エタラビ 効果。 契約したサロンが破産・倒産したときの対処法|エタラビ・ラットタット

エタラビ10箇所4980円60回フリーパス/全身ハーフ脱毛特集

エタラビ 効果

契約しているサロンが破産・倒産したときには… 未消化分の代金が返金される可能性は極めて低い 結論から言うと、契約しているサロンが破産・倒産した場合、未消化分の代金を返金してもらえる可能性は非常に低いです。 まだサービスを受けていないので、本来であれば返金してもらって当然なのですが、破産・倒産するまで経営状態の悪化したサロンの場合、会員に返金する財産は残っていません。 商品やサービスなど消費生活全般に関する苦情を受け付けている公的機関・消費生活センターなどに相談しても「返金は難しい」という回答しか得られないことがほとんどです。 破産・倒産の知らせを受けた後、まずするべきこと 前述の通り、未消化分の代金が返金される可能性は非常に低いです。 しかし、何もしないままでいると、サービスを受けていないのに、クレジットカード会社から分割払いやリボ払いの代金を引き落とされてしまうなど、損失が広がってしまいます。 破産・倒産の知らせを受けたら、まず以下のことを行ってください。 1.契約書を確認する まずは契約書を確認し、自分がどんな契約を結んでいるのかを整理しましょう。 特に、• 契約期間はいつからいつまでなのか• 代金は総額いくらなのか• 支払い方法は何か の3点をしっかり確認しましょう。 後に、消費生活センターなどに相談するときにも、この3つを質問されることが多いです。 また、契約書に 前受金保全措置についての記載があるかを見てください。 前受金の保全措置を取っているサロンであれば、倒産時に金融機関から返金してもらえる可能性があります。 サロンや記載されている金融機関に連絡を取ってみましょう。 ただし、法律で義務付られているわけではないので、前受金保全措置をとっているサロンは非常に少ないです。 2.クレジットカード払いの場合は、カード会社に連絡する クレジットカード払いの場合、引き落とし前の支払いを停止できる可能性があるので、なるべく早くカード会社に連絡してください。 ただし、 支払い先の会社が破産・倒産してしまった場合でも、支払いを停止できるかどうかは、各クレジットカード会社の判断となります。 A社では支払いを停止してもらえたが、B社では支払いを停止してもらえなかった、ということも起こりえますので、インターネットの情報や友達からの情報だけで判断せずに、必ず自分で連絡を取り、確認しましょう。 支払いを停止できる場合、クレジットカード会社から、その後の手続き方法について説明がありますので、指示に従ってください。 3.消費生活センターに相談する 現金一括払いで支払った場合や、クレジットカード会社で支払いが停止できなかった場合、この後、どう行動すればよいのかを消費生活センターに相談しましょう。 専門の相談員から具体的なアドバイスを受けることが出来ます。 相談料などは一切必要ありませんので、契約書の内容がよく分からない時なども気軽に電話相談してみてください。 相談を行う際には、手元に契約書を準備しておくとスムーズです。 消費生活センターは全国47都道府県全てに設置されていますが、基本的に居住している地域のセンターを利用しなければなりません。 電話相談の際も、居住する町名などを確認される場合があります。 全国の消費生活センターについての詳細は、国民生活センターホームページをご覧ください。 全身脱毛サロン「エターナルラビリンス」破産の事例 2017年4月、破産手続きが行われたエタラビ 2017年4月、全身脱毛サロン「エターナルラビリンス」を運営するグロワール・ブリエ東京が破産手続きを行いました。 「エターナルラビリンス」は、2016年8月、従業員や機器が足りないのに「間違いなく予約ができます」など事実と異なる案内をしたり、中途解約した会員への返金を拒んだりするなど、特定商取引法に違反したとして9カ月間の一部業務停止命令を受けました。 その後、新規会員の募集などはできないものの、既存会員にはこれまで通り、脱毛のサービスを行っていました。 しかし、この出来事をきっかけに解約が急増し、2017年4月に約50億円の負債を抱え、破産することになりました。 ミュゼプラチナム社による優遇措置 50億円もの負債を抱えて破産手続きを行った会社から、未消化分の代金を返金してもらうことは困難です。 消費生活センターに相談した多くの人たちも「返金してもらうのは難しいと言われた。 ミュゼプラチナム社での優遇措置があるので、そちらを検討してみてくださいとの案内を受けた」と報告しています。 このミュゼプラチナムでの優遇措置を受けるには、一定の条件や負担が生じます。 まずは、条件から見ていきましょう。 優遇措置の対象者とは• クレジットカード、現金、信販会社で代金を全額支払った人• 信販会社「株式会社日本プラム」、「株式会社ダブルラック」で契約し、現在支払い中の人 すでに「エターナルラビリンス」との契約を解約済みの人は、優遇措置の対象にはなりません。 現在、「破産者株式会社グロワール・ブリエ東京 破産者ミスプレミアム株式会社 破産管財人のホームページ」では、解約手続きの案内も行っていますが、解約手続きを行うと、遊具措置を受けることができなくなるので、注意してください。 優遇措置の内容 クレジットカード、現金、信販会社で代金を全額支払った人 全額支払い済みの場合、ミュゼプラチナムで残り分の脱毛を行うには、以下の料金を支払わなければなりません。 エターナルラビリンス会員 全身1回当たり9975円 ラットタット会員 全身一回当たり7140円 来店時に現金またはクレジットカードで支払ってください。 信販会社「株式会社日本プラム」、「株式会社ダブルラック」で契約し、現在支払い中の人 今後も信販会社の支払いを続けることで、ミュゼプラチナムでこれまでと変わらず脱毛を行うことができます。 追加料金などは必要ありません。 優遇措置の申し込み方法 優遇措置を受けるには、ミュゼプラチナムへの申込みが必要です。 申し込み手続きに行くときには、印鑑と身分証明書を持参してください。 