料金 au。 ドコモ・au・ソフトバンク どこが一番お得で安いか携帯料金比較【2020年最新】

auガラホの料金プラン!LINEが使える機種・注意点

料金 au

auの料金プランを比較 プラン データ量 月額料金 auデータMAX プラン Netflixパック 無制限 テザリング等は 2GBまで 7,880円 auデータMAX プラン Pro 無制限 テザリング等は 20GBまで 7,480円 auフラットプラン25 Netflixパック N 25GB 7,150円 auフラットプラン20 N 20GB 6,000円 auフラットプラン7プラス N 7GB 5,480円 新auピタットプランN 0〜7GB 2,980〜5,980円 auの料金プランをざっと比較するとこんな感じです。 プランが多くて複雑ですが他の通信キャリアと比べると、 自分の使い方に応じてしっかりと選べるのが特徴。 毎月のデータ利用料が7GB〜20GBあたりの人は他社よりもお得に使うことが可能です。 契約解除料が9,500円から1,000円に値下げ• 2年契約の場合はそうでない場合より月額170円割引 現在も2年縛りの契約の方がお得ですが、途中解約の解除料金が1,000円とかなり安くなっています。 それではそれぞれのプランの特徴を紹介します! auデータMAXプラン Netflixパック データ容量無制限で映画・ドラマ・アニメが楽しみ放題の「Netflix」を利用できるプランです。 auスマートバリューはauひかりを利用することで受けられる割引です。 全ての割引が適用されると月額4,880円で利用可能。 この金額でデータ容量無制限でNetflixが利用できるのは良いですね。 また、テザリングで利用できる容量は2GBでそれ以降は翌月までテザリング利用時の通信速度が送受信最大128kbpsになるので注意が必要です。 スマホで通信容量無制限というのはかなり嬉しいですね。 また、テザリングで使用する場合は1ヶ月20GBまでの利用制限があり、制限を超えた場合は翌月まで送受信最大128kbpsになります。 auフラットプラン25 NetflixパックN 月々のデータ量25GBで映画・ドラマ・アニメが楽しみ放題の「Netflix」を利用できるプランです。 正直をこのプランを選ぶなら『auデータMAXプラン Netflixパック』を選ぶ方が良いです。 というのもこのプランは家族割引の回線数にカウントはされますが、割引はありません。 また、テザリング料金も別途必要なので注意点が多いです。 auフラットプラン20N 月々のデータ量20GBのプランです。 データ無制限にする必要は無いが、大量のデータ通信が必要な方で、家族割の対象外の人にはおすすめですが、そうで無い場合は他のプランがお得です。 auフラットプラン7プラスN データ量7GBにプラスして人気SNSのデータ消費がゼロのプランです。 プラン・割引 月額料金 2年契約N 5,480円 auスマートバリュー -1,000円 家族割(最大) -1,000円 テザリング 無料 ミドルユーザーに最もおすすめプランで、多くの人におすすめできるプランです。 バランスの良い毎月のデータ量7GBに加えて、人気SNSのデータ通信がカウントされないのでSNSメインの人はこのプランで十分です。 また、制限後の通信速度が300kbps(他は128kbps)と高速なのも特徴。 家族割の対象でコスパの良いプランです。 人気のSNSはデータカウント無し SNSカウント無しの注意• SNSからの外部リンクは対象外• テザリング利用時は対象外• TwitterのGIF画像の投稿・再生は対象外• FacebookのMessengerは対象外 新auピタットプランN 0GB〜7GBまで使用量に応じて段階的に料金が変わるプランです。 プラン・割引 月額料金 〜1GB 2,980円 〜4GB 4,480円 〜7GB 5,980円 auスマートバリュー (1GBを超えた場合に適用) -500円 家族割(最大) -1,000円 テザリング 無料 月額料金をとにかく抑えたい場合にお得なプランです。 ただし、4GBを超えてしまうと割高になってしまうので注意が必要。 外出先ではほとんどデータ通信をしないという方におすすめです。 au料金プランの使い方別のおすすめを紹介 それでは使い方に応じたおすすめを紹介します。 自分にあったプランを選ぶのが1番お得ですが、中には割高のプランもあるので是非参考にしてください。 おすすめをまとめるとこんな感じ。

