お礼 お 菓子。 病院退院の時お菓子などのお礼は無用。それでも渡すには。

お土産のお礼|メール&礼状の例文19選!菓子折り・プレゼント・差し入れ

お礼 お 菓子

【 派遣社員 退職 お礼お菓子は必要】 派遣社員として働き、契約終了となる退職時に気になるのが、お礼としてお菓子などを配った方が良いのか?ですよね。 正規スタッフとして働いていたならお礼の一つとしてお菓子を渡すのも考えられますが、派遣社員の場合でもお菓子をお渡した方がいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。 わたしも派遣社員として働き始めた初めの頃は、派遣先を離れる時にはお礼にお菓子を渡した方が良いのか迷いました。 そこで、長期間派遣社員として働いてきてわかった派遣先を辞める時のお礼について、相場やお菓子を配るならどの範囲まで配れば良いのかと、退職時 喜ばれる人気のお菓子を合わせてご紹介します。 気持ちよく派遣先を離れるためにも是非参考にしてみてください。 派遣社員 退職のお礼は場合により必要です。 派遣社員も退職する時にお菓子を配るべきなのか?迷いますよね? 初めて派遣先の契約終了などで職場を離れるときは、結構悩む方も多い問題です。 先ず結論からお話しすると、退職時にお礼の品を配った方が良いか配らなくても良いのかと言えば派遣社員の場合、必ずしもお礼の品、お菓子などを用意する必要はありません。 特に派遣先で働いた期間が半年以内など短期間の場合は退職時に挨拶するだけで十分です。 しかし、職場の社員さんに とても良くしてもらったのでお礼をしたいと思うのであれば就業期間に関係なくお礼の品をお渡しして問題ありません。 私も過去に就業期間が半年くらいの職場がありましたが、その時の社員さんに本当に良くしてもらったので、退社するときにお礼の品をお配りしました。 働いた期間は短かったですが、お礼のお菓子をお配りしたら皆さん喜んでくれましたよ! 「また、いつでもこの会社に働きに来てね!」と嬉し言葉もいただけました。 会社によってお礼をしたり、しなかったりとその職場での風習みたいなものもあるので、もし他に派遣社員の方がいるなら長くいる人に退職時に皆さんどうしていたのか聞いてみてるのも良い方法です。 ほんの気持ちのつもりでお礼をしても、ちょっとしたことで嫌味に取る方もいるので前々からの風習に従った方が無難な時もある事を覚えておきましょう。 しかし、どんな職場でも派遣社員として働いているので、あまり深く考える必要はありません。 自分がお礼をしたいと思えば、お礼をして問題ありません。 派遣社員 退職のお礼を配るなら範囲はお世話になった部署だけでOK! 派遣契約満了などで退職が決まり、お礼の品を配りたいときに、どこまでお礼をしたら良いのか迷いますよね? お礼を配る相手は、一緒に仕事をしてお世話になった方や直属の上司に配るケースがほとんどです。 違う部署の人や顔を合わせたくらいの社員さんなどには、お礼をしなくても問題ありません。 そのような方達には、簡単な挨拶をするくらいで十分です。 お礼の品物はお菓子や小物などが一般的です。 お菓子を配るのであれば個別包装されたもので一人ひとりに配りやすい物が便利です。 また、賞味期限が長いもの、常温で保存できるものなど、相手側に配慮する事も大切です。 小物類であれば仕事でも使える文房具類など、もらっても迷惑にならない物がおすすめです。 派遣社員 退職のお礼の相場は、1人あたり100円~500円 派遣社員が派遣先を退職するときのお礼や挨拶の時にお菓子を持っていくケースも多いです。 辞める人はこれまで御礼の気持ちをこめて贈り物を職場に持参します。 派遣社員が退職時に菓子折り等を持って行くことは必ずしも必要というわけではありませんが、お菓子などを御持ちした方が感謝の気持ちは伝えやすいです。 退職時のお礼の贈り物は、部署へまとめて渡す場合と個人で配る場合があります。 部署でまとめて渡す場合は人数にもよりますが、お菓子の場合であれば10人程度であれば1500円~2,000円、20人程度であれば2000円~3,000円、20人以上であれば3000円~5,000円程度が相場と言われています。 