カカシ 先生 顔。 コールセンターのスーパーバイザーをカカシ先生にしてみてわかる理想のスーパーバイザー像

【ナルト】カカシが火影になった経緯や退任した理由

カカシ 先生 顔

本編が終わっても根強い人気を誇る、 NARUTO。 ちなみにNARUTOはドラゴンボールの次に 大好きな漫画です。 あの世界観は唯一無二ではないかと。 ちなみにナルトの子供の活躍を描く BORUTOの人気も凄いです。 そんな中でも写輪眼のカカシで有名な 『 カカシ先生』 で検証してみたいと思います。 その前に公式の人気投票の結果です。 堂々たる1位。 さすがカカシ先生。 第1位 はたけカカシ 48431票 第2位 うずまきナルト 42862票 第3位 うちはサスケ 33632票 第4位 うみのイルカ 23532票 第5位 奈良シカマル 11211票 第6位 春野サクラ 9701票 第7位 日向ネジ 9362票 第8位 我愛羅 8660票 第9位 ロック・リー 8614票 第10位 うちはイタチ 7067票 第11位 日向ヒナタ 6917票 第12位 白 3551票 第13位 マイト・ガイ 2913票 出典元:より参照 検証にあたりここでカカシ先生の情報。 【教育・指導者としての役割】 現実世界で言えば中1で先生レベルの 実績をもつ持ち主。 NARUTOが始まった時は26歳らしいので、 かなりの部下を育てているはず。 素直に言うことを聞く人間は、 容赦なく切り捨てるところをみると 裏の裏まで読もうとする気概と やる気があるオペレータの教育は するかと思います。 隠されたマスクで嫌な顔を見せず、 常に冷静沈着に時に優しくオペレータを まとめ上げ、表面上は良い部署。 ただ エスカレーションしたらただでは 答えは与えず考えさせそうなため、 オペレータはついていくのが大変そう。 ただセンター長からみたら 理想的なスーパーバイザーでしょう。 そして ズルや不正は写輪眼で 事前に防止することができるため、 オペレータからはある意味 恐れられる一面もありそう。 5評価 以上です。 色々と評価がわかれると思いますが、 私の総合的な評価は高くなりました。 ご覧になった方はいかがでしたか? 今回の内容で、 少しでもスーパーバイザーに興味を 持っていただけたら幸いです。 最後に一つ提案。 資格がなくても、 経験を積みしっかり評価されれば スーパーバイザーになる道はあります。 例えまだなれなかったとして 外部の試験でスーパーバイザーの資格を 得ることが出来ます。 詳細はこの記事で紹介しています。 是非ご覧下さい。 過去にギャンブルで 約1,000万の借金を抱え、 周りの協力を得て まともに働いて7年前完済。 いわゆるギャンブル依存症者でした。 今は奇跡的に「6年間」やめ続けています。

