ワイモバイル 違約金。 【ワイモバイル】違約金なしでスマホプラン(旧プラン)からスマホベーシックプラン(新プラン)に契約変更する方法

Y!mobile(ワイモバイル)の解約方法・損をしない為の注意事項ガイド

ワイモバイル 違約金

新プランに変更すると「月月割」が終了する! なお、現在「月月割」を適用されている方は注意が必要です。 新プランに変更すると、 スマホ購入に対する割引 「月月割」の適用が終了します。 例えば「月月割」で毎月2,000円割引されていた場合、新プランに変更すると 2,000円の割引が無くなります。 新プランへ切り替えると、契約解除料9,500円の支払いは無くなりますが、毎月割り引かれていた「月月割」が無くなるのは、もったいないですね。 また、現在、 スマホ代を分割で支払っている方は、 支払いが完了してから、乗り換えるほうが良いと思います。 (高いスマホ代の残債を支払う必要があるため。 ) 行動2:「翌月以降」に、ワイモバイルへ乗り換えよう! 聞き慣れない言葉だけど、大雑把に言うと 「翌月分」というイメージが良いかも。 と言っても、分からないですよね・・・ そこで、ソフトバンクでは、実際に「プラン変更」をすると、 新プランが「適用開始される日」が表示されます。 「My SoftBank」から「契約・オプション管理」のトップに表示されますよ。 出典 上の画像の 「適用日」が、 新プランのスタート日です。 ざっくり言うと、翌月以降、ワイモバイルに乗り換えてもOK! 上の画像の「適用日」から、新プランがスタートします。 この日以降、ワイモバイルに乗り換えても「契約解除料」は発生しません。 具体的なステップは、専用ページを作成しました。 乗り換えがはじめての方でも分かりやすいように、 写真とイラストと動画を使って、ステップ・バイ・ステップで丁寧に分かりやすく解説しています。 ぜひ、この記事を参考に、「ワイモバイルへの『おトクな』乗り換え」を実現してくださいね。 詳しくは下の記事から、チェックしてくださいね。 まとめ この記事は、「ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換え時、違約金免除 契約解除料無し にする方法」を解説しました。 これからもワイモバイルを検討されている方に、ワイモバイルのプランやメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。 今後ともよろしくお願いいたします!.

次の

ワイモバイル(Ymobile)の違約金負担と解約方法、注意点について解説します!

ワイモバイル 違約金

目次 CLOSE• ワイモバイルで変更できるプランと適用タイミング ワイモバイルのプラン変更は、My Y! mobileで手続きができます。 手数料や回数制限もないので、気軽に変更できます。 ただし、どんなプランにでも変更ができるわけではありません。 変更できるプランは、下記の通りになります。 月末の21:00までにMy Y! mobileから変更手続きを行えば、翌月から変更手続きしたプランになります。 21:00以降に手続きをした場合は翌々月にプラン変更されます。 手続きの時間には注意しましょう。 プラン変更をする際の注意点3つ プラン変更をする時には、注意すべき点が3つあるので紹介していきます。 これらのプランから、2年経過前にベーシックプランへプラン変更する場合、違約金 契約解除料 が発生します。 ただし下記のどちらかを満たしている場合は、違約金は発生しません。 ワイモバイルを継続して2年以上ご契約していること• 機種変更と同時にスマホベーシックプランにプラン変更すること ちなみに私はスマホプランSでSIMカードのみ契約をしており、機種変更をした際にスマホベーシックプランSへプラン変更しました。 2番目の条件となる「機種変更と同時にスマホベーシックプランにプラン変更すること」に該当したため、違約金は無しでプラン変更できました。 これらの旧プランからプラン変更をした場合、月額割引は減額されます。 月額割引で割引される金額は、プランごとに違いがあります。 データ容量が多いプラン程、割引金額は大きいです。 データ容量が高いプランから低いプランに変更した場合は、割引金額が減額されてしまう可能性があるので気を付けてください。 あわせて注意したいのは、プランを元に戻した場合でも割引金額は戻らないということです。 例えば最初にスマホプランMを契約してスマホプランSに変更した際に、月額割引の割引金額が減ったとします。 その後、スマホプランSからスマホプランMに変更しても、月額割引の割引金額はスマホプランSでの割引金額のままになります。 最初に契約したプランの割引金額は増えないのですが、減ることはあるので十分に気を付けてください。 ワイモバイルでは、500円で500MBの高速データ通信容量を買い足すことができるのですが、 その料金がプランのデータ容量に応じて無料になります。 特に快適モードを使っている方は注意が必要です。 データ容量の自動追加をするように設定している場合は、無料回数が変わってくるので気を付けてください。 まとめ プラン変更をする場合、契約しているプランや変更タイミングによっては違約金が発生したり、機種代金が高くなってしまうケースがあります。 My Y! mobileを利用すれば簡単にプラン変更できますが、損をしないように気を付けた方がいいです。 本記事で紹介した内容にて、関係のあるところがないかプラン変更前にご確認ください。

次の

Y!mobile(ワイモバイル)の解約方法と解約金(違約金)を徹底解説!