個別にお菓子を配る場合は、一人100円~500円程度が相場です。 あくまで相場ですので、送る物によってはこれ以上の金額になる場合もあるでしょう。 しかし、感謝の気持ちを表すものですので、派遣社員が高額のものを贈る必要はありません。 お菓子を選ぶ際に気を付けたいポイント お菓子を選ぶ時にどういったものがみんな喜んでくれるか迷うと思いますが次にあげる点は注意してお菓子を選びましょう。 お菓子のブランドや見た目も気になる所ですが、贈り物の お菓子を選ぶ時に一番注意したいのが、生菓子のように日持ちしないものは選ばないようにしましょう。 クッキーなどの焼き菓子などが日持ちが良く、お菓子を渡した当日に欠席していた人や外回りで職場にいなかった人でも、後日でも食べられる物を選ぶのが基本です。 また、お菓子を 購入する際は賞味期限を必ずチェックして最低でも1週間以上、賞味期限の残りがあるものを選びましょう。 他にも、 お菓子を選ぶときのポイントは、個別包装されている物を選ぶこと! 1つの物を切り分けたりするものは、手間がかかってしまったり、休憩時間がバラバラな職場もあり各自、自由に食べれる個別包装されたものの方が何かと喜ばれます。 また、1つの物を切りわけるお菓子などでは、当日いない人の分を保管するのも大変になってしまいます。 個別包装されたお菓子なら、いない人の分は個人の机の上に置いて置く事もでき便利です。 派遣社員 退職のお礼、喜ばれるお菓子ベスト3 退職挨拶時に喜ばれるお菓子って何が良いか結構迷いますよね? そこで、お礼に最適な人気のお菓子をご紹介します。 退職のお礼、包装も可愛い人気のお菓子 人気レベル 内容量と価格 16個入 3,240円 税込 1袋あたり約188円 送料無料(離島・一部地域は送料がかかる場合があります。 ) 賞味期限 製造日より常温120日 保存方法 常温保存 部長や課長など役職のついた人へ、少し高めのお菓子を用意する人もいますが、退職のお礼の品は全員同じもので大丈夫です。 派遣社員がそこまで気を配る必要はありません。 ただ個人的に部長や課長など役職の付いた人に、とても良くしてもらったので特別に別の物でお礼したい場合は、個別にお礼を用意しても問題ありませんが相手に気を使わせてしまうような高額な物を選ぶのは避けましょう。 お礼で、かえって気を使わせてしまわないように気配りする事が大切です。 派遣社員が退職時にお菓子を配るタイミングはいつがいいの? 退職時にお菓子を配るタイミングも迷いがちですが、退職日に配るのが一般的です。 退職日のお昼の休憩時間や3時の休憩など比較的、皆様が集まりやすい時間に上司へ「今までお世話になりました。 こちらよかったら皆さんでお召し上がりください。 」などと一言添え、みんなに分けてもらいましょう。 また、人数の少ない部署の場合は、各個人に一人一人挨拶しながら自分で手渡しす方が良いでしょう。 配る順番は、所属する部長、課長、社員さん、派遣など同僚の順番に上の人から配っていくのが普通です。 最終日に色々と忙しく時間の無い場合や社員さんたちが不在になりがちな場合は、前もって「〇月〇日で退職するので良かったら皆さんでどうぞ。 」などと一言添えて所属している部署の部長さんや上司にお菓子を渡しておけば問題ありません。 まとめ 派遣社員が退職のお礼の挨拶に選ぶお菓子は、ケーキなど日持ちしないものは避け、賞味期限の長いクッキーや焼き菓子を送りましょう。 その中でも、個包装になっているお菓子を選んだ方が皆さんに分けやすくベストです。 また、ボロボロと落ちたり粉が舞ったりして食べにくい物や匂いのきついものなどは、避けた方が良いでしょう。 配るタイミングは、退社日当日の朝に上司にお渡しするのが一般的です。 当日が忙しい場合は、前もって余裕のある日に渡しておいて問題ありません。 退社日には、気持ちよく送り出してもらえるよう日々気配りは大切です。 退職の日までに挨拶の例文や事前準備をしっかりとし気持ち良く退職できるように心がけましょう。

