スカーレット 歌詞。 Berryz工房 胸さわぎスカーレット 歌詞

朝ドラ「スカーレット」の主題歌歌詞についてこの曲の歌詞は比較的わか...

スカーレット 歌詞

1曲目に収録されている 新曲「唇スカーレット」について。 今回は「唇スカーレット」の 歌詞の意味を考察し解説します。 「唇スカーレット」の歌詞の意味については、 親しみやすくするために 主人公の言葉や気持ちを 代弁する形をとっています。 PV YouTube動画 は 歌詞の下に設置しています。 演歌界のイケメンをPVで拝みつつ ぜひ歌詞をご覧になって 一緒に歌ってみて下さいね。 それでは、さっそく見ていきましょう。 山内惠介「唇スカーレット」歌詞 唇スカーレット 作詞 松井五郎 作曲 水森英夫 編曲 馬飼野俊一 抱きしめていたいんだ… これが たとえ嘘でも くちづけは 覚えていたい いつか消える夢ほど 強く指を絡め合い なにも いらない なにも 今夜 このまま 今夜 恋の色はスカーレット 唇スカーレット 君にあげるから どこか 連れて行ってと 耳もとで 囁くけれど 遠く ばかり見ていたら たぶん道に迷うもの もしも 二人が もしも 今夜 このまま 今夜 恋の色はスカーレット 唇スカーレット 君にあげるから 蜜の甘さばかりを 幸せと思いたがるよ 棘の痛み忘れれば 花はどうせ枯れるのに なにも いらない なにも 今夜 このまま 今夜 恋の色はスカーレット 唇スカーレット 君にあげるから きっとあげるから 山内惠介「唇スカーレット」歌詞の意味を解説 君をずっと 抱きしめていたいよ。 折れるくらいに強く… 離したくないんだ。 ふたりの関係が たとえ一時の夢でも… いつか途切れて あとかたもなく 消えてしまうような 幻だったとしても… 君と心震わせて 愛を確かめ合った あの日のくちづけを 忘れたくないよ! ずっと覚えていたい。 この恋はいつか切なく虚しく 終わってしまうだろうか…。 愛し合った… その一瞬一瞬は まるですぐに消えてしまう シャボン玉のように儚い。 離れたくない想いは 絡め合った指の先までも ふたりを熱く強く結び付ける。 なにもいらない。 君以外は…なにも… 今ふたりでいる、この時が なによりも大切なんだ。 もしも時間を操る事が できるとしたら… この夜を何度も何度も 繰り返すのに…。 この恋は炎のように紅い色。 燃え上がる 心の炎を唇に重ねて… 愛する君に贈るよ。 誰も知らないどこか遠くへ 何もかも忘れて… ふたりだけでいられる どこかへ… 私をさらって行って欲しいと 君は悲しげな小さな声で 伏し目がちに静かに囁く。 けれど… 今のふたりの事にばかり 気を取られ… 激情に身を任せて ここから逃げる事ばかり 考えていたら…ふたりは きっと、いつか疲れて どうして一緒にいるのかさえ 忘れてしまう。 たどり着く場所が 見えなくなって迷うだろう。 もしも、ふたりが… ずっと一緒にいられるなら もしも…。 たとえ時間を操る事が できなくても… この夜を何度も何度も 同じように繰り返すよ…。 この恋は炎のように紅い色 燃え上がる 心の炎を唇に重ねて… 愛する君に贈るよ。 むさぼり合い 求め合い 愛し愛される喜び。 恋の甘いところだけを見て 幸せだと思いたがるけど… 恋は楽しいばかりじゃない。 傷つけ合う事もあるし すれ違う事もある。 互いを思いやる事を忘れて 大切な想いを枯らしたくない。 なにもいらない。 君以外は…なにも… ふたりでいる、この時が なによりも大切なんだ。 もしも時間を操る事が できるとしたら… この夜を何度も何度も 繰り返すのに…。 この恋は炎のように紅い色 燃え上がる 心の炎を唇に重ねて… 愛する君に贈るよ。 必ず愛する君に贈るよ。 最後に 情熱的に愛される事は 女性にとって 最高の幸せでしょう。 それが… 互いに相思相愛なら 天にも昇る気持ちです。 その恋のためなら 何を犠牲にしてもいいと 思えるぼとに…。 そんな熱烈に 愛されてみたいものです。 PVは王子ですネ〜! なんと…上品な 立ち振る舞いでしょう。 お顔も端正で… そりゃ〜妙齢のお姉様の ハートを掴むはずです。 歌詞を見ると とても演歌には 思えないほどオシャレ。 新しい演歌の在り方 なのかもしれませんね!.

