赤ちゃん 猫 注意点。 赤ちゃんと猫の同居の注意点。仲良くなるには最初が肝心?

赤ちゃんと猫の同居の注意点。仲良くなるには最初が肝心?

赤ちゃん 猫 注意点

猫を飼う時の注意点 猫を飼うということ ネコと暮らすために何が必要か考えてみましょう。 「愛情」、「餌や飼育する場所」、「しつけ」。 どれも大事なことですが、これだけでは猫と末永く暮らしていくことはできません。 具体的に例を挙げると、伝染病の予防接種 混合ワクチン 、フィラリアの予防薬の投与、避妊手術や去勢手術などがあります。 これらの健康管理には、そう 「お金」が必要です。 そう考えると一番必要なものは「お金」かもしれません。 猫が健康に暮らしていたとしても、年間予防費用だけでも数万円かかります。 ましてや、病気やケガをした場合は数十万円かかってしまうかもしれません。 残念なことに国に「猫の健康保険」はありません・・・。 飼い主になる責任として、そういう状況に対する覚悟は必要です。 猫と暮らしていくために 「猫を飼う」ということは、育てることを楽しむというよりは、一緒に生活をして共存していくという 楽しみがあり、それが醍醐味でもあります。 猫は本来、 単独生活する動物です。 そのような習性を持つため、触られるのが好きでなかったり、尿やツメ研ぎなどのマーキング行動がひどかったり・・・。 飼い始めてから 「こんなはずじゃなかった」とならないために、しばらくおつきあいください。 猫の祖先は、森の中での、狩猟生活を基本としてきました。 その性質を受け継いでいるため、猫は単独で行動する動物です。 ですので、犬のように、群れをつくりません。 犬と同じように、猫も人間に慣れますが、犬とは「なつき方」が異なります。 犬は、人間の中で、自分自身がどの順位にあたるのか、常に意識していますが、猫の場合は、そんなことは関係なく 「あくまで自分の生活を大事にする」生き物です。 ただし、猫は「なつかない」ということではありません。 猫は本来、しつけることは 難しいとされています。 だからといって、しつけが必要ないか?となると、答えは明らかですが最低限必要になってきます。 人間と猫の共生を考える場合、しつけは非常に重要なことです。 猫のしつけは犬のようにはうまくいきません。 猫は非常に忘れっぽいので、しつけには根気と寛容さが必要です。 そう、猫のしつけは 飼い主の器のおおきさで決まるといっても過言ではありません。 以上のことを理解した上で、猫との生活を楽しみましょう。 犬にはない素晴らしい 「猫ならではの魅力」に出会えるはずです。 猫は人間の赤ちゃんと同じです。 危険なものは届くところに置かないようにしましょう。 特に猫は跳び上がるので、 落下事故 骨折 が意外に多いです。 運動のために、ロッカーなどを重ねて段差をつけたりすると、運動不足も解消できます。 猫の住みやすい生活を作ってあげましょう。 静かで薄暗くてあたたかい場所が良いです。 またトイレが近い方がより理想的です。 ベットの大きさは、猫が丸まって眠ることができるほどの大きさ、猫は非常にきれい好きなので清潔に保てるように掃除のしやすいものを選びましょう。 キャットフードのバラエティを見れば納得して頂けるように、猫は大変な 偏食家です。 かといって、好んで食べるからといって同じものばかりを与えていては猫の健康上あまりよくありません。 できる限りいろいろなメーカのフードを与え、 偏った食事にならないように注意しましょう。 水分は人間と同様、必ず摂取しなければならない大事なものです。 猫が必要なときにいつでも飲めるように、新鮮な水を常に用意しておきましょう。 特にドライフードを与える場合、水分を与えないと尿道結石になってしまいますので注意が必要です。 猫にとって、タンパク質は最も重要な栄養素です。 またドライフードに含まれているマグネシウムが尿道結石の大きな要因となります。 ドライフードを選ぶ際は、成分表が記載されているものをえらび、なるべくマグネシウムが少ないドライフードを選びましょう。 主食を食べれなくなるほどのおやつは与えないでください。 主食を食べないときこそおやつを与えてはいけません。

次の

子猫にミルクを与える時間や量、与え方の注意点とは

赤ちゃん 猫 注意点

環境の変化にストレスを感じやすい猫。 もしも飼い主さんに赤ちゃんが生まれて、突然一緒に暮らすことになったら……猫はどう思うのでしょうか? 今回、ねこのきもち獣医師相談室の先生に聞いてみました。 もしも飼い主さんに赤ちゃんが生まれたら、猫はどう思うの? ーー飼い主さんに赤ちゃんが生まれて、はじめて猫の前に現れたとき、猫は赤ちゃんのことをどう思うのでしょうか? ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師) 「猫は警戒心が強いので、赤ちゃんと初めて会ったときは逃げてしまうこともあります。 しかし、 赤ちゃんを『危険をもたらすものではない』と猫が理解すれば、自ら赤ちゃんに近寄って仲良くしようとするケースも多いです。 これは赤ちゃんならではの見た目や声から『攻撃対象ではない』と認識している可能性があります」 ーーそう思ってくれたら、飼い主さんも安心できますね。 赤ちゃんのいる家庭で猫を飼う際の注意点 ーー赤ちゃんのいる家庭で猫を飼うときに、飼い主さんが気をつけたいことはありますか? 獣医師: 「そうですね。 感染症予防として……• 猫を触ったら手を洗う• 猫トイレをマメに掃除する• 猫を外へ出さない• 猫のペースに合わせてあげることも大切です。 そして 赤ちゃんのそばに猫が近づいたら、おやつを与えるなど、猫が喜ぶことをしてあげるとよいでしょう。 また、猫が赤ちゃんに不快感を持ったときに、離れることができる隠れ場所も用意しておいてくださいね」 赤ちゃんも猫もストレスなく快適に過ごせるように、飼い主さんはできる限りの配慮をしてあげられるといいですね。 取材・文/sorami.

