花の名前 男の子。 花がイメージの名前は?男の子・女の子に人気の漢字20選|Milly ミリー

【男の子の名付け】かっこいい花の名前100選!季節&画数ごとに紹介

花の名前 男の子

男の子の名付けで花の名前を使うときのポイント 男の子の名前に花の種類を入れるときのポイントを紹介します。 季節の花の名前• 花が咲く植物や樹木の漢字• それぞれの季節で、たくさんの花の名前はあります。 夏の花ように元気になってほしいとか、春の花のように優しく育ってほしいとか・・男の子への願いはいろいろ考えると思います。 また、生まれたときの季節に合わせて、花の名前を選んでもいいでしょう。 それは、 花が咲く樹木などのことです。 樹木などを名前に入れてあげることで、花や植物をイメージできます。 樹木は、目立たない花を咲かせることが多いので、花が咲く木だったんだと驚くこともあるかもしれません。 男の子の名付けで、花の名前の漢字を探す時に調べてみても楽しいでしょう。 和名や英名を参考に探すと名前の選択肢も増えます。 花言葉は、様々あります。 男の子の未来を願って花言葉から選んであげてもいいですね。 花の名前をいれたいときに、参考にしてみましょう。 【春】花の名前や植物にちなんだ男の子の名前 男の子の名付に合う、春の花の名前を紹介していきましょう。 春の象徴とも言われる桜が満開に咲いていることがイメージできる名前です。 花言葉は、全般的に精神の美などになります。 青い空の中、ピンク色の桜が咲き誇るような雰囲気でとても素敵な名前です。 桜の花言葉は、全体的には精神の美と優美な女性ですが、桜によっても花言葉があり、ソメイヨシノだった場合は純潔とされ、ヤエザクラは豊かな教養とされています。 それぞれの桜の種類を調べてみても楽しいですね。 とても、柔らかな印象の名前です。 花言葉は、気立ての良さや天下無敵などがあります。 菫(すみれ)は、花の形が墨入れににていることからつけられた名前だそうです。 花言葉は、ひっそりと花を咲かす菫(すみれ)の姿のように、誠実と小さな幸せ、謙虚です。 木蓮(もくれん)は、花がハス(蓮)に似ていることでつけられた和名になります。 春、枝先に紫色の大きな花をつける木蓮は、まるで自然を謳歌しているような姿です。 その姿から花言葉は、自然への愛です。 菜の花は、緑色したつぼみと、黄色の花の素敵な花で、春の香りを運んできてくれ、人を明るくしてくれます。 その姿から、花言葉は、快活・明るさです。 和名の菜の花は、食用の花でもあります。 今後、食に困ることのないようにと願いをこめて名前をつけてあげてもいいでしょう。 藤の花からは、和の風情を強く感じることができ外国人でも和を感じれる花と言われています。 昔から藤の花は、女性に例えられていたそうです。 そんなことから、花言葉は優しさと歓迎になります。 ギリシア神話で、侍女のイリスが、虹を渡る女神に姿を変え虹を渡って便りを届けたことから、良い便り、メッセージ、希望が花言葉です。 桜よりも、少しだけ早く咲く杏(あんず)は、はにかむように咲く姿から、花言葉は乙女のはにかみになります。 木材のイメージが強い桐ですが、春には紫色の花を咲かせます。 桐は、伝統的に神聖な木とされ、そのことにちなんで花言葉は高尚です。 桐は、切ってもすぐに芽を出して成長します。 そんな、強さを感じられる桐は、男の子にぴったりの名前です。 平安時代、菅原道真が政争に敗れ左遷されたとき、梅が空を飛んで後を追ったという伝説があります。 そのことから、梅は「忠実」という花言葉です。 ヨーロッパでは、鈴蘭は聖母マリアの花とされています。 その為、花言葉も純潔・純粋となったようです。 純粋な子に育ってほしいと願いを込めてつけることができる名前です。 ヨーロッパでは、聖母マリアの花とされていますが、フランスでは春の訪れの喜びのしるしになっています。 なので再び幸せが訪れるという花言葉もあります。 【夏】花の名前や植物にちなんだ男の子の名前 男の子の名付に合う夏の花の名前を紹介していきましょう。 桔梗は、恋人のために、ただ待ち続け、一生を終えた若い娘だったという物語もあることから、花言葉は、永遠の愛・誠実・清楚・従順になります。 蒼と組み合わせることで、とても爽やかな男の子のイメージになった名前です。 1文字でも素敵な男の子の名前です。 男の子に誠実に育ってほしいと願って名前を選ぶなら、花言葉に誠実をもつ桔梗もいいでしょう。 桔梗は、英語ではバルーン・フラワーと呼ばれています。 これは、ふくらんだつぼみが、風船のような姿からきています。 