ミュゼプラチナムへの申込み方法• 優遇措置申し込み専用ダイヤル(0120-202-042)に電話し、申込み手続きの予約をする。 予約をした日時に来店し、説明を受けた後、申込み手続きを行う。 この手続きが完了したら、今まで通り脱毛を行うことができます。 信販会社「株式会社日本プラム」、「株式会社ダブルラック」で契約し、現在支払い中の人は、追加料金などなしで、これまでと同じように脱毛を続けることができます。 今後も随時更新していきますので、契約していた人は、これからどういった対処をすればよいのかの参考にしてください。 完済済み Aさんの事例 現在の状況 支払いは完済済みで4月15日に施術を控えいる状態です。 倒産するかもと私の耳に入ったのは3月中旬頃でした。 3月末頃に解約をしようと決心し、まず店舗に自分が解約した時に返金される金額をおおまかに教えてもらいました。 次にエタラビの本社とお客様相談室に連絡をしました。 ですが、両方とも電話番号が使われてないとのことでまた店舗に連絡をしました。 店舗の方から解約しても返金が難しいと説明され「 ミュゼ社と 契約し直しをせずに今後もこちらで今まで通り施術ができますので通われた方がいい」と言われたので、一旦は解約せずに通う方向で居ました。 4月に入り、やっぱり解約しようと思い店舗に連絡を入れたけど改装中で連絡できないといった感じです。 通っていた店舗 元々はエタラビ上野店に通ってました。 上野店が店内改装をするという事でその付近のグラン上野店へ移動になりました。 そこで数回通ってたら急にラットタットに変わっていて暫らくすると上野にある店舗は無くなるのでラットタット銀座本店へ通うように言われました。 ミュゼプラチナムによる優遇措置を受けますか? 私個人として、救済措置は受けずに医療脱毛の方に通うことにしています。 私は完済しているので追加料金を払わないと引き続き施術してもらえません。 優遇された金額で出来るとの事ですが、もともとエタラビの脱毛器に効果を感じて契約していたので、そこまでしてミュゼに通う気にはなれませんでした。 サロンと比べたら高くはなってしまいますが医療の方に通いサロンより回数が減り、効果も高いといった点で医療の方に通った方がいいと考えました。 脱毛の学校スタッフより Aさんの場合、すでに「破産者株式会社グロワール・ブリエ東京 破産者ミスプレミアム株式会社 破産管財人のホームページ」を熟読し、優遇措置を受けるつもりがないので、解約の手続きを行ったとのことでした。 今、どのように行動すればいいのかを冷静に判断し、すでに次に向けての計画も立てておられる姿勢が素晴らしいと思いました。 リボ払い中 Bさんの事例 現在の状況 自分ではなくて自分の姉がエタラビで契約していて12万の契約をリボ払いにしているところです。 脱毛の学校スタッフより リボ払いを停止できるかどうかは、各クレジットカード会社の判断になります。 インターネットでの情報などを鵜呑みにせずに、まずは自分でクレジットカード会社に連絡してみてください。 クレジットカード会社で支払いを停止できないと言われた場合には、居住地にある消費生活センターに相談してみるのがおすすめです。 信販会社(ダブルダック)で分割払い中 Cさん 現在の状況 私は信託会社 ダブルラック を通しての36回払いで、先月12回目の引き落としが終わった状態です。 エタラビさんにも毎月1~2回のペースで通ってましたので、損害はあったとしても少なめだとは個人的には思っています。 現在、15回ぐらいの施術が終わったところです。 昨年の事件以来、店名が変わったり、機械が変わったり、さらには移転したのに結局元の場所に戻ったりで、心配はしてましたが、今まで通り施術は受けられるとのことでしたので、解約の動きは一切していませんでした。 脱毛の学校スタッフより ダブルダックで支払い中のCさんの場合、優遇措置に申し込みをすれば、引き続き脱毛を受けられるのですが、このまま脱毛を続けるより、他のサロンに乗り換えた方が良いのではないかと悩んでいらっしゃいました。 一括払い済み Dさんの場合 現在の状況 2015年4月に契約 契約書には平成30年まで し、2015年5月に現金一括払いを行いました。 ちなみに、契約書によると、前受取金の保全措置は「なし」となっています(あり・なし と項目に丸をつける形になっていました)。 そして、2017年2月に店舗移転とラットタットへの統合のメールを受け取りました。 そのメールが以下のものです。 その後、2017年4月10日裁判所からのハガキが届き、メールの新店舗へ電話連絡したのですが、1日から14日まではリニューアルと研修のためお休みのメッセージが再生されるだけで、連絡は取れませんでした。 脱毛の学校スタッフより Dさんのように何かあったときにすぐに契約書を確認できるよう、しっかり保管しておくことが大切です。 Dさんによると、前受取金保全措置はなしになっているとのことなので、残念ながら金融機関からの返金は望めなさそうです。 一括払い済み Eさんの場合 現在の状況 私が脱毛を始めたのが去年の夏頃。 フェイスブックのネット広告が気になり予約の電話を入れました。 説明を受け、全身脱毛を受けることに決めて約3年間プラス10年保証がついたプランにしました。 一括で50万以上を支払い、最後に行ったのが3月の終わり。 次は4月15日に予約の電話をくださいと言われていましたが、昨日急に裁判所から自己破産通知のハガキが来て…。 慌てて店舗に電話するも改装中。 本社にかけるもコールのみ。 唯一かかったのが優遇措置専用ダイヤル。 未消化分が38万円もあるので返金してほしいがほぼ無理な状況です。 ミュゼプラチナムによる優遇措置を受けますか? 私のように現金一括払いの方は優遇措置といってもまた新たにお金を支払って通わなければなりません。 医療脱毛に乗り換えようか本当に悩んでいます。 とりあえず消費生活センターの方へ電話しましたがやはり全額返金は難しいし、返金自体も見込めないと言われました。 脱毛の学校スタッフより Eさんの場合、優遇措置を受けるには追加で支払いが発生するため、医療レーザー脱毛に乗り換えるかで悩んでいらっしゃいました。 