ブルーレイ レコーダー 接続。 ブルーレイレコーダー2台を1台のテレビに接続する方法と注意点とは?

STB(CATVチューナー)がある場合

ブルーレイ レコーダー 接続

プロジェクター周辺機器の接続方法 ブルーレイレコーダーの接続 ブルーレイレコーダーの機種によりますが、ブルーレイレコーダーとプロジェクターはHDMIケーブルでの有線接続が必要になります。 これは簡単です。 ブルーレイレコーダーと、サウンドバーをHDMIケーブルで接続します。 このようにサウンドバーを経由してプロジェクターとHDMIケーブルを繋げばOKです。 パソコンの接続 パソコンとプロジェクターは• HDMIケーブルでの有線接続• (プロジェクターの種類によっては)無線LAN接続• ChromecastやApple TV、Fire TV Stickなどのメディアストリーミング端末 で接続できます。 ただ、無線LAN接続をすると、私が購入した の場合では、Huluなんかのインターネット動画を再生するとカクカクになって視聴には耐えられないです。 また、 パソコンとプロジェクターを有線接続して、Huluのようなストリーミング動画を視聴しようとすると、プロジェクターによっては、著作権保護のロックがかかって再生不能になります。 そのため、 ネット動画のストリーミング再生をする場合には、ChromecastやApple TV、Fire TV Stickの購入をおすすめします。 こちらの記事も合わせてご覧ください。 Fire TV Stickには、パソコン画面のミラーリング機能もあります。 まとめ 以上、プロジェクターと周辺機器の接続方法でした。 今の時代何でも無線接続できるのかななんて考えていたのですが、HDMIケーブルが大活躍です。 AVアンプ一体型のサウンドバー(ホームシアターシステム、ホームシアタースピーカー)を購入される場合には、HDMI入力端子の数にご注意ください。 複数あれば、AVセレクターの購入は不要になるかもしれません。 ブルーレイレコーダー、プロジェクター、サウンドバー、FIre TV Stickと合計で4つもリモコンがあるところにさらにAVセレクターのリモコンが加わります。 リモコンがたくさんあると操作が面倒ですので、なるべく少ないに越したことはありません。 これからプロジェクターを購入して、ホームシアターを作ろうとされている方の一助になれば幸いです。

次の

ブルーレイレコーダー2台を1台のテレビに接続する方法と注意点とは?

ブルーレイ レコーダー 接続

プロジェクターを購入する前に気になるのが、テレビと同じ使い勝手で使えるかどうか?ですよね。 プロジェクターでテレビを視聴したい場合、別途ブルーレイレコーダー等に接続することで地上放送の視聴が可能になります。 スポンサードリンク プロジェクターでテレビ放送を視聴する方法 プロジェクター本体だけでは「ただのモニタ」なので、地上デジタル放送やBS・CS放送のチューナーは内蔵していません。 そのため、プロジェクターとは別にチューナーを用意しプロジェクターと接続する必要があります。 一般的にはブルーレイレコーダーと接続する チューナーには地上デジタル放送対応のチューナーを接続すればOKです。 一般的にはブルーレイレコーダーを接続することが多いです。 理由として、• テレビ(地上放送)やBS、CS、スカパー!が視聴できる• 大型量販店などでも販売aしているので手に入りやすい• ついでにDVDやブルーレイも再生できる• 放送を録画しあとから視聴することができる というメリットがあります。 スピーカーにも接続する必要がある 一般的なホームシアタープロジェクターにはほとんどスピーカーはついていません。 スピーカーが付いている機種もありますが、小さい音しか鳴らすことができないため迫力ある音響で楽しむこともできず、実用的ではありません。 別にスピーカーを接続しましょう。 接続図 プロジェクターとレコーダー等の一般的な接続図です。 プロジェクターでテレビを視聴することができれば、放送された映画やドキュメンタリー番組、ライブ映像など幅が広がりますね。 スカパー!やWOWOWなどの有料放送に契約しているとより楽しめます。 今あるテレビと入れ替えで考えているんですけど、どうですか? ちょっとした場合であればプロジェクターでテレビを視聴することは問題ありませんが、今あるテレビの入れ替えを考えているのであればお薦めしません。 理由としては、プロジェクターの電源を入れてから画面が映し出されるまで30秒前後時間がかかるのと(プロジェクター機種によって時間は変わります)、音声も出力するためにAVアンプやスピーカーの電源をいれなければならないのでニュースやバラエティを見る為に毎回手間がかかることになります。 あくまでプロジェクターはDVDやライブ映像などの非日常を楽しむものなので、日頃頻繁にプロジェクターでテレビを視聴することはとてもめんどくさいのでテレビで視聴しましょう。 スポンサードリンク.