向日葵(ひまわり)は、太陽を追って咲いている姿からつけられた漢字で、英語では太陽の花とも言われます。 とても元気なイメージの名前になりますね。 1文字で、夏を感じる素敵な男の子の名前になります。 向日葵は、太陽の方向に向かって、自分の向きを変えながら咲き誇る花です。 そのことから、花言葉は、あなただけを見つめているになります。 紫陽花(あじさい)は、花期の長さから辛抱強いという花言葉があります。 「百日紅(さるすべり)」は、百日紅(さるすべり)が枝先に群がって咲く姿や、枝をこすると、まるで話をしているかのように葉と花が揺れることから、雄弁という花言葉をもっています。 芹は、春の七種粥に使われますが、春に使われるのは若芽になります。 夏に咲くのが芹の花です。 芙蓉の花は、しとやかで優しい女性のような花といわれているので繊細の美や、しとやかな恋人が花言葉になります。 凌霄花(のうぜんかずら)のツルが空にむかって木にまといながら高く咲いていく姿から、 霄は大空も意味しています。 英語では、ラッパに姿が似ているのでトランペットヴァインと呼ばれます。 勝利者などを祝福するときにトランペットは吹かれることから花言葉は、名声・名誉になります。 花が咲くの?という方もいるかもしれません。 しかし、夏によく見ると2mm~3mmくらいの小さい白い花がたくさん咲くのです。 柾の花は、黄緑色をしていて小さくあまりめだちませんが、果実は橙色でとても綺麗です。 花言葉は1つだけで、厚遇です。 【秋】花の名前や植物にちなんだ男の子の名前 男の子の名付に合う、秋の花の名前を紹介していきましょう。 菊の、気高く、気品あふれる姿から、花言葉は、高潔・高尚・高貴になります。 菊の花言葉は、全体の花言葉以外に色別の花言葉も存在しますので調べてみてもいいでしょう。 金木犀(きんもくせい)は、とても甘い素晴しい良い香りを持っていますが、その割に花はとても小さいのが特徴です。 あまり、花に気がつかない方もいらっしゃると思いますが、花の色はピンクや赤や白になります。 花言葉は美しい装いとあなた次第になります。 奈良時代から続く藍染の原料ともされている藍を使って、古風な名前にするのも素敵です。 秋といったら紅葉です。 その紅葉を見事に表現してくれる楓(かえで)は何度みても癒されます。 楓は、季節の移り変わりに合わせながら、姿を変えていきます。 そんな楓(かえで)の花言葉は、美しい変化です。 カナダでは、楓(かえで)を国花としており国旗や金貨などにも使用されています。 萩(はぎ)は、美しいながらも控えめで寂しげな風情をもった花です。 そんなことから、花言葉は、思案・内気・柔軟な精神になります。 萩は、美しい紫紅色の花をつけ枝をしなやかにのばしています。 日本人には愛されている花で、秋の七種の1つにもなります。 そんな 「稲穂(いなほ)の花」から花の名前をとった男の子の名前です。 稲穂の花を、通常見れるのはもみ殻から「おしべ」がでてきた状態です。 では、めしべはいつでるのかというと1日のうちに2時間くらいしか出てこず、そのときに受粉をしてまたおしべだけになるようです。 生活に欠かすことができないお米ですが、その稲穂の花にも花言葉があります。 神聖という花言葉です。 秋桜(こすもす)はギリシア語では、秩序や調和も意味しているそうです。 そのことから、花言葉は調和や謙虚になります。 竜胆(りんどう)は群生しないで1本1本咲くのが特徴的な花です。 竜胆(りんどう)の花言葉は、正義・誠実があります。 男の子には、おすすめの花言葉を持った花です。 【冬】花の名前や植物にちなんだ男の子の名前 男の子の名付けに合う冬の花の名前を紹介していきましょう。 水仙(すいせん)の代表的な花言葉は、うぬぼれや自己愛ですが、水仙(すいせん)の種類で変わります。 例えば、らっぱ水仙は尊敬という花言葉を持ちます。 椿(つばき)は、冬になっても常に緑の葉を咲かし続けていることから神聖なものとして感じられていたようです。 寒い中でも育つ、椿(つばき)はとても強たくましいです。 椿は、もともと花に香りはありません。 そんなことから、控えめな優しさ、控えめな素晴らしさなど、控えめがつく花言葉になります。 和名である福寿草(ふくじゅそう)は、長寿と幸福を意味していますのでとても縁起のいいお花です。 福寿草(ふくじゅそう)は昔から縁起のいい花とされていますので、幸せを招くや永久の幸福などの花言葉があります。 男の子の永遠の幸福を願ってつけてもいい名前ですね。 正月飾りで使われる橙(だいだい)は代々栄えるという縁起樹です。 