現在のところ、優遇措置を受けるかどうかをいつまでに決めなければならないという記述はありませんので、しっかり考えて、納得のいく選択をしていただければと思います。 CBSファイナンシャルで分割払い中 Fさんの場合 現在の状況 私が契約したのは2015年5月で、CBSの分割払いにて料金を支払っています。 現在36回払いのうち22回目が引き落とされたところです。 全身18回+10年保証を契約しており、今月7回目の脱毛になる予定でした。 4月12日にCBSに電話で問い合わせをしたところ、CBSを利用している会員は契約時期が古く役務提供期間が終了している方が多いらしく、現在の施術はアフターサービス期間のものだと言われました。 私自身も2016年の5月に役務提供期間が終了しています。 そのため、他のカード会社と異なりミュゼでの優遇措置は現在決まってないと言われ、対処法を検討中と言われました。 引落停止はできるのか問い合わせると、もうすでに料金はCBSからエタラビに支払っているので残額は支払ってくださいと言われました。 また、優遇措置は会員別に内容が変わるそうです。 とりあえずカルテ開示のメールを送って欲しいと言われ、ミュゼにカルテ開示同意のメールを送りました。 ミュゼとCBSにて優遇措置内容を検討し、決まり次第私の元へ連絡が来るとのことでした。 内容決定には今週いっぱいかかるようです。 ただ、やはり残り12回全ての施術を負担することは難しいようです。 役務提供期間が終わっていることを何度も言われました。 ただ、18回全身脱毛にかかる期間はスムーズに通っても4年半になるので、その分も考慮して内容決定してもらうよう伝えました。 しかし、今現在6回終了するまでに2年かかってるので、全て終わらすまでにあと4年負担するのは厳しいと言われました。 なので、個人的には当初の予定である、あと2年半分の10回をせめて対応していただきたいと思っております。 優遇措置内容を自体では、抗弁権を使用し引落停止を要求するつもりです。 抗弁書とは、クレジットカード会社に支払いの停止を申し出るための書類のことを指します。 脱毛の学校スタッフより 美容・医療のクレジットで有名なCBSファイナンシャルサービス株式会社で支払いを行っている人の場合、まだ優遇措置を受けられるかどうかが決定していないとのことでした。 Fさんの情報によると、優遇措置は会員別に内容が異なり、それにはエタラビからのカルテの提出が必要とのことです。 現在CBSファイナンシャルサービス株式会社のトップページには、「エタラビ会員、ラットタット会員の皆様へ」というコーナーが設けられ、問い合わせ先などが案内されていますので、まずは自分の場合、どうなるかを問い合わせてみてください。 信販会社(日本プラム)で分割払い中、解約をすることにした Gさん 現在の状況 エタラビ会員で50万円プラス手数料・合計約60万円ほどの契約をし、現在日本プラムさんでローンを組んで支払い中です。 日本プラムに解約の電話したところ、この支払いのまま追加支払いなしでミュゼで施術を受けられると言われたのですが、やはり解約することにしました。 4月13日に日本プラムに電話して解約をお願いすると、すぐに5月の引き落としをストップしてくれて必要書類を送ってくれるとのこと。 そして、エタラビ店舗に解約に必要な書類を申請し、エタラビから受け取った書類と日本プラムから送られてきた書類、2つ合わせて日本プラムに送るように言われました。 これが完了すれば、解約金などはなく解約できると説明を受けました。 日本プラムの対応は丁寧でスムーズだったので、あと私の不安要素は、「解約精算書」をエタラビから早急に受け取れるか否かということです。 脱毛の学校スタッフより Gさんがご心配されている「解約精算書」の郵送までにはだいたいどのくらいの期間がかかるのか、破産者株式会社グロワール・ブリエ東京・破産者ミスプレミアム株式会社・破産管財人室に問い合わせをしてみました。 担当者の案内によると、電話ではすぐに対応することができないので、郵送かFAXで問い合わせてください、とのことでした。 問い合わせるときには、• 電話番号• 会員番号• 通っていた店舗名• FAXの場合は返信先の番号 を書き、問い合わせ内容を添えて送ってください。 後程、担当者から回答をお送りします、とのことです。 一括で支払い済み 優遇措置を受ける予定 Hさん 現在の状況 私の契約内容は、18回コース 一部分6回 で、現在8回 2部分は3回、1部分は2回 脱毛済みです。 私の場合は料金は一括で払っており、優遇措置を受けるにも新たにお金を払わなくてはいけないのですが、ミュゼに移行する予定です。 優遇措置を受けようと思った理由 残り10回 一部分3回 なので、別の所を探すよりも安いと思い、優遇措置を受けることにしました。 脱毛の学校スタッフより 代金を支払い済みの人の場合、優遇措置を受け、継続して脱毛を行うには、1回当たり定価の35%の費用を支払わなければならないので、優遇措置を受けるか悩まれている人も多いです。 優遇措置を受けるか悩んでいる人は、Gさんのようにミュゼの口コミを見てみたり、実際に他のサロン・クリニックで同じ回数を受けると、値段がどのなるのかを計算してみたりして検討することをおすすめします。 このように、たくさんの人が突然の破産に驚き、今後、どうすれば良いのかを迷っています。 この情報については、今後、続報が入り次第、随時更新して行きます。 そのため、新情報などがあれば随時更新していきますので、情報提供にご協力ください。 また情報を更新した際にはツイッターで告知しますのでよろしければフォローをしておいてください。 ご自身の責任の元でご判断・ご利用ください。 〈追記〉その他、破産・倒産の事例 2015年「ミュゼプラチナム」倒産騒動 倒産騒動から別会社に買収されるまでの経緯 2015年夏、ネット上で突然「ミュゼプラチナム」が倒産するとの噂が流れました。 当時、ミュゼプラチナムを運営していた株式会社ジンコーポレーションは、5月頃から大手広告代理店への支払いが滞っており、テレビCMや電車内広告が激減していたことから、一部メディアが経営難だと報じたことが発端です。 