ラッセン が 好き 芸人。 孤高のお笑い芸人、永野「ゴッホより~普通に~ラッセンが好き~!」って何者?実は結婚してる!?

お笑い芸人、永野のラッセンが好きー!のネタですが本人は計算をして笑いどこ...

ラッセン が 好き 芸人

駅に向かう途中、夫が空を仰ぎつつしみじみと言った。 「おれ、ふつうに晴れの日が好きだわ」。 突然すぎてしばしポカンとしてしまったけれど、なんとなく言いたいことはわかった。 「雨は雨でよき」「曇りの日もあはれなり」——そんなふうに情緒を解するのが大人のたしなみのように言われるけれど、いや、おれはピーカンの気持ちのいい日が好きなんだ、情緒も深みもなくて結構!……と。 ふつうに晴れが好き、かあ。 「永野じゃん」と、わたしは笑った。 YouTubeを貼っていいのかわらかない程度のリテラシーなので、簡単に言葉で説明すると。 永野とは「孤高のカルト芸人」の二つ名を持つお笑い芸人で、リズムにノリながら髪をかき上げて 「ピカソよりふつうにラッセンが好き〜!」とシャウトするネタで一世を風靡(?)した。 キモおもしろい系。 余談だけど「Perfumeの、のっちの髪型にしてください!」と美容院でオーダーすると永野になる、というのがネットの定番ネタでもある。 正直、彼の存在はいまのいままで忘れていたけれど、でも、よくよく考えたら永野、大事なことを言ってるのかもしれないぞと思った。 「ピカソよりふつうにラッセンが好き〜!」と声を大にして言えるって、すばらしいことでは……? クリスチャン・ラッセンの描く絵をひとことで言えば、「ちょうわかりやすい」だろう。 抽象的でもなければ体制への批判、世界を変えるといった野望も含まれない。 ただ、イルカがキラキラ優雅に泳いだり飛んだり。 背景理解や解釈なんて必要なし、こむずかしい現代アートの文脈なんてまったく意に介しませーんって感じ。 そしてそれは、「美人がすり寄ってウブな若い男性に買わせる」商法とかバブル期の成金趣味感もあいまって、「なんか浅い、ダサい」という評価になったんじゃないかなと思う。 ラッセンの絵、癒やされるしカワイイんだけど、「好き」と公言するのは憚られるんだよね、バカにされる気がして——そんな思いを、多くのひとが持っていた。 だからこそ、永野のネタは大ウケしたのだろう。 * * * ひとはSNSでもリアルでも、その発言を「評価」される。 王道ど真ん中を好きと言ったりふつうのことを言えば「浅い」と評価され、マニアックなものを好きと言っても、知識が中途半端だとこれまた「浅い」と揶揄される。 反対に、「ふつうじゃない」選択をした人や嗜好を持つひと、もしくは何かひとつを徹底して究めたひとが「深い」と高く評価される。 たとえば好きな小説家、好きな音楽、好きな映画、好きなブランドを聞かれたとき。 メジャーなモノを答えると恥ずかしいような、言い訳したいような気持ちになるひとは多いんじゃなかろうか。 「浅い」「つまらない」「ダサい」認定される恐怖感に襲われて。 でも、だからこそ、ど真ん中王道を「好き」と言える力があるってすんごく魅力的だと思う。 「小津安二郎について語らせたら8時間はイケる」というひともすごいし尊敬するけど、 「いちばん好きな映画? 『アルマゲドン』です!」 と堂々と言っているひとだってかっこいいじゃないか。 「ふつうに好き」でいいよねえ。 永野……(尊敬)。 ちなみに、永野はクリスチャン・ラッセン本人の前でこのネタを披露したことがあるけれど、通訳の人が「ピカソよりふつうにラッセンが好き」の「ふつうに」を訳さなかったことで、ただラッセンに泣きながら感謝されて終わった……というよきエピソードがある。 そりゃ、「ピカソよりラッセンが好き」と「ピカソより『ふつうに』ラッセンが好き」のニュアンス、えらい違うもんね。 若い頃からアールビバンの販売方法やラッセンなどの印刷=オフセットが好きではありませんでした。 どれもこれも嘘臭い。 ただし、だからと言ってラッセンなどを完全に切り捨てるのもどうかなと思います。 ピカソが代表とされていますが、デュシャンにしろポロックにしろジャッドにしろ、現代アートをある程度ですが詳しく理解していなかったら「ラッセンってきれい」って気に入るのも理解できるからです。 現代アートではないと美術関係者には嫌われているとしても、単に美術である、もしくは絵画である=絵画の一種としてのオフセット印刷であることは否定できないからです。 そこから、「あれかこれか」ではなく、「あれもこれも」的に現代アートや美術を楽しめたら良いのですけれど。

次の

孤高のお笑い芸人、永野「ゴッホより~普通に~ラッセンが好き~!」って何者?実は結婚してる!?