橙(だいだい)の実は冬になりますが、花は春に咲きます。 花言葉は、誇り・寛容・温情・豪快などがあります。 柚子の花自体は、春に咲きますが、柚子の実は冬の印象が強い果実です。 柚子の爽やかな香りと果実の花言葉は健康美です。 名前にいれることでとても爽やかな印象になります。 とても可愛い白い花をつけます。 寒い中、咲く花には強さも感じる花です。 柊(ひいらぎ)は、金木犀(きんもくせい)に似た香りを放ちます。 しかし、柊(ひいらぎ)にはトゲがあり、近づいて触ることがなかなかできません。 そんなことから、柊(ひいらぎ)は魔除けになるとも言われています。 花は、5月ごろ咲きますが、収穫が冬のため冬の印象です。 日の光をたくさん浴びて育った果実を冬に食べるのは冬の風物詩にもなっています。 みんなに愛される伊予柑(いよかん)のように、愛される子になってほしいという願いを込めて1字入れてみてもいいでしょう。 鮮やかな緑の葉は、1年中楽しめ、花は花びらがない為めだちません。 しかし、冬場には真っ赤な実を鑑賞できます。 この赤い実は幸運のシンボルとされています。 寒い冬に花を咲かせることから、花言葉は困難に打ち克つ、ひたむきさなどがあります。 昔ながらの一郎と組み合わせることで、古風な印象の名前になります。 花の名前を入れることで鮮やかさが感じられますが、太郎を組み合わせることで、とても男の子らしい古風な名前になります。 蓮は、1文字で名付けされるのが人気の漢字ですが、太郎と組み合わせると一気に古風な印象になります。 古風な名前にしたいときは、3文字の名前がやはりおすすめです。 古風な雰囲気で、男らしい強さも感じられる男の子の名前です。 「さく」という響きが珍しいので、印象に残る男の子の名前になります。 琉の字からは、沖縄が想像され青い海・青い空が感じられます。 その琉の字と元気に咲く向日葵(ひまわり)との組み合わせは、力強い躍動感が感じられます。 亜は主張が少なく響きを優先した漢字です。 亜と組み合わせることで、鮮やかに咲く蘭が引き立ちかっこいい雰囲気の男の子の名前になります。 蓮は穏やかにすがすがしくの願いも込められ、央には人から注目されるような人になってほしいという願いがこめられた名前です。 青は、自然なイメージがありなおかつ爽やかさも感じられます。 紫と組み合わせることで響きもかっこいい男の子の名前になります。 成と斗を組み合わせた3文字ですが、古風な感じはせず、おしゃれな名前になります。 おおらかで、男らしく力強さがあり、何かを成し遂げるような人に育ってほしいという願いが込められます。 組み合わせた耀は、勢いが感じられる漢字です。 男の子の輝かしい未来を願ってつけるのには、とてもおしゃれな名前です。 栞(しおり)は道しるべの意味がありますので人生の道に迷わず育ってほしいという願いが込められます。 鳳と組み合わせることでとてもおしゃれな雰囲気の男の子の名前になります。 夏のイメージで、元気な男の子で、向日葵のように目標を見失うことなく育ってほしいという願いが込められます。 真と組み合わせることでおしゃれな感じになります。 また、真には目標に向かってまっすぐ進んでほしいや、嘘をつかない子になってほしいという願いも込められます。 夏頃に、とても鮮やかな花を咲かせます。 菊は様々な種類があり、占いごとや祭事など幅広い場所で使われます。 私たちの暮らしを精神面から長く支えてきた花です。 一般的に水仙の花言葉はナルシストというイメージがありますが、欧米では希望の象徴とされている花です。 和名のとおり、花の色が少しずつ変化する不思議な花です。 小さな花がまとまって咲く姿から、協力などの花言葉もあります。 たんぽぽは、春になると可愛い花を咲かせます。 真心の愛という花言葉をもったたんぽぽは、優しい男の子に育ってほしいという願いを込めてつけてみてもいいですね。 和名でもクレマチスといいます。 クレマチスは細いツルから、大きくて鮮やかな花を咲かせるのが魅力の花です。 蓮は、清らかな心という花言葉もあります。 紫陽花は、たくさんの花が集まって1つの大きな花になっています。 そんな姿から家族団らんという花言葉もあります。 花は、6月~9月ごろに咲きます。 花言葉も、美徳と効能で、名前にすることでとても爽やかな印象になります。 百合の姿は品がありとても素敵です。 花持ちもいいことから、持続という花言葉もあります。 ライラックは、通常は4つに花びらがわれています。 しかし、希に5つに割れた花びらがあり、それはハッピーライラックと言われているそうです。 