次の

ホームシアタープロジェクターの周辺機器との配線を図解!サウンドバー、パソコン、Fire TV Stick、ブルーレイレコーダーも!

ブルーレイ レコーダー 接続

Blu-ray Discの新規格である「Ultra HD Blu-ray」が策定され、再生に対応するレコーダーが続々と登場しています。 ソフトもメジャーな洋画タイトルを中心に増えており、徐々に普及が進んでいます。 ただし視聴するには、再生機器やソフトだけでなくテレビも新規格に対応した性能が要求されるので注意が必要です。 Ultra HD Blu-rayについてまとめたページを用意していますので、映像の美しさにこだわりたい人はチェックしてみましょう。 無線LAN 無線LAN対応であれば、ケーブルを使わずにレコーダーやテレビなどを組み込んだ自宅内ネットワークが構築できます。 リビングに設置したレコーダーの映像を寝室やキッチンのテレビ、スマホなどで視聴するといった楽しみ方ができます。 Wi-Fi Direct 無線LANルーターを使わず、無線LAN対応機器同士をダイレクトに接続できる規格です。 1台の機器がWi-Fi Directに対応していれば、他の機器がWi-Fiダイレクト未対応でも接続できます。 DLNA Digital Living Network Allianceの略で、家庭内で機器を相互に接続することを目的に作られた業界団体です。 対応機器はメーカーに関係なく接続でき、LAN経由で映像などをやりとりできます。 スマホ・タブレット連携機能 放送中の番組視聴 スマホやタブレットを使って現在放送中のテレビ番組を視聴できる機能です。 インターネット経由で自宅のブルーレイ・DVDレコーダーにつながるため、カフェやレストランはもちろん、海外の旅行・出張先などからも楽しめます。 録画番組の再生 スマホやタブレットを使って自宅のブルーレイ・DVDレコーダーに録画した映像を視聴できる機能です。 インターネットを経由して本体にアクセスするので、事前にデータを移す必要や番組を登録する必要ありません。 リモート録画予約 スマホやタブレットを使って外出先から自宅のブルーレイ・DVDレコーダーの録画予約ができる機能です。 番組表機能を持つ専用アプリもあり、自宅での録画のようにスマホで番組表を見ながら簡単に予約できます。 録画番組持ち出し 自宅のブルーレイ・DVDレコーダーに録画した映像をスマホやタブレットにダビングする機能です。 あらかじめ視聴したい映像をダビングしておけば、インターネットに接続できない場所でも録画映像を楽しめます。 接続端子 HDMI端子 High-Definition Multimedia Interface(高精細度マルチメディアインターフェイス)の略で、1本のケーブルでテレビとレコーダーなどを接続、映像と音声信号をデジタルで伝送します。 LAN端子 Local Area Networkの略で、企業や家庭内のネットワークのことをいいます。 機器をLANケーブルを使ってインターネットに接続したり、家庭内のネットワークに組み込む際に使います。 光デジタル音声出力端子 音声をデジタル信号で伝送するための端子で、ケーブルは光ファイバーが使われます。 接続部分 コネクター の形状には、角型と丸型の2種類があり、ブルーレイ・DVDレコーダーでは角型が一般的です。 同軸デジタル音声出力端子 アナログ端子のRCA端子 ピンジャック と同じ形状ですが、音声をデジタル信号で伝送するための端子です。 コアキシャルともいわれます。 光デジタルより音がよいとするマニアも多く、上位機種に採用されることがあります。 USB端子 Universal Serial Busの略で、様々な周辺機器を接続するための端子です。 ブルーレイ・DVDレコーダーでは、外付け用のHDDを接続するときなどに使用します。 LINK端子 映像や音声を1本のケーブルで高速かつ双方向に伝送できるデジタルインターフェイスです。 