この報道により8月下旬から9月にかけて解約を行う人が増加します。 そして2015年10月、ジンコーポレーション社長が会見を行い、債務の弁済が難しくなったことから銀行団との 任意整理に入ったことを明らかにしました。 任意整理とは、債権者(この場合、銀行団)と債務者(この場合、株式会社ジンコーポレーション)で話し合いをし、裁判所などの公的機関を通さず、借金を圧縮することを言います。 この会見で社長は、今後も事業を継続していくことを発表し、店舗や電話で問い合わせをした会員に向けても、スタッフから「これまで通り、脱毛を続けられる」と説明がありました。 この説明に偽りはなく、ミュゼプラチナムの会員は任意整理が発表された後も、変わらず脱毛を続けることができています。 また、2016年12月には、株式会社RVHが美容脱毛部門(ミュゼプラチナム)の事業を買収することを発表し、店舗や従業員は株式会社RVHの子会社に移籍しました。 こうしてミュゼプラチナムの運営会社が変わりましたが、会員はこれまで通り脱毛を続けることができ、また接客やサービス内容などもこれまでと変わらない、と安心する声が多く寄せられました。 任意整理をしても倒産してしまう会社もある ミュゼプラチナムの場合、任意整理を発表後、別の会社が美容脱毛を部門を買収したことで、会員はこれまで通り脱毛を続けることができました。 しかし、中には任意整理をしても経営状態が改善せず、倒産してしまう会社もあります。 ミュゼプラチナムの場合も、買収を申し出る会社が見つからなかったら、そのまま倒産してしまっていた可能性もあり、その場合、会員は未消化分の代金の返金を受けるのは難しかっただろうと話す専門家もいます。 噂に振り回されず、冷静に行動することが大切 ミュゼプラチナムの事例では、「倒産してしまうかも!」というネット上の噂を見て、慌てて契約を解約し、返金を申し込んだ人もいました。 しかし、最終的には全ての会員がこれまで通り、脱毛を続けることができました。 慌てて解約を申し込んだ人の中には、面倒な手続きを行い、解約手数料を支払って解約したのに、最終的にこれまで通り脱毛が続けられるのであれば解約しなければよかった、と感じている人もいるかもしれません。 大切なのは噂に振り回されず、公式に発表された情報をしっかり理解して判断することです。 難しい用語が多く、理解できないと感じた場合には、消費生活センターに相談してみましょう。 問題をよく理解しないままに慌てて行動しても、良い結果を得ることはできません。 行動を起こす前に、まずはしっかりと現状を把握してください。 英会話スクールNOVAの事例 破産以前から前払い制での返金トラブルが多発していた 2007年に破産した英会話スクールのNOVAは、前払い制度を導入していました。 あらかじめ生徒がポイントを購入し、1ポイントで1レッスンを受けられるという方式を取っており、一度にたくさんのポイントを購入するほど、1レッスン当たりの単価が安くなるというサービスも行っていました。 購入ポイント数によって、1ポイント当たりの単価は1200~3800円と大きく変動することから、「できるだけたくさんのポイントを購入した方がよい」と強く勧誘することもあったと報告されています。 また、一度ポイントを購入した後、中途解約を申し込むと一部のポイントが有効期限切れになっているなどと案内され、提示される返金額が少ないとトラブルになることもあり、国民生活センターの窓口に相談に訪れる人も少なくありませんでした。 2005年度には1061件、2006年度には1949件者相談が寄せられています。 破産から別会社に事業譲渡されるまでの流れ NOVAは1981年に大阪・心斎橋に出店して以来、利便性のいい駅前に教室を構えたこと、そして他の英会話スクールに比べ、授業料も安かったことから順調に出店数を伸ばし、2001年には500店舗を構えるまでになりました。 しかし、その裏では前述のような勧誘・返金のトラブルを数多く起こしており、2007年6月、ついに経済産業省から半年間の一部業務停止命令を受けることになりました。 その後も、講師への給料遅配などが原因でストライキが起こるなど、問題が頻発し、2007年10月、439億円の負債を抱え会社更生法の適用を申請しました。 そして、同年11月に破産、事業は別の会社へと引き継がれることとなります。 旧NOVA会員への優遇措置はあったが返金はされず NOVAもミュゼプラチナムと同じく、事業が別の会社に引き継がれることとなりました。 しかし、ミュゼプラチナムの事例とは異なり、生徒は旧NOVAの運営会社から購入したポイントを使用することができませんでした。 旧NOVAの運営会社は、たくさんの負債を抱えているため、生徒に未消化分のポイント代金を返金する能力がなく、前払いした50万円以上のポイントが未消化のまま返金もされなかった人も少なくありません。 新NOVAの運営会社は、こうした生徒に向けて、受講料が75%OFFになる優遇措置を取りましたが、一度、ポイントの料金を支払っているにも関わらず、さらに料金を負担しなければならないので、こうした優遇措置を受けない人も多かったと言われています。 NOVAで契約をしていた人の事例 子どもを月謝制でNOVAに通わせていた Aさん 私は当時小学1年生の子どもをNOVAに通われせていました。 私の子どもが通っていた玉造店では、子どもの場合ポイント制ではなく月謝制でした。 そして、ある時、これまで1か月ずつの支払いだったのに、1年分を一括で支払うと1か月分無料になるという案内がありました。 すごくお得だと思ってすぐに一括に切り替えたのですが、残り2か月分を残してNOVAが倒産。 周りのお母さんに聞いたら、みんな「今まで毎月払ってたのに急に一括の案内が来るなんて資金繰りが怪しいんだろうなと思って月払いにしてた」って言われて…。 お得だからって慌てて一括払いに飛びついたことをとても後悔しました。 新NOVAは前払い制をやめ、月額制に 新会社に事業を引き継がれたNOVAは、現在も営業を続けています。 