ピンチに強く一族一家の責任者となるような、男の子にぴったりの名前です。 樹木をイメージするような11画の名前になります。 集中力があり、持ち前の思考力で問題を解決しながら夢や希望を叶えていくでしょう。 精神的にも安定し、また金運にも心配がない運勢です。 「柊」には鬼を祓う力があると言われ魔除けの意味もあります。 冬生まれの男の子には、ぴったりのかっこいい名前です。 とても合理的で堅実型ですが、強い意思を持ち、着実に成長していく運勢です。 家族環境には恵まれて、順調に発展していく運勢になります。 勇気があってたくましく、誠実に強い意思を持って育ってほしいという願いがこめられます。 目標に向かって突き進む信念と、強い意思をもつ名前でありながら、情が深いので友人は多い運勢になります。 桜のように温かい心を持って、矢のように清く正しくまっすぐな人に育ってほしいという願いがこめられます。 この名前の男の子は、困ったときに、誰かに助けてもらえるような不思議な運をもっています。 春のイメージで、生き生きと活力が感じられます。 自分の意思をしっかり持ち主張出来る子になるでしょう。 夏のイメージがする名前ですね。 向上心のある男の子に育ってほしいという願いが込められます。 話が上手で、人に喜びを与えるような運勢です。 才能や、体力に恵まれた男の子に育つ運勢です。 柔軟性があり、友人も多く異性からも人気がでそうです。 名前からは、夏のイメージがします。 名前には、人から信頼され、幸運に恵まれますようにという願いが込められています。 優しく誠実な男の子に育ってほしいという願いが込められた名前です。

次の

男の子のかっこいい名前におすすめの秋冬の花の名前10選!花言葉は?

花の名前 男の子

男の人でも花が好きという方は数多く居るでしょうが、やはり花といえば女性的なイメージが強いでしょう。 桜、椿、梅などの花の文字だけを名前にすることもあれば、ひらがなにしたり、あるいは小梅、美桜、桃華というように二文字で表したりと、一言で花にまつわる名前といっても色々とあります。 花の名前がそのまま名前に使われるのは、 イメージがしやすく、花の鮮やかさや香りなどの印象をそのまま人名として印象付けたり、あるいは花言葉の意味を込めたりといったように名前に意味を付けやすいというのが大きいでしょう。 花には花言葉というものがあります。 その花が持つ意味や色ごとに司る事柄を示すのが花言葉というもので、その花自体の花言葉もあれば、同じ花でも色によってガラッと意味が変わったりもします。 名前に使う場合は、花自体の花言葉で選ばれることが多いですね。 色で意味が変わる花として有名なものに薔薇がありますが、 薔薇という字が名前に使えるかは別として、花言葉に合わせて青薔薇、黒薔薇、白薔薇と名前に色を入れるのはなかなか難しいですよね。 🎸 mashamomo2628 春の花として最も有名なのは桜ですよね。 実際に桜というのは女の子の名前としてもメジャーです。 単純に 「桜(さくら)」のようにそのまま使うこともあれば、 「桜子(さくらこ)」や 「美桜(みおう)」というように名前の一部に桜という字を入れたり、あるいは 「咲良(さくら)」のように読みだけ同じで違う漢字をあてるパターンもあります。 そんな 桜の花言葉は「精神の美」や「優美な女性」というものがあります。 どちらも美しさを意味する花言葉であり、桜の名前を付けるにあたって込める意味は「美しくあれ」というものになるでしょう。 他に、 「杏」も女の子の名前として用いられます。 杏という字で 「あんず」とも 「あん」とも読める他、 「杏子」と書いて 「きょうこ」と読む形で杏の字を入れる事もできます。 そんな 杏の花言葉は「乙女のはにかみ」や「臆病な愛」というもの。 控えめな女性のイメージがわいてきますね。 ちょっと変わった所だと 「皐月(さつき)」というものがあります。 皐月と言えば5月を思い浮かべる人も多いと思いますが、5月から6月に咲く花の名前のことでもあるんですよ。 花言葉は「協力を得られる」というポジティブな意味があります。 鈴蘭(りんか)• 菜乃花(なのか)• 花梨(かりん) 鈴蘭の花言葉は「純潔」や「謙虚」、そして「再び幸せが訪れる」。 儚げで素直な印象が感じられますね。 名付けの由来としては、「謙虚さを忘れず、素直で幸せな人でありますように」と願いが込められているでしょう。 春の野原に佇む菜の花は、「豊かさ」や「元気いっぱい」といった花言葉があります。 「不自由なく、元気いっぱいに育ってほしい」という意味を持った名前にぴったりですよね。 