次の

「カカシ先生の顔について・・・」 昨日のアニメナルトから

カカシ 先生 顔

満開だった桜が散り、八重桜が華やかに咲き誇る春もたけなわの朝。 入学したアカデミーにも慣れ始め、友人と一緒に登校する新入生の姿があった。 それ自体は、なにも問題はない。 寧ろ、平和な里の将来の担い手として微笑ましく見守るべき風景、なのだが。 「あっ、六代目様だ」 「ホントだ。 おはようございます、六代目様」 白い火影装束を纏って歩く長身の姿は、否応なく人の目に留まる。 火影の警護という任務中のオレ、うずまきナルトにとっては、ちょっとだけ憂鬱な時間だったりする。 そのまま会釈だけして歩き続ければ、彼らは、オレたちがアカデミーと火影邸の分かれ道に辿り着くまでに追いつくことはできないのだが、カカシ先生は律義に立ち止まって、いつも、彼らが追いつくのを待っている。 「……はぁ、はぁ、六代目、様、オレ、今日も忍術の修行、頑張ります!」 「……ふぅ、あ、あたしは、勉強で学年一位を目指します!」 こんな風に、小さい子が目をキラキラさせて、火影に話しかけるなんて、時代も変わったもんだと思う。 物怖じしなかったガキの頃のオレですら、火影っていうのは、ここまで気安く声を掛けられる存在じゃなかった。 だけど、カカシ先生はにっこりと笑って彼らの話を聞きながら、「しっかり頑張るんだよ」とか、「試験の結果を楽しみにしているよ」なんて答えている。 その言葉に、彼らの顔が明るく輝く。 挙句に、まだカカシ先生の腰までしかない彼らの頭をくしゃりと撫でたりしようものなら、彼らの顔は一瞬にして真っ赤に染まる。 その様子を見ながら、オレは内心で大きくため息をついた。 写輪眼のカカシ。 それは、カカシ先生が戦忍として第一線で活躍していたころ、他里にまで知れ渡った二つ名だ。 オレたち第七班の上忍師となった頃のカカシ先生は、常に他人と一線を画しているようなところがあった。 何度も一緒に死線を潜り抜けて、カカシ先生とオレたちの距離は近づいた。 他の人にはなかなか見せない笑顔や、ちょっと照れたような表情っていう素の表情を見せるのは、オレたち第七班やガイ先生たち、限られた人だけだというのは、オレにとって宝物みたいな特権だった。 オビトとの過去の確執を清算した第四次忍界大戦が終わり、カカシ先生は別人のように人当たりが柔らかくなった。 それまで意識的に築いていたであろう壁を取っ払ってしまっただけではなく、ごく親しい仲間しか見せることのなかった笑顔も、惜しみなく振りまくようになった。 以前のように、「仲間殺しのカカシ」「強いけど、得体のしれない上忍」なんていう人は誰もいない。 尊敬する元上忍師がみんなに慕われるのは、元教え子として嬉しいはずのことのはずだけど、オレは単純に喜べなかった。 だってオレは、カカシ先生を独占したいから。 忍としてのカカシ先生は、里にとって必要不可欠な存在だ。 ましてや、今は火影という立場にある人だ。 だから、独り占めなんてできないことは、オレだって当然分かっている。 これまでの、一時休戦や停戦によるかりそめの平和なんかじゃない、持続可能な平和な時代の火影に人々が求めるものは、威厳だとか絶対的な強さ以上に、寄り添ってくれる火影像だってことも、理解できる。 でも、やっぱり、言いたくなってしまうのだ。 この人は、オレのものなんだって。 だから、人の恋人に気安く触らないでくれって。 カカシ先生と付き合い始めたのは、大戦直後だった。 何回も告白して、毎回断られて、せめて一度だけ、と半ば無理矢理押し倒すようにそういう行為を求め、それでも諦めきれずに縋るオレを、カカシ先生は若干困ったような顔をしながらも受け入れてくれた。 