ムクドリ 撃退。 ムクドリの鳴き声がギャーギャーとうるさい!対策・撃退法を解説

ムクドリとヒヨドリの違いは?簡単に見分け方や撃退法

ムクドリ 撃退

weblio. jp ムクドリは、全長24cmほどで、スズメとハトの中間ぐらいの大きさをした鳥です。 翼と胸、頸は茶褐色をしており、頸から頭部にかけてと腰の部分に白が混ざり、足と嘴は黄色をしています。 オスは胸や腹・背が黒っぽく、メスは褐色に近い色をしています。 低地の平野や低山地にかけて広く生息しており、都市部などの人家付近や田畑などでもよく姿が見られます。 雑食性の鳥で、主に、植物の種子や果物、虫の幼虫を好みます。 椋の木の実を好んで食べることから「椋鳥」とも呼ばれるようになりましたが、特に椋の木の実だけを食べるというわけではありません。 春から夏が繁殖期で、木の洞や人家の軒先などの穴に巣を作ります。 オスメスともに子育てを行い、とくにヒナを育てる期間には、両親揃って食糧を探し求め、仲睦まじく歩き回る姿が見られます。 繁殖期は巣で寝ますが、ヒナが巣立つと親子ともに群れを形成し、 夜は一か所に集まってねぐらを作ります。 ねぐら一つには、10km以上の範囲にも及ぶムクドリが一斉に集まり、冬になると数万羽の大群になることもあります。 ねぐらは、河原の広葉樹や人家の竹やぶにすることがほとんどでしたが、今はそのような環境が減少してしまったため、 都市部の街路樹などにねぐらを作ることもあるようです。 「ギャーギャー」「ギュルギュル」「ミチミチ」などといった鳴き声を発するため、鳴き声による 騒音被害や、また、大量の糞による 汚染被害など、ムクドリの大群が社会問題になってきています。 hatotaisaku. しかし、ムクドリの生息環境がしだいに破壊され、都市部に適応すると大量に増殖したことで、ムクドリの鳴き声による騒音や糞害などが問題となってきました。 そのため、日本国内では1994年から、ムクドリは 狩猟鳥に指定されています。 ムクドリがねぐらとしている木の下では、糞が落ちてきて歩行者の体や服に付着したり、糞の臭い、景観を損なうといった問題が起こります。 また、一度に1,000羽以上のムクドリが集まることもあるため、鳴き声による騒音は凄まじいものです。 ムクドリは、夜になっても寝付くまで鳴き続けるので、近くの住民の中には、あまりの騒音で睡眠不足になり、精神的に問題をきたしてしまった人もいるようです。 スポンサーリンク ベランダのムクドリ!撃退法 現在、ムクドリによる糞や騒音問題を解決するため、さまざまな対策方法が取られています。 例えば、農業・食品産業技術総合研究機構では、鳥が天敵に捕まった時に発声する声を用い、ムクドリに忌避行動を起こさせる「ディストレス・コール」で追い払う効果を試みています。 また、ムクドリの天敵である、ワシや鷹、フクロウなどの鳴き声を、本物そっくりにレコーディングして再現した威嚇音を使用し、ムクドリの警戒心を煽る方法も効果があるようです。 さらに、夜行動物が不快に感じるとされる、青色LED5灯フラッシュを使用し、ムクドリが近づけないようにする方法も適しています。 自宅のベランダに現れるムクドリ対策には、以下の方法がおすすめです。 一番手軽にできるのは、ムクドリの天敵である 猛禽類の剥製を、ベランダに設置することです。 とはいえ、そんな簡単に剥製が手に入るかどうか・・・。 では、 18mmのピーコンネットを使用し、ムクドリがベランダへ侵入しないようにしましょう。 ムクドリは鳩より体が小さいので、網目の粗いネットでは、隙間からの侵入を防ぐことができません。 また、菱形の網目のネットは伸縮性があるので、ムクドリが絡まる可能性があります。 網目が四角のネットを使用しましょう。 ムクドリがベランダにとまりにくくするため、 テグスを張ることも効果があります。 ネットと併用すればさらに効果が期待できる方法です。 最後に、アメリカで人気の鳥害対策をご紹介します。 それは、「 バード・スパイク」というものです。 ポリカーボネイトとステンレスからできた細かいロットが、ベランダに止まることを防ぐといったものです。 錆びにくく、軽くて丈夫、柔軟性にも優れているので、建物の外壁の凹凸にも適応するようです。 取り付けも簡単で、設置場所にあわせた方法で設置することができます。 ムクドリ対策で重要なことは、とにかく人に慣れさせないことです。 そのためには、 一つの方法だけでなく、いろいろな手法を組み合わせ、継続して実施していくことが重要です。