次の

ドコモ・au・ソフトバンク どこが一番お得で安いか携帯料金比較【2020年最新】

料金 au

この記事の目次• ドコモ・au・ソフトバンク 携帯料金比較【2020年3月〜最新】 携帯料金プランの比較 最初にドコモ・au・ソフトバンクの料金プランを簡単に比較します。 大容量プランはドコモがギガホ(60GB)、auがデータMAXプランPro(使い放題)・データMAXプランNetflexパック、ソフトバンクがメリハリプラン(50GB)・ミニフィットプランとなっています。 ソフトバンクのメリハリプラは最大50GBで動画・SNSし放題のプランとなっていますが、2GBしか使わなかった月は1,500円割引してくれるプランとなっています。 段階制プランがドコモがギガライト(〜7GB)、auがauピタットプラン(〜7GB)、ソフトバンクがミニフィットプラン(〜5GB)となっています。 ソフトバンクは2020年3月12日よりメリハリプランとなり通話オプションが300円値上げとなります。 ギガホを使っている既存ユーザーさんも対象となっています。 auの特徴• 使い放題(auデータMAXプランPro):7,480円(2020年2月~)• 使い放題(auデータMAX Netflixパック):7,880円(9月13日〜)• auフラットプラン30(30GB):7,500円(1年目 6,500円)• auフラットプラン20(20GB):5,500円(1年目 4,500円)• 段階制auピタットプランN(1GB〜7GB):2,980円〜5,980円• 光回線割(auスマートバリュー):最大1,000円の割引• 家族割で最大1,000円の割引 auデータMAX Netflixパックはネットフリックスも見れるのにauデータMAX Proよりも1,100円も安くなっているのが特徴ですが、テザリングは最大20GBまでなので注意です。 auデータMAXプラン(8,980円):テザリング20GBまで• auデータMAX Netflixパック(7,880円):テザリング2GBまで テザリングはあまりしないけどiPhoneでネットフリックスで映画をたくさん見たいという方は「データMAX Netflixパック」は最高なのかも。 ソフトバンクの特徴• 基本料金(音声またはデータ)は980円• メリハリプランは50GBで6,500円、2GBしか使わなかったら4,000円に• メリハリプランはSNS・動画見放題できる• ミニフィットプラン(1GB:3,000円、2GB:5,000円、5GB:6,500円)• おうち割(光回線割)で最大1,000円の割引• ドコモとauの家族割は3人で最大1,000円の割引に対してソフトバンクは4人で最大2,000円の割引を受けることが可能となっています。 auのデータMaxプランProは使い放題プランで8,980円でしたが1,500円値下げして7,480円で使えるようになり料金が安くなりました。 auには定額制のフラットプランもあり選択肢の幅は広いです。 auフラットプラン20:5,500円(1年目 4,500円)• auフラットプラン30:7,500円(1年目 6,500円)• auデータMaxプランPro:7,480円 auデータMaxプランProが値下げしたことでフラットプランとほぼ同じ価格になったので、フラットプランを選ぶメリットはかなり少なくなったのかも。 フラットプランはデータを使い切ると通信速度が128kbpsに制限されてしまうので、動画もガッツリ楽しみたいなら使い放題プラン(auデータMAX Pro:7,480円)を選ぶのがいいでしょう。 1人で5GBくらいのデータを使う 一人で5GBほどデータ通信をする方のドコモ・au・ソフトバンクの料金を比較してみました。 なので、どちらかのスマホだけ大容量プランにするのがいいでしょう。 夫婦2人でインターネットやSNSをする 普通にインターネットしたりSNSをするくらいの使い方なら一人3GB〜5GBのデータ量があれば十分だと思います。 ソフトバンクの家族割はメリハリプランだけ対応しているので小容量プランはドコモ、auと比べると割高感がありますね。 家族3人で動画やSNSなど使う 家族3人で1台だけ大容量プランにして残りの2台は小容量にした場合はこうなります。 ちなみに、ドコモのギガホは6か月間は1,000円の割引となるので実際は上記料金よりも安い金額となります。 ソフトバンクは7ヶ月目以降が高くなるのが注意しないとおけないところ。 なお、 auデータMAXプランは使い放題ではありますが、テザリング、データシェア、世界データ定額のデータ通信量は30GBまでとなっています。 つまり、iPhoneで直接使うデータ通信は無制限となり、MacBookなどをテザリングで接続するとテザリング通信の部分は30GBとなります。 テザリングでデータ通信(データシェア、世界データ定額も含む) スマホでデータ通信 データ通信量:30GBまで データ通信量:無制限 速度制限:128kbps テザリングで制限がかかってもスマホのデータ通信はできる テザリングで30GBも使えればOKなのかなと思いますが、テザリングで自宅Wi-Fiとして使うことはできない…ということですね。 この辺りはしっかり対策してる感じですよね。 (auデータMAX Netflixパックは2GBまでとなります。 ) 家族4人で使う(小容量) 家族4人で1台だけ大容量プランにして残りの3台は小容量にした場合はこうなります。 もし、3人がメリハリプランにすると合計8,000円の割引を受けることができますが合計金額は25,120円なのでちょっと…って感じですね。 家族4人で中学生や高校生が2人いる 家族4人で中学生や高校生がいるとデータ量が足りなくなるというコメントを頂いたので、両親が1GB〜3GBの小容量、子どもが中容量のプランにした場合の料金プランを比較してみました。 通話はLINEをメインに使うということで5分かけ放題は両親2人だけ付けています。 auは使い放題MAXのプランに注目がいきがちですがauフラットプランを組み合わせることで意外と安く通信料金を抑えることができるのかもしれません。 どのキャリアが安い?• auも組み合わせ次第では安く収める事ができるので個人的にドコモ・auがおすすめ。 ソフトバンクも安いかなと思いましたが、ミニモンスターは家族割非対応なので家族割を受けようと思ったら家族全員がウルトラギガモンスター+にしないといけないという…。 ドコモのおすすめポイント ドコモの「ギガホ:6,980円」は30GBのデータを消費しても128kbpsではなく1Mbpsの通信制限なのでインターネットしたりSNSくらいなら普通に使うことができます。 なので、ドコモのギガホは事実上の使い放題といってもいいのかも。 ソフトバンクのギガ放題よりも大容量になって価格は据え置きなので強いですよね。 まあ、とにかく通信料金を抑えたいのなら自宅や職場に光回線があるところで基本的に使ってドコモのギガライトプランで3GBほど使うのが安くなるような気がしますね。 auのおすすめポイント auの「auデータMAXプランPro:7,480円」はデータ通信量が無制限なので動画を観たり、音楽を聞いたり、SNSし放題なので何も考えなくても快適にスマホを使うことができます。 8,980円から7,480円と値下げされるのでかなり魅力的なプランになりそうですね。 スマホをメインで使うのなら光回線を設置せずに「auデータMAXプランPro」にすることでトータルで安くすることができます。 auの場合は7GBのSNS使い放題プラン「auフラットプラン7プラス:5,480円」や「auフラットプラン20:5,000円」をうまく組み合わせることで料金を抑えることができそうです。 なお、新プラン・auデータMAX Netflixパックはデータ通信使い放題で7,880円で月々800円のNetflix込みなので実質7,080円。 Netflixを見るならドコモのギガホよりもauデータMAX Netflixパックの方が安くすることができますね。