ワイモバイル 違約金

ワイモバイルの解約方法 ワイモバイルの解約方法は大きく分けて3つあります。 ワイモバイルショップで解約する方法・郵送で解約する方法・そしてMNPを利用して他社へ乗り換える方法です。 ここで一番重要なポイントは、 ワイモバイルではWebを通した解約受付は行われていないという点です。 つまりは、ワイモバイルのWebサービス「My Y! mobile」を通して解約することはできません。 また、MNPによる他社への乗り換えに必要なMNP予約番号も、例外を除いてWebでの発行は行われていません。 ワイモバイルショップで、もしくはワイモバイルの総合窓口に電話して発行してもらう方法の2つのみとなります。 ワイモバイルショップ・店舗で解約する方法 ワイモバイルショップでは即日解約可能 ワイモバイルショップでの解約において必要なものは 運転免許証などの本人確認書類・印鑑・契約中のワイモバイル機器です。 ただし印鑑がない場合は来店時のサインでもよく、またワイモバイル機器を紛失した場合は持ち込み必須ではありません。 本人確認書類の対象となるのは以下の6点で、いずれか1点の用意が必要です。 また各本人確認書類ごとに必須記載項目などもあります。 本人確認書類は解約時に必要となるので、補助書類の有無なども含めて確認しておきましょう。 ワイモバイルショップでの解約は即日解約手続きが可能です。 そのためすぐに解約したい場合は店舗に出向くのが一番早い方法となります。 ワイモバイルの公式HPではワイモバイルショップの混雑具合を掲載しているので、確認しましょう。 ワイモバイルショップの混雑目安 ワイモバイルショップは平日の午前中や夕方までの時間帯が比較的空いています。 ショップによって混雑する時間帯も異なるので、事前に電話連絡をして確認しておくのも良いでしょう。 ちなみにここで注意しなければならないのは、ワイモバイルの解約は、ウィルコム時代のプランを除いては、基本使用料の支払いが日割りにならず 月途中の解約でも満額請求となる点です。 そのためなるべく月末近くに解約する方が得となります。 委任状はワイモバイル公式サイトからダウンロード可能 この他、ワイモバイルの解約は契約者の家族に限り、代理解約手続きを行うことが可能です。 その場合はの記入と持参が必須となります。 また、ワイモバイル直営店以外のショップで契約した回線は、ワイモバイルショップで行うことができない場合があるので注意しましょう。 郵送で解約する方法 便利な郵送解約 ワイモバイルは解約申込書を郵送で送って解約することも可能です。 この場合はワイモバイルショップに出向く必要がないため、時間がない方やその手間をかけたくない方、また近くにワイモバイルショップがない方などは 郵送解約が便利です。 まずは ワイモバイルカスタマーセンターに電話をして、解約申込書を送ってもらう手続きをしましょう。 自動音声サービスの指示に従って番号を押していくだけでOKです。 通話料は無料となっています。 郵送解約の場合は 解約申込書がワイモバイルに届いた時点で解約手続き完了となるため、更新月中に解約する場合は余裕をもって解約申込書を申請し、返送しましょう。 月末に返送したのに届いたのが月初になってしまうと、翌月解約扱いとなってしまいます。 この点は特に注意してください。 MNPを利用し他社へ乗り換える方法 MNPを利用して他社に乗り換える場合は、まず MNP予約番号の発行が必須です。 ワイモバイルのMNP予約番号発行方法は、ワイモバイルショップに出向いて発行してもらうか、ワイモバイルの総合窓口に電話して発行してもらうかの2つの方法となります。 ワイモバイルショップに出向いて発行してもらう場合は、 本人確認書類の持参が必須です。 総合窓口に電話して発行してもらう場合は以下の電話番号に電話して発行してもらいます。 総合窓口への電話は通話料有料となっています。 また総合窓口に電話してのMNP予約番号発行は契約者本人からの電話であることも必須で、電話口にて本人であることを証明するための確認作業も行われます。 総合窓口の営業時間は 年中無休9:00~20:00となっています。 以下のプランを契約している場合は、ワイモバイルのWebサービス「 My Y! mobile」で、 年中無休9:00~21:30の間でMNP予約番号を発行することができます。 ・EMOBILE 4G ・EMOBILE LTE ・EMOBILE 3G WEBでの発行にもかかわらず時間制限がある点は注意してください。 これ以外のプランは、ワイモバイルショップに出向くか総合窓口に電話する必要があります。 