次の

ムクドリの巣作りと、撃退方法。戸袋の異変に気づくのが遅いと大変です

ムクドリ 撃退

ムクドリの声がギャーギャーとうるさい! ムクドリは、日本では見慣れた留鳥であり、九州以北のほとんどの地方で見る事ができますが、 繁殖期は暖かい場所で迎える為、北海道の寒い地方では夏鳥になります。 本来は山の樹林帯や低山帯をねぐらにしていましたが、天敵に襲われる事も少ない事から住宅街や公園、市街地などのあらゆるところでもみられるようになりました。 その為、ムクドリの大群が夕方の空に黒くうつる様子や 電線に数十羽のムクドリが並んでいるのを時々目にする事があります。 ムクドリの大群 鳴き声は、 「ギュルギュル」、「ギィー、ギィー」、「ジィー、ジィー」 と様々な鳴き声をたてますが、喧嘩をする時や危険が迫った時には鳴き声が激しくなるようです。 更にムクドリの鳴き声は濁音系である為、これが大群で鳴いた場合には煩い事この上ないですよね! また、公園の樹や駅前の街路樹にムクドリの大群がとまっている事も多く、 鳴き声の他に糞などの被害もあり嫌われる事が多いようです。 [ad co-1] あの鳴き声は求愛? 鳥の鳴き声には、大きく分けると普段鳴く 「地鳴き」と、求愛のときに鳴く 「さえずり」がありますが、群れで生活するムクドリの「さえずり」は、よく聞いていてもあまりわからないと言われており、群れで鳴くことでかき消されてしまい、ただただ煩いものになっていると思われます。 その為、ムクドリのさえずりを聞く場合は、群れから離れた 個体をみつける事がチャンスであり、幸運とも言えます。 それほど、珍しい事のようです。 ムクドリの鳴き声 [ad co-1] ムクドリは個人で対策出来る? 群れで生活するムクドリは普通に市街地や公園などでも見られる事が多く、 人間の生活と密接にあります。 その為、昔は農作物の害虫を食べてくれる益鳥として重宝がられましたが、現在では繁殖力が高い為に数も増えてしまい、 鳴き声がうるさい事や糞被害も深刻である事から害鳥扱いになっています。 鳥獣保護法により簡単に捕獲も出来ない事から悩みの種にもなっていますが、ある程度の対策は個人でも出来るようです。 その対策には以下のような事が考えられています。 巣を作った後でも、近づけない為、ムクドリ対策に有効的です。 また、ネットと併用して鳥が木などにとまりにくいようにテグスを設置することも対策になります。 しかし、田んぼの案山子と同じ原理である為、一時的な物になりますが追い払う効果はありそうですよ。 また、ムクドリが危険を感じた時の鳴き声を録音してスピーカーから流す事でも効果があるようです。 この他にも様々な対策があり、電飾、爆竹を鳴らす、又は鳥よけスプレーなども繰り返す事で効果が期待できます。 しかし、どの対策もムクドリの棲家が別の地域へ変わり、更に被害が広がってしまうだけで確実な撃退法とは言えないようです。 [ad co-1] 巣を作らせないための対策 ムクドリを完全に撃退する事は難しいですが、 繁殖期や習性などを知る事である程度の対処ができるようです。 ムクドリの繁殖期間は 3月下旬から7月頃までで、年に1~2回あり、建物の隙間や樹の洞に巣をつくる事が多いです。 その為、その時期にネットなどを張ってムクドリの侵入を阻止する事で ムクドリの営巣も阻止できますし、もし巣を作った後でもネットを張る事で侵入が出来ない為、子育ても不可能になります。 巣を見つけた場合は直ぐに処分する事が良いですが、巣にはダニなどが生息している可能性もあり様々な感染症も懸念されるため、取り扱いには十分な注意が必要です。 その為にも 専門の業者に依頼することが望ましく、被害拡大の危険性も解消できると思われます。 まとめ ムクドリは、もともと山の竹林や樹が生い茂っている林などを棲家とし、人里に下りてきても農村地帯などの虫を食べていた野鳥です。 その為、昔は農作物などに付いた害虫を食べてくれる為、 益鳥として重宝がられたものですが、近年では天敵となる猛禽類などが少ないと言う理由から、市街地でも見られるようになり、駅の街路樹や公園の樹などをねぐらにするようになりました。 その為、天敵が少ない事から数が増えすぎてしまい、群れで行動する習性から 鳴き声や糞による被害で人々を悩ませています。 益鳥から害鳥へ転身してしまったムクドリは、鳥獣保護法によって捕獲することもできず、ただただ追い出すのみの対策でしか現段階では方法がないようです。 その為、被害は一向に解消出来ないと言う事になりそうですが、焼き鳥などにすれば結構おいしいのかもしれませんよね! ・・・不謹慎な事を考えてしまいましたが、鳴き声や糞などで困っている方も多い為、 確実な何かよい対策があれば良いのですがね! 以上、ムクドリの鳴き声がギャーギャーとうるさい!対策・撃退法についての解説でした。