梨の花を見たことはありますか? とても美しい花で、「愛情」や「癒し」という花言葉を持っています。 「愛情いっぱいに育ち、他の人を癒してほしい」といった意味で名付けられることが多い名前です。 1-2.夏の花 安藤美姫さんの赤ちゃんの名前が【ひまわりちゃん】…涙が出てきたよ…。 周りに反対されても命を守る事を貫き、花言葉【あなたを幸せにする】…向日葵…美姫さんの顔は覚悟を決めた母親の顔なんだね! — ティンクママ Tinkmerry 夏の花として有名なのはひまわりでしょう。 夏のイメージとして海に並ぶくらい一般的なものと言えるのは一面のひまわり畑、ちなみにひまわりというのは1つの大きな花ではなく、複数の花が集まって1つの大きな花になっているという豆知識があります。 漢字で書くと 「向日葵」となり、ひらがなでも漢字でも基本的にはそのまま ひまわりという名前を使うことになります。 花言葉は「私はあなただけを見つめる」や「愛慕」「崇拝」というものがあります。 とても一途な感じがする「私はあなただけを見つめる」という花言葉ですが、これは向日葵が常に太陽の方を向いている事が由来となっています。 他にも 立葵という花があります。 人名に使われる場合は 「葵(あおい)」が多く用いられます。 立葵は鮮やかなピンク色で四方に大きく開く花で、ひまわり同様に太陽に向かって大きく育ちます。 花言葉は「豊穣・豊かな実り」「気高い美・高貴」「野心・大志」など、たくさんあります。 名前の中でも「葵」というのは人気が高く、男の子にもよく付けられる名前です。 秋に対しては、花というよりも食べ物や紅葉の印象が強い人も多いでしょう。 しかし紅葉以外にも秋が旬の綺麗な花があります。 例えば、 「紫苑(しおん)」。 文字通り紫色の花で、平安時代から栽培の記録があるほど歴史のある花です。 花言葉は「あなたを忘れない」「追憶」と、記憶関連のもの。 どこか儚げな印象を受ける花、それが紫苑です。 他にも色の名前としても有名な 「藍(あい・らん)」。 藍色の染料に用いられる花で、色のイメージから濃い青色のようにも思われるかもしれませんね。 でも実は花自体は可愛いピンク色なんですよ。 そんな 藍の花言葉は「美しい装い」です。 藍色と言えば上品な色、あるいは大人な色合いのイメージがあるためピッタリの花言葉でしょう。 最後に、「 紅葉(もみじ)」や「 楓(かえで)」にも花言葉があります。 紅葉は椛とも書ける他、楓はそのまま名前として用いられることがあります。 そんな 椛と楓の花言葉は、「大切な思い出」「美しい変化」「遠慮」です。 他にもおすすめの秋の花を使った女の子の名前• 桔穂(きほ)• 菊乃(きくの)• 犀香 せいか・さいか 桔梗の花言葉は「気品」、そして「永遠の愛」。 「気品があり、永遠の愛を受けますように」といった由来で名付けられます。 また「穂」は稔りの秋を連想させ、「何事にも不自由しませんように」という意味でも使われますよ。 菊は「元気」という花言葉ですが、白い菊には「真実」といった花言葉もあります。 この名前には「元気で正直な人に育ちますように」といった意味が込められているでしょう。 秋の訪れを知らせる金木犀は「謙虚」といった花言葉があります。 甘く豊満な香りに反して、花は小柄で可愛らしいことにちなんでいるんです。 「謙虚さのある、優しい人」と願いを込めて名付けられることが多くありますよ。 1-4.冬の花 嫁の妹に赤ちゃん誕生! 名前 椿だって。 サチさんのように 綺麗になるって事だな。 草木は枯れて銀世界になるような季節ではありますが、冬に咲く花というものもあるのです。 1つ目に紹介するのは 「椿(つばき)」です。 12月から4月までの間が開花時期で、椿油などでおなじみの花です。 桜などのように花びらが散る花とは異なり、そのまま花自体がぽとりと落ちるように散らすのが特徴的。 一部では首が落ちるようで不吉であるとも言われていますが、椿の名の由来に 「強い葉を持つ木」という意味で強葉木から椿になったいうものもあります。 椿の葉のように強い子に育つように、という願いを込めて名付けるのも良いでしょう。 そんな 椿の花言葉は「控えめな優しさ」や「誇り」です。 また、「 蘭(らん)」という花も冬に咲く花の1つです。 こちらもそのまま名前として使われることがあります。 蘭には様々な色が存在しており、薔薇と同じく色によって花言葉が変わります。 蘭全般に共通する花言葉は、「美しい淑女」「優雅」。 女性らしい花言葉のため、女の子の名前にはピッタリであると言えるでしょう。 