次の

ハッカ油は猫・犬・鳥・ウサギには禁忌?妊婦や赤ちゃんに使うときの注意点!|タヌドア!

赤ちゃん 猫 注意点

猫を飼っている方が妊娠を望んでいる場合や、赤ちゃんが産まれた場合、何に気を付けたらいいのか気になります。 猫と赤ちゃんが上手く同居できるのか、安全対策などが知りたいですよね。 猫を飼っている多くの方が直面する問題です。 愛猫家の女性は赤ちゃんが産まれると、猫を飼い続けることを反対されて悩むことが多いようです。 猫が赤ちゃんを引っ掻くのではないかとか、赤ちゃんが猫アレルギーになるのではないかと言われるようです。 また、猫の抜け毛が赤ちゃんに良くないのではないかと言われてしまうようです。 でも、実際に猫を飼っていて、赤ちゃんと上手く同居している人もたくさんいます。 猫がいることによって、赤ちゃんも動物を可愛がる優しい性格になって良かったという例もあります。 猫と赤ちゃんが同居生活を送る場合、いくつか注意しなくてはならないことがあります。 赤ちゃんの為に安全対策や準備をしておけば、今まで以上に楽しく猫と暮らすことができます。 猫と赤ちゃんが一緒に過ごす為に、正しい知識を身につけて準備しておくことが大切です。 そこで今回は、猫と赤ちゃんの同居生活を送る為の、安全対策や準備などの注意点をお伝えします。 猫を新たな環境に慣れさせよう 猫と赤ちゃんが生活するとなると、猫を新たな生活環境に慣らせておく必要があります。 新たに家族が増えることでベビーベッドの場所を考えたり、猫のトイレの場所を変更したりしなくてはいけません。 猫が新たな環境変化に慣れるように、後は赤ちゃんが来るだけという状況を作っておくと良いでしょう。 最初、猫は、赤ちゃんの匂いや泣き声を嫌がるかもしれません。 嫌なことがあった時に逃げ込める隠れ家を作ってあげて、お気に入りのタオルなどを置いてあげましょう。 猫と赤ちゃんの同居前に、赤ちゃんの泣き声やおもちゃの音を聞かせて慣れさせる方法もあります。 トキソプラズマ感染症に注意しよう 猫と赤ちゃんの同居生活で気になることは、トキソプラズマ感染症という猫から人にうつる可能性のある感染症です。 母体がトキソプラズマに感染すると、胎盤を通じて胎児にも感染する可能性があります。 妊娠初期では25%以下、妊娠末期では60〜70%の確率で発症すると言われています。 猫を飼っていて妊娠の可能性のある方は、飼い主は婦人科で、猫は動物病院でトキソプラズマの検査を行っておくと安心です。 猫がトキソプラズマ感染症にかかっている場合は、猫の治療をしましょう。 完治するまで排泄物を早く片付けたり、猫と寝ないようにしたり、食べ物の口移しや口元を舐めさせないようにしましょう。 猫と触れ合った後は手を洗うことなどに気を付ければ大丈夫です。 猫と赤ちゃんが同居する上で、一番大切なことかもしれません。 アレルギーに注意しよう 猫と赤ちゃんが同居する中で、赤ちゃんが猫アレルギーになるのではないかと心配する人が多いです。 猫のアレルゲンは、猫のフケと唾液と言われています。 毛があるからアレルギーになると思われますが、スフィンクスのようなほぼ毛のない猫でもフケは出ます。 猫アレルギーの人はたくさんいますが、アレルゲンは猫だけではありません。 一番多いアレルゲンはハウスダストだと言われています。 まめに掃除機をかけて、部屋の掃除をすることを習慣づけておくと良いでしょう。 少々のアレルゲンには対抗できる抵抗力をつけておく方が良いという意見もあります。 猫と赤ちゃんが同居するように、小さい頃から動物が身近にいる方がアレルギーを起こしにくいという近年の研究もあります。 いきなり猫を赤ちゃんに会わせないようにしよう 猫と赤ちゃんが同居するには、飼い主が出産を終えて久しぶりに猫に会う最初の瞬間が大切です。 家に入る時は夫に赤ちゃんを抱っこしてもらうなどして、猫に赤ちゃんをいきなり会わせないようにしましょう。 飼い主は赤ちゃんから遠ざかった場所で、猫と再会した方が良いでしょう。 猫がいきなり来た赤ちゃんを怖がる可能性があるからです。 最初に猫に赤ちゃんを会せる時は、赤ちゃんが泣いていない時や寝ている時が望ましいです。 猫が赤ちゃんの側に自分のペースで行くまで待ちましょう。 この時猫は赤ちゃんの匂いを嗅いだり、周りを回ったりします。 もし猫が怖がった場合は、おやつなどで注意を引いて猫を赤ちゃんから離しましょう。 