いわき 市 鹿島 街道 事故。 いわき市

福島県いわき市鹿島町久保反町付近で土砂崩れ 現場(現地)の画像まとめ

いわき 市 鹿島 街道 事故

概要 [ ] いわき市を代表する市街地であるとを直結する幹線道路であり、「鹿島街道」と呼ばれる。 沿線には郷ヶ丘や中央台、若葉台といった住宅地や団地が存在し、平谷川瀬周辺やから小名浜郊外にかけてやヨークタウン谷川瀬といった大型のが存在することから交通量が多い道路である。 起点から平谷川瀬(三倉橋南詰・市道平内郷線交点)までは片側2車線で整備されている。 従来は小名浜市街地でのが慢性化していたが、度までに順次拡幅され混雑は解消された。 一方、平谷川瀬から終点にかけては片側1車線の平市街地を縦貫する通りとなっている。 常磐上矢田町(若葉台交差点)から終点にかけての区間は従来の鹿島街道のとして建設され3月に開通した区間であるが、便宜上この区間も鹿島街道と呼ばれる場合がある。 は現在いわき市道十五町目若葉台線となっている。 路線データ [ ] - - -• 起点:いわき市小名浜字本町• 終点:いわき市平正内町• 総延長:11. 800 km• 実延長:11. 800 km 歴史 [ ]• 頃 - 福島県により旧来のが車道化され、その後、軍司山(・鹿島村境)、御代坂(鹿島・境)のがに開削される。 [ ]• - において、軍司山、御代坂の掘下げが議案提出され可決される [ ]• 4月 - (旧)道路法施行。 県道平小名浜線に指定される。 [ ]• 1月 - 道路審議会において、平〜小名浜間がの計画路線から外される。 [ ]• 6月 - 県道平小名浜線失業対策道路改良工事として着工 [ ]• - 告示第16号が公布され、県道平小野新町線と平小名浜線の一部がそれぞれ主要地方道平小野新町線、平小名浜線に指定される。 - 小名浜町が周辺町村と合併しとなり、平磐城線となる。 [ ]• 4月 - 平菱川町〜小名浜本町全線開通。 [ ]• - 告示台3620号が公布され、県道平小野新町線、平磐城線、平停車場線がそれぞれ主要地方道平小野線、平磐城線、平停車場線に指定される。 6月 - 全線舗装化 [ ]• - 県道改良のための調査開始 [ ]• - 告示第1069号が公布され、県道平小野線、平磐城線、平停車場線が主要地方道いわき小野線に指定される。 また、県道上戸渡小川郷停車場線、下川内広野線の一部、富岡大越線の一部、古道吉間田滝根線の一部が主要地方道いわき古道線に指定される。 - 鹿島街道混雑緩和のため国道6号の建設計画が変更される。 [ ]• 8月 - 平正内町〜小名浜字船引場12. 4kmが都市計画道路平磐城線として決定される。 [ ]• - 平正内町〜常磐上矢田町間4. 17kmがバイパス建設、常磐上矢田町〜鹿島町御代間7. 12kmが現道拡幅4車線化されることに決定。 翌年用地買収開始。 [ ]• - 告示第935号が公布され、県道いわき小野線の一部といわき古道線が主要地方道いわき古道線に指定される。 - 第153号が公布され、主要地方道いわき古道線の一部がに指定される。 - 告示第935号が公布され、県道いわき古道線の一部が小名浜平線に指定される。 (58年) - 福島県によって県道路線に認定される。 3月 - 平谷川瀬〜常磐上矢田町間2. 9kmが4車線開通。 同時に国道6号常磐バイパスが当路線まで開通。 [ ]• 4月 - 御代坂〜岡小名交差点間4車線開通。 [ ]• (5年) - から、県道小名浜平線が小名浜平線として主要地方道に指定される。 度 - 岡小名交差点〜花畑町交差点(小名浜支所前)間4車線開通。 [ ]• 度 - 花畑町交差点〜起点間4車線開通。 [ ]• - 当路線起点から南進する小名浜が4車線開通。 従来は当路線から小名浜港へのアクセスはクランク状に交差点を右左折していたが、の西側への移転により、当路線から直進してなどの主要観光地に直結するようになった。 [ ]• 8月24日 - 鹿島町久保付近にて岩山の経年劣化による崖崩れが発生し、鹿島町船戸 - 同走熊間の延長1. 5kmが全面通行止めとなる。 2019年8月29日 - 同年8月24日の崖崩れによって全面通行止めとなっていた区間を片側一車線規制にて通行止め解除。 路線状況 [ ] 重用路線 [ ]• (いわき市平南白土八ツ坂 - 同市平正内町(終点)) [ ]• (いわき市平三倉 - 同市平正内町(終点)) 道路施設 [ ]• 三倉橋(新川) 旧道 [ ] いわき市道十五町目若葉台線 若葉台交差点から平十五町目(・前大通り交点)を結ぶ路線であり、従来からの鹿島街道の区間である。 旧道ではあるがいわき駅前大通り(国道399号)に直結していること、沿線に明治団地や自由ヶ丘といった住宅街やロードサイド店の展開が行われていたため今もなお交通量は多く、菱川橋から南の区間は片側1車線である。 に開削され、に旧のもと指定された県道平小名浜線の改良として6月に着工され、4月に平菱川町から現在の県道起点である小名浜本町までが片側1車線で全線開通した。 戦前に立案されるも戦況悪化により計画が消滅した平〜小名浜間自動車専用道路の計画を基本に建設された。 この工事では福島県で初めての調整費が適用された。 6月に全線舗装化され、平〜小名浜間の所要時間は従来の半分程度となった。 しかしの進展と沿線の商業化、小名浜地区の工業化により交通量が急増し渋滞の悪化が深刻になったため、からバイパス建設事業が開始された。 地理 [ ] 通過する自治体 [ ]• 交差する道路 [ ]• ・(小名浜字本町(小名浜本町交差点) 起点)• (小名浜岡小名字御代坂)• (鹿島町走熊字小神山)• (鹿島町下矢田字曲田)• (平下荒川字南作)• 福島県道241号下高久谷川瀬線 新舞子海岸方面(平南白土字八ツ坂)• (平谷川瀬3丁目)• 福島県道229号甲塚古墳線(平三倉)• (平正内町(正内町交差点)終点) 沿線にある施設など [ ]• いわき市役所小名浜支所(旧磐城市役所)• (ヨークベニマルエブリア店・ショッピングセンターエブリア)• いわき市中央卸売市場• いわきニュータウン• 中央台団地• 郷ケ丘• 久世原団地• いわき市上荒川運動公園• ヨークタウン谷川瀬(新谷川瀬店・いわき店等) 脚注 [ ] [].

