東京 1人飲み。 【ひとり飲み】東京都内のおすすめ店6選!カウンター席完備、女性の一人飲みにも♪|じゃらんニュース

【一人】東京駅・丸の内・日本橋の一人でも入りやすいお店 | ヒトサラ

東京 1人飲み

東京都すべて• 銀座・有楽町• 新橋・汐留• 新宿・代々木• 東京駅・丸の内・日本橋• 飯田橋・四ツ谷・神楽坂• 品川・五反田・大崎• 浜松町・田町• 表参道・原宿・青山• 大久保・高田馬場• 上野・浅草・日暮里• 錦糸町・押上・新小岩• 人形町・門前仲町・葛西• 神田・秋葉原・水道橋• お台場・豊洲・湾岸• 六本木・麻布十番・広尾• 三軒茶屋・二子玉川• 恵比寿・代官山• 中目黒・目黒・武蔵小山• 自由が丘• 立川・八王子・青梅• 中野・吉祥寺・三鷹• 小金井・国分寺・国立• 町田・多摩• 下北沢・明大前・成城学園前• 調布・府中• 大塚・巣鴨・駒込• 練馬・江古田・田無• 板橋・成増・赤羽• 大井町・大森・蒲田• 北千住・綾瀬・亀有• などなど組み合わせは自由!ラクレットチーズも選択可能!料理はなんと!全メニューの中からお好きなものをお選びいただけます。 当日のお申込みですと承れない場合がございます。

次の

駅から徒歩5分以内! サク飲みや出張メシにも◎ 東京駅周辺のおすすめ居酒屋

東京 1人飲み

赤提灯に暖簾にカウンター... 独特の風情で長年愛されている 大衆酒場。 最近では若い女性のファンも多く、これまで以上にアツい視線を浴びています。 しかし一方で、初めてのお店に足を踏み入れるときは若干のハードルを感じるのも事実。 ずっと気になっているけれど、なかなか入れない... なんて経験があるかたも多いのではないでしょうか。 そこで今回は、年間1000軒もの酒場を飲み歩いているという酒場案内人・ 塩見なゆさんがおすすめする珠玉の居酒屋をまとめてみました。 池袋や上野、新宿といった街の、「朝 から飲めるお店」から「朝 まで飲めるお店」まで、東京の「うまい」かつ「安い」名店が盛りだくさんです。 まだまだ寒いこの季節、肩肘を張らずに美味しいお酒とお料理を楽しみ、身も心もあたたまってみませんか。 ~東京の酒処といえばココでしょ!~ 安くて旨い新橋グルメの決定版!絶対通いたくなるお店記事8選.