しかし、旧会社によるNOVAと異なり、料金は月額制を採用しています。 毎月レッスン料を支払い、やめたらそこで支払いがストップするという月額制で、公式サイトでは「安心の月額制で無理なくレッスンを継続できる」と紹介しています。 前払い制にはリスクのあることを理解しておこう 脱毛サロンでも、旧NOVAと同じように最初にまとまった回数分を契約すると、1回当たりの料金が安くなるところも多いです。 しかし、脱毛サロンの場合、• 契約から8日間は無条件で契約を解除できるクーリング・オフ制度が利用できる• クーリング・オフの期間を過ぎても、中途解約ができる• 中途解約をするときの違約金にも上限がある という法律があるので、旧NOVAのような問題に発展することはほとんどありません。 クリニックの場合、こうした法律は適応外となりますが、多くのクリニックが独自に返金や中途解約についての決まりを設け、安心して利用できるように努めています。 ただし、ミュゼの任意整理のときには誠実な対応で会員も救われましたが、サロン・クリニックが倒産・破産してしまった場合、前払いしたお金を返金してもらうことは、通常ほぼ不可能です。 前払い制のサロン・クリニックを利用するときには、そうしたリスクがあることを理解した上で契約しましょう。 以上、契約したサロンが破産・倒産したときの対処法|エタラビ・ラットタット、でした。 サロン・クリニックで契約するときも、契約したサロン・クリニックが倒産してしまったときも、大切なのは事実をきちんと確認することです。 内容がよく分からないままに契約をしたり、噂に振り回されて、条件を確認しないままに契約解除せず、まずはしっかりと現状を把握しましょう。

次の

【倒産】エタラビ運営会社(グロワールブリエ東京)破産と救済・優遇措置の情報

エタラビ 効果

エタラビは現在、全国に 12の店舗があります 銀座本店、新宿店、渋谷店、池袋店、錦糸町店、津田沼駅前店、上野店、横浜店、梅田店、心斎橋店、仙台店、福岡天神西通り店、の12店舗です。 店舗によってコースやキャンペーン等が多少異なることもありますので、自分の通う店舗の情報は、事前にホームページで調べておくとよいでしょう エタラビは現在12店舗ありますが、会員数20万人以上という人気を考えると、もう少し店舗数を増やしてもよさそうなものです。 単純に考えると、1店舗当たり2万人近くの会員を受け持っていることになります 予約が取りにくいという口コミも見かけますし、店舗をもっと増やした方が、店側としても利益は上げられるでしょうし、お客さん側としてもスムーズに予約が取れたり、遠くの店舗に足を運ぶ必要がなくなったりと、双方にとってメリットがあるように思えます。 しかし、エタラビは あえて新店舗のオープンを限定的に行っているようです それは 質のバラつきを抑えるためです 例えば、チェーン店で食事をするとき、あっちの店では美味しかったのに、こっちの店では…といった経験はありませんか? やみくもに店舗拡大を行っても、そこにスタッフの質が付いてこなければ、お客さんの 満足度は得られません なのでエタラビでは新店舗をオープンするときは、そのエリアに出店してほしいというお客さんの 確かな要望があり、かつ 顧客満足を確実に提供できると判断したときに限定しているのです。 デリケートな女性の肌を施術する脱毛サロンだからこそ、スタッフの質を高いレベルで統一し、絶対にトラブルが起こらないようにすることを徹底しているようです。 各店舗のクオリティ・チェックを行うのも、わざわざ代表取締役の下田さんという方が毎月全国の店舗に足を運んで行っているようです そんな 顧客満足を徹底しているエタラビだからこそ、お客さんの満足度が98%という高い数値を残せるのでしょう エタラビは単に脱毛をするだけではなく、 キレイに脱毛するというこだわりを持っています つまりエタラビで脱毛を受けると、ムダ毛を処理できると同時に、 美肌効果も期待できるということです。 美肌を保つには、基本的には毎日のスキンケア、バランスの取れた食事、十分な睡眠などが重要です。 <食事> 1日30品目が良いと言われていますが、そこはあまり神経質になりすぎず、いろいろな食品を食べて栄養が偏らないように毎日少し意識するだけでも自然とバランスのよい食事になると思います その中でも美肌に特に良いとされる栄養素は、 たんぱく質、ビタミン、ミネラルです。 美肌を保つには、これらの栄養素を含む食材を、毎日の食事に意識的に取り入れるようにしましょう <睡眠> 最近良く耳にするのでご存知の方も多いと思いますが、午後10時〜午前2時は 「美肌のゴールデンタイム」と呼ばれています。 この時間帯に肌の生まれ変わりが活発になると言われていますので、なるべくこの時間帯を含むように毎日十分な睡眠を取ることが、美肌を保つポイントです そしてそれ以外に、そもそも普段の生活で肌を傷つけないようにするということも大切です。 しかし、脱毛を自分ですると、ムダ毛を上手く処理できなかったり、処理できたとしても肌の表面を傷つけてしまったりして肌がざらざらになってしまうことがよくあります ですがエタラビのスタッフさんは腕が一流で、シェービングをすごく丁寧に行ってくれるので、仕上がりがとてもキレイで、肌を傷つけやすい脱毛においても美肌を保たせてくれます また、高級ホテルと同様のリネン類を専門業者に依頼し、 1回使い切りで使用しているようです。 自社でクリーニングして使い回すよりかなり多くのコストがかかってしまうと思いますが、施術を受ける側の立場で考えると絶対にそちらの方が、清潔感があるし心地いいので嬉しいですよね? さらに施術前には美肌効果の高い コラーゲンをたっぷり含んだ 専用ジェルを塗り、肌への負担を最小限に抑えてくれますし、アフターケアには、 医療機関と共同開発した 「潤水美肌ローション」を使用し、しっかりと保湿してくれます。 もちろん追加料金は一切かかりません このようにエタラビではキレイに脱毛するということに徹底的にこだわっています。 このこだわりこそがエタラビが口コミで人気になった理由なのかもしれません.