一つだけ約束させられたことは、この関係は決して他言しないこと。 夕鶴の寓話のように、その約束を破ったとき、二人の関係を終わりにするっていうカカシ先生の強い意志が伝わってきたから、オレもそれを守っている。 だけど。 「ナルト、顔。 怖いよ」 カカシ先生に小さな声で囁かれ、オレは我に返った。 気がつけば、子供たちが少し怯えたようにオレの様子を窺っている。 「みんな、怖がらせちゃったかな。 このお兄さんは、オレの分まで周りを警戒してくれているんだ。 いつも気張っていないとといけないから、ときどき怖い顔になっちゃうんだよ」 カカシ先生のフォローに、オレは慌てて笑顔を繕う。 「へー、そうなんだ」 「お兄さん、怖い顔してるより笑った方が女の子にモテるよー」 ……最近のガキは、マセすぎじゃね? 「だよねー。 私、火影様みたいに笑顔が素敵な人と結婚したい」 「私は、火影様の奥さんになりたい。 あと十年、待っていてもらえますか?」 「ずるいぞ。 オレだって、火影様を奥さんにしたい!」 急に話が、カカシ先生へのプロポーズ大会の様を呈してきて、オレは笑顔を引き攣らせたまま固まった。 っていうか、オトコもいたよな。 ガチライバルだってばよ! しかもどさくさに紛れて、カカシ先生の足に抱き着いているヤツまでいる。 よこしまな目的でカカシ先生に触るのは許せねぇ、とオレの堪忍袋の緒が切れる寸前、カカシ先生は柔らかく笑いながら、纏わりついてくる子供たちを軽々と引き剥がした。 「はい、ここまで。 気持ちは嬉しいけどね、オレが好きなのは、強くて優しい忍だ。 まずはアカデミーでしっかり学んで、一人前の忍になってから出直しておいで」 にっこりと、でもキッパリと引導を渡され、子供たちがしゅんとなる。 「……オレ、諦めませんから。 誰よりも強くて優しい忍になってみせます!」 「私も!」 子供たちはそう言うと、アカデミーに向かって駆け出していく。 「この……人たらし。 あいつら、本気で言ってたってばよ」 二人きりになって、思わず文句を漏らすと、カカシ先生が振り返った。 「あれ、ナルト、もしかしてあの子たちに『誰よりも強くて優しい忍』の座、明け渡すつもりなの?」 「んなワケねぇってばよ。 カカシ先生は、誰にも渡さねぇ」 本当は、オレにとって「誰よりも強くて優しい忍」とは目の前にいるカカシ先生に他ならない。 誰よりも辛い過去を乗り越えて、それでも闇へ落ちることも、未来を諦めることもせずに、オレたちを導いてくれた上忍師。 強い忍術を獲得するよりもずっと困難なその道を、この人が歩み続けてくれたからこそ、オレたちは出会えた。 でも、カカシ先生にとって、オレが「誰よりも強くて優しい忍」だというのなら、オレはその座を死守してみせる。 「あいつらが向かってきたら、全力で相手してやるってばよ」 そう呟くと、カカシ先生は吹き出した。 「そうはいっても、手加減はしてやってよ。 里の未来の担い手なんだから」 「恋敵に遠慮なんてしてやれねぇってばよ」 軽口を言い合いながら、火影邸に向かっていく。 強くて優しくて頭が良くて、しかも顔面偏差値まで高いカカシ先生が、こうやって人に言い寄られるのは珍しいことじゃない。 子供たちが言い寄るのなんてかわいい方で、ガチムチ男とか、フェロモン全開の超肉食系くノ一ってこともよくあるくらいだ。 カカシ先生の恋人でいるということは、これが日常だということで、オレの憂鬱な気苦労は絶えない。 それでも、この人の一番傍にいられる、かえがたい幸福をかみしめながら、オレは万が一にも未来のライバルたちに負けないよう、修行量を増やすことを密かに決意した。

