ミシャ 札幌。 J1の「台風の目」札幌と大分、似て非なる2つの“ミシャ式”(SPAIA)札幌・ペトロビッチ監督を師と仰ぐ大分・片…|dメニューニュース(NTTドコモ)

ミシャと札幌が考える“勝ち点70”。「まだ3年目、きっと生き残れる」(Number Web)

ミシャ 札幌

クラブ史上初のタイトルまであと一歩(ルヴァンカップ準優勝)に迫った北海道コンサドーレ札幌と、7年ぶりのJ1挑戦ながら18チーム中9位でリーグ戦をフィニッシュするという健闘を見せた大分トリニータだ。 北海道と大分県、遠く離れたそれぞれのチームが見せたのは、同じルーツを持つ魅惑のアタッキング・フットボールだった。 2018年から北海道コンサドーレ札幌(以下、コンサドーレ)を率いるのはミハイロ・ペトロビッチ監督。 サンフレッチェ広島と浦和レッズで一時代を築いたのち日本最北端の地へやってきた彼は、就任初年度にクラブ史上J1最高成績の4位でシーズンを終えるという大躍進をもたらした。 そんなペトロビッチ監督を師と仰ぐのが、2016年から大分トリニータ(以下、トリニータ)を率いる片野坂知宏監督だ。 就任時トリニータはJ3にいたが3シーズンでJ2準優勝を成し遂げ、昨季J1で台風の目となるチームを作った。 ふたりは2010年にサンフレッチェ広島で出会い、師弟関係となった。 片野坂コーチはペトロビッチ監督の独特なチーム作りに多大な影響を受けたという。 しかし、同じ戦術を志向するふたりの監督のふたつのチームは、全く違うデータを示している。 基本フォーメーションは3-4-2-1を採用し、攻撃時は両サイドのウイングバックが高い位置を取り5トップのような形になる。 3人のセンターバックにダブルボランチの片方が加わって4バック化するため、一時的に4-1-5に変形する。 選手が絶え間なくポジションチェンジして対戦相手を混乱させ、その隙を突いて攻撃する。 守備時は両ウイングバックが下がってボランチが元の位置へ戻り5-4-1の強固なブロックを作る。 ボランチが下がって4バック化するパターンと、ボランチが下がらずゴールキーパーを上げて4バック化するパターンを兼用する。 ゴールキーパーを上げるのは相当なリスクを伴い、事実、ボールを奪われてガラ空きのゴールへシュートを打たれるというシーンが何度かあった。 しかし片野坂監督はブレずに続けた。 まず、コンサドーレが自陣でボールを持っている割合を示す「自陣ポゼッション指数」は53ポイントでリーグ7位だが、「ロングカウンター指数」、つまりディフェンシブサードでのボール奪取から15秒以内にアタッキングサードを狙った割合はリーグ2位。 また「ショートカウンター指数」が2018年の40ポイントから2019年には54ポイントと急上昇しているのに加え、2019年の「中央攻撃」の割合がリーグ1位となっている。 チーム内で誰が最もパスを受けているか数値化した「パスレシーブポイント」は、中央でプレーするセンターフォワード鈴木がチーム1位、シャドーのチャナティップが2位、A・ロペスが3位。 つまり、サイドで幅を取ったウイングバックを餌にして中央に人数をかけて素早く攻める、ポゼッション型と見せかけたカウンター型のチームと言える。 一方、トリニータの「自陣ポゼッション指数」は、73ポイントと断トツでリーグ1位。 トリニータは2019年のJ1で最も自陣でボールを持っていたチームということになる。 しかし、「ロングカウンター指数」は最下位。 「中央攻撃」の割合も最下位となっているが、シュートを放った確率はリーグ最高だった。 「パスレシーブポイント」は、サイドに張るウイングバック松本が1位、シャドーやボランチを務める小塚が2位、センターバック岩田が3位。 つまり、トリニータはゴールキーパーとディフェンダーにポゼッションさせて、中央の餌に食らいついてきた相手をサイドから突破する疑似カウンターのチームと言える。 強力なフォワードを擁する直線的なコンサドーレと、J2から昇格し予算の少ない中、能力で劣るフォワードにスペースを与えるため道を広げたトリニータ。

次の

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ — 線の魔術 | イベント | STV

ミシャ 札幌

この日、キックオフから25分間の札幌は極上のエンターテイメントだった。 可変システムの特性を生かしたサイドチェンジを起点に、複数人が連動して奪ったチャナティップの先制点。 そして後方でボールを動かしてから背後へのロングボール1本で広島守備陣を混乱させ、ジェイが35mもの距離からループシュートを決めた追加点。 どちらもファインゴールだったし、ゲーム全体で見ても圧倒的に広島を押し込んでいた。 攻め続けるスタイルの魅惑と脆さ。 だが、その高揚感は長く続かなかった。 広島の城福浩監督がこの日のために採用した3-4-2-1システムは、時間を経るにつれて落ち着きを取り戻す。 それとは対照的に、札幌の攻撃はパワーダウンした。 気づけば後半7分の時点で2点リードは消えていた。 焦り始めた札幌は後方からのビルドアップにミスが生まれ、相手カウンター時には中盤のフィルターが利かないどころか最終ラインのど真ん中がガラ空きになってシュートを浴びる。 ク・ソンユンのビッグセーブがなければ、広島の一方的な展開になっていてもおかしくなかった。 終盤、ジェイに加えて切り札の都倉賢、そしてDFのキム・ミンテも前線に上げるパワープレーは状況を打開する可能性を感じさせた。 実際には、試合は2-2のままタイムアップ。

