赤ちゃん お また かぶれ。 赤ちゃんのよだれケアに注意!よだれかぶれの治し方と予防方法!

赤ちゃんのよだれが凄い!よだれかぶれ予防のためのケアと対策

赤ちゃん お また かぶれ

べびちぇる編集部のリカです。 私が娘のおむつかぶれに四苦八苦した体験談をつづったの記事ですが、毎日たくさんの方が読んでくださっています。 (ありがとうございます。 ) ということは、とてもたくさんのママたちが、赤ちゃんのおむつかぶれに悩んでいるということ。 そこで、今回は、 おむつかぶれの原因と対策について紹介したいと思います。 今、赤ちゃんのおむつかぶれで悩んでいるママも、これから赤ちゃんが生まれるママも、ぜひ読んでみてください。 おむつかぶれとは おむつかぶれとは、 おむつと直接触れている肌の部分が炎症を起こして真っ赤になったり、ポツポツと小さな赤い湿疹ができたり、皮膚がただれたりする症状をいいます。 症状が悪化すると、おしり全体が真っ赤になったり、皮膚のただれた部分から血が出てしまうこともあります。 おむつかぶれになると、赤ちゃんはかゆみや痛みを感じて、泣いたりぐずったりします。 おむつかぶれの原因 おむつかぶれになる原因をまとめてみましょう。 おしりに付着しているおしっこやうんちの成分によるかぶれ• おしりを拭くときの摩擦によるかぶれ• おしりが十分に乾いていないうちにおむつをはかせている• 紙おむつの素材や布おむつの状態が赤ちゃんのお肌と相性が悪い おむつかぶれは、こういった原因がいくつも絡み合って起きてしまいます。 赤ちゃんがおむつかぶれになってしまったら、ひとつひとつ原因を取りのぞいていきましょう。 原因1:おしりに付着しているおしっこやうんちの成分によるかぶれ 赤ちゃんのおむつかぶれ対策の基本は、赤ちゃんのおしりをいつも清潔にしておくことです。 おしっこやうんちに含まれているアンモニアや酵素などの成分の刺激で、お肌が弱い赤ちゃんはかぶれてしまいます。 また、おしっこやうんちをした後のおむつの中は、湿度があがり、ムレやすくなります。 ムレによって赤ちゃんの肌がふやけ、おしっこやうんちの成分による刺激を受けやすくなったり、カビの繁殖にもつながります。 1.おむつを頻繁に取り替えてあげる おしっこやうんちがついたおむつを長時間はいていると、赤ちゃんのお肌には負担がかかってしまいます。 新生児の時期は、おしっこやうんちのにおいがあまり強くないので、においでは排泄したことに気がつかないこともあります。 赤ちゃんが、おしっこやうんちをしていないか、こまめにチェックしましょう。 特に、下痢のときのうんちは、皮膚への刺激がとても強いので注意が必要です。 また、おしっこには体内の老廃物など、お肌への刺激が強い成分が含まれており、しかも、時間が経つにつれ、その成分はますますお肌へのダメージを与えやすくなります。 最近のおむつは高機能で、1回のおしっこで漏れてくることはありませんし、ムレにくいようにも作られていますが、おしっこだけのときも、必ずおむつを替えてあげましょう。 2.おむつ交換の時におしりを洗ってあげる おむつ交換時、おしり拭きシートでおしりをきれいに拭いてあげても、おしっこやうんちの成分を完全に拭き取ることはなかなかできません。 お肌が弱めな赤ちゃんの場合、おしりにごくわずかに付着しているおしっこやうんちの成分でかぶれてしまうことがあります。 そんな赤ちゃんには、 おしり拭きシートを使わずに、おしりをシャワーで洗い流してあげるのが効果的です。 でも、おむつ交換のたびに、お風呂や洗面所に赤ちゃんを連れて行っておしりを洗ってあげるのは、ママにとってとてもハードですよね。 そんなママと赤ちゃんにおすすめのアイテムが、 「リッチェル 赤ちゃんおしりシャワー」です。 使い方はとっても簡単! ボトルにぬるま湯をいれて、赤ちゃんのおしりにかけてあげると、おしっこやうんちの汚れをスルっときれいに洗い流すことができます。 おむつの上でさっと使えるのも大助かりです。 いちいち、お風呂や洗面所へ行っておしりを洗わなくてもすむので、ママの負担がぐっと減りますよ。 