ラッセン が 好き 芸人

みなさん、をご存知ですか? 『イルカの絵』といえば? で、の絵をイメージする人はとても多いのではないでしょうか? また、最近では芸人の永野さんのネタで『が好き~!』というフレーズでもおなじみですよね。 今回はそんな有名画家のさんのプロフィールからで販売されている版画の評判、そして女性関係の噂まで、ご紹介いたします!• のプロフィール 名前 Christian Riese Lassen 読み クリスチャン・リース・ 生年月日 1956年3月11日 出身地 血液型 不明 身長 不明 学歴 不明 の経歴 は、11歳のときにハワイのへ移住します。 そして、サーフィンと絵を始めます。 プロサーファーとして活動するほど、サーフィンの腕はすごいのです。 は絵の教育は受けておらず、独学で絵を描き始めました。 1985年に・アート・パブリケーションズを設立。 そしてが取り扱いを始め、1988年から日本でベストセラー画家となりました。 との関係 株式会社とは 株式会社は、年創業の企業です。 事業内容は、版画の制作・販売や、展示会の開催、アーティストの発掘などを行っています。 の版画以外にも、ディズニーやで有名なの絵画などを扱っています。 とのつながり 約30年くらい前に、の社長が訪れたハワイのホテルで、まだ無名だったの絵に一目惚れし、直接会いにいき契約を結んだそうです。 そして、を通して、バブル期の日本での絵は大ブームを巻き起こしました。 の作風 海を愛するは、イルカやシャチなどの海洋生物、そしてきれいな海がモチーフとして描かれているのが最大の特徴です。 そして印象的な色使い、繊細な水の描写に多くの人が魅了され、ファンが多いです。 ファンが多い一方、販売戦略への反感から同様美術界の本流からは無視され、には「ああいう平和頭の理想的自然志向は理解できない」と批判されました。 の活動 はサーファー、アーティスト以外にも、音楽活動や活動も行っています。 また、ロンドンハーツの企画でのを描いたこともあります。 の女性関係 アパ不倫でと噂になったグラビアアイドルのさんが、との男女関係を番組で暴露したらしいです。 気になるかたは読んでみてください! human-profile.

次の

芸人・永野が絶叫闖入!「ラッセンが好き」ネタに新境地

ラッセン が 好き 芸人

スポンサードリンク 永野のプロフィール 本名:永野一樹 ながの かずき 生年月日:1974年9月2日 年齢:40歳 2015年2月現在 出身地:宮崎県宮崎市 身長:167cm 体重:57kg 血液型:AB型 事務所:グレープカンパニー 芸人・永野の持ちネタは!?面白い?面白くない? 最近着実に人気を上げてきていますが、 まだそれほど知名度は高くないため、 「 永野」について知らない人も多いかと思います。 早速その 持ちネタを見て行きましょう。 これが永野の現在の代名詞ともいえる「 ラッセンが好き」ですね。 最初は 何でこれが人気なんだ・・・って思ってましたが 何度か見ている内になんだかんだ好きになってしまいました。 中毒性があるんですかね・・・。 「五木ひろしさんに捧げる曲」 「森山良子さんに捧げる曲」 色々な歌があるのです。 スポンサードリンク 芸人・永野の芸歴!! 「ラッセンが好き」で話題となっている永野ですが、 思った以上に 芸歴が長いです。 芸人として活動し始めたのが1997年なので、 今年2015年でなんと 18年目となります。 ここまで遅咲きの芸人というのも珍しいのですよね。 元々知る人ぞ知る、的なポジションにいたそうで 一部から支持は受けていたみたいなんですけどね。 ただ元々は「 習字6段」という名のコンビを組んでいて、 解散後にピン芸人「永野」でやっていくことにしたとのこと。 しかし途中で何を トチ狂った思ったのか、芸名を「 永野おしり」に変更。 その後、再び「永野」に戻します。 若気の至りってやつですかね・・・。 「 習字6段」の頃の持ちネタが見たいと思って色々調べたんですが 残念ながら一切見つからなかったですね。。 それどころか相方すら分からずじまいでした 相当マイナーなコンビだったんでしょうかね。 GLAYの「everKrack」のPVに出演したことも!! 永野の過去について色々と調べていたところ、 面白い情報を見つけました。 何とあのGLAYのPVに出演したことがあるそうです。 こちらですね。 1:55辺りから登場します。 なにやってんだGLAY・・・ 因みにGLAYが永野のファンって訳ではなく、 PVの監督が永野を使おうと思っただけのようです。 これから大ブームを引き起きすことを期待しています。 スポンサードリンク こちらもどうぞ!!.

次の