次の

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ — 線の魔術 | イベント | STV

ミシャ 札幌

ミシャ監督の今までの功績は以下のようなものです。 ミハイロ・ペトロヴィッチ監督のプロフィール ミハイロ・ペトロヴィッチ監督、愛称ミシャ監督はセルビアの出身です。 今はオーストリア国籍を取得しています。 1957年10月18日生まれ。 2019年末現在、62才ですね。 誕生日には選手・スタッフ一同からお祝いをされていた様子がニュースになっていました。 選手たちのみんなミシャの顔がプリントされた赤いTシャツを着ていました! 素敵じゃないですか! みんなから愛されているのですね。 選手時代にはユーゴスラビア代表としてのキャップ数もあります。 1993年からはオーストリアやスロベニアで監督業をしてきましたが、2006年シーズンからは日本で監督をするため来日しました。 2019年シーズンで13年も日本にいるのですよね。 そんなに日本が気に入ってくれてうれしいです。 札幌も気に入ってくれたでしょうか? ミシャの日本での監督としての功績は? 日本ではサンフレッチェ広島と浦和レッズを率いていました。 サンフレッチェ広島での戦績 日本で最初に監督をしたチームはサンフレッチェ広島です。 6シーズンの長きにわたって広島を率いて、それまで中位から下位に低迷していた成績を順当に上げていきました。 2006年 J1リーグ 10位• 2007年 J1リーグ 16位 天皇杯 準優勝• 2008年 J2リーグ 1位 天皇杯 ベスト8• 2009年 J1リーグ 4位• 2010年 J1リーグ 7位 Jリーグ杯 準優勝• 2011年 J1リーグ 7位 浦和レッズでの戦績 浦和レッズでは6シーズン監督を務めましたが、2017年途中解任されてしまいます。 その引き金となったのは、何を隠そう北海道コンサドーレ札幌との試合での敗戦なのでした。 2012年 J1リーグ 3位• 2013年 J1リーグ 6位 Jリーグ杯 準優勝• 2014年 J1リーグ 2位 Jリーグ杯 ベスト8• 2015年 J1リーグ 3位 Jリーグ杯 ベスト8 天皇杯 準優勝• 2016年 J1リーグ 2位 Jリーグ杯 優勝• 2017年 J1リーグ 8位 コンササポの間ではうちらがミシャの介錯をしてしまったよね~と話題になっていましたが、まさかそのミシャが今度は自分たちが応援するチームの監督になるとは誰も思っていなかったことでしょう。 ミシャ式と呼ばれる特殊なサッカースタイル ミシャのサッカーの一番の特徴は攻撃に重きを置いたその独特なスタイルです。 これはミシャ式と呼ばれていますね。 2点取られても、3点を取って勝つサッカー! それがミシャのスタイルです。 点数の入るサッカーの方がお客さんが盛り上がる、それがミシャ式の原点のようですね。 確かに0-0のスコアレスドローの試合よりも、たとえ負けても得点が入れば、ゴールが決まった時には喜ぶことができますもんね。 取得するのに時間がかかるとも言われています。 北海道コンサドーレ札幌での一年目のシーズンはミシャチルドレンとも言われるミシャ式サッカーを知り尽くした駒井善成選手がいたおかげで、なんとか形を作ることが出来たと思います。 その結果の好成績でしたね。 ミシャのあめちゃん ミシャのあめちゃんってなんのことやら?と思っていますね? ご説明します! 監督はたくさんの記者たちに囲まれて取材を受けますよね? そんな時、ミシャは記者のみんなにあめちゃんを渡すのですよ。 ポケットからおもむろにあめちゃんを取り出して、みんなに渡す。 なんだかカワイイですよね。 時にあめの数が足りない時には、レディファーストで女性記者から貰っているようです。 そんな紳士的なところもミシャらしいな~。 ミシャのハグ&チュー 北海道コンサドーレ札幌の試合を観ているとよく目にする光景があります。 選手交代の時、交代してピッチを退いた選手に対してミシャが熱いハグをするのです。 ハグをして背中をポンポンと優しく叩く。 まるでお父さんのようです。 時には熱烈なチューもっ! 本来、スタメンで出場した選手は最後までピッチにいたいものです。 それが戦術的なことや体力的なことや仕方ないこととはいえ、途中で交代することになる。 悔しいですよね。 そんな選手の心情をミシャは慮っているのですよね。 そのうちセクハラで訴えられたらどうしようとひそかに思っていることは内緒です。 ミシャの三年目はどうなる? ちまたではミシャ監督になったチームは二年目には成績が下がると言われています。 事実、北海道コンサドーレ札幌もミシャ監督一年目は史上最高成績の4位でしたが、二年目の2019年シーズンは10位でした。 最後の試合、負けずにせめて引き分けだったら7位で終われたのですが・・・残念。 でも、三年目は成績が上がっているんですよ。 2020年シーズンの北海道コンサドーレ札幌がとても楽しみになってきました。 今までやらなかった守備にも力を入れる、とミシャが言っていることでもあるし。 2020年シーズンが待ち遠しいよ! We Are Sapporo! We Are Sapporo!

次の