赤ちゃんおしりシャワーの特徴• ちょうど良い水圧。 優しくお湯を出して赤ちゃんをびっくりさせない• ピンポイントで洗いたいところにお湯をかけることができる• 手で持ちやすいサイズ• 紙おむつの上でさっと使える手軽さ• 皮膚の間のおしっこやうんちもきれいにとれる• かわいらしい見た目で、外出時に人に見られても恥ずかしくない 原因2:おしりを拭くときの摩擦によるかぶれ おしりを拭くときの摩擦によるお肌への刺激もおむつかぶれの原因になります。 おしりを拭くときは、ゴシゴシこすらないようにそっと拭いてあげたり、お湯で洗い流してあげたりしましょう。 また、お湯で温めたガーゼやコットンでおしりを拭いてあげるのも効果的です。 原因3:おしりが十分に乾いていないうちにおむつをはかせている お風呂あがりやおむつ交換のあと、赤ちゃんのおしりは湿っています。 十分におしりが乾かないうちにおむつをはかせると、おむつの中に湿気がこもってしまい、それが原因でおむつかぶれになってしまうことがあります。 お風呂あがりやおむつ交換のあとは、しばらくおむつをはずして、赤ちゃんのおしりを乾かしてあげましょう。 うちわでパタパタと乾かしてあげるのもおすすめです。 原因4:紙おむつの素材や布おむつの状態が赤ちゃんのお肌と相性が悪い おしりはいつも清潔にしているし、おしりも優しく拭いてあげているし、おしりが乾いてからおむつをはかせているし…。 それでもおむつかぶれになってしまう場合は、 使っているおむつと赤ちゃんのお肌との相性が悪いのかもしれません。 紙おむつの種類と赤ちゃんのお肌の相性が悪い場合 紙おむつメーカーの各社さんは、赤ちゃんのお肌に優しい素材でおむつをつくっていますが、赤ちゃんのお肌によっては、合う、合わないがあるようです。 今、使っているおむつとは 別のメーカーさんのおむつも試してみましょう。 布おむつの状態が赤ちゃんのお肌と相性が悪い場合 布おむつの素材は綿や麻、バンブーなどいろいろな種類ものがありますが、どれも赤ちゃんのお肌に優しい素材であることが特徴です。 せっかくの優しい素材を活かすためにも、 おむつが乾いたときに硬くなってしまわないように気をつけましょう。 布おむつはおしっこをした後の通気性はよくないので、おしりが蒸れてしまわないように、こまめにチェックしましょう。 おむつかぶれに悪戦苦闘したわたしのおむつ替え時のアイテム 娘のひどいおむつかぶれの対策に悪戦苦闘した、わたしのおむつ交換時のアイテムを紹介します。 数年ぶりにタンスから取り出したおむつ交換時のアイテム 赤ちゃんおしりシャワー おむつ交換のたびに、ぬるま湯をいれて使っていました。 コンパクトなので、外出時にも持ち歩いていました。 ガーゼ 赤ちゃんおしりシャワーでおしりを洗ったあと、ガーゼで優しくトントンと拭いていました。 ガーゼがゴワゴワ、ガサガサにならないように、洗濯時はよくすすぎ、干すときは、陰干しにしたり、毛並みが寝ないように何度も振り回してから干したりと、気をつけていました。 うちわ 赤ちゃんおしりシャワーでおしりを洗ったあと、おしりを乾かすために夏場はうちわを使っていました。 小さいサイズのおむつ替えシート 「赤ちゃんおしりシャワー」でおしりにピューッとお湯をかけるので、お湯や汚れが飛び散らないように使っていました。 タオル 我が家はフローリングのため、娘をゴロンとしたときに痛くないように、おむつかえシートの上にひいていました。 お薬 おむつかぶれの基本対策を行っていても、頻繁に下痢が出たときなどはかぶれてしまうこともあり、病院で処方してもらったお薬を塗って治療しました。 ホームケアでなかなか治らないときは、皮膚科や小児科で相談してみましょう。 おむつかぶれの原因をひとつずつ取りのぞいてあげよう おむつかぶれで真っ赤になった赤ちゃんの痛々しいおしりを見ると、ママの胸も痛みます。 おむつかぶれにはいろいろな原因がありますが、ひとつずつ原因となることを取りのぞいてあげましょう。 この記事で紹介した便利グッズ、赤ちゃんおしりシャワーもぜひ、使ってみてくださいね。 あわせて読みたい•