他にもおすすめの冬の花を使った女の子の名前• 柚葉 ゆずは• 小梅 こうめ• 寿々花(すずか) 柚は「健康美」や「幸福」の花言葉があります。 そのため「美しく健やかに、幸せに育ちますように」と名前に願いを込められるのです。 梅の花は鮮やかな色で可愛らしいですよね。 そんな梅は見た目の通り「上品」、「高潔」の花言葉があります。 また、寒い時期に咲く花なので 「忍耐」や「忠実」とも。 「忍耐力や上品さを兼ね備えた、誇りある人に」と名付けられます。 寿々花は福寿草にちなんだ名前です。 花言葉の「幸せを招く」や「英雄の幸福」から、名付ける際には「いつも幸せでありますように」と使われます。 2.2019年人気ランキングに入っている女の子の花の名前 2019年の人気ランキングに入っている花の名前をピックアップしてご紹介します! 2位 陽葵 3位 杏 11位 さくら 12位 葵 14位 花 15位 咲良 はな 18位 陽菜 20位 一華 鈴 23位 琴葉 美桜 25位 杏奈 出典: どの名前も可愛らしいですよね。 ランキングを見ると、 春の花を使った名前が多いのがわかります。 中でも桜を使った名前や、読み方だけを使った名前など、「桜」は人気でした。 また、 向日葵を使った「陽葵」は2位にランクイン! 向日葵は明るいイメージがあるので人気です。 花という漢字を「華」に変えた名前も、可愛らしい雰囲気と上品さを兼ね備えています。 「人気の名前も素敵だけれど、他の人と被らないようにしたいな」とお考えの方もいらっしゃいますよね。 悩んだ時には、人気の名前からアレンジを加えてみるのはいかがでしょうか? 3.漢字一文字で人気!花にまつわる女の子の名前 花の中には複数の漢字から成るものもあります。 上記の例で言えば向日葵や立葵などが挙げられるでしょう。 立葵のように、それぞれの漢字が個別に読めるのなら葵の部分だけを名前に用いたりと応用もできますが、向日葵のように固有の読みを持つ場合は応用がしにくいようです。 対して桜、梅、椿などの漢字一文字の花の名前や花に関係する名前はそのまま使うことができたり、他の字と組み合わせたりと応用もできます。 上記で紹介したもの以外に漢字一文字の花にまつわる女の子の名前と言えば 「咲」(さき・えみ)でしょう。 花が咲く、開花を意味する漢字であり、これから生まれる子供、あるいは生まれた子供を祝福する意味合いでもピッタリな名前ですね。 他にも菜という字も花にまつわる名前ですね。 一文字で名前にすることはほとんどないようですが、とても人気のある漢字の一つです。 菜の花にちなみ、 「奈乃葉」や 「菜乃羽」といったおしゃれな漢字をあてて 「なのは」と読ませるパターンが今風で人気があります。 4.ひらがな・カタカナ表記が人気!花にまつわる女の子の名前 男の子の名前としてひらがなが用いられる事は珍しいものの、女の子の名前がひらがなというのは珍しいものではありません。 上記の例で言えば桜を 「さくら」、楓を 「かえで」とひらがな表記で名前にしている人も居ます。 カタカナ表記となると、ハーフや海外の人のイメージが強いためか、純日本人の名前として用いるのは珍しいようですね。 カタカナの名前を付けるのなら、海外の花の名前が適しているのではないでしょうか。 例えば 「エリカ」という花があります。 漢字名の無い花で、エリカというのはそのまま海外でも人名として用いられています。 エリカという読みであれば日本名でも用いられる事があるため、日本人に付けても違和感のない名前であると言えます。 他にも沙羅双樹という花をつけるインドの木を元に 「サラ」というのも良いでしょう。 カタカナでサラとつける以外にも、漢字で 「紗良」や 「彩良」などの名前としても人気な読みの1つです。 5.大和言葉や古風なイメージが人気!花にまつわる女の子の名前 かつて大陸から伝わった漢字だけの漢語、そして海外由来の外来語、それに対する日本固有の言語として存在するのが大和言葉です。 大和言葉の特徴をざっくりと説明すると、物腰が柔らかく言葉が濁ることが少ないということ。 また、詩的な言い回しが多いのも特徴です。 花にちなんだ大和言葉にあやかることで、雅な雰囲気の名前を付けることができます。 たとえば、秋の様々な種類の草を指す 「千草(ちぐさ)」。 古風でありながらも「~さ」という現代的な響きをもった名前になります。 人にはらはらと散りかかった桜の花びらの様子を着物の模様に例えた「花衣」。 本来は「はなごろも」と読みますが、 「花衣(はなえ・かえ)」と読ませると、とても優美な名前になります。 