次の

auのスマホ料金を月5,000円安くする裏技 【携帯料金節約術】

料金 au

市内通話料金 市内通話 料金表 3分間料金 8. 5円で話せる秒数 平日・昼間 夜間・休日 深夜 市内 8. 5円 180秒 8. 5円 180秒 8. 5円 240秒• 深夜時間帯は、3分間の料金で4分間通話できます。 auホームページへ移動します。 市外通話料金 0077市外通話 県内通話 料金表 3分間料金 10円で話せる秒数 平日・昼間 夜間・休日 深夜 隣接~20km 20円 90秒 20円 90秒 20円 120秒 ~60km 30円 60秒 30円 75秒 20円 90秒 60km超 40円 45秒 30円 60秒 県外通話 料金表 3分間料金 10円で話せる秒数 平日・昼間 夜間・休日 深夜 隣接~20km 20円 90秒 20円 90秒 20円 120秒 ~30km 30円 60秒 30円 60秒 30円 75秒 ~60km 40円 45秒 ~100km 60円 30秒 40円 45秒 30円 60秒 ~170km 80円 22. 5秒 60円 30秒 40円 45秒 170km超 70円 26秒• auホームページへ移動します。 サマータイム 夏時間 により時差が表記と異なる場合があります。 表記時間帯は、日本時間が適用されます。 ご利用料金は、通話開始時の料金時間帯が適用されます。 各国際サービスのご利用料金には消費税相当額は加算されません。 auホームページへ移動します。 携帯宛電話通話料金 ご自宅の一般加入電話から携帯電話・PHSへかけた通話がお安く! 0077携帯宛電話についてご案内いたします。 auホームページへ移動します。 おトクな3つの時間帯.

次の