次の

お土産のお礼|メール&礼状の例文19選!菓子折り・プレゼント・差し入れ

お礼 お 菓子

お世話になったお礼にはお菓子をプレゼント!ちょっとしたおしゃれなお返しおすすめ26選 プレゼントを頂いたのでお返しを…お世話になったお礼をしたい!など、ちょっとしたお礼にはお菓子を選ぶのが一番ではないでしょうか。 手に入りやすいので、あれこれと悩んでしまい、時間がなくなってしまうなんてことも避けられます。 後に残らないのでいただいた方も負担になりません。 友達、同僚、お世話になった方や上司へと、素早く決まり、相手に間違いなく喜んでいただける最高のギフトを紹介します。 お礼に最適なお菓子のプレゼント。 定番だからこそ、選び方のセンスが問われますよ。 感謝の気持ちをさりげなく伝えられる、おしゃれで喜ばれるお菓子のギフトを厳選しました。 もらって嬉しいお中元として毎年人気のある「ギフトカタログ」。 本当に好きなもの、欲しかったものを選んでいただけます。 それに冷凍ものや冷蔵ものが同時に届いて困ったり、使いようの無いものを頂いたり、というようなことも避けられます。 お好きな時にお好きなものを楽しんで頂けるのがカタログギフトの一番のメリット。 さて、ギフトカタログといっても千差万別。 そこで、オールマイティ、掲載数もジャンルも多く、趣味嗜好のわからない方にも心配なく贈れる「総合カタログ」。 誰もが嬉しい美味しいものを集めた「グルメカタログ」。 それてブランドやスタイルに特化した「こだわりのカタログ」に分けて人気のカタログをご紹介します。 今年のお中元はこれで安心ですね。

次の

公務員がお礼で菓子折りをもらうのは禁止?手土産はアリ?