次の

「スカーレット」信楽太郎の名曲”さいなら”歌詞と動画

スカーレット 歌詞

bluemamaさんによる写真ACからの写真 戸田恵梨香さん主演の朝ドラ『スカーレット』が始まりました。 創作活動、子育てにエネルギーを注いだ女性陶芸家のお話です。 主題歌は、音楽ユニットSuperfly(スーパーフライ)の歌う「フレア」。 この記事では、『スカーレット』の主題歌「フレア」の歌詞と発売日、配信日をご紹介。 後半では、陶芸や信楽の歴史をひもときながら、歌詞の意味について考察してみたいと思います。 ドラマタイトル『スカーレット』の意味は? ドラマのタイトル『スカーレット』とは、「 緋色(ひいろ)」を意味します。 やや黄色味がかった 赤のことです。 陶芸の世界では、緋色は理想の色のひとつです。 それだけ、到達するのが難しい色でもあります。 アーティスト:Superfly 曲名:「フレア」 Superflyが連続テレビ小説の主題歌を制作し歌うのは初めて。 『スカーレット』のために作られたオリジナルソングです。 陶芸家が向き合う、窯(かま)の中の炎を表します。 また、 【 flair 】は、「創造力」「(生まれつきの)才能」を意味します。 Superfly「フレア」の歌詞 ドラマの冒頭で使われている部分の歌詞を、引用します。 涙が降れば きっと消えてしまう 揺らぐ残り火 どうかここにいて 私を創る 出会いやサヨナラも 日々 恋をして 胸を焦がしたい いたずらな空にも 悔やんでいられない ほら 笑うのよ 赤い太陽のように いつの日も 雨に負けるもんか 今日の日も 涙に負けるもんか やさしい風に吹かれて 炎はふたたび舞い上がる 作詞・作曲を担当したのは、Superflyのボーカルの越智 史帆(おち しほ)さん。 カントリー風のシンプルなメロディラインの曲です。 「フレア」の発売日と配信日は? 『スカーレット』の主題歌「フレア」の発売日は、 2020年1月15日(水)。 Superflyのニューアルバム『0』に収録されます。 発売に先がけ、 11月1日より、MVがデジタル配信されています。 配信サイト: 越智さんのパワフルで優しい歌声を、フルバージョンで聴けます。 スポンサーリンク ドラマとの関連は? 「フレア」の歌詞の意味を考察 『スカーレット』の物語は、信楽で活躍する陶芸家・神山 清子(こうやま きよこ)さんの半生を参考にしています。 関連: シンプルに見える「フレア」の歌詞ですが、陶芸の世界・信楽焼の歴史について調べると、深い意味が見えてきます。 「揺らぐ残り火 どうかここにいて」 「残り火」とは、一般的には「燃え切らないで残っている火」「 消したつもりで、消えずに残った火」という意味です。 また、「 恋愛の残り火」「 青春の残り火」のように、比喩的に使う場合もあります。 この場合は、【 叶わなかった願望に対する未練/いちどは情熱を注いだものの、今は燃えカスとなったもの 】という意味合いです。 一般的には、ネガティブな意味で使われることの多い「残り火」。 陶芸の世界では、少しニュアンスが違います。 火は空気を遮断して消すのが一般的ですが、とうぜんすぐには消えません。 このため、この「残り火」が陶器に独特の風合いをつけたり、土の耐久性を強化してくれることもあります。 「日々 恋をして 胸を焦がしたい」 ヒロイン・喜美子の恋愛対象となりそうな人物が、3人います。 1人目は、同級生の大野 信作(林 遣都)。 