次の

赤ちゃんのよだれかぶれがなかなか治らない!原因と対策

赤ちゃん お また かぶれ

赤ちゃんはかぶれやすい 赤ちゃんの肌は皮膚が弱く、ちょっとした刺激で、 かぶれやすく、プツプツができやすくなります。 特によだれが多い子や離乳食が始まった子どもさんは、 よだれや食べかすがついたまま放っておくとかぶれやすくなります。 湿疹が痒くて掻いてしまう子や触るだけでただれてしまう子もいます。 また、よだれを吸収する目的でスタイ よだれかけ などを着けていて、 首やあごの下がすれてかぶれてしまう子もいますし、 冬場は乾燥しがちですので余計に湿疹などが起きやすくなります。 ただれやかぶれなどをそのままにしておくと、 やけどのように見えたり、アトピーに見えたりします。 見た目も痛々しいですし、可哀想ですよね。 子どもさん自身も痒がったりすることもあるので 早めに対処するようにしましょう。 赤ちゃんかぶれ予防 かぶれ予防 赤ちゃんをかぶれにくく予防するには、 よだれや食べかすなどを放っておかず、 こまめに拭き取ってあげて、 清潔にしてあげる事が一番です。 拭き取りのポイント 乾いたタオルや、ティッシュなどでただ拭いてあげるだけではなく、 ガーゼをぬるま湯に浸したもので拭いてあげたほうが 摩擦がすくなくすみますので、 肌荒れが防げるでしょう。 こするように拭くのではなく、 ガーゼやタオルなど優しくそっとを押し付けるような 拭きかたを心揚げるといいでしょう。 保湿で予防 そして、拭き取った後にワセリンや白色ワセリンなどの 保湿剤を塗ってあげると乾燥も防げますし、 よだれなどのかぶれも防ぐことがせきますよ。 このワセリンなどを塗る時も、 女性の方などがお風呂上がりの時などにしているように、 最初に水分を肌に入れるか、肌を少し濡らしてあげます。 その上から蓋をするようにワセリンを塗ってあげると、 より保湿力も高まります。 かぶれなどがひどい時やなかなか治まらない時には かかりつけの小児科や皮膚科などの専門医療機関の受診をおすすめします。 赤ちゃんの肌は日々変化します。 季節によってあせもやひび割れなど、心配がつきませんね。 毎日お風呂のお湯はぬるめに設定したり、 保湿効果のある入浴剤を選ぶなど簡単ケアを覚えておきましょう。 スポンサーリンク ステロイド処方には注意 あまりにもかぶれやただれ、引っ掻き傷などが酷く、 病院を受診する場合には薬の成分に気をつけましょう。 小児科や皮膚科それぞれの医療機関で処方される薬は、 長期間塗るもの、短期間で塗るものがあり、 成分も変わってきます。 その塗り薬の成分の中でも 「ステロイド」というものが入っている薬には、注意しましょう。 ステロイドの副作用 もともと「ステロイド」は、 人の体内にある副腎皮質ホルモンをまねて 人工的に作られた薬のことをいいます。 一般的に心配されている副作用は、 皮膚が薄くなったり、体毛が濃くなったりするなど、 副腎皮質本来の働きを低下させてしまうことです。 副作用を以下のようにまとめてみました。 免疫を抑える作用があるため細菌や真菌に感染しやすくなります。 痛みや痒みがないので気づかない事が多いのですが、皮膚が萎縮して薄くなることがあります。 男性ホルモンと同じような作用があるので塗った部分だけ毛が濃くなります。 毛細血管がもろくなり、内出血を起こしやすくなります。 一時的に赤み、腫れ、ほてりなどが強くなり、悪化する事もあります。 ステロイドを体の外から多用することで副作用が高くなりますので、 長期間塗って治す薬には「非ステロイド剤」で、 短期間塗って治す薬にはステロイド剤が入っている事が多いです。 このようにステロイドを塗る事で悪化してしまう可能性もありますし、 他の炎症を引き起こしてしまうこともありますので使用には注意しましょう。 受診する際に医師に相談してみるのもいいですね。 また、非ステロイド剤を処方してもらい、様子を見るのがよいのですが、 どうしてもステロイドを塗らないといけない場合は、 1日~2日程で少量ずつ塗ってあげるようにしましょう。 学びとまとめ 子どもさんの肌は弱く刺激を受けやすいので、 こまめにケアをしてあげましょう。 よだれが少ない子でもよだれかけなどで、 すれてしまう子もいますので気をつけてあげてくださいね。 痒がったりしている場合には、早めに受診することをおすすめします。 【関連記事】 スポンサーリンク.