お礼 お 菓子

病院から退院するときに何かお礼を渡すもの?でも最近医者や看護師にお礼はしちゃいけないっていうし・・・。 本当はどっちなの? そこで病院に勤務している私が、病院職員側から見た退院時のお礼の事情をお伝えします。 これを読めば患者サイドはどうするべきか、あと病院職員はどのように考えているのか実際のところがしっかりわかると思うので最後までご覧ください。 病院に入院したときには、医者や看護師をはじめ、たくさんの職員にお世話になります。 病気やケガの時期ってすごく辛いので、医者や看護師、リハビリのスタッフなどの献身的な姿勢に感謝することも多いです。 そこで退院するときに何かしらお礼の品を渡そうと思う人も多いのですが、最近病院ではお礼を渡したらダメという話も聞いたことがあると思います。 そもそもお礼の品は渡すものなのでしょうか。 いま時の病院の表と裏の事情と一緒にご紹介します。 いま時の病院事情 一昔前は退院時に医者に現金を贈り、看護師(もしくはナースステーション、詰め所)に菓子折りを渡すのが常というか、当たり前のように行われていました。 白い巨塔のドラマを想像してもらえれば分かりますが、その頃の医療従事者のモラルでは貰ったらダメとはなっていませんでしたし、患者も「お世話になったしお礼をしないと」と当たり前のようにお金やお菓子を渡していました。 信じられないかもしれませんが、医者が回診時に胸ポケットにお金の入った封筒を渡されるなんて珍しくありませんでしたし、他のコメディカル(看護師やリハビリのスタッフが多いかな)もけっこうお金をもらっていました。 ただいま現在は病院の事情も大きく変わってきました。 病院に行くと、よくこんな注意書きがされています。 医療人もモラルが問われる時代となり、基本的に 患者からお礼(お心づけ)の品や現金は全てお断りしています。 スポンサードリンク なぜ病院で金品を受け取らなくなったのか? 大きく分けて理由はふたりあります。 ひとつは モラルの問題、もうひとつは 医療を巡るトラブルが増えたことです。 これは退院時ではなく、手術時を考えたら分かりやすいです。 まず先ほどもお伝えしたようにモラルの問題で、医療従事者が仕事の対価として金品をいただくことが、そもそも間違っていると考えが変わってきたこと。 金品を渡した方がいいと患者に思われること自体が異常ですからね。 手術前にお金を渡そうとする人は多いですが、それが他の患者の耳に入ると、 「あの人はお金を渡したから先生が丁寧に対応してる」と思われます。 こんなことがまかり通ると、『渡した者勝ち』みたいになってしまいます。 医者も看護師も人間ですから、金品をもらったら多少の恩は感じるので、やはり誰にも平等に医療を提供するためにはもらわない方がいいと業界が変わってきました。 患者やその家族からの金品の授受は病院の規則で禁じられていますし、バレるとクビになることもありますから、うかつにいただくことができないのです。 ふたつ目の事情は医療トラブルが増えたこと。 実際にはこちらの方が大きな理由になっているかもしれません。 たとえば手術前にお金をいただいて、手術に関して何かトラブルがあると「お金も渡したのに手術に失敗した」となるわけです。 そうすると病院内でお金を受け取っていたことが明るみに出ますし、もし医療裁判にでもなったらやはり心象が悪くなります。 そもそもの話になりますが、患者からは医療費という形で病院はお金をいただいてますし、そこから医療従事者は給料を受け取ります。 ですからそれ以外に本当は払う理由はないわけで、気は使わなくてもいいのです。 スポンサードリンク 本当に退院時に医師や看護師は金品を受け取らないのか? 手術時にも退院時にも金品は渡さなくてもいいと書きましたが、実際全ての病院で医者も看護師も受け取っていないかというと、 受け取っている病院はあります。 これは本当です。 絶対受け取っていない病院の医者や看護師は「そんなことはない」と言うかもしれませんが、これは紛れもない事実です。 少し前になりますが、私の知り合いがある公立病院で手術を受けたときに、医者に心づけを渡したら「ありがとう!」といって笑顔で受け取ったそうです。 公立病院の医者でもこんな感じです。 退院時に詰め所(ナースステーション)にお菓子を渡したという話もよく聞きますし、うちの部署でもお礼の品をいただくことはあります。 ただすべての病院が受け取るかと言われればそうではありませんし、すべての病院が受け取らないかと言われればそうでもありません。 このあたりの見極めは非常に難しいとろこです。 でも「やっぱり何かの形でお礼がしたい!」という人もいらっしゃると思うので、実際に私が一番スマートだと思う方法を次にお伝えします。 病院退院時にお礼や心づけを渡す方法と注意点 では実際に病院退院時に医者や看護師、他のスタッフにお礼や心づけを渡す方法と注意点を書いていきます。 受け取ってもらえないと思って渡す ここまでお伝えしてきたように、モラルの問題や、病院で罰則があったり、医療トラブルに巻き込まれないように、医者も看護師も受け取りには慎重になっています。 ですから、もし医者や看護師が受け取らなかったとしても、 「そうですか。 残念ですが、仕方ないですね。 本当にありがとうございました。 」 と感謝の気持ちだけ伝えてください。 医療従事者にとっても、金品を受け取って後々何かトラブルになるというリスクを負うより、 感謝の気持ちを聞く方がよっぽど嬉しいんです。 絶対やってはいけないのが、 患者:「お世話になりました。 これ(お菓子など)、みなさんで食べてください。 」 看護師:「いえ、こういうものは受け取れない決まりになっていますので。 」 患者:「そんなかたいこと言わずにどうぞ。 」 看護師:「いや受け取れません。 お気持ちだけ、ありがたくちょうだい致します。 」 患者:「受け取ってもわないと困ります。 」 看護師:「いや本当にダメなんです。 すみません。 」 患者:「いえいえ、そんなことをおっしゃらずに。 」 看護師:「そういう規則となっておりますので。 」 患者:「誰にも言いませんから。 」 という押し問答。 これ最悪です。 こんな状況じゃ受け取るのは無理ですから、絶対止めてください。 