喜美子は一家で滋賀県・信楽に移り住んできますが、信作とはそのときに知り合います。 信作くんも15歳になりました。 そして3人目が、十代田 八郎(とよだ はちろう=松下 洸平)。 陶芸の会社【丸熊 陶業】ではたらく若い陶工です。 陶芸では、器の厚みが均質でないと収縮する部分の違いにより、ひび割れの原因となってしまいます。 また、「ひび」という言葉は、 喜美子の失恋を暗示しているのかもしれません。 「ほら笑うのよ 赤い太陽のように」 「赤い太陽」といえば、「夕陽」のこと。 一般的には、夕陽の空を表すときは 「茜色(あかねいろ)」という言い方をします。 この茜色は、『スカーレット(緋色)』にきわめて近い色です。 厳密にいうと、緋色は「鮮やかな赤」、茜色は「くらい赤」と区別することもありますが、ほぼ同色です。 第12話で、こんなエピソードがありました。 就職のため信楽をはなれることになった喜美子は、父・常治に教えられて、小高い丘の上から夕陽をみます。 このときみた美しい夕陽の『 赤色』こそ、のちに喜美子が陶器づくりで目指す色となるのではないでしょうか。 「いつの日も雨に負けるもんか 今日の日も涙に負けるもんか」 シンプルなフレーズですが、雨や涙は、湿気の比喩ではないかと思います。 絵画や掛け軸など、紙製の古美術品は 湿気に弱くなっています。 同じように陶器にも吸水性があるので、保存には湿度も考慮する必要があります。 もちろん、保存だけではありません。 窯焚き(かまたき)は毎日行なうものではなくて、数か月ごとのサイクルで行ないます。 久しぶりに窯を使うときには、窯にこもった湿気を抜いてやる必要があるのです。 「やさしい風に吹かれて 炎はふたたび舞い上がる」 ここでは、『やさしい風』という言葉に注目してみます。 信楽や焼き物について調べると、2つの事柄との関連性がみえてきます。 1.風の弱い、信楽盆地の特徴? 信楽は、盆地です。 周りを山に囲まれ、平らな土地が広がっているので、風はおだやかです。 その代わり、盆地は周りに海がないため、寒暖の差が大きくなりがちです。 これは、「 風変わりなもの」という意味です。 信楽焼は、画一化された大量生産品とは異なります。 焼き物ひとつひとつが個性をもっています。 均質でないものを大切にする、職人のまごころを表した言葉です。 「やさしい風に吹かれて」の 風は、この『へちもん』を暗示しているのかもしれません。 「涙が降れば」「涙に負けるもんか」 歌詞の冒頭と、サビ。 『涙』という単語が2回でてきます。 なにか、特別な意味があるのでしょうか? 陶芸で使う設備のことを 『窯』(かま)といいます。 焼き物をやくため、土や石でまわりを囲んだ建物のことですね。 このうち穴窯(あながま)は、地中に穴を掘って窯をつくる全地下式と、山などの傾斜を利用して窯をつくる 半地下式に分かれます。 喜美子のキャラづくりに影響を与えたであろう神山 清子さんは、この半地下式の穴窯で焼き物をつくっていました。 『 古信楽』(こしがらき)という古い時代に作られた陶器の美しさに魅せられ、それを再現しようと試みたからです。 これは、半地下式の穴窯を、横から見た図。 煙が上にのぼる性質を利用して、山などの斜面に窯をつくります。 この半地下式の穴窯を、真上からみると次のようになります。 真上からみると、窯全体が、 「涙のかたち」をしていることがわかります。 entafukuzou.