次の

赤ちゃんのお股の洗い方・拭き方~お股のスキンケアの大切さ~

赤ちゃん お また かぶれ

スポンサードリンク 女の子のお股がかぶれている…おむつかぶれ? おむつを替えるときに、 お股が荒れていたらビックリしますよね?! そしてなんで急にこんなに荒れてしまったの?! って思うし、なんだか心配になりますよね…。 おむつでお股が荒れてしまっている場合、 単なるおむつかぶれのときと、 カビでお股がただれてしまっているときがあるんです。 ただ荒れた状態を見ても 単におむつでかぶれてしまっただけなのか それとも カビのせいで陰部が荒れてしまっているのか 自分では判断できないんです…。 そして単なるおむつかぶれかな~?と思って 「おむつかぶれの時に塗ってね」とお医者さんに頂いていた ステロイドをおむつかぶれと思われる部分に塗ってしまうと、 もし カビが原因だった場合、このステロイドがカビの栄養になってしまうんです…。 そして更にお股のただれている部分が悪化してしまいます。 なので、お股の荒れが気になる… そんなときは 悪化する前に早めに病院で診てもらうようにしましょう! ~ちょっと余談~ 私の娘(1歳5ヶ月)の話なんだけど、 急にお股の陰部周りがU字にただれてしまい、病院に行ったんです。 1件目ではカビと言われて処方された薬を塗っていたのですが赤みが引かない…。 そして娘が「いたい」というようなことを伝えてくるので、 翌日別の病院へすぐ連れて行きました。 すると2件目の病院ではカビではなくおむつかぶれだと…。 娘が痛がることを伝えると… カビのお薬にはアルコールが含まれているから痛がるのだと教わりました。 言ったら 傷口にアルコールを吹きかけているようなものだと…。 大人でも想像したら痛いですよね。 ごめん!娘ちゃんって思いました。 なので、荒れてるな~、気になるな~と思ったら 早めに病院に言って症状を見てもらって 合う薬をお子さんに塗ってあげるようにするのが大事。 自己判断せず、ひどくなる前にお医者さんにきちんと診てもらいましょう。 スポンサードリンク おむつかぶれの原因ってな~んだ? おむつかぶれの原因って色々あるんです。 ただ一番の原因は?と言われるとそれは… うんち うんちの中には腸内細菌や酵素などの刺激物が含まれていて、 刺激性が高いんです。 そして女の子だとうんちが出て気づいてあげるのが遅くなると お股の方までうんちがついてしまうこともありますよね? そうなると、どうしてもかぶれやすくなってしまいます。 私の娘の場合も、小児科の先生からは 最初のかぶれの発症の原因は荒れている部分はお股の陰部周りだけど うんちが原因だろうねとはっきりと言われました…。 娘がうんちをするタイミングはわかりやすいので、 出たらすぐ替えるようにしていたので、 正直ショックでした。 おむつかぶれを防ぐためにもお子さんがうんちをされたら、 間髪入れずにおむつを取り替えてあげるように意識しましょうね。 さてさて、おむつかぶれの一番の原因はうんちだと 紹介しましたが、他にもかぶれてしまう要因があるので紹介しておきますね。 おしっこ• 汗・ムレ• 擦れる刺激• おむつのサイズが合っていない なども考えられます。 もともと皮膚には刺激物の侵入を防ぐための防御機能があるのですが、 赤ちゃんや小さいお子さんだとそのシステムがまだ未熟! そして肌も薄くデリケートで傷つきやすいんです…。 そのため長時間おむつを当てたままにすると、 ムレやすく、皮膚がふやけておむつ表面で 傷ついてしまうことが多くなります。 そして少し皮膚が傷ついて弱った状態のところに おしっこやうんちが混ざり合ってしまうと さらに刺激物が侵入しやすくなってしまうんです。 ただ、もしお股のかぶれの原因がカビだった場合、 治そうと思って塗ってあげたお薬がカビが繁殖する栄養になってしまうことも…。 なので、自己判断せず、気になるようであれば 一度病院で診てもらい、症状に合うお薬を処方してもらうのが 一番早くなる方法なのでは?と思います。 そしてなんといってもおむつかぶれの一番の原因はうんち。 お子さんがうんちを出すタイミングがわかるようであれば、 うんちをした後すぐにでもおむつを交換してあげるようにしましょうね。 お子さんのお股のかぶれ、早く引きますように。

次の