赤ちゃんの寝かせる場所を工夫しよう 猫と赤ちゃんが一緒に生活する中で、寝る部屋を一緒にしてもいいのか悩みます。 これは、猫の性格にもよって赤ちゃんがいても近づかない猫もいますし、近づく猫もいます。 寒い季節だと猫が赤ちゃんの上に乗ったりするので、赤ちゃんが寝る時はベビー用の蚊帳を置くと良いでしょう。 また、猫が赤ちゃんの顔を舐めに来ることから防ぐ意味もあります。 ベビーベッドに赤ちゃんを寝かせると高さがあって、猫の毛が入って来にくいという利点もあります。 赤ちゃんが寝がえりが打てない間は、夜は猫と別の部屋に寝かせるという方法が良いでしょう。 昼は飼い主が赤ちゃんが寝ている側に猫が寄っていかないか見張っていることが大切です。 赤ちゃんに猫の触り方を教えよう 猫と赤ちゃんが同居する中で、赤ちゃんに猫の撫で方・触り方を親が教える必要が出てきます。 赤ちゃんは興味のあるものに触ろうとしますし、手に触れるものを握ろうとします。 ハイハイができるようになると、猫に突進していって猫を掴み、猫を怒らせることになります。 猫は赤ちゃんの予測できない動きが苦手です。 赤ちゃんが理解できるようになったら、手を開いて優しく猫を撫でる方法を教えましょう。 親がお手本を見せて、「こうして手をパーにしてナデナデするのよ」と猫との接し方を教えましょう。 赤ちゃんから目を離さないようにしよう 猫と赤ちゃんが同じ環境で生活する中では、やはり親は赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。 猫は赤ちゃん特有のいきなりの動きや、いきなりの大声を嫌がります。 赤ちゃんがハイハイを始めるようになると目線が猫と同じになり、猫が怖がる場合もあります。 猫と赤ちゃんが同居していると、猫から攻撃するより、赤ちゃんが猫を押し倒したり掴んだりすることがあります。 猫の方から来た時は触ってもいいけれど、自分からは触らないように、赤ちゃんに話しかけて下さい。 小さいながらも赤ちゃんも段々と理解できるようになります。 あまりにも危険な場合は、別々の部屋で過ごさせるようにしましょう。 いかがでしたでしょうか。 猫と赤ちゃんの同居生活で、安全対策や準備などの注意点を書いてみました。 普段から大人しい猫だと、赤ちゃんが生まれてもすんなりとなじめるケースもあります。 しかし、攻撃的な猫ややんちゃな猫だと、赤ちゃんとの同居が難しく部屋を分けるケースもあるようです。 赤ちゃんが産まれてから、猫がより甘えてくるようになったという場合もあります。 そういう時は、赤ちゃんがいても十分に猫に構ってあげて、可愛がってあげましょう。 愛猫家の女性からすると、猫と赤ちゃんが上手く一緒に生活してほしいと願う人がほとんどですね。 それは赤ちゃんが産まれる前から、猫のしつけをきちんとしておくことも大事になってきます。 猫のトイレの後片付けや、猫を触った後には手を洗うという習慣もつけておきましょう。 猫がいても衛生面や安全対策を考えておけば、問題になることは少ないと言えます。 妊娠中つわりがひどくて苦しい時に、猫が寄り添ってきてくれて安らぎになったという人もいます。 また、赤ちゃんの夜泣きがひどくてフラフラな時でも、猫を見ていると癒されるということもあります。 やがて子供は猫とともに成長していって、自然に優しさやいたわりを身につけるようになります。 猫を飼っていると、子供も命の大切さを感じるようになって、子供の為に良いこともたくさんあります。 猫と赤ちゃんが上手く同居して、生活が更に楽しくなるように安全対策や準備をしておきましょう。 まとめ 猫と赤ちゃんの同居生活で、安全対策や準備などの注意点は ・猫に赤ちゃんの泣き声を聞かせたりして、出産前に猫を新しい環境に慣れさせましょう ・飼い主は婦人科で、猫は動物病院で、トキソプラズマ感染症の検査を受けておくと良いでしょう ・まめに掃除機をかけて、猫アレルギーには注意しましょう ・猫が怖がる場合があるので、いきなり赤ちゃんに会わせないようにしましょう ・赤ちゃんが寝る時はベビー用の蚊帳を置くなどして、赤ちゃんの寝かせる場所を工夫しましょう ・赤ちゃんが理解できるようになったら、手を開いて撫でる方法を教えましょう ・猫は赤ちゃんのいきなりの動きを嫌がるので、赤ちゃんから目を離さないようにしましょう.

次の