次の

「エタラビの効果」に関する口コミ集めました

エタラビ 効果

「みんなの評判ランキング」では、実際に脱毛サロンを利用した人からの口コミ・評判をもとに、満足度をランク付けしています。 脱毛料金が安ければ満足度が高いのか?というとそうではなく、何を重視して脱毛サロンを選べば良いのか、とてもわかりづらくなってきています。 そこで、みん評では、脱毛サロンへすでに契約して通っている人・通い終えた人に、 「脱毛サロンを契約する前に、必ず確認すべきこと」 「ココを重視して選べばあとで後悔しない!」 といった、契約後だからこそ思う、 脱毛サロン選びの重要チェックポイント項目を聞き取り調査し、まとめました。 「最終的な総額」 パッと見の安さだけにとらわれず、何が入っていて何が入っていないのか。 追加料金・割引を含め、他のサロンと総額を比較する。 「予約はとりやすいか」 人気のある脱毛サロンは、思うように予約がとれないことがある。 行きたいときに予約がとれるか、混みすぎていないか。 「通いやすいかどうか」 ある程度の期間通い続けることになるので、通いやすさは重要。 通う頻度や完了までにかかる期間、店舗移動が可能かどうかも見ておくと良い。 このページでは、上記「脱毛サロン選びで押さえておきたいポイント」を徹底調査し、「みん評の口コミ満足度」を合わせた総合評価で、みん評独自のランキングを作成しました! すでに気になる脱毛サロンがある人は、からサロン名を選択すると、個別の口コミを確認できます。 全身脱毛(顔・VIO含む)6回プランが、月額3000円で利用できる銀座カラー。 初回カウンセリング時に全6回分の予約がとれる仕組みは業界初です。 6回プラン、無制限共に最安級。 ただ、新制度のため実態が読めない。 勧誘はどの程度あるのか、しつこさはどうなのか、みん評の口コミ投稿者に聞きました。 ( 続きを読む) さくらさん スタッフによってはやや前のめりでオススメしてくることはありましたが、必要ないと伝えても笑顔で対応してくれていました。 最初のカウンセリングの際もいったん持ち帰って他のサロンと比較しますと言えば、それ以上の引きとめもなかったので、とくに不快に思うことはなかったです。 【編集部コメント】 勧誘があるのは事実。 ただ、断っているのにずっと勧誘し続けられたり、引き止められたりといった心配はなく、インタビューでは勧誘はあるけれど、スタッフの対応は「丁寧で安心感があった」という意見で一致していました。 勧誘があったとしても、必要なければきっぱり断る姿勢が大切です。 他の部位のそり残しは避けての照射 保証期間 6回:回数終了まで期限無し 無制限:期限なし 分割手数料 金利手数料がかかる 解約手数料 脱毛料金の10% または2万円のどちらか安い金額 脱毛部位 全身(顔・VIO含む)のプランのみ。 価格はすべて税抜 編集部の総まとめ 銀座カラーは、「最終的な総額を抑えたい人」「追加料金の心配をしたくない人」に向いている! 銀座カラーは2020年2月に料金プランが一新され、 全身脱毛(顔・VIO含む)6回が9万3000円(月額3000円)とかなり安くなりました このプランは 初回のカウンセリング時、全6回分の予約が可能です。 新制度のためまだ実態が読めないものの、人気サロンでよくある予約がとれない心配がなく、安心して契約できます。 6回完了後無制限メンテナンスが付いたプランは、最大割引12万円オフの適用で28万9000円(月額6300円)。 こちらも他サロンと比較すると最安級です。 さらに、予約後の変更や当日キャンセルが無料、手の届かない箇所(えり足、背中、ヒップ、ヒップ奥)のシェービング代も無料と、 追加料金がかかる心配もありません。 唯一のデメリットとしては、店舗数が約50店舗と他のサロンと比較するとやや少なめなこと。 どの店舗でも自由に通えますが、地域によって付近に1店舗しかないところもあり、転勤や引っ越しが多い人は注意が必要です。 【みん評限定特典!Amazonギフト券3000円プレゼント】 ただいま、みん評から申し込んだ場合のみ、契約者全員に銀座カラーよりAmazonギフト券3000円をプレゼント中です! 下記「公式ページへ行く」ボタンから、無料カウンセリングに申し込み後、申し込み完了画面にポップアップするキャンペーン応募ページにもご登録お願いします。 キャンペーン応募完了画面が表示されたら、手続き完了です。 全身脱毛専門サロンのキレイモは、1年プラン(8回保証)が月額6900円~(税込)で利用できます。 シェービング代が無料、予約も1~2カ月先ならとりやすいという声が多数派。 永久保証の通い放題プランは、納得いくまで通えます。 5カ月に1度 1. 5カ月に1度通え、どの店舗でも自由に予約できる。 実際のサロンの雰囲気やスタッフの接客はどうなのか、みん評の口コミ投稿者に聞きました。 ( 続きを読む) はるなさん たまにお得プランの紹介を照射中にされますが、特にしつこくもなく、気になりません。 契約前の無料カウンセリングの際も、押し付けなどはなかったと思います。 【編集部コメント】 スタッフの対応について不満が目立ちますが、口コミではどうしても悪評が集まりがちです。 インタビューでは、実際は丁寧な対応のスタッフが多く、照射時も「頑張ってくださいね」「すぐ終わらせますね」など声かけをしてくれる人が多い、という意見がありました。 ほとんどの場合で勧誘のしつこさもなく、何か不満があったときは、照射後アンケートで店舗へ伝えることができるシステムが安心です。 価格はすべて税抜 編集部の総まとめ キレイモは、「全身脱毛の通い放題をしたい人」「痛みが苦手な人」に向いている! キレイモは、顔・VIOを含んだ全身脱毛専用サロン。 新たに「全身脱毛ホーダイ」プランが登場し、 永久保証のスペシャルプランは有効期限なく通い放題です。 脱毛機は高い脱毛効果を維持しながらスピードアップも意識された、1ショットずつ照射するタイプ。 冷却ヘッド付きで痛みが軽減され、ジェルは使用しません。 塗布・拭き取りの手間がなく、ジェルの不快感やひんやり感が苦手な方も安心できます。 当日キャンセルは1回分消化扱いとなることには注意が必要ですが、そり残しは避けての照射となるサロンが多い中、 無料でシェービング対応があり照射してもらえるのはうれしいポイントです。 5カ月に1度の来院で、間隔は短め。 照射後すぐに次回予約をとればとりやすいという口コミが多く、通いやすさも高く評価できます。 公式サイトの「マイページ」では各店舗の空き状況がリアルタイムで表示され、予約やキャンセルが簡単にできて便利です。 