次の

スピッツ スカーレット LYRICS

スカーレット 歌詞

曲全体から感じるのは、その印象にちなんだ愛情であったり慈しみといったもの。 ですが、ただ温かいだけ、ただ優しいだけではありません。 どこか儚く弱々しくそして脆く。 そんなすぐに壊れてしまいそうな何かが、終始曲中に漂っているような印象も受けます。 この曲では、歌詞に何度か登場する「赤い灯」を中心にストーリーが進みます。 そしてそれは、二人にとって必要なもの、主人公が守り続けたいと願う大切なものの象徴として描かれています。 その赤い灯に見る弱さや儚さこそが、そのまま曲から感じるそれの正体ではないかと感じます。 それではその赤い灯とは何なのか、なぜそこから儚さや弱さなどを感じるのか。 詳しく歌詞を掘り下げていこうと思います。 ・・・といったものではないですよね。 むしろどちらかというと、どこか不安を感じていたり未来に自信を持てずにいたり、反対の要素の方が強く感じ取れます。 そんな不安や恐怖に打ち勝つために必要なものが「赤い灯」であり、だから主人公はこれを守り続けようとしています。 そして、その暖かさの源は 「無邪気なままの熱」。 少し行き過ぎた想像かもしれませんが、おそらく二人は小さい頃から一緒に過ごしてきた男女。 更には、地方から一緒に上京し社会へ出ることになった二人という印象を受けます。 社会の荒波で擦り減る心、忘れていく幼心や無邪気で無垢な気持ち。 そんな毎日に不安を感じたり、理想とは違う未来に怯えたりしながらも、 君の手を 離さない、そしてこの赤い灯を守り続けていく。 主人公はそう誓い続けているのです。 出だしからもう答えを言ってしまいますが、この赤い灯とはつまり"二人だけが生きる世界"なのです。 社会や世間にどんなにもまれようとも、価値観が変わってしまう出来事が起きようとも、この世界がある限り二人はいつまでも二人のまま。 この世界を守り続け、そしてその世界に二人は守られ続けているのです。 html 始まりのサビでまず主人公の誓いや大切にしているものが提示され、このAメロではその背景が描かれています。 興味のない噂や理不尽な命令、陰口に妬み。 更には世間を賑わす不穏なニュースや疑わしい情報。 そういったマイナス要素が強い声です。 その環境にいるだけで疲れ、ストレスを抱えてしまうような状況。 そしてふと、一服のときに飲むコーヒーを眺めます。 砂糖を入れスプーンなど混ぜている間、ボーっとコーヒーの渦に溶けてしまいそうな脱力感に身を任せている。 そんな風景が浮かびます。 そして次の歌詞。 ゆらめく陽炎とは、ボーっとした意識の向こうに見える幻想のようなイメージ、そこから手を伸ばす君。 主人公は、「君」が自分に助けの手を伸ばしていると感じています。 自分と同じように、自分の知らない環境で「君」も辛い毎日に打ちひしがれ小さな幸せを見落としてしまっている。 そんな「君」が自分に助けの手を求めている、そう感じているのです。 そして、 「君が手を伸ばしたら」・・・ 次のサビへ続きます。 html 前回のAメロの見た上でのこのサビ。 「赤い灯」を守り、それに守られている二人がはっきりとわかります。 また 「ほこりまみれの街」という表現から、主人公が感じている二人の世界が、真っ白で純粋なものという印象が際立ちますね。 主人公に救いの手を求める「君」と、それに応えて優しく抱きしめる主人公。 安心感があり愛情があり、とても温かいシーンです。 html この曲中で唯一、主人公が「君」を試すというか疑うような様子が見れる部分。 主人公が「君」に対して不安に思っていることは何でしょうか。 "ぶつける"という強い言葉からも、主人公が抱えている不安は、その後に控えているのが良くないものと想像してしまうところから来ています。 今まで見てきた二人の関係、そしてずっと守り続けていくと誓う二人だけの世界。 そこから読み取れるのは、これはプロポーズの言葉ということ。 君と形になった未来を誰にも言えないまま夢見て、でもくずれ落ちてしまうかもしれない二人の関係に怯えて口にすることができない。 そんな自分の想いをありのまま全てぶつけても、君は微笑むかな、受け入れてくれるかな。 プロポーズとその行く末、これが主人公の不安の素だったのです。 最後に 最後は冒頭と同じサビが繰り返されエンディングへ。 プロポーズの結果は特に曲中で明らかにされていません。 もしかしたら妄想にとどまり実行に移せていないままかもしれません。 ただ、この曲を考えるにあたってそこはあまり重要ではなく、あくまでそれはストーリーの過程に設置されたひとつのイベントのようなもの。 ここまで見てきたように、この曲の中心にあり一貫して伝えているのは冒頭から言い続けてきた「赤い灯」。 そしてその中の世界で支えあって生きる二人です。 毎日を乗り越えるためにある二人の世界=小さな赤い灯=スカーレット 最初に、スカーレットは緋色という黄色に近い鮮やかな赤色ということを知りました。 そしてその後しっかり歌詞を読んでみて、スカーレットというタイトルにその色を連想させる多くの言葉や物語が込められていることがわかりました。 薄暗くほこりまみれの日常から二人だけの世界へ抜け出し、そしてそれを鮮やかに照らすスカーレット。 未来への不安や恐怖が付きまとい、弱く儚い灯になるかもしれません。 二人の関係によっては、脆く消えてしまいそうになるかもしれません。 それでも、二人にいつまでもこのスカーレットが灯され続けることを願います。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の