6.英語名の花からとるのもあり?花にまつわる女の子の名前 カタカナの名前でも触れたように、英語名の花の名前を取るという方法もあります。 例えば デイジーの花や、ユリの花を意味する リリアン、 マーガレットなど花由来の名前は海外でも一般的です。 花そのものを意味する単語、例えば フラーや フローラという名前も聞いたことがあるという人も居ることでしょう。 ただ、 日本人で英語の名前というのは場合によっては浮いてしまいます。 いくら名付けが自由だとは言っても、純日本人で本名がマーガレットというのは日本国内では奇異な目を向けられてしまう可能性が高くなってしまうんですね。 海外在住で、土地に合わせた言語で名前を付けるというのも1つの手だと言えるでしょう。 日本人は英語が苦手な人が多いと言われるように、そして海外の人が日本語を話す時にカタコトになるように、言語が違えば発音のしやすい言葉も変わってきます。 海外で生活して現地の人に親しみをもってもらえるように呼びやすい名前として、英語名の花の名前を取るというのは何もおかしいことではありません。 どちらにせよ、その名前で人生を生きていく子どものことをよく考えた上で決定するようにしましょう。 7.男の子にも女の子にも使えて人気!花にまつわる女の子の名前 名前には女性的、男性的とはっきり分かれるものもあれば、男の子でも女の子でもつかえる名前というものがあります。 例えば「真」あたりは男女両用の名前の代表格でしょう。 他にもやや男性的ではありますが「あきら」という読みの名前も男女両用です。 花にまつわる名前でも男女両用と言える名前があります。 1つはこの記事で何度も出ている「葵」や「楓」という名前です。 やや女性寄りではありますが、男の子の名前としてもそれなりに人気のある名前です。 他に、 「薫(かおる)」というのも花の名前の1つであり、男女両用の名前だと言えます。 字を使うだけであれば更に増え、「咲」という字を使って 「咲夜(さくや)」というように、中性的・男女両用の名前はいくつもあります。 最初から男の子の場合はこれ、女の子の場合はこれと別々の名前を考えておくのもいいですが、「これだ!」という意味を込めた名前であれば、それが男の子でも女の子でも違和感の無いものになるように考えてみると良いかもしれません。 8.「花」という漢字を使ったおすすめの名前 花の種類では無く、「花」という字を名前に使うパターンの命名も多く見られ、実際に花という字が入っている名前は良い名前ランキングでも数多く存在します。 また、同じ読みの「華」という字もありますが、こちらは華やかという意味の別単語ですので別の意味になります。 「花」という漢字が入ったおすすめの名前をいくつか挙げると、 「桜花」「花音」「百花」「優花」などがあります。 桜花は「おうか」と読みます。 桜と花はどちらも花にまつわる名前であり、桜を名前に使いたいけどそのまま「さくら」と読ませるよりも、少し捻った名前にしたいという方におすすめです。 花音は「かのん」と読みます。 花の音という可愛らしい名前ですね。 百花は「ももか」と読みます。 百の字を桃にして 「桃花」というのもありでしょう。 赤ちゃんの名前は「ももかちゃん」がいいと思います。 優しい花という、柔らかい印象を受ける名前ですね。 9.「はな」と読む女の子の名前 最後に、「はな」と読む名前を見ていきましょう。 まずはそのまま 「花」、同じく 「華」という漢字も読み方は「はな」です。 音だけであれば 「波奈」、 「羽奈」、 「羽菜」など、「はな」と読むことができる名前は沢山あります。 花にまつわる名前として「はな」という読みの名前を付けたいのであれば、葉や菜、あるいは蓮など植物にまつわる漢字を「は」と読ませるといった選び方で名前を決めると良いでしょう。 10.まとめ:花の名前は華やかで女の子らしい 花の名前はその花の印象をそのまま名前の印象で受けるといった以外にも、彩りが豊かな印象から華やかさを印象付けることができます。 また、花は女性的なイメージが強いため、単純に女の子らしい名前であるとも言えます。 今回のまとめとしては以下の通りになります。

次の

花や植物を連想する男の子の名前 一覧【漢字 一文字・二文字・三文字】

花の名前 男の子