次の

レーザーで鳩・ムクドリ・カラスなど害獣を安全に除去する

ムクドリ 撃退

ムクドリの大群被害 ムクドリは、元々は山里に住んでいましたが、天敵の鷹などがおらず、人の食べ残しや畑の作物など、色んな餌が見つけやすい都会が都合がよく、今では都会に集団で住み着いています。 ムクドリの大群は、数万匹にもなり、大群で止まっている木の下などでは、糞が大量に落ち、被害が出ています。 そして、夜中でも鳴くことがあるムクドリなので、騒音被害を訴える住民も多いです。 撃退法 このムクドリの大群を撃退する方法を上げます。 鳴き声 ムクドリが危険を感じた時に発する鳴き声を録音し、大群の近くで鳴らします。 すると、危険が近づいたと思い、ムクドリが飛び去って行くという策です。 ネット ムクドリが入れない大きさの穴があいたネットを、対象物に被せます。 ネットの内側には入り込めず、ムクドリは去っていきます。 街路樹の刈り込み ムクドリのねぐらとなる、大きな街路樹の枝を切ってしまいます。 止まる場所がないので、ムクドリは去っていきます。 Sponsored Link 爆竹 ムクドリの大群のいる場所で爆竹などの大きな音を鳴らして脅かします。 驚いたムクドリは、逃げていきます。 その他 他にも、ムクドリの天敵の鷹などの大きな鳥の剥製を置く、本当に生きた鷹を連れて来てムクドリに危険な場所だと示す、人間には聞こえない電子音や衝撃波を流しムクドリを追い払うなどがあります。 まとめ どれも効果はあるようです。 しかし、ムクドリは、同じ撃退法が繰り返されると慣れてしまって効果がなくなります。 色んな方法を使いながら撃退する必要があります。 それと、大群が去っても、それは隣町に大群が引っ越しただけで、またそちらで被害が出るのです。 ムクドリが本来の山里に帰るような撃退法が望まれます。 Sponsored Link.

次の