病院退院時のお礼の品は何がいい? 医者でも看護師でも菓子折りでいいと思います。 医者にはお金を渡そうとする人は多いですが、結局は自分の気持ちなので、それでご自身の気持ちが満たされるならそれでいいのではないでしょうか。 金額はいくらでもいいです。 ちなみにバブルの頃には10万円が相場だったとある医者が話していました。 いまは3万円もしくは5万円をもらうことが多いようです。 菓子折りは賞味期限はそれほど長くなくてもいいです。 ナースステーションのスタッフは多く、一気になくなる可能性が高いので。 ただし上の写真のようなすぐに食べないといけない生菓子や辞めた方が無難です。 生物だと休みと重なって食べられない看護師が出てくる可能性がありますし、医者や看護師が休む部屋には大きな冷蔵庫がない場合もあるので冷蔵保管ができないことも考えられます。 理想をいうと 小分けされた袋に入ったお菓子(ビスケットやクッキーなど)の方がいいですね。 その理由は、ロールケーキやバームクーヘンなど切って食べないといけないお菓子は食べるときに手間がかかります。 医者や看護師は忙しいので、ゆっくり食べる時間がありません。 一口でつまめるようなものが一番ありがたいです。 あと看護師が受け取らなかった際に、家で自分が食べれるお菓子を買っておくといいでしょう。 そうすれば受け取ってもらえなくても無駄にはなりませんので。 ちなみに以前あった一番一番悲惨なお礼は、マクドナルドのハンバーガー人数分でした。 部署の責任者が「困ります」って患者に突き返しましたが、ハンバーガーを10数個突き返された方が困ると思うんだけど・・・。 お礼の品の熨斗(のし)には何と書けばいいか 昔粋な人が「感謝」と書いてくれましたが、これは簡単で「御礼」でいいと思います。 お礼の品を渡す場所とタイミング これが一番難しい。 なぜ難しいかというと、結局お礼の品を受け取ってもらえるかどうかは、この タイミングにかかっているからです。 さきほど書いたようにみんなが見ている前だと高確率で受け取ってもらえませんからね。 一番いいのは退院日の、退院時間の最後に医者や看護師が回診に来たときでしょうか。 写真のように1対1になる最後のチャンスです。 4人部屋だと他の人がいると難しいですが、小声で聞こえないように渡してください。 医師や看護師もこういうことを何度も経験しているのですぐに察知してくれます。 あと入院生活が長くなっていれば、患者の性格も理解しているはずなので「この人から受け取ってもいいかな」と思ってもらえれば受け取ってくれるはずです。 逆に「こいつはややこしい患者」だと思われていたら絶対に受け取ってくれませんので、あしからず。 一番ダメなのは荷物をまとめてナースステーションに退院の挨拶をして帰るときです。 ナースステーションでは他の患者や他スタッフの目もありますから、ほぼ受け取ってもらえません。 退院後にお礼の品を送るのはダメ? ときどき退院後にナースステーション(もしくは詰め所)宛てに、菓子折りを送る患者がいます。 おそらく当日準備できなかったのか、渡しても受け取ってもらえないと判断したのかは分かりませんが、後から送るという方法をとります。 大学病院や国立病院、市立病院など大きな病院(特に国公立の病院)だと何かわかった時点で送り返させる可能性もありますが、届けられる可能性の方は高いです。 ただ直接渡すわけではないのでお礼の気持ちが伝わっているのかどうか、ちょっと微妙ですよね。 まとめ 病院退院時のお礼についてお伝えしてきました。 長くなったのでポイントをまとめると、• 基本的には現在病院では退院時のお礼は受け取らない。 「基本的」なので受け取る病院もあるし職員もいる。 お礼は気持ちで伝われば十分。 職員はそんなことに期待していない。 もし菓子折りを渡したときに断られたら、職員の気持ちを汲みとって引き下がろう。 お互いが良い関係を保つためには無理に渡す必要はないということだけ覚えておいてください。 退院する患者を見送る病院職員の本当の気持ち 最後に患者さんが退院するときの病院職員の本当の気持ちを少し書いておきます。 月並みな言葉ですが、病院職員は患者が元気になって退院してくれることが一番です。 だからお礼を欲しいなんて全く思っていません。 あと元気に退院するのと同じくらい切に願っているのは、もう一度入院してこないこと。 たとえば脳卒中で入院していた患者さんがまた脳卒中になって入院してくることはあるのですが、そういうときはすごく悲しいです。 ですから「退院するときに何かお礼をしよう」と考えているのなら、再び入院してこないことが何よりのお礼だと思います。 再びに入院しないためにも以下の3つのアドバイスを送ります。 退院後も必ず受診する 病院から退院する患者さんの多くは退院後も通院することになると思います。 医者としてはその後の経過が気になるところ。 症状に変化はないのか、どう過ごされているのか、経過が知りたいのです。 でも退院したら元気になったと勘違いして、通院を辞めてしまう人がいます。 そういう人に限って同じ病気を発症することもあるので、医者が必要と判断した場合は退院後も必ず通院しましょう。 退院時に伝えられた約束を守る たとえば心臓や血管、肺の病気で入院していた人なら、退院後も禁煙はダメといわれることが多いですし、肝臓の病気で入院していればお酒は控えるようにすすめられます。 病院入院時には医者の言うことを守れても、退院したら医師の目もなくなり元の生活に戻ってしまう人もいます。 ぜひ医師や看護師にいわれた注意を守って生活してください。 薬は必ず正しく飲む 退院時には退院後の薬が処方されることが多いです。 この記事を読まれている人もそうではないでしょうか。 ほとんどの人は真面目に薬を飲んでくれるのですが、中には飲み忘れたり、自己判断で薬を辞めてしまったり、自己流の飲み方(時間、量を勝手に変える)をする人もいます。 退院は一区切りでしかないので、その後も病気やケガとの付き合いは付き合いは続きます。 薬は医師の指示通り絶対飲んでください。 退院した患者さんが同じ病気やケガで入院してくることほど、病院スタッフとして悲しいことはありませんので、ぜひしっかり守ってくださいね。

次の