全身脱毛を、月額払い、回数パック、回数無制限、都度払いとさまざまなプランから選べるのが特長。 料金もリーズナブルで、最短2週間ごとに通える脱毛方法が魅力です。 店舗か電話のみ 通う頻度:2週間に1度 2週間に1度の予約はとりにくく、1~2カ月間隔であればとりやすいとの口コミあり。 実際はどのくらいの間隔で予約がとれているのか、みん評の口コミ投稿者に聞きました。 ( 続きを読む) みーさん 私は今は3週間に1回ほどの間隔でとれています。 とりやすくするには、いくつか自分が行ける日を候補にあげて探していくという形が良いかと思います。 【編集部コメント】 2週間に1度通える、とは言うものの、実際は予約の空きがなく、その間隔で通うのは厳しいのが現状です。 特に土日や仕事終わりの時間帯は人気があるので、より予約はとりにくくなります。 キャンセル待ちをする、照射が終わったらすぐ予約枠を確保するなど工夫が必要ですが、1~2カ月間隔で通えている人が多く、他サロンと比べると短い間隔で照射できます。 価格はすべて税抜 編集部の総まとめ ストラッシュは、「産毛が多い人」「短期間で全身脱毛したい人」「回数無制限プランを低価格で利用したい人」に向いている! ストラッシュは、脱毛が完了したらいつでもやめることができる「月額制」、全身1回照射した分だけ支払う「都度払い」といった、 高額なコースを組まずに脱毛を利用できるプランがあるのが特徴です。 ただ、月7980円で始められる月額制は魅力ですが、1回の来店で全身4分の1ずつしか照射できません。 短期間でしっかり回数を重ねて効果を実感したいなら、1回で一度に全身照射できるパックプランがおすすめです。 パックプランは6回9万5760円、12回でも18万1800円と他サロンよりも格安。 回数無制限コースは、他サロンからの乗り換え割利用で 30%オフの25万8860円(税抜)と、キレイモよりかなり安く利用できます(ただし5年間の有効期限付き)。 脱毛機は色黒肌や産毛にも効果が出やすいSHR方式を使用し、毛周期に関係なく2週間に1度照射できるので、短期間で完了させたい人に向いています。 他の大手サロンと比べるとまだ店舗が少なく、Web予約ができないことはデメリットですが、コストパフォーマンスが高いサロンです。 全国に180店舗以上ある、業界最大手のミュゼプラチナム。 格安のキャンペーンで注目を集めています。 とにかくワキを安く脱毛したい!という人にはおすすめです。 c方式の脱毛機は痛みが少なく産毛にも効果が出やすい。 実際はどのくらいのとりにくさなのか、みん評の口コミ投稿者に聞きました。 ( 続きを読む) はるかさん わたしは平日の日中でとるようにしていました。 あとは、すぐにとることがコツで、照射を終えると次の予約がとれるようになります。 なので、照射後帰るとき、店が入ったビルのエレベーターの中ですぐにスマホで空き状況を確認し、ビルを出るときには予約完了させていました。 【編集部コメント】 明日予定が空いた、来週予約してみようかな、といった軽い気持ちでは一向に予約はとれないとのこと。 人気ゆえに、混んでいて予約がとれない状況にあるのは事実でした。 スケジュール調整をする、照射後すぐに予約をとる、キャンセル待ちを利用するなど、工夫して予約をとる必要があります。 価格はすべて税抜 編集部の総まとめ ミュゼプラチナムは、「部位脱毛をしたい人」「平日の日中に通える人」に向いている! ミュゼは初めて利用する人限定で数百円というキャンペーンを実施し、 格安料金で脱毛を始められることが最大の魅力です。 脱毛機は痛みの少ないジェルを塗布するs. c方式で、照射後にローションの塗布があり、 保湿&美肌ケアが充実していることもミュゼの特徴です。 部位脱毛の料金は相場程度。 ただ、 平日12~18時限定のお得なデイプランがあり、平日日中に通える人はお得&予約も集中しないため、ミュゼに通いやすいと言えます。 土日・都心の店舗では人気がゆえに予約をとりづらい状況で、格安キャンペーンやワキのみの契約の場合、予約が2週間前からしかとれないシステムとなっています。 ただ、キャンセルのペナルティがないことで、前日・当日キャンセルが出やすい傾向があり、 店舗数が180以上と他サロンと比較すると圧倒的に多い点がミュゼプラチナムの強みです。 アプリからどの店舗でも自由に予約できるので、複数の店舗に通う・キャンセル待ちを拾うなど、工夫することで通いにくさはある程度カバーできます。 全身脱毛は顔が照射部位に含まれておらず、料金は相場より割高なので、 まずは格安キャンペーンや部位脱毛を利用してから追加契約を検討するのがおすすめです。 特にワキ脱毛は破格の安さ…!痛みが少なく、保湿効果のある脱毛方法が特徴です。 痛みが少なく、照射時間が短い。 実際どの程度の勧誘があるのか、みん評の口コミ投稿者に聞きました。 ( 続きを読む) よっしーさん 照射の度に、お友達を紹介してくださいと言われます。 紹介カードみたいなのを渡されて、次回照射のときに、同じ担当であろうがなかろうが、「紹介できそうなお友達は見つかりましたか」と聞かれます。 いないと伝えるとそれ以上は何も言われませんが、また帰りに紹介カードを渡されての繰り返しです。 【編集部コメント】 勧誘が多少なりともあるのは事実でした。 お友達の紹介カードを渡されるのは、確かに毎回だと少し面倒です。 一人で気ままに通いたい人には憂鬱だなと感じました。 ただ、断ったからといって不快な対応をされるわけではないので、必要ないものはきっぱり断る姿勢が大切です。 ファーストプランのみで完了は難しいですが、両ワキは5年間の無料保証付きなので、納得いくまで通えます。 通常プランも他サロンと比べると安く、全身オーダーメイド脱毛は32部位から必要な部位を選べ、40回9万円(月4900円~)、80回15万4800円(月8400円~)で利用可能です。 他にもフェイスプラン、デリケートプランなど 部位脱毛の格安コースが豊富で、「ヒザ下だけ」「VIOとワキだけ」など、部位が限られている人に向いています。 痛みが少なく、仕上げに保湿効果の高いヒアルロン酸トリートメントによる美肌ケア付きなのもうれしいポイント。 全国100店舗以上あるので予約がとりやすく、通いやすさも評価されています。 まずはファーストプランを利用してみてから、通常コースを契約するのがおすすめです。 脱毛ラボの脱毛プランは、月額制、回数パック、1回単発の3種類。 月額制は16カ月無料キャンペーン中で、安くお試しできます。 