電車の中などでサクッと遊びたい方におすすめです。 長時間プレイに便利な「ハンドル型」 By: ハンドル型とは、スマートフォン本体を握りやすくするためのグリップ(にぎり)を装着するタイプ。 安定感が増すのはもちろん、長時間プレイしても疲れにくいのがポイントです。 ただし、ボタン類は付属していないので操作性はほとんど変わりません。 あくまで持ちやすさだけを向上させるコントローラーです。 長時間プレイしたい方は装着時に充電ケーブルを差せるかどうかをチェックしましょう。 ボタンとハンドルを備えた「セット型」 By: ボタン付きの「クリップ型コントローラー」とフィット感を高める「ハンドル型コントローラー」をセットにしたタイプ。 操作性と快適性を両立しており、ゲームパッドに近い感覚でプレイすることができます。 腰をすえてじっくりと荒野行動で遊びたい方はもちろん、真剣にドン勝を狙いに行きたいプレイヤーにおすすめです。 荒野行動には不向きな「ホールド型」 By: ホールド型は、PS4やPS4コントローラーの上部にスマートフォンをセットするタイプ。 Bluetoothを介してワイヤレス操作できるのが特徴です。 荒野行動対応と謳われる製品もあるのですが、それは中国版荒野行動のことで、日本語版には対応していないケースがほとんど。 ほかのゲームをプレイするのならばよいのですが、荒野行動用としてはおすすめできません。 入力方式で選ぶ 誤射や無駄撃ちを防げる「ボタン式」 By: ボタン式とは、通常のゲームパッドのようにボタンを押し込むことによって、タッチパネルを作動させる入力方式です。 ボタンを押してからタッチパネルに触れるまでにタイムラグがあるため、入力速度や連射性能がやや劣ります。 ただし、ちょっと触れただけでは認識されないので誤射を抑えられるのは大きなメリットといえるでしょう。 反応に優れた「感応式」 By: 感応式とは、ボタンの代わりに銅などの金属板を使用した入力方式。 金属板に指が触れることで微弱な静電気が流れて、センサーに「画面にタッチした」と認識させる仕組みです。 タイムラグが少ないのが特徴で、一瞬の遅れで勝敗が決まってしまう荒野行動に向いています。 ただし、ちょっとでも触れると作動してしまうため、慣れるまでは誤射が多くなるので注意してください。 荒野行動コントローラーのおすすめモデル CASEBANK 荒野行動コントローラー 2018年7月モデル ボタン式の荒野行動コントローラー。 入力の際にはマウスのようにクリックする必要があるので、誤射や無駄撃ちを抑えられるのがポイントです。 ボディは画面が透過するスケルトンタイプを採用。 ボタンで隠れる面積を最小限に抑えています。 少しでも視野を広くしたい方におすすめです。 スマートフォン本体に挟むだけのクリップタイプなので、iPhoneとほとんどのAndroid端末に対応可能。 また、荒野行動だけではなく、PUBG mobileコントローラーとしても使えます。 収納ケースが付属しているので携帯性も良好。 価格も安いので、入門用としてもおすすめです。

次の

【荒野行動】幻のコラボ 仏×超無課金

仏荒野顔

クランについて 荒野行動の軍団には ゲーム内でも最強と呼ばれるクランが存在します。 最強と呼ばれるクランのプレイヤーは荒野行動の中でも屈指の実力ぞろいで中にはeスポーツで活躍する凄腕も。 そんな荒野行動でも特に最強のクランはどこなのか気になる方も多いのではないでしょうか。 このページではそんな荒野行動最強のクランについてランキング形式でご紹介していきたいと思います。 最強クランランキング 1位:ZT(リーダー:れんにき) ZTはれんにきさん率いる荒野行動の中でも人気・実力ともにダントツのクランです。 リーダーのれんにきさんやCatさんなど常軌を逸したスキルを持つプレイヤーぞろいとなっています。 2位:芝刈り機〆(リーダー:危) 芝刈り機〆は比較的最近に結成されたクランですがその強さから現在要注目のクランとなっています。 その実力は強さのみを求めれば荒野行動最強とも呼ばれているほどで、これからの特に活躍が見逃せないクランです。 4位:DvS(リーダー:momosata) DvSはmomosataさん率いるeスポーツクランです クラン全体の特徴として鮮やかなドットキルが魅力で、スコープなしでの超遠距離狙撃は目を見張るものがあります。 特にリーダーのbyknさんはZTのれんにきさんと双璧をなす最強プレイヤーとも言われており、狙撃、AR、指揮をすべてずば抜けたレベルでこなす猛者です。 まとめ 荒野行動では様々なクランが最強の座をかけて激烈な熱戦を繰り広げていきます。 今後荒野行動はeスポーツにも参入していくので、最強クランもますます盛り上がりを見せてくれるでしょう。

次の