次の

昼飲み推奨。1人飲みに最強。酒にも妥協しない回転寿司屋の心意気

東京 1人飲み

関東を中心に展開されている天丼・天ぷら専門チェーン店「 天丼てんや」。 リーズナブルに「 揚げたての天ぷら・天丼」を食べられるということで、根強いファンを獲得し続けています。 天丼が主力メニューではありますが、夜になると揚げたて天ぷらをツマミにお酒を飲めることはご存知でしょうか? 天ぷら4品と生ビールのセットが630円など、ちょい飲みできるメニューも豊富に揃えており、実は使い勝手がよいのです。 では、1人飲みの使い勝手はどうでしょうか? 今回は「 天丼てんやは1人飲みにも使い勝手がいいのか?」について、実際に行ってきましたので解説していきたいと思います。 1,天丼てんや まずは、天丼てんやについてご紹介していきます。 1-1,天丼てんやとは 天丼てんやは、関東圏をメインに展開される天丼・天ぷら専門チェーンです。 特徴は、揚げたての天丼・天ぷらをリーズナブルに提供してくれること。 おいしい天丼が 一杯540円で食べられます。 天ぷらといえば揚げる人によって大きく味が変わる料理ですが、てんやはコンベア式フライヤーを採用しており、揚げる作業を自動化しています。 また材料にもこだわっており、 天ぷら粉は日清製粉、 油も日清オイリオに特注したものを使っています。 そのため、どの店舗でも同じおいしさの天ぷらを、スピーディーかつリーズナブルに提供できるのです。 1-2,世界一の天ぷらチェーンを目指す 株式会社テンコーポレーションという会社が天丼てんやを運営しています。 積極的な海外出店も進めており、2020年にはアジアを中心に海外50店以上、世界で300店以上の出店を計画しています。 スローガンは、「外食業は人間業」。 世界で1番クオリティの高い天丼・天ぷらを提供する企業を目指しています。 2,1人で行ってきました さて、実際に行ってきました! 2-1,今回行ったお店 今回は「天丼てんや 専大前店(神保町)」にて1人飲み敢行です。 関連ランキング: 、、 2-2,いざ入店 さて、いざ入店です。 チェーン店なので1人でも気兼ねなく入れます。 周りを見渡してみると、大半の人が夕食として天丼を注文しています。 しかし、中にはサラリーマンの2人組や、1人飲みしている方もちらほら。 てんやでちょい飲みするスタイルは広まってきているようですね。 ということで、早速「 天ぷら4品&生ビールセット(630円)」を注文。 その間に他のメニューも見てみましょう。 まずはアルコールメニュー。 ビールは「 キリン一番搾り」。 発泡酒じゃないところがいいですね。 生中が430円、グラスが250円。 日本酒は店舗によって「月桂冠」「酔心」どちらかとなり、350円。 続いて「追加天ぷら」、いわゆる単品天ぷらメニュー。 1品60円~220円と、リーズナブルに頂けます。 また、時期によっては期間限定メニューもいただけます。 今回は北海道オホーツク産のメニューが揃っていました。 天ぷらだけでなく、ホウレンソウのおひたしといった、さっぱりとした一品ものもあります。 オトクな盛り合わせもありますよ。 メニューを見ていると、早速セットの生ビールがやってきました。 ちなみに卓上にあるガリは食べ放題です。 2-3,実食!いただきます さて、「 天ぷら4品&生ビールセット」がやってきました! 天ぷら4品の内訳は、 海老・イカ・レンコン・オクラです。 では、いただきます!! まずは オクラからいただきましょう。 天ぷらつゆに大根おろしとしょうがを入れて、たっぷり浸けます。 カラっと揚がっており、おいしいですね。 揚げたてなのでアツアツなのもイイ。 続いて、 レンコンも天つゆにつけていただきます。 シャキッとホクホク、おいしいです。 レンコン単品だと80円、コスパいいですね。 このあたりで、テーブルに置いてある塩・七味唐辛子を皿の隅にセット。 やはり エビ天は塩ですね。 天つゆと違い、サクっとした食感と食材の味を楽しめます。 ちなみに天丼のタレもテーブルに置いてあります。 つゆと違う、こってりした味わいがほしければタレを使いましょう。 さて、セットの天ぷらが無くなりそうなので追加天ぷらを注文します。 「白身魚(100円)」と、季節限定「春菊(100円)」、「鶏天(180円)」を頂きます。 その間、お口直しとして 食べ放題のガリを頂きます。 口の中がさっぱりしてリフレッシュされるので、積極的にいただきましょう。 さて、先に鶏天と春菊の天ぷらがやってきました。 鶏天、なかなかの大きさでボリューミーです。 ムネ肉のようですが、肉質はしっとりと柔らかく仕上がっています。 季節限定の 春菊。 油っぽくなってきた気分を変えようと注文しましたが、食べてみるとほぼ天カス状態。 春菊の香りも飛んでおり、失敗したなぁといったところ。 このタイミングで、 白身魚がやってきました。 白身魚はやっぱり天つゆですね。 身がふっくらしており、ホクホクとおいしいです。 これで100円なので、てんやの中で一番コスパがいいかもしれません。 ビールも飲み切りましたので、〆用のお腹を空けた状態でお会計へ。 ごちそうさまでした! 2-4,お会計 ということで、今回1人飲みで食べたものと、そのお会計金額です。

次の