来店のタイミングでそのまま次回予約をとるのがスムーズ。 照射回数は10~12回が目安。 実際のサロンの雰囲気はどうなのか、みん評の口コミ投稿者に聞きました。 ( 続きを読む) ぱんちゃんさん 指名ができるので良いと思った方にやってもらうのがベストかなと思います。 【編集部コメント】 対応するスタッフによって、接客態度にバラつきがあることが判明。 また、インタビューではサプリやドクターシーラボの商品をすすめられるという報告もありました。 脱毛ラボには1回300円(税抜)で指名制度が利用できるので、毎回あまりにも対応の差が大きいと感じたら、この人!というスタッフの指名をするのがおすすめです。 クレジットカードのリボ払いやショッピングローンを利用した場合、金利手数料がかかる 解約手数料 未消化分の10% もしくは2万円のどちらか低い方 脱毛部位 全身脱毛は月額制が56カ所、回数パックは54カ所。 価格はすべて税抜 編集部の総まとめ 脱毛ラボは、「気になる部位だけ低価格で脱毛したい人」「まず脱毛を試してみたい人」に向いている! 脱毛ラボは、いつでもやめられる「月額制」、気になる部位だけ低価格(Sパーツ1回2000円~)で脱毛可能な「1回単発」の利用で、 高額なコースを組まず気軽に脱毛が始められます。 月額制は全身56カ所が月1990円、部分脱毛28カ所が1490円と安く魅力的ですが、1回の照射で14分の1ずつ(4カ所)しか照射できません。 全身を1周終えるのに14カ月かかる計算で、あくまでお試し用のプランとなっています。 初めて月額制を契約する人向けの「16カ月無料体験キャンペーン」は、時間がかかってもまずは脱毛を試してみたい、という人におすすめのキャンペーンです。 最短で全身脱毛を完了できる回数パックは、6回15万9980円、12回26万9980円とやや高めですが、同じタイプの脱毛機を使用しているミュゼプラチナムと比べて脱毛範囲が広く、料金も安く設定されています。 デメリットとしては、キャンセル・遅刻へのペナルティが厳しく、シェービング代が有料なこと。 他サロンと比較すると、 追加料金がかかる可能性が高めなことに注意が必要です。 また、予約は口コミでは「良い」「悪い」の意見は半々で、約半数の人が疑問を感じているよう。 照射後、店舗ですぐに次回予約を確保するのがスムーズです。 顔・VIOを含む全身脱毛し放題コースが人気のシースリー。 期間・回数の制限なく、月額6900円というリーズナブルな料金で利用できるのが魅力です。 どうやって予約枠を上手に確保しているのか、みん評の口コミ投稿者に聞きました。 ( 続きを読む) 島友里さん 電話で何度か予約の空き状況を調べてもらい、初めて照射してもらいました。 予約画面を見ても空いていなければ、電話で聞いてみるのが早いと思います。 【編集部コメント】 予約がなかなかとれず、照射にたどり着けないのが現状です。 会員専用ページから、3カ月後の予約枠が開放となる時間ぴったりに予約をおさえるのがコツ! インタビューによると、空きがない場合は電話での問い合わせも有効とのこと。 工夫して予約をとる必要があるサロンです。 そり残しには照射なし 保証期間 全身脱毛無期限コース:期限なし 回数コース:契約回数分は無期限 分割手数料 24回まで無料 解約手数料 未消化分の10% もしくは2万円のどちらか安い金額 脱毛部位 全身(顔・VIO含む)のプランのみ。 価格はすべて税抜 編集部の総まとめ シースリーは、「全身脱毛をスピード照射したい人」「全身脱毛の無制限コースを分割払いしたい人」に向いている! シースリーは 有効期限なし、何回通ってもOKの全身脱毛永久保証プランが人気です。 全身脱毛(顔・VIO含む)月額6900円 税込 は学生でも利用しやすい料金ですが、実際はボーナス払い含む36回分割払いです。 ただ、 分割24回までは手数料をシースリーが負担してくれ、総額を一度に支払うのが難しい人には向いています。 一方で、予約のとりにくさが難点と言えます。 さらに、永久保証プランの解約は厳しいルールがあり、総額は全身脱毛4回分としてカウントされているため、4回通ったら返金なしで全額支払いとなります。 「数回通ったけど、予約がとれないから解約したい」というのは大きな損失になるため、 無料カウンセリングでは自分が通える曜日や時間帯で、どの程度予約がとれるのか、しっかり確認をしておきましょう。 脱毛メーカーがプロデュースする、女性専用脱毛サロン「ラココ」。 全身脱毛5回パック料金が7万9000円、月額料金は全身脱毛6回3000円~と業界最安級です。 徐々にとれにくくなってはいるが、満足度は高い。 実際の料金に対しての満足度を、みん評の口コミ投稿者に聞きました。 ( 続きを読む) しゅんさん もう少し安かったり、他のサービスがつくなどのメリットがあるとよりいいなと思いました。 【編集部コメント】 ラココの料金は、12回までは他サロンと比べて安く、分割手数料が無料なのがうれしいポイントです。 ただ、脱毛完了には照射回数を重ねる必要があるため、回数の多いパック料金は人によっては高額に見えることも。 公式サイトには一部のコースのみの料金しか掲載されていないので、それだけ見てカウンセリングに行くと、少し高く感じる可能性があります。 価格はすべて税抜 編集部の総まとめ LACOCO(ラココ)は、「体毛が薄い or 脱毛完了まであと一歩の人」「痛みに弱い人」「1回の照射を短時間で終わらせたい人」に向いている! ラココの「ルミクス脱毛」は、同じ箇所に4回照射し少しずつ毛包にダメージを与える脱毛方法で、 「痛くない」という口コミが多い傾向があります。 痛みに弱い人や、照射時にバチッとした感覚がある従来のエステ脱毛機が苦手な人でも安心です。 また、店舗の移動は引っ越し以外の理由ではできない決まりがありますが、予約はとりやすいという意見が大半。 毛周期に関係なく照射できるSHR方式の脱毛機を使用しているので、 照射間隔が2週間~と短く、時間をかけずに契約回数を終えることが可能です。 ただ、18~24回照射を重ねないと効果を実感できず、24回パックの料金は43万2000円、顔・VIOなしでも36万円と、他サロンの通い放題に行ける金額です。 一方、 全身脱毛(顔・VIO含む)5回7万9000円は業界最安級、6回コースは月3000円から利用が可能で、~12回までのパック料金は、他サロンと比較して安い料金設定となっています。 回数が少ないコースで完全に脱毛するのは難しいですが、 体毛が薄い人、あと一歩で脱毛完了を目指せる!という方にはぴったりのサロンです。

次の