次の

はたけカカシ

カカシ 先生 顔

アンコちゃんの幸せ その後・・・ 「カカシ先生、あの・・・・。 」 イルカはそっとカカシを呼んだ。 煙幕に巻かれてカカシに連れてこられたのはいつもイルカが休憩に使っているアカデミー脇の木陰だった。 「・・・。 」 カカシは応えなかった。 木陰に連れてこられてからずっと自分を後ろから抱え込んで座ったまま動きも話もしない。 イルカは少し困り始めていた。 誰もいないとは言え背中越しにカカシの体温が伝わってきて、それでいて首に巻かれた腕に肩口に伏せられた顔。 ちょっと恥ずかしいんだけどなぁ・・・と思ってしまう。 怒ってるわけではないのはわかっていたのでイルカは少し考えた後もう一度呼んでみることにした。 「カーカーシー先生ー?」 もそもそと動いてカカシの肩に頭を乗っけてぶっきらぼうに言う。 するとカカシはちょっとだけ顔を上げて上目遣いにイルカをにらんだ。 「・・・ずるい。 」 イルカは頭を起こしてカカシの腕の中で回転した。 カカシの腕に手を掛けて正面から向かい合う。 「ずるいって?」 ようやく話す気になったカカシに小さく笑って問いかける。 「アンコはイルカ先生と小さい頃遊んだことあるんでしょ?一緒に勉強だってしたし・・・アンコは小さい頃のイルカ先生を知ってる。 それはずるい。 」 憮然として箇条書きにしたような答え方だったがイルカはカカシの言いたいことが何となく分かった。 「妬きもちですか?」 くすくすと面白そうに笑ってさらりと図星をつく。 どうみてもイルカにさらりとかわされた気がしたのでカカシはちょっと悔しかった。 「そうですよ。 決まってるでしょ。 」 開き直ったカカシはもはや大きな子供だった。 子供ついでに甘えてやれと言わんばかりに首に回していた腕を腰に回しなおしてぐっとイルカを自分に寄せる。 「彼女はね、俺が当時唯一かなわなかった女の子なんですよ。 まあ、あの性格だから誰もかないはしなかったけど、それとは別に俺を気遣っていてくれたんでしょうね。 」 回されたカカシの腕を押しやってそう言ったイルカにカカシはまだあきらめきれずにちょっかいを懸けながら言った。 「独りにならないように?」 「ええ。 少なくとも自分といるときは、と思っていたんでしょう。 そんなようなことを一度言ってましたし。 」 「ふーん・・・甘味大王なのにねぇ・・・。 」 それは偏見だろ。 とイルカは内心突っ込んだ。 「ま、悪夢もたびたびありましたけど?」 しかし笑ってそう言うとカカシは「あー」と脱力しながら芝生へ倒れ込んだ。 大の字に寝ころんで言うことは 「ずりぃーーー。 アンコのやつ〜。 ・・・イルカって呼んでたし〜しかもナチュラルに・・・」 「子供の頃に会えなかったのは仕方ないでしょうに。 それに仮にカカシ先生と出会っていたとしてもあなた忙しくて遊ぶ所じゃなかったでしょう。 」 自分がアカデミーに通っていた頃カカシはすでに仕事をしていただろうから、とイルカは思った。 それでも納得いかないのが恋心の成せる技なのですが。 「わかっていても悔しい物は悔しいんですよー。 ・・・・・で・・・何て呼んでたんです?」 「は?」 「アンコ。 小さいときは何て呼んでたんですか?」 イルカはカカシの何気なさに吹きだした。 なんでもないような顔をしててもきっと気になって仕方なかったのだろうと思った。 実際その通りなのだが・・・。 「何で笑うんです〜?」 くつくつと笑いを抑えようと必死なイルカにカカシは不服そうに眉を潜めた。 イルカは大きく深呼吸すると「すいません」と涙のたまった目をこすった。 カカシは腹筋で起きあがるとイルカの顔をのぞき込んだ。 「・・・で?」 ほんとに気になって仕方がないカカシ・・・。 イルカは困ったように笑った。 「そんな大層なもんじゃないんですけどね・・・。 」 それでもカカシは聞きたいのだった。 これはもうすでに意地というか何というか・・・ライバル意識というか何というか・・・。 カカシらしいとしか言いようがないこの真摯な目。 「・・・普通に、アンコちゃんって呼んでただけですよ。 