関連記事: 赤ちゃんが生まれ、最初にあげるプレゼントといえば「名前」ですよね。 一生… 桜 さくら まずは桜。 やっぱり「さくら」は春の名前っ!という感じがしますよね。 さくらは100円玉にも採用されたり、海外からチェリーブロッサムではなく「sakura」と言われたり、日本を代表する花とも言えます。 花言葉は「精神の美」。 2004年から2015年の11年間ランキングに入っているほど、人気の名前になっています。 「桜」こちらの漢字は「さくら」以外にも「おう」とも読みます。 いくつか例を紹介します。 例:男の子の場合• 桜河 おうが• 桜一 おういち• 桜佑 おうすけ 例:女の子の場合• 彩桜春 いろは• 伊桜里 いおり• 佳桜理 かおり• 桜里英 おりえ 杏 あんず 杏は花びらは5枚、淡いピンク色で少し色気のある花です^^寒さに耐える力を持っているので涼しい地域で主に見られることができます。 花言葉は「はにかみ」。 色んな組み合わせが出来そうですよね。 杏侍 あんじ• 杏一 きょういち• 杏吾 きょうご• 杏介 きょうすけ• 杏太 きょうた• 杏兵 きょうへい 例:女の子の場合• 杏樹 あんじゅ• 杏子 あんず• 桜とほぼ同時期に咲き始めるので白や薄いピンクだと区別がつきにくいかもしれません。 「もも」という名前にも由来があって、ももの木には沢山の実がなるのでそこから「百 もも 」と付いたと言われています。 諸説あり 花言葉は「天下無敵」や「気立ての良さ」など。 一見、女の子っぽいですが男の子でも全く変ではありませんよ!いくつか桃を使った名前を紹介しますね。 例:男の子の場合• 桃吾 とうご• 桃次郎 とうじろう• 桃太 とうた• 桃真 とうま• 桃李 とうり 例:女の子の場合• こもも• 千桃 ちもも• 桃恵 ももえ• 桃夏 ももか• 桃彩 ももせ 菫 すみれ すみれは温帯を中心に広く、種類も400以上あると言われています。 色も様々で一般的には紫、白、黄色がありますね! すみれ全体の花言葉は「謙虚」や「誠実」という意味を持っているので控えめで1歩下がったイメージです。 例:男の子の場合• 菫恵 すみえ• 菫音 すみね• ヨーロッパでは5月に咲く花として、フランスでは5月1日にスズランの花をプレゼントされた人には幸せが訪れると言われており、そこから花言葉が「再び幸せが訪れる」となっているようです。 他にも「純粋」という意味も込められているそうです。 夏鈴 かりん• 鈴人 すずと• 鈴豊 すずとよ• 鈴生 すずなり• 鈴一郎 りんいちろう• 華鈴 かれい• 蘭折 かおり• 京蘭 けいら• 悠蘭 ゆうら• 蘭史郎 らんしろう• 蘭太 らんた• 蘭斗 らんと• 愛蘭 あいか• 明日蘭 あすか• 愛結蘭 あゆか• 蘭恵 かえ• 蘭奈 かな• 咲蘭子 さくらこ• 沙蘭 さら• 美蘭 みら 梅 うめ 実はずっと昔の奈良時代以前は花と言えば「梅」だったと言われています。 梅の花びらも色が様々あり、白から濃いピンクまで全てが咲き乱れるととても綺麗な景色になりますよね。 そんな梅の花言葉は「忠実」や「忍耐」だそうです。 白い梅のみで言うと、花言葉は「気品」という意味も持っていると言われています。 梅を使った名前をいくつか紹介しますね。 例:男の子の場合• 梅斗 うめと• 梅彦 うめひこ• 梅乃 うめの• 奏梅 かなめ• 梅依 めい• つくし 土筆 つくしは毎日少しずつ伸びていく姿から花言葉が「向上心」や「努力」と言われています。 男の子でも女の子でも可愛いお名前ではないでしょうか。 ひらがなでも漢字でも素敵です!苗字とのバランスを見て決めるのも良いかもしれません。 ちなみに、漢字だと「土筆」は15画になります。 つばき 椿 椿は古くから日本人に愛されている花です。 原産地も日本や中国をはじめとし、ヨーロッパ等に徐々に広まっていったと言われています。 椿には色も様々あり、赤や白ピンク色がありますよね。 それぞれにつけられている花言葉は違いますが、椿全体としての花言葉は「やさしさ」「誇り」と言われています。 そんな椿を名前として使うときはもちろん、漢字でもひらがなもとても良いと思います!椿は13画になります。 人名に使う場合は基本的に「つばき」になります。 あやめ あやめは5月頃に開花する花で、花の色は紫や白、花びらに黄色や紫の横縞模様があります。 草地など乾いた場所で育つ花です。 花言葉は、「よいメッセージ」「希望」などです。 春の花は控えめ、でも明るい名前ばかり 気になる名前はありましたでしょうか?日本での春は3月から5月の3ヶ月間と言われていますが、もちろん何月に生まれても付けられる素敵な花の名前が多いので是非、参考にしてみて下さい! 名前は一生もの、と言われています。 お子様が成長して名前の由来を聞かれたときに、ママとパパの気持ちが届くような素敵な名前になると良いな、と思います。

次の