ただし、i. LINK搭載機器で使われるデジタル信号は多数あり、端子があってもすべての機器同士が相互につながるとは限りません。 Q4Kテレビに対応していますか? A4Kに対応したレコーダーも登場しています。 4Kテレビに対応したブルーレイ・DVDレコーダーでは、ハイビジョン映像を4Kにアップコンバートして、高精細映像を楽しめる機能を搭載した機種も登場しています。 なお、4K対応の次世代BD(ブルーレイディスク)規格として「Ultra HD Blu-ray」が登場し、対応機種も増えてきています。 QBD(ブルーレイディスクでもファイナライズは必要ですか? A必要ありません。 DVD-Rではファイナライズをすることで読み取り専用ディスクとして完結させますが、BD(BD-R・BR-REとも)は、DVDとは異なる規格のためファイナライズの必要はありません。 Q外付けHDDに録画した映画やドラマを内蔵HDDにダビングできますか? A外付けHDD対応機種であればダビング(ムーブ)が可能です。 機種によって、ダビングとムーブ(ダビング後にダビング元の映像は消去されます)のいずれにも対応しているものと、ムーブのみ対応しているものがあります。 なお、9回のダビングと1回のムーブができるダビング10番組はその回数が引き継がれ、ダビングの場合は回数が1回減り、ムーブの場合はそのままです。 Q録画中に自動的にCMをカットする機能はありますか? A今はありません。 かつては録画や再生の際に自動的にCMをカットしてくれる機能を搭載した機器もありましたが、現在はありません。 編集機能がある機種では録画後に不要なシーンをカットすることもできます。 QレンタルBDやDVDを内蔵HDDにダビングできますか? Aできません。 著作権保護の観点からも禁止されています。 QUSB端子にUSBメモリーやUSB SSDを接続しても録画できますか? A対応していません。 外付けHDDへの録画は可能ですが、USBメモリーやUSB SSDへは録画できません。 Q外付けHDDに録画した映像は他のブルーレイ・DVDレコーダーでも再生できますか? Aできません。 外付けHDDを他のブルーレイ・DVDレコーダー接続すると、接続した機種専用のHDDとして改めて登録され、HDDの内容はすべて削除されます。 著作権保護の観点から、録画した機器でしか再生できない仕組みになっており、PCでも再生できません。 ただし、SeeQVault(シーキューボルト)対応のHDDは、接続機器が変わっても録画番組を引き継げます。 超解像技術 低画質画像の補正技術のこと。 これを使うと、画質の粗いDVD映像や長時間録画モードでとった録画映像などを解析・修正して、よりきれいな画像に変換できます。 ノイズが少なく、自然で精細感ある画質を楽しめます。 階調補正 映画などで暗い部分などの階調(映像や画像などにおける濃淡の変化の度合い)を補正し、見やすくする機能です。 映像素材本来の豊かな階調を余すところなく表現します。 SeeQVault(シーキューボルト)対応 SeeQVaultは、様々な対応機器での再生の互換性と強固なセキュリティを実現するコンテンツ保護技術。 SeeQVault対応の外付けHDDなら、レコーダーを新しい機器に買い換えても録画番組を消去することなくそのまま引き継げます。 CATV(ケーブルテレビ) LAN録画 CATVセットトップボックス(CATVチューナー)をLANケーブルやi. LINKで接続することで、受信した放送のハイビジョン録画が可能になります。 EPG Electronic Program Guideの略で、テレビ画面にテレビ番組表を表示するシステムのことをいいます。 番組予約も番組表をクリックすることで行えます。 DNR Digital Noise Reductionの略で、映像信号に含まれるノイズを低減するための回路です。 画面がモザイク状になるブロックノイズやチラつきの原因となるモスキートノイズなどに効果があります。

次の