ただし、PHS関連の契約の場合は総合窓口に電話するしか方法がないので、注意してください。 ワイモバイルを解約するとかかる費用 事前に費用を確認 ワイモバイルを解約する場合に発生する各手数料は、 契約解除料と端末を分割購入した場合の 残金(割賦残金)が主です。 他に 一括購入割引(バリュースタイル契約)で端末を購入していれば24ヶ月以内で解約する場合に発生する契約解除料、MNPによる他社への乗り換えの場合は MNP転出手数料です。 通常の契約解除料は、スマホプランなどの2年契約のプラン(旧料金プラン)を24ヶ月ごとに発生する更新月以外に解約する場合は 9,500円となります。 スマホベーシックプラン・ケータイベーシックプランなど契約期間のないプラン(新料金プラン)は、いつ解約しても契約解除料は発生しません。 契約期間はベーシックプランを除き2年ではなく3年なので注意してください。 新規契約受付が終了しているプランについてはワイモバイル公式サイトを参照してください。 参照: 端末を分割購入し、解約時点で割賦残金が残っている場合は、支払いが完了するまで継続されます。 つまりワイモバイルを解約したからと言って残金の支払いまで免除されるわけではありません。 割賦残金の支払いはこれまで通り月ごとに請求されますが、 ワイモバイルショップで解約する場合はその時点での残金を一括で支払うことも可能です。 一括購入割引(バリュースタイル契約)を利用して端末を購入していて、それを24ヶ月以内に解約する場合は、パターンと契約年月に応じた契約解除料が発生します。 そもそも一括購入割引は24ヶ月以上の長期契約を前提に、端末を割引価格で購入できる特別割引特典です。 そのため24ヶ月以内の解約の場合は違約金が発生することとなります。 一括購入割引の24ヶ月以内の途中解約による契約解除料は、ワイモバイルの公式サイトを参照してください。 参照: MNP転出手数料は新規契約月から6ヶ月を越えているか越えていないかで変わってきます。 越えていない場合は 6,000円、越えている場合は 3,000円です。 ここでは、少しでも無駄な出費を減らして安く解約費用をおさえるために覚えておきたい、ベストな解約のタイミングを説明します。 なるべく月末に解約しよう 前述したとおり、 ワイモバイルの解約月は、日割り請求は適用されず、満額分として請求されます。 つまり、月初ないしは、1日に解約するほど、実質的に損をすることになります。 どうせ満額分請求されるのであれば、月末ギリギリまでワイモバイルを使って解約することをおすすめします。 更新月&機種代金を支払い終えている 2年間の自動更新契約の旧プラン(スマホプラン)では、更新月以外での解約や他社へMNPを行う場合に、9,500円の違約金が発生します。 更新月は、24ヶ月目を契約満了月として、 25カ月目・26カ月目・27カ月目の3ヶ月間です。 この期間内での解約であれば違約金は発生しないので、なるべくこのタイミングを狙いましょう。 そして、機種代金の残債がまだ残っている場合は、なるべく支払い終えてからの解約をおすすめします。 他社へ乗り換えるに伴って新機種を購入した場合、ワイモバイルで購入した旧機種代金との支払いが重複してしまいます。 なるべく料金を支払っている間は利用した後に解約するようにして、無駄な出費は減らすように心がけてみて下さい。 ・ソフトバンクと同じ 良質な回線を利用することができる ・ 全国約460,000ケ所のWi-Fiスポットを無料で利用できる ・スマホベーシックプランは10分以内の国内通話料が回数無制限で 無料となる ・スマホベーシックプランは月額1,000円で 時間無制限の国内通話かけ放題サービスが利用できる ・ iPhoneも販売されている ・家族割は家族回線や同一名義の複数回線が対象で子回線ごとに 月額500円の割引となる 例えばWi-Fiスポットだけを見てみても、同じく一部のプランを除いて無料Wi-Fiサービスを提供している「BIGLOBE モバイル」の場合は全国約83,000ヶ所でなので、 その6倍近い場所で無料のWi-Fiスポットを利用できるワイモバイルは相当優秀です。 ワイモバイルは、ドコモやauに対する格安SIM「MVNO」のような位置付けではなく、 あくまでもソフトバンクのサブブランドです。 安価なプランや独自の端末ラインアップに加えて、ソフトバンクと同等のサービスを利用することができます。 ちなみに筆者の場合は他社からワイモバイルに乗り換えたばかりなのですが、ワイモバイルは格安SIMと同等の料金プランでありながら良質な回線とサービスをフルに受けることができる点に大変満足しています。

次の