」 「・・・アンコちゃん・・・。 」 カカシはその名前を繰り返した。 まじめな顔のままで繰り返す。 「・・・そう言うまじめな顔。 他で見られるといいんだけどな。 報告書書くときとか・・・。 」 イルカはカカシの意識が飛んでることが分かりつつもあきれたようにそう言った。 諸仕事も真面目にやってくれれば自分の仕事も少し楽になるのに、と。 小さくため息をつきながら自分をしたからのぞき込むような体勢のまま下を向いて「アンコちゃん・・・・アンコ・・・・ちゃん・・・・」とぼそぼそと繰り返すカカシを見て、またため息をついた。 「・・・カカシ先生・・・俺もう戻りますからね。 」 どこかにいちゃったカカシを放ってイルカは仕事に帰ろうと立ち上がった瞬間、腕を捕まれて芝生に倒れ込んだ。 (受け身とれよ・・・) 「痛った・・・。 カ、カカシせんせ?」 明らかに自分を引き留めたのはカカシだった。 イルカの両側に手をついて見下ろすその顔は至極真面目に・・・不機嫌そうだった。 「あ・・・あの???」 イルカはさしずめ蛇ににらまれたカエル・・・逃げ出したい気持ちでいっぱいだった。 「・・・・イルカ先生、どーーーーーして子供の頃に出会ってくれなかったんですかっ?!」 がくがくと揺さぶられてイルカは目を回しそうになった。 「ははははい???・・・まだ根に持ってるんですか?仕方ないでしょうがっ!」 ホントに仕方のないことなのだがカカシはとにかく気に入らなかった。 「甘味大王がアンコちゃんなんて可愛くイルカ先生の呼ばれてたのが許せない。 」 「・・・」 イルカはあきれて物が言えなかった。 今まで何度となくこの理不尽な人物に振り回されてきたが・・・。 「子供みたいなこと言わないでくださいよ。 」 「・・・どーせいつも大きな子供だと思ってるでしょ。 」 大して変わりませんよ、とカカシは開き直った。 (このパターン多いな・・・) イルカはカカシの下からはいずって上半身を起こすと今日何度目かのため息をついた。 この男は・・・とことん甘やかしてやらないとダメなのか・・・? イルカは不安になった。 こうまで執着されると嬉しいんだか邪魔なんだか・・・。 うなだれて、本気で悔しがっているカカシを見るとイルカはもう一度ため息をついてあきれたように笑った。 「ハイ、カカシ先生立って立って。 仕事しましょう、ね?」 「そーやってはぐらかす。 イルカ先生の悪い癖ですよ。 」 立ち上がってすたすたと歩き始めたイルカを視線で追いかけてカカシは芝生に座り込んだままそう言った。 「大きな子供は手に負えないんでね、こうでもしないと身が持たないんですよ。 わかります?カカシ君。 」 「えー・・・?」 腰に手を当てて前屈みの先生体勢でイルカは面白そうに笑う。 そんなイルカに不服そうな顔で生返事をしたカカシの表情が急変する。 「・・・朱いですよ?」 カカシの顔がみるみる染まっていくのを見てイルカは満足そうににやりと笑った。 「イッ・・・イルカせんせっ?!」 「効果ありますねぇ・・・これから困ったときはカカシ君と呼ぶことにしましょうか。 」 ふふ、と不適に笑うイルカにカカシは言葉も出せない。 カカシが言葉を失っているのをいいことにイルカは「さて」と渡り廊下に視線を向けるともう一度振り返ってカカシに微笑んだ。 「じゃあ、おれ仕事に戻りますから。 ごきげんよう・・・カカシ君。 」 「いっイルカ先生っ!!」 爽やかに、壮絶に微笑んだイルカはカカシの抗議の声などさっぱり無視してアカデミーの中へと消えていった。 残されたカカシは風にさらされて冷たくなった右手で自分の髪をくしゃりとかきまぜる。 「くそー・・・。 」 イルカにしてやられたカカシはまだ顔に血が上っているのを忌々しく思った。 それから大きく深呼吸してぱたりと仰向けに倒れ込んだ。 「反則だろ。 」 ・・・それは流れる雲に向けた負け犬のささやき。 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ま、一応カカイルしないとねってことで・・・笑.

次の