次の

福島県いわき市鹿島町久保反町付近で土砂崩れ 現場(現地)の画像まとめ

いわき 市 鹿島 街道 事故

埼玉県生まれ。 東京都八王子のとある大学卒のトークが苦手な社会人。 大学卒業後、東京のIT関連会社に就職しましたが、デスマーチの連続による残業過多と関連資格の休日勉強要請で精神的に限界を感じ転職。 以後、10年以上現在の会社で電話対応やデータ入力、時に配達等の仕事を継続しています。 このサイトを始めた理由は自分が興味を持っている日々の事柄についてまとめると共に他の方々の目にも留まっていただければ、と思ったからです。 またこのサイトを通じて世界で起こっているたくさんのことをアウトプットすることで自身の成長に繋げていきたいと思っています。 目標は「とてもたくさんの人に感謝して、とてもたくさんの人に感謝される」。 声を大にして言いたいことは「死ぬくらいなら辞めましょう」 趣味は温泉。 会社近くのスーパー銭湯で岩盤浴と炭酸浴を楽しむのが密かな癒しです。 今一番好きな漫画はキン肉マン。 好きな小説は「銀河英雄伝説」「燃えよ剣」「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」 サッカーJリーグの浦和レッズのサポーターです。 毎回魂こめて応援しています!.

次の

いわき市鹿島町久保でおすすめのグルメ情報をご紹介!

いわき 市 鹿島 街道 事故

いわき市鹿島町の県道(通称鹿島街道)沿いで24日起きた崖崩れで、国土交通省は28日、福島県の要請に応じ現地調査を行い「岩盤の経年的な劣化・風化が原因と考えられる」との見解を示した。 県は、県道の通行止めを29日午後4時に解除すると発表した。 国交省が国土技術政策総合研究所の水野正樹深層崩壊対策研究官ら土砂災害専門家4人を派遣した。 水野氏によると、現場の岩盤は風化しやすい凝灰質砂岩。 崩落した岩は亀裂に雨水が染み込んで黒くなったとみられる跡があり、表面の風化も進んでいた。 岩山には戦後まで住宅部材の石切り場として使った空洞があり、水野氏は「空洞も(崩落に)影響したと考えられる」と説明。 「地震で亀裂が入ることはあり得る」と、東日本大震災の影響もあったとの見方を示した。 県は通行止め区間(約1.5キロ)の解除に向け土石を囲むように高さ2.7メートルの土のうを約60メートルにわたり設置した。 仮設のガードレールや信号機も設置した上で、4車線のうち2車線を使って片側1車線で通行を再開させる。 県は土石撤去など対策工事の調査に入るが、本格復旧のめどは立っていない。 迂回(うかい)路は通行量が増え、メインとなる国道6号は朝夕の渋滞が激しい。 国土交通省磐城国道事務所によると、週明けの26日の通勤時間帯は最も近い交差点付近で上下線とも約4キロにわたり渋滞。 27日以降はやや緩和されたが、通過に時間がかかる状況が続く。 路線バスを運行する新常磐交通(いわき市)によると、約1.5キロの通行止め区間の停留所を休止し、6号などを迂回。 26日朝は渋滞で最大約30分の遅れが出た。 迂回は高速バスを含め1日約100便に上る。 通行止め区間の沿道の店舗は客足が減少。 臨時休業する店もあった。 「車や人がこれだけ少ないのは東京電力福島第1原発事故で市民の多くが避難した時以来」と薬局経営の鈴木祐司さん(47)。 なじみの客は店に足を運んでくれるが、新規は皆無だ。 県は29日に2車線で通行を再開させるが、本格復旧は未定。 鈴木さんは「通行量は戻るのかどうか、混雑は解消されるのか、心配は尽きない」と話した。

次の